最終更新日:17/05/29

Kenの音楽館 

音楽鑑賞メモ更新(5/29)

トップページへ

目 次

音楽鑑賞メモ NEW

音楽鑑賞メモ (2007-2010) は書庫#5 音楽館書庫#1
  • リバーダンス

  • トルコ音楽のCD

  • ZARD

  • 徳永英明「イントロU」

  • パッヘルベルのカノン100%のCD

  • パッヘルベルの「カノン」

  • ABBA

  • Celine Dionのベスト盤CD

  • ジュリー・ロンドンさん死去

  • ジュリー・ロンドンの「この世の果て」(The End of the World)

  • My Heart Will Go On

  • アストル・ピアソラ

  • 「PRAY -The Music From Heaven-」

  • 「VISION - The Music of Hildegard von Bingen -」

  • Deep Purpleの「Highway Star」

  • Queenの「I was born to love you」

  • 岡村孝子「アフター・トーンU」

  • 「にほんのうた」(デューク・エイセス)

  • 「ふるさと」(小学校唱歌)

  • ヨハン・シュトラウスの作品とウインナ・ワルツ(解説)

鶯の声 別館(鶯)へ

仲道郁代さんのピアノ・リサイタル

海外の美声の小鳥 別館(鶯)へ

岡村孝子

あみん24年ぶりTV出演

音楽館書庫#2
(ステージ101)

音楽館書庫#4
ウィーン・ブダペスト・ザルツブルグ音楽紀行

音楽館書庫#3
(エンヤ)

  音楽館リンク集


音楽鑑賞メモ (2011-)
日時

場所

音楽・番組

出演・演奏者

感想など

17/5/27

栗東芸術文化会館 さきら中ホール

びわこアーベントロート合唱団第22回定期演奏会

「ドイツの作曲家と世界の愛唱歌」

  • バッハ モテット BWV230「Lobet den Herrn, alle Heiden」
  • ブラームス 「悲歌」「故郷に」
  • ベートーヴェン 「自然における神の栄光」
  • 中田喜直 「日本の四季の歌」より「早春賦」「夏の思い出」など
  • 若林千春 「ローレライ」より「ローレライ」「庭の千草」など
指揮:竹内 公一

独唱:竹内公一(T)、太田智子(S)、馬場昌子(Ms)

ピアノ:神谷強正
チェンバロ:澤朱里

合唱:びわこアーベントロート合唱団

MC(master of ceremonies):澤朱里

NEW

 

17/5/17 東福寺 退耕庵 お寺でアリア - イタリアンチェンバロの響きとともに -
  • 作曲者不詳:来たれ、来たれ、エマヌエル
  • ジョスカン・デ・プレ:千々の悲しみ
  • パーセル:トランペットを吹き鳴らせ  
  • バッハ:平均律クラヴィーア曲集より「プレリュード」
  • バッハ:ゴールドベルク変奏曲より「アリア」
  • ヘンデル:オンブラ・マイ・フ
  • ヘンデル:He shall feed his flock(メサイアより)
  • モンテヴェルディ:あの高慢なまなざし
  • モンテヴェルディ:ただあなたを見つめ など
丸山 晃子(Sop)
田中 千佳子(Alto)
澤 朱里(チェンバロ)
深緑の美しい庭園を背景に、素敵なコンサートだった。チェンバロは、2014年にロンドンのヘンデル博物館で聴いて以来かな? バッハの2曲に感動。

「千々の悲しみ(ミルルグレ)」は、天正遣欧少年使節が聚楽第で豊臣秀吉を前に演奏したと推測される曲(→参考記事)。

「ただあなたを見つめ」も初耳だったが、帰宅後に調べると、美しいデュエット曲で、動画(→)が楽しめる。NEW

17/5/14 守山市民ホール・大ホール 6th ルシオール アート キッズ フェスィバル 「メインコンサート」
  • モーツァルト / ピアノ協奏曲第9番変ホ長調「ジュノム」K.271
  • ヨハン・シュトラウス / 喜歌劇「こうもり」序曲
  • ヨハン・シュトラウス / 舞曲名曲集(「美しき青きドナウ」他)
指揮 / 角田鋼亮
ピアノ / イリーナ・メジューエワ
演奏 / 日本センチュリー交響楽団
素晴らしいコンサートだった。メジューエワさんとモーツアルトの姿をダブらせて演奏を見ました。角田さん、初見。感じが良い。
アンコールは、ラデッキー。手拍子で会場も盛り上がった。大人1,500円は安い。有り難うございました。NEW

17/4/29

びわ湖ホール(中ホール)

ラ・フォル・ジュルネびわ湖 2017

びわ湖ホール3/4大テノール

  • ロッシーニ:ラ・ダンツァ(踊り)
  • ソーラン節
  • ヴェルディ:リゴレットより、あれかこれか
  • ヴェルディ:仮面舞踏会より、永久に君を失えば
  • オペラ「ヘンデルとグレーテル」スーパーハイライト
  • フニクリ・フニクラ
びわ湖ホール3/4大テノール
清水徹太郎
竹内直紀
二塚直紀

植松さやか(ピアノ)
平成28年度 関西元気文化圏賞 ニューパワー賞に選ばれたびわ湖ホール四大テノール。

今年は山本さんがイタリア留学中で、三大テノール。少年隊に扮して、仮面舞踏会を激唱。

サイン会も長蛇の列でした。来年3月には、東京公演とのこと。応援します!

17/4/29

びわ湖ホール(大ホール)

ラ・フォル・ジュルネびわ湖 2017

大阪フィルハーモニー交響楽団

“さまざまな民族のダンス”

  • ブラームス:ハンガリー舞曲より
  • ドヴォルジャーク:
    スラヴ舞曲集 第1集 op.46から 第1番・第8番
    スラヴ舞曲集 第2集 op.72から 第2番・第5番
  • グリーグ:組曲「ペール・ギュント」より
    アニトラの踊り、アラビアの踊り
  • コダーイ:ガランタ舞曲
大阪フィルハーモニー交響楽団
大植英次(指揮)
このコンサート直前に、ロビーで砂川涼子(ソプラノ)&沼尻竜典(ピアノ)のコンサート。
紫綬褒章を受章した沼尻さんに、知事から花束が贈られた。素晴らしいタイミング。おめでとうございます。

そのあとの大フィルコンサートは、初めて4階の後方席で聴いたが、素晴らしい音で、ホールの音響設計の良さを再確認した。大植指揮者の呼吸の音(?)まで聞こえました。

17/4/29

びわ湖ホール(中ホール)

ラ・フォル・ジュルネびわ湖 2017

アンヌ・ケフェレック(ピアノ)

  • ヘンデル:ハープシコード組曲 第1巻 第7番より サラバンド
  • ヘンデル(ケンプ編):ハープシコード組曲 第2巻 第1番より メヌエット
  • バッハ:パルティータ 第2番 BWV826
  • プーランク:クロード・ジェルヴェーズによるフランス組曲より
  • ヘンデル:ハープシコード組曲 第1巻 第5番 「調子の良い鍛冶屋」
  • ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
  • モンポウ:「歌と踊り」より 第4曲
  • ラヴェル:「高雅で感傷的なワルツ」より 第2曲
  • ドビュッシー:「子供の領分」より 雪は踊る
  • シャブリエ:「遺作の5つの小品」より アルバムの綴り
  • ラヴェル:古風なメヌエット
  • サン=サーンス:のんきなワルツ
  • ショーソン:パヴァーヌ 
  • マスネ:狂ったワルツ
アンヌ・ケフェレック(ピアノ) 2013年のラ・フォル・ジュルネでは、サン=サーンスのピアノ協奏曲、2016年にはモーツァルトのピアノ協奏曲を聴いた。今回はバッハ、ヘンデルから始まり、ピアノ小品集。馴染みのあったバッハ:パルティータ と、ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌが良かった。

17/4/28

びわ湖ホール(大ホール)

ラ・フォル・ジュルネびわ湖 2017
前夜祭コンサート

J.シュトラウスU世:「春の声」

オルフ:「カルミナ・ブラーナ」

独唱 ソプラノ:石橋栄実
   バリトン:大沼 徹
   テノール:藤木大地
びわ湖ホール声楽アンサンブル
ラ・フォル・ジュルネびわ湖 「カルミナ・ブラーナ」合唱団
大津児童合唱団
日本センチュリー交響楽団
沼尻竜典(指揮)
合唱団の一員として、ステージにのりました。1月から4月まで、週1〜2回の練習でしたが、男声のパート負荷が大きく、予習・復習が大変でした。練習の甲斐あり、本番は楽しく歌うことができて、思い出深いステージになりました。

