最終更新日:14/06/18

トップページへ

旅行館書庫(ロマンティック街道・スイス・パリ紀行)

更新(08/06/22);地図を追加('11/8/24);欧州編から分離('14/6/18)

 

ロマンティック街道・スイス・パリ紀行 (1994/06/27-07/04)

パックツアーで8日間旅行しました。私にとって、初めての欧州個人旅行です。

 

 

第1日:大阪→成田→アムステルダム→フランクフルト

  • 朝4時起床。7:30伊丹発。成田11:50発KLM便でアムステルダム経由フランクフルトへ。
  • 暑いのに、ホテルにクーラーなし。外は雷雨で朝3時に目覚める。
  • 1DM=67円
Heidlberg 第2日: →ハイデルブルグ→ローテンブルグ→ミュンヘン
  • 晴れ、暑い
  • 6時起床。7:30出発。
  • 8ー10時、ハイデルブルグ観光。丘の上の古城や町並み、素敵。住みたくなった。ネッカー河は、昨夜の雷雨のため、泥の河。
  • 13ー15時、ローテンブルグ観光。城壁に囲まれた美しい町並みを散歩。昼食はソーセージ、ポテトなどで、うまい。
  • 16ー16:30、ディンケルスビュール観光。
  • 20時、ミュンヘン郊外のホテル着。夕食時にWeissビール、最高。
Neuschweistein

第3日: →ノイシュバンシュタイン城→インターラーケン

  • 曇り。
  • 6時起床。7:15出発。
  • 10ー12時ノイシュバンシュタイン城。観光客で行列。
  • Ufer湖畔でランチ。ビーフ&パスタ、おいしい。ここの白ビールは、昨日ほどではない。
  • 20年前に来たことがあるDornbirn(オーストリア)を通過。
  • スイスに入ったら、景色がさらに美しい。インターラーケン到着後、街を散歩。
Eiger

第4日: →ユングフラウヨッホ→ジュネーブ

  • 目覚めて、窓の外を見ると快晴。雨は降る夢を見ていたので、嬉しい。
  • 7時出発。ラウターブルネンで電車に乗り換え、中腹のクライネシャイデックへ。アルプスの山々、目の前のヴェッターホルン、アイガー北壁など素晴らしい景色。
  • ここから、”大津”と書かれた登山電車に乗る。
  • ほとんど岸壁の中のトンネルを走って、ユングフラウヨッホ(3454m)へ。初めて、氷河を見る。快晴で風もなく、気持ちが良い。
  • 14時グリンデルワルト発、17:30ジュネーブ着。
  • 湖畔のレストランで名物のミートフォンジュ。味は普通。
Paris

第5日: →パリ

  • 快晴。
  • 6:30ホテル発。7:45ジュネーブ駅発、TGVでパリ・リヨン駅へ。
  • ノートルダム寺院など観光。暑くて、Tシャツを買う。
  • 夜、”ムーランルージュ”のレビューへ。
Restaurant at Orsay Museum

第6日:パリ自由行動

  • 快晴、気温30度以上で、暑い。
  • 9時の開館前に行列して、ルーブル美術館。モナ・リザは、ガラスケースの中。
  • 11時からオルセー美術館。2階のレストランでランチ。内装が豪華でお薦め。
  • 14時からプランタンデパートで買い物。
  • 疲れてホテルに戻り、ひと休み。
  • 案内書で見つけたシャンソン付きレストランに電話で予約するが、なかなか英語が通じない。
  • 夜9時、タクシーで、モンマルトルのサクレクール寺院へ。未だ、黄昏時で、すごい人出。
  • ”ボンヌ・フランケット”で、シャンソンを聴きながら食事。私達のために「上を向いて歩こう」を歌ってくれる。壁には、印象派の絵画や写真。
  第7/8日: →アムステルダム経由帰国

 

感想:
  • 参加したツアーは、かなりの強行スケジュールで、体力が必要。
  • 気候に恵まれたが、その分、暑かった。
  • バスは停車中、エンジンを切る。環境保護のためだろう。
  • ドイツでは、ワインやビールが安く、コーヒーの方が高かった。
  • スイスの景色の美しさは抜群。バス車窓からでも写真になる。

トップページへ 美術館へ 映画館へ 旅行館へ 音楽館へ