ステージから聴いた感想ですが、なんたって、ソリストが素晴らしい! 有り難うございました。

17/04/05

京都府民ホール アルティ

大谷圭介 バリトンリサイタル
〜オペラ『トスカ』ハイライト〜
バリトン/大谷圭介
ピアノ/大森晶子

【賛助出演】
トスカ:大西奈々
カヴァラドッシ:竹田昌弘
シャローネなど:八百川敏幸 

日頃、ご指導頂いている大谷先生のリサイタル。
第1部は、ヴェルディ「亡命者」などバリトンソロ。第2部は、ヴェルディ「トスカ」ハイライト。昨年の「フィガロの結婚」同様、聴き惚れました。

17/03/31

びわ湖ホール(小ホール)

第3回シネマ・コンサートの会inびわ湖ホール 

オペラ映画『リゴレット』

1982/ドイツ映画

指揮:リッカルド・シャイー
演奏:ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
演出:ジャン=ピエール・ポネル

ルチアーノ・パヴァロッティ(T:マントヴァ公爵)
イングヴァール・ヴィクセル(Br:リゴレット)
エディタ・グルベローヴァ(S:ジルダ)

マントヴァに現存するパラッツォ・ドゥカーレ等でロケしたオペラ映画で、映像が素晴らしい。もちろん、歌手も最高。ヴェルディの曲作りの巧さに感服。

17/03/25

びわ湖ホール(中ホール)

びわ湖ホール声楽アンサンブル第63回定期公演 
木下牧子作曲 
オペラ『不思議の国のアリス』(演奏会形式 日本語上演・日本語字幕付)
指揮:大井剛史
演出:岩田達宗
管弦楽:ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団
出演:びわ湖ホール声楽アンサンブル
アリス .............. 飯嶋幸子
姉・ユリの花 ......平尾 悠
白うさぎ ........... 藤村江李奈
笑い猫 .............. 砂場拓也
ドードー鳥 ・使用人...林 隆史
公爵夫人 ......... 船越亜弥
女王 ................. 山際きみ佳
ジャック ........... 古屋彰久
ほか
実に楽しいコンサートだった。

『不思議の国のアリス』は、かっての愛読書の一冊で、本棚のどこかに今もある筈。

また、木下牧子さんといえば、昔(1990年)、男声合唱曲「アンファンス・フィニ」を歌ったことがある。その独特のハーモニーを懐かしく思い出した。

17/03/20

びわ湖ホール(大ホール)

辻井伸行 日本ツアー

【曲目】
バッハ:イタリア協奏曲
モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第17番 変ロ長調
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第14番《月光》、第23番《熱情》

辻井伸行 念願かなって、生の演奏を聴くことができて、最高。モーツァルトの第2楽章で、早くもウルウル。
アンコールの3曲も素晴らしい:
ショパン「別れの曲」、辻井伸行「風の家」、リスト「ラ・カンパネラ」

感動を有り難うございました。

17/03/05

TV

クラシック音楽館

NHK Eテレ

N響第1851回 定期公演

ビゼー/歌劇「カルメン」(演奏会形式)

(2016年12月9日)

指揮:シャルル・デュトワ
カルメン:ケイト・アルドリッチ
ドン・ホセ:マルセロ・プエンテ
エスカミーリョ:イルデブランド・ダルカンジェロ
ミカエラ:シルヴィア・シュヴァルツ
合唱:新国立劇場合唱団
カルメンを演じたケイト・アルドリッチさんに見とれてしまった。やはり、真っ赤な衣裳じゃなくてはね。

17/03/04

びわ湖ホール(大ホール)

びわ湖ホール プロデュースオペラ

ワーグナー作曲 歌劇『ラインの黄金』

指揮:沼尻竜典
演出:ミヒャエル・ハンペ
装置・衣裳:ヘニング・フォン・ギールケ
管弦楽:京都市交響楽団

ヴォータン:ロッド・ギルフリー
ドンナー:ヴィタリ・ユシュマノフ
フロー:村上敏明
ローゲ:西村 悟
ファゾルト:デニス・ビシュニャ
ファフナー:斉木健詞
アルベリヒ:カルステン・メーヴェス
ミーメ:与儀 巧
フリッカ:小山由美
フライア:砂川涼子
エルダ:竹本節子
ヴォークリンデ:小川里美
ヴェルグンデ:小野和歌子
フロスヒルデ:梅津貴子

びわ湖ホール プロデュースオペラは、「タンホイザー」「椿姫」「ワルキューレ」「オテロ」「さまよえるオランダ人」
と5年続けて見ていて、どれもが素晴らしかったが、今回も期待に反せず、大満足の公演。スタンディングオベーション!
特に、映像を利用した舞台装置は、過去最高。開幕直後の映像から引き込まれて、感動。第一幕、ラインの水底からの映像と歌手の演技の仕掛けも素晴らしい。
巨人の仕掛け(?)も楽しい。小山由美さんのドイツ語も良かった。
来年のワルキューレが楽しみ。
17/2/10 守山市民ホール・小ホール 石川綾子 ヴァイオリンコンサート in 守山

曲目:

  • モンティ「チャルダッシュ」
  • ハチャトリアン「剣の舞」
  • ピアソラ「オブリビオン」「リベル・タンゴ 」
  • 「You Raise Me Up」
  • 「NEVER ENDING STORY meets CANON」
  • 石川綾子 「PASSION」など
石川綾子(ヴァイオリン)
Youtubeに素敵な動画が沢山ある石川綾子さんのコンサート。楽しいコンサートだった。特に良かったのは、昔懐かしいピアソラ「オブリビオン」と、ネバーエンディングストーリーとパッヘルベル“カノン"を融合した「NEVER ENDING STORY meets CANON」。

17/2/9

龍谷大学 響都ホール校友会館 (アバンティ9F)

龍谷大学 ミュージカルサークル公演

ミュージカル「グリース」

龍谷大学 B.W Broadway Musical Circle 昨年の「美女と野獣」が感動的だったので、今年も見に行きました。演目は、昔懐かしい「Grease」。昨年よりレベルアップした演技で、非常に楽しめました。最後のシーンで、映画「Grease」のオリビア・ニュートン・ジョンを思い出しました。有り難うございました。
16/12/24 京都コンサートホール 大ホール 第52回 全同志社メサイア演奏会
指揮:飯守 泰次郎

ソプラノ:高島 依子
アルト:福原 寿美枝
テノール:小貫 岩夫
バス:青木 耕平
チェンバロ:井幡 万友美
オルガン:高橋 聖子

合唱:同志社メサイアコアー/メサイアシンガーズ/同志社グリークラブ

オーケストラ:同志社交響楽団

メサイアは、大昔、ハレルヤなど数曲を歌っただけで、演奏会で聴くのは初めてだった。3時間近い曲だが、実に楽しい音楽と初認識。いつか私も歌いたいものだ。
男声が同志社グリーで声が若い(学生だから当然だが)。
ソリストでは、アルトの福原さんが貫禄。
ハレルヤは聴衆参加の全員合唱。最後には、「きよしこの夜」が流れるキャンドル・サービスがあり、良いクリスマス・イブだった。
16/12/18 守山市民ホール・小ホール 第9回 ルシオール音楽塾

ロシア・ピアノ曲集/展覧会の絵〜ロシアの光と闇

  • チャイコフスキー…《四季》より4月「松雪草」
  • ラフマニノフ…前奏曲Op.32‐12
  • スクリャービン…前奏曲Op.74‐1
  • プロコフィエフ…《束の間の幻影》より第3、14曲
  • ムソルグスキー…組曲《展覧会の絵》
  • アンコール:プロコフィエフ…《束の間の幻影》より第10曲
講師:亀山郁夫(名古屋外国語大学学長、ロシア文学者)

演奏:イリーナ・メジューエワ(ピアノ)
素晴らしいコンサートだった。ブラボー!

「展覧会の絵」、いままで何度も聴いたが、今回が最高。有り難うございました。


16/12/17

びわ湖ホール(大ホール)

KEIBUN 第九 2016 第32回記念公演
  • ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調「合唱付き」

指揮:小林研一郎
管弦楽:大阪フィルハーモニー交響楽団
独唱:上村智恵(ソプラノ)
   相可佐代子(アルト)
   樋口達哉(テノール)
   ジョン・ハオ(バリトン)

合唱:KEIBUN第九合唱団(合唱指揮:大谷圭介.)
昨年に続く3回目の第九のステージ。快晴に恵まれ、満員のホール。コバケンの魔術にかかって、150%くらいの声量で歌ったら、最後で力尽きてしまった。舞台から聴くオケも素晴らしい体験。来年も楽しみたい。

16/11/11 しがぎんホール セヴィリアの理髪師(ロッシーニ)ハイライト フィガロ:大谷圭介.(バリトン)
アルマヴィーヴァ伯爵:二塚直紀(テノール)
ロジーナ:栗原未和(ソプラノ)
バジリオ:片桐直樹(バリトン)
尾崎克典(ピアノ)
楽しいコンサートでした。歌手との距離が短いので、息の合った重唱を良く味わえた。

このオペラ、有名だが、私は生で聴くのは2回目のようだ。前回は、2010年、ドレスデン国立歌劇場(ゼンパーオーパー)。スポーツカーやオートバイが出てくる現代演出だった。

16/10/29

びわ湖ホール(大ホール)

プラハ国立歌劇場

モーツァルト作曲 歌劇「魔笛」

夜の女王:ヴァッシリキ・カラヤンニ
ザラストロ:イヴォ・フラホヴェツ
タミーノ:アレシュ・ブリスツェイン
パミーナ:マリエ・ファイトヴァー
パパゲーノ:ミロッシュ・ホラーク

指揮:リハルド・ハイン
演出:ラディスラフ・シュトロ

夜の女王のアリアが楽しみだったのに、『夜の女王役として出演予定だったエカテリーナ・レキーナは、病気の為来日が不可能となりました』とのことで、残念な公演。欲求不満状態で帰宅。私のblogの記事:
http://kenkitagawa.cocolog-nifty.com/blog/2007/09/post_5778.html
ディアナ・ダムラウの魔笛「夜の女王のアリア」動画

から、動画を見て、お口直ししました。
16/9/19 守山市民ホール・展示室 第8回 ルシオール音楽塾

プッチーニ:歌劇「トスカ」より

「歌に生き 愛に生き」「妙なる調べ」「星は光りぬ」「行けトスカ」 ほか

【講師】
・岡田暁生(京都大学人文科学研究所教授・音楽評論家)

【出演】
・栗原未和(ソプラノ)
・二塚直紀(テノール)
・萩原寛明(バリトン)
・岡本佐紀子(ピアノ)

素晴らしいコンサートだった。

16/10/16

北畠会館(住吉高校同窓会館)

日独平和交流コンサート プロジェクトコール・ジャパン(指揮:ベルンヘフト公子;ピアノ:栗田清隆)

かつらぎ会合唱団((指揮:阿部良行、韓庚姫;ピアノ:岡田典子)

 

16/10/14

カトリック神田教会

東京カリタスの家のためのチャリティーコンサート〜 ドイツと結ぶ歌の架け橋 〜

プロジェクトコール・ジャパン

プロジェクトコール・ジャパン(指揮:ベルンヘフト公子、オルガン:越原由香)

東京大学音楽部 OB合唱団アカデミカコール(指揮:前田幸康、オルガン:三木蓉子)

女声合唱 VOISES IRIS(指揮:柴田美紀、オルガン:越原由香)

 

16/9/29

TV録画(BD)

放送:2014年4月14日 & 2016年6月20日

BSプレミアム

ドミンゴ・ローレライ・コンサート
  • 楽劇「マイスタージンガー」序曲(ワーグナー)
  • 歌劇「タンホイザー」から 優しい夕べの星よ(ワーグナー)
  • 歌劇「椿姫」第2幕から二重唱 (ヴェルディ)
  • 喜歌劇「ほほえみの国」から きみはわが心のすべて(レハール)
  • 喜歌劇「こうもり」第1幕から 三重唱(ヨハン・シュトラウス)
  • 「マイ・フェア・レディ」から 踊り明かそう (ロウ)
  • 「アニーよ銃をとれ」から あなたにできることなら( バーリン)
  • 「 ベサメ・ムーチョ」( ヴェラスケス)など

〜ドイツ・ローレライ野外劇場〜
(2013年6月30日)

テノール: プラシド・ドミンゴ
ソプラノ: エンジェル・ブルー
ソプラノ: ミカエラ・エステ

<管弦楽>
バーデン・バーデン管弦楽団

<指 揮>
ユージン・コーン
2013年にローレライの町、ザンクト・ゴアールスハウゼン(St. Goarshausen)で途中下車し、遠くから眺めるだけだったローレライ。(→旅行記

ここで開催された屋外コンサートで、実に楽しい。「椿姫」が特に素晴らしい。

16/9/24 京都府民ホール アルティ ムジカA国際音楽協会会員によるジョイントリサイタル

ソプラノ 熊谷 綾乃

・ヴォルフの歌曲より
・日本のおもちゃうた(中田喜直)
・くちずけ(アルディーティ)
・すべて微笑み(ロッシーニ)
・私は美しい乙女(ベッリーニ)

ピアノ  松井 萌

・ピアノソナタ 第2番(ラフマニノフ)
・ダンテを読んで - ソナタ風幻想曲(リスト)

ソプラノ 熊谷 綾乃
ピアノ  松浦 紫陽
ピアノ  松井 萌(もえ)
素晴らしいコンサートで、大いに楽しみました。表情豊かなソプラノ、特に、オペラのアリアにブラボー!
リストは初耳だったが、迫力あって、引き込まれた。
16/09/23 京都コンサートホール小ホール(アンサンブルホールムラタ) 映画
パリ・オペラ座「フィガロの結婚」
指揮:フィリップ・ジョルダン
演出:ジョルジョ・ストレーレル
キャスト:
リュドヴィク・テジエ(Br アルマヴィーヴァ伯爵)
バルバラ・フリットリ(S アルマヴィーヴァ伯爵夫人)
エカテリーナ・シューリナ(S スザンナ)
ルカ・ピサローニ(Br フィガロ)
カリーヌ・デエ(Ms ケルビーノ)
最近、なぜか見る機会の増えた「フィガロの結婚」だが、パリ・オペラ座の映画は初めてなので、期待度大。
先ず、演出が古典的。舞台美術が素晴らしい。絵画のようだ。
テジエ(伯爵)とフリットリ(伯爵夫人)のアリアが特に良かった。
16/9/19 守山市民ホール・小ホール 第7回 ルシオール音楽塾

モーツァルト〜室内楽への誘い

・モーツァルト:クラリネット五重奏曲 イ長調 K.581

【講師】
・青山登志和(フジテレビ事業局)

【出演】
日本センチュリー交響楽団メンバー
・持丸秀一郎(クラリネット)
・巖埼友美(ヴァイオリン)
・中屋響(ヴァイオリン)
・飯田隆(ヴィオラ)
・北口大輔(チェロ)
素晴らしいコンサートだった。ブラボー!
前日、TVで室内楽の楽しさを聴いたばかりで、一層楽しめた。

16/9/18

TV

BS11

小澤征爾 若き才能とつむぐ四重奏(カルテット)

・ベートーヴェン:弦楽四重奏曲 16番 第3楽章など

指導者:

小澤征爾
パメラ・フランク
今井信子
原田禎夫

『レジェンドと称される指揮者・小澤征爾が開校した『スイス国際音楽アカデミー』を取材。闘病生活をしながらも、音楽に情熱を注ぎ続ける小澤の姿と独占インタビューも収録。』

偶然に見たのだが、合唱を趣味としている私には素晴らしい音楽講座。感動しました。

16/9/4 野洲文化ホール リラックスコンサート in 野洲

ショパン:ピアノ協奏曲第1番 ホ短調 作品11

モーツァルト:歌劇「フィガロの結婚」序曲
ニーノ・ロータ:川上肇編:ロミオとジュリエット
ビゼー:「カルメン」組曲第1番より“闘牛士”
ブラームス:ハンガリー舞曲第6番
グリーグ:「2つの悲しき旋律 作品34」より“過ぎにし春”
ワーグナー:楽劇「ニュルンベルグのマイスタージンガー」より第1幕への前奏

アンコール
ショパン:ワルツ 第1番 変ホ長調 華麗なる大円舞曲
ブラームス:ハンガリー舞曲第5番

指揮:藤岡 幸夫
独奏:仲道 郁代 (ピアノ)
管弦楽:関西フィルハーモニー管弦楽団
仲道郁代さんのショパン「ピアノ協奏曲」を生で聴くのは初めて。潟с}ハ提供のヤマハ“CFX“を実に楽しそうに弾きこなされ、素晴らしい演奏で、ブラボー!。

終演後に、屋外でトークショー。さらに、サイン会。お疲れ様でした。

16/7/18

ロームシアター京都 メインホール

西本智実&京都市交響楽団

ヴェルディ「レクイエム」

指 揮 : 西本智実
管弦楽 : 京都市交響楽団
ソリスト :
石橋栄実〈ソプラノ〉
福原寿美枝〈メゾ・ソプラノ〉
小餅谷哲男〈テノール〉
三原 剛〈バス・バリトン〉

合 唱 : 京都ミューズ・ヴェルディ・レクイエム合唱団2016
合唱指導 : 大谷圭介. 秋本靖仁、小林千恵、河合珠江、熊谷綾乃、田中千佳子、下林一也

今年1月の開始から約半年間の練習の末、大曲を舞台で歌うことができて、感無量。直前まで、暗譜に苦しめられ、また、約1時間半の演奏中、立ちっぱなしで、足腰は限界だったが、なんとか歌い終えることができた。素晴らしい先生方や、ご協力の皆様に感謝します。

16/5/29

栗東芸術文化会館 さきら大ホール

びわこアーベントロート合唱団第21回定期演奏会

バッハ作曲 ヨハネ受難曲

指揮 竹内 公一
独唱 松原友(T 福音史家)、浦野智行(Bs イエス)、太田智子(S) 増田弥生(A) 藤村匡人(Br)
管弦楽 オーケストラ・シューベルティアーデ
合唱 びわこアーベントロート合唱団
1年半の練習を終えて、ようやく舞台で歌うことができた。
素晴らしいソリストとオケと一緒に、気持ちよい演奏だった。

16/5/1

びわ湖ホール(大ホール)
(ラ・フォル・ジュルネびわ湖 2016)

モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク K.525

モーツァルト:ピアノ協奏曲 第27番 K.595
アンヌ・ケフェレック(ピアノ)

大阪フィルハーモニー交響楽団 

ミハイル・ゲルツ(指揮)

2013年のラ・フォル・ジュルネでは、サン=サーンスのピアノ協奏曲第2番で、感動を与えて頂いたケフェレックさん。今回のモーツアルトでは、繊細なタッチで魅了。

アンコール:ヘンデル「メヌエット ト短調」
有り難うございました。

16/5/1 びわ湖ホール(中ホール)
(ラ・フォル・ジュルネびわ湖 2016)
シューベルト:ピアノ五重奏曲 D667「ます」 フランク・ブラレイ(ピアノ)

黒川冬貴(コントラバス)

ジラール弦楽四重奏団メンバー:
ユーグ・ジラール(ヴァイオリン)
オドン・ジラール(ヴィオラ)
リュシー・ジラール(チェロ)

素晴らしい! 感動で目がウルウル。若い黒川さんも、堂々たる演奏。

サイン会でサインを戴く。

16/5/1 びわ湖ホール(小ホール)
(ラ・フォル・ジュルネびわ湖 2016)
ベートーヴェン:

ピアノ・ソナタ第15番 op.28「田園」
ピアノ・ソナタ第17番 op.31-2「テンペスト」
ピアノ・ソナタ第21番op.53「ワルトシュタイン」

アブデル・ラーマン・エル=バシャ(ピアノ) 私の好きな曲を連続して聴けて、最高。特に、「ワルトシュタイン」に魅了された。ブラボー!

16/4/29

びわ湖ホール(大ホール)
(ラ・フォル・ジュルネびわ湖 2016)

スメタナ:連作交響詩《わが祖国》より“モルダウ”

ショスタコーヴィチ:オラトリオ「森の歌」op.81
二塚直紀(テノール)
片桐直樹(バス)
ラ・フォル・ジュルネびわ湖「森の歌」合唱団
びわ湖ホール声楽アンサンブル
大津児童合唱団
日本センチュリー交響楽団
ダニエル・ライスキン(指揮)
有名な曲で、ステージで歌いたかった曲。
16/4/29 びわ湖ホール(中ホール)
(ラ・フォル・ジュルネびわ湖 2016)
チャイコフスキー:四季-12の性格的描写 op.37 イリーナ・メジューエワ(ピアノ) 聞き覚えのない曲名だったが、12曲の内、数曲は聴いたことがあった。このページ内を検索すると、2012/4/28のラ・フォルジュルネ びわ湖 2012、レクチャー(メジューエワさんのピアノ演奏付)「亀山郁夫とたどる 熱狂とノスタルジーのロシア音楽」 で、「6月 舟歌」を聴いていた。メジューエワさんの雰囲気がピッタリの曲でした。

16/4/29

びわ湖ホール(小ホール)
(ラ・フォルジュルネ びわ湖 2016)

レクチャー
「『森の歌』をめぐって -音楽・政治・社会」
亀山郁夫
特別ゲスト:浅田彰
この超豪華な顔ぶれのトークを、たった500円で楽しめるのは嬉しい。
前回聴いたのは、2012年なので、4年振り。

16/04/05

京都府民ホール アルティ

大谷圭介 バリトンリサイタル
〜オペラ「フィガロの結婚」ハイライト〜
バリトン/大谷圭介.
ピアノ/今岡淑子

【賛助出演】
伯爵夫人/納谷知佐
フィガロ/畑奨
スザンナ/内藤里美
ケルビーノ/田中千佳子 

日頃、ご指導頂いている大谷先生のリサイタル。こじんまりしたホールで、ステージも低く、まるで室内楽を聴いているような雰囲気が良い。
第1部は、ヴィヴァルディ「貴方の手で私を殺すか」などのバリトン・ソロ。
第2部は、オペラ「フィガロの結婚」ハイライト。これが圧巻でした。つい先月末に、びわこホールで聞いたばかりの曲だったので、余計に楽しめました。伯爵役の大谷先生より、素敵な女声メンバーに聴き惚れてしまいました。

16/03/27

びわ湖ホール(中ホール)

びわ湖ホール オペラへの招待 
モーツァルト作曲 歌劇『フィガロの結婚』
指揮:園田隆一郎
演出:岩田達宗
出演:びわ湖ホール声楽アンサンブル 
管弦楽:ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団

伯爵         五島真澄
伯爵夫人       岩川亮子
スザンナ       藤村江李奈
フィガロ       砂場拓也
ケルビーノ      鈴木 望
マルチェッリーナ   本田華奈子
バルトロ       相沢 創 
バジリオ       島影聖人
クルツィオ      増田貴寛
バルバリーナ     栗原未和
アントニオ      迎 肇聡 

中ホールでオペラを見るのは初めてだったが、予想以上に楽しめた。「短縮板ではない」との演出家の解説があり、確かに長い。最後の方に、いろいろなアリアがある。「全員がハッピーになる」という解説も納得。管弦楽、巧い。ケルビーノ(鈴木望)のアリアに聴き惚れました。

16/03/06

びわ湖ホール

びわ湖ホール プロデュースオペラ

ワーグナー作曲 歌劇『さまよえるオランダ人』

指揮:沼尻竜典
演出:ミヒャエル・ハンペ
装置・衣裳:ヘニング・フォン・ギールケ
合唱:二期会合唱団、新国立劇場合唱団、藤原歌劇団合唱部
管弦楽:京都市交響楽団

オランダ人  ロバート・ボーク
ダーラント  斉木健詞
ゼンタ    横山恵子
エリック   樋口達哉
マリー    竹本節子
舵 手    高橋 淳

びわ湖ホール プロデュースオペラは、「タンホイザー」「椿姫」「ワルキューレ」「オテロ」と4年続けて見ていて、どれもが素晴らしかったが、今回も期待に反せず、大満足の公演。スタンディングオベーション!

この歌劇の「水夫の合唱」は、学生時代に歌ったことがあり、懐かしい。

歌手も合唱も管弦楽も素晴らしかったが、それ以上に迫力ある映像を利用した舞台装置に圧倒された。

16/2/10

龍谷大学 響都ホール校友会館 (アバンティ9F)

龍谷大学 ミュージカルサークル公演

ミュージカル「美女と野獣」

  龍谷大学の学生たちが、2月10日から3日間にわたり、英語で「美女と野獣」に挑戦するとの新聞記事を見て訪問。英語も歌もダンスもお上手で、予想以上に楽しめました。入場料 500円なら、来年も行きます。

15/12/26

びわ湖ホール(大ホール)

KEIBUN 第九 2015 第31回記念公演
  • ワーグナー: 歌劇『さまよえるオランダ人』序曲
  • ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調「合唱付き」
指揮:沼尻竜典
ソプラノ:中嶋彰子
メゾソプラノ:澤村翔子
テノール:二塚直紀
バリトン:須藤慎吾

合唱:KEIBUN第九合唱団(合唱指揮:大谷圭介.)
管弦楽:大阪フィルハーモニー交響楽団

解団式にて

昨年に続く2回目の第九のステージ。快晴に恵まれ、満員のホールで、心を込めた演奏ができて、最高の気分。来年も楽しみたいものだ。

びわ湖ホールからの琵琶湖(パノラマ画像)

15/12/14

TV(BSプレミアム)

歌劇「フィガロの結婚」〜庭師は見た!

収録: 2015年10月24日 東京芸術劇場 コンサートホール

フィガ郎(フィガロ): 大山大輔
スザ女(スザンナ): 小林沙羅
アルマヴィーヴァ伯爵: ナターレ・デ・カロリス
アルマヴィーヴァ伯爵夫人: テオドラ・ゲオルギュー
ケルビーノ: マルテン・エンゲルチェズ
マルチェ里奈(マルチェリーナ): 森山京子
バルト郎(ドン・バルトロ): 妻屋秀和
ほか

<総監督・指揮>井上道義  
<演 出>野田秀樹

深夜放送なのだが、見始めたら止められず、とうとう最後まで見てしまった。舞台が長崎、歌詞は日本語混じり。ストーリ展開が非常に分かりやすい。実に面白い芝居(?)でした。

15/11/29

びわ湖ホール
大ホール

「アンサンブル・ヴォーチェ」第10回定期演奏会
  • シャンパルティエ:真夜中のミサ
  • フォーレ:ラシーヌの雅歌
  • フォーレ:レクイエム
指揮:石原 哲
独唱:三谷瑠見子(ソプラノ)、乃村八千代(ソプラノ)、上杉清仁(カウンターテナー)、藤村匡人(バリトン)
合唱:アンサンブル・ヴォーチェ
管弦楽:京都シンフォニカ
オルガン:姫野真紀
フォーレのレクイエム、男声曲は歌ったことがあり、混声も良く聴くが、生は初めてと思う。良いアンサンブルで、旋律が美しく、歌いたくなった。
15/10/06 守山市民ホール 井上陽水 コンサート2015「UNITED COVER 2」 井上陽水
好きな歌手が守山に来るなんて、信じられない!当然ながら、チケット完売で、開場前から長蛇の列。

「コーヒー・ルンバ」で始まり、「夢の中へ」「帰れない二人」「いっそセレナーデ」まで、約1時間半、休憩なしの熱演。フォークルの「あの素晴しい愛をもう一度」、心に沁みた。「傘がない」が聴きたかったけれど・・・。

素晴らしい歌を有り難うございました。

15/9/13

びわ湖ホール

ザ・アイリッシュダンス 〜ラグース〜 ファーガル・オー・マルクル(ディレクター/音楽監督/アコーディオン)
へイリー・グリフィス(ヴォーカル)
エマ・オサリバン(ダンスソリスト)
今まで見てきたRiverdanceに比べると、ショー的要素が少なく、地味。 途中のセッション部は、アイルランドのバーを思い出したが、お酒もないし、少し退屈。へイリー・グリフィスの歌は素晴らしい。
15/09/12 京都劇場 ベンチャーズ ジャパン・ツアー2015 
ドン・ウィルソン ラスト・ツアー
ドン・ウィルソン(Don Wilson-G)(82歳)
ジェリー・マギー(Gerry McGee-G)(77歳)
リオン・テイラー(Leon Taylor-Ds)(59歳)
ボブ・スポルディング(Bob Spalding-B)(68歳)
昨年の野洲公演に引き続き、ほぼ50年振りのベンチャーズ2回目。

唯一のオリジナルメンバーでギターを担当するドン・ウィルソンさんの最後の来日ツアー。有り難うございました。

15/5/1 フェスティバルホール
Riverdance 20周年記念ツアー
 

発売と同時にチケット購入。おかげで、最前列の席で、最高に楽しめた。

15/4/5

守山市民ホール・小ホール

「ルシオール音楽塾」 第3回 バッハの音楽  
  • フランス組曲 第5番
  • 平均律クラヴィーア曲集第1巻より 前奏曲とフーガ ハ長調
  • 半音階的幻想曲とフーガ
  • イタリア協奏曲
  • アンコール:アリア(≪ゴルトベルク変奏曲≫より)
【講師】本山秀毅

【演奏】イリーナ・メジューエワ(ピアノ)
本山秀毅氏のバッハ解説を30分聴いたあと、メジューエワさんの演奏を聴くという素晴らしい企画に拍手。

バッハのピアノ生演奏を聴くのは、初めてかも知れない。

「前奏曲とフーガハ長調」に感動。「半音階的幻想曲とフーガ」は初耳だったが、迫力に圧倒された。

アンコールの「ゴルトベルク変奏曲 アリア」は、かって、グレン・グールドのCDで良く聴いた曲で、懐かしい。帰宅後、書棚から取り出して、聴いている。

15/03/08

びわ湖ホール

びわ湖ホール プロデュースオペラ

ヴェルディ作曲 歌劇『オテロ』

オテロ:アントネッロ・パロンビ
デズデモナ:安藤赴美子
イアーゴ:堀内康雄
エミーリア:池田香織
カッシオ:大槻孝志
ロデリーゴ:与儀 巧
ロドヴィーコ:デニス・ビシュニャ
モンターノ:青山 貴
伝令:的場正剛

管弦楽:京都市交響楽団
合唱:びわ湖ホール声楽アンサンブル、二期会合唱団

指揮:沼尻竜典
演出:粟國 淳

びわ湖ホール プロデュースオペラは、「タンホイザー」「椿姫」「ワルキューレ」と3年続けて見ていて、どれもが素晴らしかったが、今回も期待に反せず、大満足の公演。

この歌劇は、初見。昔、映画で見た気がするが・・・。

歌手も合唱も管弦楽も素晴らしかった。

スタンディングオベーション!

オテロのパロンビさんは、さすが。圧倒的存在感。イアーゴの堀内康雄さんは、2012/7/6にびわ湖ホールで開催された「びわ湖の午後」リサイタルでお会いして、すっかりファンになった歌手。第2幕オテロとイアーゴの復讐の二重唱 「神にかけて誓う」は素晴らしかった。デズデモナの安藤赴美子さんは、2013/03/09の歌劇『椿姫』でも感動したが、今回も清楚な感じを醸し出し、良かった。

15/2/6

びわ湖ホール(小ホール)

びわ湖ホール声楽アンサンブル第57回定期公演  
J.S.バッハ作曲「ヨハネ受難曲」
《追加公演》
指揮:マティアス・ユング
福音史家:清水徹太郎
イエス:津國直樹
管弦楽:京都フィルハーモニー室内合奏団
独唱・合唱:びわ湖ホール声楽アンサンブル
所属する合唱団で、最近、練習を始めたばかりの曲を聴けるという貴重な機会。2月7日の公演は早々と完売。追加公演チケットをようやく入手できた。

先ず、小ホールで、舞台上方に投影される日本語歌詞の見やすいのが嬉しい。

「ヨハネ受難曲」を生で聴くのは初めてだったが、感動。最後から2曲目の39曲「Ruht wohl(安らかに眠ってください)」では、先日、不慮の死を遂げた後藤賢治さんを思い浮かべて、ウルウルしてきた。これから、私にとってこの曲は、「I am Kenji」と結びついていくことだろう。

バッハの音楽を堪能。有り難うございました。

14/12/20

びわ湖ホール(大ホール)

KEIBUN 第九 2014 第30回記念公演
  • モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番より第2楽章(ピアノ:大植英次)
  • ベートーヴェン:交響曲第9番ニ短調「合唱付き」
指揮:大植英次
管弦楽:大阪フルハーモニー交響楽団
合唱:KEIBUN第九合唱団
ソプラノ:天羽明恵
アルト:小川明子
テノール:樋口達哉
バリトン:大沼徹

解団式にて、ジョン・レノン譲りのサージェント・ペッパー風ジャケットを披露する大植指揮者

長年の念願がかない、第九をステージで歌うことができた。

パートは、バス。暗譜なので、歌詞を覚えるのが大変だった。

リハでは、指揮者のテンポに合わない個所もあったが、本番は、気持ちよく歌え、なかなか良い演奏だったと思う。

合唱団員は、ソリストに続いて、第四楽章の途中で入場するのだが、「練習」の最初から、目標タイムの2分を達成し、珍しい演出も成功だったようだ。

病み上がりの身体で不安もあったが、これで2つのステージを無事に終了できて、ホッとしました。

14/11/3

栗東芸術文化会館 さきら大ホール

びわこアーベントロート合唱団第20回定期演奏会

ブラームス作曲 ドイツ・レクイエム

  • マーラー作曲  交響曲第5番嬰ハ短調より アダージェット
  • ブラームス作曲 ドイツ・レクイエム
指揮:竹内公一
独唱:國光 ともこ(S)、迎 肇聡(Br)
管弦楽:びわこの風オーケストラ
合唱:びわこアーベントロート合唱団
久しぶりに、混声の大曲をステージで歌った。

パートはバス。今年、1月に入団以来、毎週1回の練習を続けていたが、秋に体調を崩してしまい、公演直前に退院して、なんとかステージで歌うことができた。

オケに比べて、合唱の声量が劣るので、本番ではかなり頑張ったのだが、録音CDを聴くと、未だ不足だった。しかし、オケも合唱も良い演奏(もちろん、ソロも素晴らしい)で、楽しく聴ける。びわこアーベントロート合唱団

14/8/25

TV(BSプレミアム)

歌劇「カルメン」(ビゼー)

ヴェローナ野外劇場

収録:2014年6月21日

エカテリーナ・セメンチュク(カルメン)
カルロ・ヴェントレ(ホセ)
カルロス・アルヴァレス(エスカミーリョ)
イリーナ・ルング(ミカエラ)
ほか

指揮:ヘンリク・ナナシ  
演出:フランコ・ゼッフィレッリ

素晴らしい構成で、堪能。先ず、次第に暮れなずむ野外劇場の雰囲気が良い。

歌手陣も充実。エカテリーナ・セメンチュクの他に、ミカエラを演じたイリーナ・ルングが感動的。彼女には、ほぼ3年前の2011/7/8に、エクス・アン・プロヴァンス音楽祭の歌劇「椿姫」で出会っていた。

久しぶりに、深夜3時まで見てしまった。

14/07/30 野洲文化ホール 結成55周年記念 ベンチャーズ ジャパン・ツアー2014  ドン・ウィルソン(Don Wilson-G)(81歳)
ジェリー・マギー(Gerry McGee-G)(76歳)
リオン・テイラー(Leon Taylor-Ds)(58歳)
ボブ・スポルディング(Bob Spalding-B)(67歳)

ほぼ50年振りのベンチャーズ。前回は、京都会館。当時のメンバーは、ドン・ウィルソン、ボブ・ボーグル、ノーキー・エドワーズ、メル・テイラー。

2013年08月に、NHK総合テレビの『SONGS』に登場し、毎年夏に来日していることを知った。番組中のインタビューにも感銘を受けて以来、念願のライブ。最前列の座席で、楽しませてもらった。

ドンは、1933年生まれとは思えない若さ。ジェリー・マギーとリオン・テイラーは、客席に降りての演奏も披露。

ググると、今夏のツアーは、来日68回目、公演期間7月19日〜9月14日、公演回数37回で、北海道から鹿児島まで巡回。

有り難うございました。
14/06/14 京都コンサートホール小ホール(アンサンブルホールムラタ) 仲道郁代 

ピアノ・リサイタル〜しっとりとショパンの詩情を〜

夜想曲 「レント・コン・グラン・エスプレシオーネ」、英雄ポロネーズなど

バラード 1〜4番

【アンコール曲】
ショパン/ ワルツ
シューマン/トロイメライ 

仲道郁代
晴れ女・郁代さんの面目躍如で、梅雨の季節に、好天。仲道さんの解説、ますます、お上手になった感じ。バラードが楽しく聴けた。

14/04/06

守山市民ホール

ルシオール アート・キッズ・フェスティバル/ラ・フォル・ジュルネびわ湖2014 in 守山

▽大阪フィル:山下一史指揮,スメタナ/交響詩「モルダウ」,ドヴォルザーク/交響曲 第8番

▽東欧音楽をあなたに:熊澤洋子(ヴァイオリン)、きしもとタロー(ブズ−キ);「チャルダーシュ」など

▽名曲アルバム ウィーン編・プラハ編:びわ湖音楽家協会[司会:吉田桂子(ピアノ)];ドップラー「プラハの思い出」など

▽チェロ&ピアノ:池村佳子(チェロ)、牧村英里子(ピアノ);ベートーヴェン/「魔笛」の主題による12の変奏曲

▽びわ湖ホール四大テノール:テノール 清水徹太郎、竹内直紀、二塚直紀、山本康寛;ピアノ 佐藤明子

▽イリーナ・メジューエワ ピアノ・リサイタル:モーツァルト「幻想曲 ニ短調 K.397」「ピアノ・ソナタ イ長調 K.331 (トルコ行進曲付きソナタ)」、シューベルト「即興曲 変ホ長調 op.90-2」「即興曲 変ト長調 op.90-3」、ブラームス「間奏曲変ホ長調」など

GWにびわこホールで開催される「ラ・フォル・ジュルネびわ湖2014」のプリ・イベントで、今年が第3回。

無料バスで、市民ホールへ。次々と演奏会をハシゴして、丸一日、音楽三昧。

ドップラー/プラハの思い出、ベートーヴェン/「魔笛」の主題による12の変奏曲は、初めて聴いた曲だが、素晴らしかった。

メジューエワさんの日本語の曲目解説とアンコール「トロイメライ」、有り難うございました。

14/2/26

クイーンズシアター(ロンドン)

レミゼラブル ジャン・バルジャン:DANIEL KOEK
ジャベール:TAM MUTU
ファンティーヌ:Na-Young Jeon
マリウス:Rob Houchen
エポニーヌ:Carrie Hope Fletcher
コゼット:SAMANTHA DORSEY
生では初見のレミゼラブル。

つい、映画と比較してしまう。

前から2列目のほぼ中央という席で、歌手の表情が見えたのも良かった。

歌の巧さに感動。大満足。

14/2/25

ロイヤル・オペラ・ハウス(ロンドン)

歌劇『トゥーランドット』(プッチーニ) Turandot(姫; ソプラノ): Irene Theorin
Altoum(皇帝; テノール): Alasdair Elliott
Timur(盲目の廃王; バス): Matthew Rose
Calaf(王子; テノール): Alfred Kim
Liu(召使; ソプラノ): Ailyn Perez

指揮: Nicola Luisotti  
演出: Andrei Serban

生では初見のトゥーランドット。素晴らしい!

前から3列目の中央という席で、歌手の表情が見えたのも良かった。

大満足。

14/2/24

ロイヤル・オペラ・ハウス(ロンドン)

歌劇『ドン・ジョヴァンニ』 Don Giovanni: Mariusz Kwiecien
Leporello: Alex Esposito
Donna Anna: Malin Bystrom
Donna Elvira: Veronique Gens
Don Ottavio: Antonio Poli
Zerlina: Elizabeth Watts
Masetto: Dawid Kimberg
Commendatore: Alexander Tsymbalyuk

指揮: Nicola Luisotti  
演出: Kasper Holten

映像は最高。凝りに凝っている。プロジェクションだけでは不可能? 回り舞台と2階建て

歌手は、美女多いが、歌唱は普通

Donna AnnaのMalin Bystrom:風邪を引いた? 高音が苦しい
Donna ElviraのVeronique Gens:魅力的
CommendatoreのAlexander Tsymbalyuk:歌は一番良かった

14/1/13

TV(BSプレミアム)

赤の広場コンサート

収録:2013年6月19日

  • ヴェルディ:『運命の力』序曲
  • ヴェルディ『シチリア島の夕べの祈り』〜ありがとう、愛する友よ
  • ヴェルディ:『ドン・カルロ』〜io morro ma lieto il core
  • ヴェルディ:『トロヴァトーレ』〜見ろよ、夜の暗い衣を/静かな夜・・・私のこの気持ちは/君の微笑み/聞いたか? 朝ともなれば
  • プッチーニ:『トスカ』〜行け、トスカ(テ・デウム)
  • ジョルダーノ:『アンドレア・シェニエ』〜母は亡くなり
  • プッチーニ:『ナブッコ』〜行け、我が想いよ、黄金の翼に乗って
  • プッチーニ:『リゴレット』〜悪魔め、鬼め
  • チャイコフスキー:『エフゲニ・オネーギン』〜あなたは私に手紙をくれました/ポロネーズ/O! Kak mne tiazhelo
  • カールマン:『チャールダーシュの女王』〜ハイヤー、ハイヤー、山こそわが故郷
  • 黒い瞳
  • モスクワ郊外の夕べ
アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)
ドミトリー・ホロストフスキー(バリトン)
ロシア国立交響楽団
コンスタンティン・オルベリアン(指揮)
 
モスクワの「赤の広場」で開催された野外コンサート。アンナ・ネトレプコ(ソプラノ)とドミートリ・ホロストフスキー(バリトン)の2大オペラ歌手がオペラのアリアを熱唱。見始めたら止められない楽しさ。

夕日を浴びる頃から、次第に暮れていくモスクワの風景も素晴らしい。

『エフゲニー・オネーギン』のフィナーレ「ああ、私は苦しい」では、二人の見事なデュエット。

アンコールの「黒い瞳」、「モスクワ郊外の夕べ」は、昔懐かしいロシア民謡。

13/11/9

びわ湖ホール(中ホール)

ベートーヴェン ピアノ・ソナタ・ツィクルスT  
イリーナ・メジューエワ
  • 創作主題による32の変奏曲 WoO80
  • ピアノ・ソナタ 第3番 ハ長調 op.2-3
  • ピアノ・ソナタ 第21番 ハ長調 op.53「ワルトシュタイン」
  • ピアノ・ソナタ 第31番 変イ長調 op.110
  • アンコール:6つのバガテルより 第5曲 op.126-5(ベートーヴェン)
イリーナ・メジューエワ(ピアノ) ラ・フォルジュルネ びわ湖 2012で初めて演奏を聴いたイリーナ・メジューエワさん。ラ・フォル・ジュルネびわ湖 2013では、チケット入手できず、ロビーコンサートを聴いたが、今回は念願かなって、ベートーヴェンを聴くことができた。

「ワルトシュタイン」以外は、ほとんど知らない曲で、やはり、「ワルトシュタイン」が迫力あり、かつ面白かった。というのは、日頃、CDで聴く仲道郁代さんの演奏と比較できたから。

13/10/20

近江八幡市文化会館

仲道郁代ピアノ・リサイタル

<第1部>

  • モーツァルト:ピアノ・ソナタ 第12番 ヘ長調 K.332
  • ショパン:12の練習曲op.10 第12番 ハ短調「革命」
  • ショパン12の練習曲op.10 第3番 ホ長調「別れの曲」
  • シューマン:交響的練習曲op.13

<第2部>

  • ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第14番嬰ハ短調 op.27-2「月光」
  • ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第23番 ヘ短調 op.57「熱情」

【アンコール】

  • 夜想曲 第20番 嬰ハ短調 「レント・コン・グラン・エスプレシオーネ」
  • 「悲愴」第2楽章
仲道郁代 3年振りの近江八幡でのコンサート。座席は、中央で最高。

モーツアルトの第12番、滅多に聴かない曲だが、いかにもモーツアルトらしいメロディ。第1楽章、先日聴いたプレイエルの音を思い出した。

ピアノの叩きながらの曲目解説、相変わらずお上手。

13/09/21

びわ湖ホール

びわ湖ホール プロデュースオペラ

ワーグナー作曲『ワルキューレ』

ジークムント/福井 敬
ジークリンデ/大村博美
フンディング/斉木健詞
ヴォータン/青山 貴
フリッカ/小山由美
ブリュンヒルデ/横山恵子

管弦楽:日本センチュリー交響楽団・神奈川フィルハーモニー管弦楽団
指揮:沼尻竜典
演出:ジョエル・ローウェルス
びわ湖ホール プロデュースオペラは、「タンホイザー」「椿姫」「ワルキューレ」と3年続けて見ていて、どれもが素晴らしかったが、今回も期待に反せず、大満足の公演。

「ワルキューレ」は、「騎行」の音楽は有名だが、生で見たことがなく、2010年8月にバイロイトから生中継されたBS放送であらすじを知っている程度。

今回の演出は、奇をてらわず、映像を多用して、分かりやすい。舞台の長い暗転シーンでは、音楽に注意を集中できて、面白い。

歌手も管弦楽も素晴らしく、ワーグナー音楽に引き込まれてしまった。スタンディングオベーション!

13/09/08 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール 仲道郁代ピアノ・リサイタル
時空を超えてタイムトリップ<全3回シリーズ>
第1回 プレイエルとスタインウェイで聴くショパン

(スタインウェイ)
幻想即興曲、ワルツ 7番、6番(子犬)

(プレイエル)
ワルツ 6番(子犬)、エオリアンハープ、バラード 4番、1番

(スタインウェイ)
ワルツ 2番(大円舞曲)、バラード 3番、革命、夜想曲20番、英雄ポロネーズ

【アンコール曲】
エルガー/愛の挨拶

仲道郁代
プレイエルの音を初めて生で聴いた。バラードが面白い。なかなか良い席が取れないホールだが、今回は前方中央の席でラッキー。
13/07/20 京都コンサートホール小ホール(アンサンブルホールムラタ) 仲道郁代 

ピアノ・リサイタル〜ベートーヴェン、熱情の夏〜

「悲愴」 
「月光」 
「告別」
「熱情」

【アンコール曲】
ショパン/ 「革命」
ショパン/夜想曲 「レント・コン・グラン・エスプレシオーネ」 

仲道郁代
「暑い京都の夏にベートーヴェンはどうかと思われるかも知れませんが・・・」との仲道さんの解説で始まったが、どうしてどうして、熱気溢れる(?)ベートーヴェンは、外の暑さを忘れさせてくれる。「月光」の第1楽章、何度聞いても素敵。アンコールのノクターンも心に沁みる。

13/6/23

びわ湖ホール(中ホール)

特別コンサート 
ヴァレリー・アファナシエフ ≪展覧会の絵≫
  • ドビュッシー:前奏曲集 第1巻より 第6曲 雪の上の足跡
  • プロコフィエフ:風刺 Op.17より 第2番 間のびしたアレグロ
  • ショスタコーヴィチ:24の前奏曲 Op.34より 第14番 変ホ短調
  • プロコフィエフ:風刺 Op.17より 第1番 嵐のように
  • ドビュッシー:前奏曲集 第1巻より 第10曲 沈める寺
  • 音楽劇≪展覧会の絵≫(作曲:ムソルグスキー)
ヴァレリー・アファナシエフ(ピアノ) 音楽劇「展覧会の絵」は、アファナシエフの一人舞台。作曲家ムソルグスキーと対話しながら、ピアノを演奏する。英語のセリフは、和訳が舞台後方のスクリーンに投影される。しかし、内容は「哲学的」だし、ドラマに気を取られて、演奏が楽しめなかった。

終演後、アフタートーク。聴き手:浅田彰

13/4/28

びわ湖ホール(メインロビー)
(ラ・フォル・ジュルネびわ湖 2013)

ドビュッシー:アラベスク第1番/月の光 ほか
イリーナ・メジューエワ(ピアノ)
昨年のラ・フォル・ジュルネで初認識したメジューエワさん。小ホールでの演奏会は、早々と完売で、チケット入手できず、ロビーコンサートを聴く。ドビュッシーにピッタリの雰囲気で、もっと長く聴きたかった。

イリーナ・メジューエワさん

13/4/28

びわ湖ホール(大ホール)
(ラ・フォル・ジュルネびわ湖 2013)

サティ(ドビュッシー編):ジムノペディ第1番、第3番(オーケストラ版)
ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲
サン=サーンス:交響詩「死の舞踏」op.40
サン=サーンス:ピアノ協奏曲第2番 ト短調 op.22
アンヌ・ケフェレック(ピアノ)

ラムルー管弦楽団/フェイサル・カルイ(指揮)

アンヌ・ケフェレックさん

サン=サーンス:ピアノ協奏曲は、初耳だったが、ケフェレックさんのピアノに圧倒され、スタンディングオベーション。
ラムルー管弦楽団も巧い!

[追記’13/4/29] グリゴリー・ソコロフによる音源を見つけました。
http://www.youtube.com/watch?v=sentB_7U7yY
Grigory Sokolov - Saint-Saens Piano Concerto No. 2

終演後、琵琶湖夕景←たそがれの琵琶湖

13/4/28

びわ湖ホール(小ホール)
(ラ・フォル・ジュルネびわ湖 2013)

びわ湖ホール四大テノール
竹内直紀
二塚直紀
清水徹太郎
山本康寛
佐藤明子(ピアノ)
オペラ「カルメン」より 花の歌、オペラ「連隊の娘」より 友よ、なんと楽しい日、スペインの女、グラナダ、おおシャンゼリゼ、クラリネットをこわしちゃった、ちょうちょう(スペイン民謡)、追憶、カンツォーネ・メドレー、など

相変わらず、楽しいコンサート。「追憶」(星影やさしく 瞬く み空を・・・)が、スペイン民謡由来とは知らなかった。子供の頃に歌った曲で、懐かしい。

[追記’13/4/29] テノールソロの素晴らしい音源を見つけました。
http://www.youtube.com/watch?v=EwDM3ZxdBg0
「追憶」 石井 健三

13/4/28

びわ湖ホール(大ホール)
(ラ・フォル・ジュルネびわ湖 2013)

ビゼー:「アルルの女」第1組曲
ロドリーゴ:アランフェス協奏曲
ビゼー:カルメン組曲より
カニサレス(ギター)

日本センチュリー交響楽団/篠ア靖男(指揮)

ロドリーゴ:アランフェス協奏曲が最高! これ一曲だけで、ラ・フォル・ジュルネびわ湖に来た甲斐があった(と、その時は思った)。前から3列目という席も良かった。

センチュリーの演奏では、相変わらず、フルート奏者 ニコリンヌ・ピエルーさんに目(と耳)が行ってしまう。

[追記’13/4/29] 動画を見つけました。

http://www.youtube.com/watch?v=Ilmnif-qYXI
LFJ2013カニサレス_アランフェス協奏曲 (C)ARTE2013
第2楽章の前半(3:02)

13/04/07

守山市民ホール

ルシオール アート・キッズ・フェスティバル/ラ・フォル・ジュルネびわ湖2013 in 守山

▽大阪フィル:伊藤翔指揮,モーツァルト/交響曲 第31番 ニ長調 K.297「パリ」、ビゼー/「アルルの女」より パストラール、メヌエット、ファランドール、マスネ/タイスの瞑想曲、ビゼー/カルメン 第1組曲

▽音楽劇「花子さんもびっくりの音楽の授業」:鷲宮美幸(Pf)「火祭りの踊り(ファリャ)」、河岸毅(Pf)「カルメン幻想曲(サラサーテ)」、佐川康子(So;カルメン役)、萩原次己(Bar)ほか、守山音楽連盟出演

▽フラメンコ EL VIENTO DE SEVILLA 〜セビージャの風〜;飯間郁容(ダンサー)、飯間正巳(ダンサー)、上林功(ヴォーカル)、MIGUELON(ギター)

▽イェルク・デームス ピアノ・リサイタル:ドビュッシー/ベルガマスク組曲、フォーレ/夜想曲 第6番 ニ長調 作品63、ドビュッシー/前奏曲集第1集から「沈める寺」、ドビュッシー/映像第2集から「金色の魚」、フランク/前奏曲 コラールとフーガ

GWにびわこホールで開催される「ラ・フォル・ジュルネびわ湖2013」のプリ・イベントで、今年が第2回。

無料バスで、市民ホールへ。次々と演奏会をハシゴして、丸一日、音楽三昧。

有名だが、生では初めて聴く曲が多く、大いに楽しんだ。特に、イェルク・デームスさんのピアノに感動。遠路、お越しいただき有り難うございました。

他に、市内中学校吹奏楽部演奏会、加藤景子さんのジャズピアノも素晴らしかった。

13/3/23

TV(BSプレミアム;放送日:2012年8月27日)[録画]

歌劇『パルシファル』(ワーグナー)

バイロイト音楽祭2012 から

収録:2012年8月11日

アンフォルタス:デトレフ・ロート
ティトゥレル:ディオゲネス・ランデス
グルネマンツ:ヨン・クワンチュル
パルシファル:ブルクハルト・フリッツ
クリングゾル:トーマス・イェザトコ
クンドリ:スーザン・マクリーン

指揮:フィリップ・ジョルダン  
演出:シュテファン・ヘアハイム

メトロポリタン・オペラで見たものと比較しようと思い、録画DVDを鑑賞。しかし、比較できないほど、演出が違う。日本語字幕があるためか、スジは追えるが、ナチスや戦争シーンの出てくる現代演出は好きになれない。パルシファルが肥満な裸体を見せるのも興ざめ。

13/03/09

びわ湖ホール

びわ湖ホール プロデュースオペラ

歌劇『椿姫』ヴェルディ作曲

ヴィオレッタ:安藤赴美子
アルフレード:フェルナンド・ポルターリ
ジェルモン:上江隼人
フローラ:谷口睦美
ガストン子爵:大槻孝志
ドゥフォール男爵:加賀清孝
ドビニー侯爵:山下浩司
医師グランヴィル:森 雅史
アンニーナ:山下牧子
ジュゼッペ: 山本康寛
合唱:びわ湖ホール声楽アンサンブル、二期会合唱団
管弦楽:京都市交響楽団
指揮:沼尻竜典
演出:アルフォンソ・アントニオッツィ
昨年の「タンホイザー」に続き、大満足の公演。

主役3人(安藤赴美子、フェルナンド・ポルターリ、上江隼人)とも良かったし、京響も素晴らしい。第3幕、ヴィオレッタを演じた安藤赴美子さんのアリア「過ぎし日よ、さようなら」では、ウルウル。

終了後、久しぶりのスタンディングオベーションも当然。次の公演「ワルキューレ」のチケットを購入。

13/3/1

メトロポリタン・オペラ

歌劇『カルメン』(ビゼー) カルメン:アニタ・ラクヴェリシヴィリ(Anita Rachvelishvili)
ドン・ホセ:ホセ・クーラ(Jose Cura)(代役)
ミカエラ:エカテリーナ・シェルバチェンコ(Ekaterina Scherbachenko)
エスカミーリョ:ドゥウェイン・クロフト(Dwayne Croft)

指揮:ミケーレ・マリオッティ  
演出:リチャード・エア

カルメンは何度も見ているが、やはり主役のカルメンの魅力が重要だろう。その意味では、若手のラクヴェリシヴィリに期待したのだが、ドン・ホセを狂わせるほどの魅力を感じない。どこかの歌劇場で見たように、真っ赤なドレスで出てきて欲しい。

演出としては、バレーを多用し、これは好感。ラストで、回り舞台が回ると、闘牛場に切り替わり、牛が倒れているのは、理解不能。

13/2/28

メトロポリタン・オペラ

歌劇『パルジファル(パルシファル)』(ワーグナー) ヨナス・カウフマン(パルシファル)、カタリーナ・ダライマン(クンドリ)、ペーター・マッテイ(アムフォルタス)、ルネ・パーペ(グルネマンツ)、エフゲニー・ニキティン(クリングゾール)

指揮:ダニエレ・ガッティ  
演出:フランソワ・ジラール

ヨナス・カウフマンを初めて聴けるのを楽しみに、NY滞在中に訪問。上演時間が5時間40分(休憩2回)という長丁場だし、ストーリーも難解とあって、直前まで予習。それでも、血の流れる演出・舞台は理解不能。
13/1/12 京都コンサートホール・大ホール 京都市交響楽団  「ニューイヤー・コンサート」
  • ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番変ホ長調「皇帝」
  • ディーリアス:「小管弦楽のための2つの小品」から、「春を告げるかっこう」
  • シューマン:交響曲第1番変ロ長調「春」
指揮:山田和樹

ピアノ:仲道郁代

仲道さんのベートーヴェン「皇帝」は、CDで聴いていたが、生は(意外にも)初めて。会場の音響特性のためか、fよりp,ppが魅力的に聞こえた。やはり、ベートーヴェンは天才だ。

13/1/5

TV(Eテレ;放送日:2013年1月3日)[録画]

2013年NHK ニューイヤーオペラコンサート 「ラ・ボエーム」から「愛しい乙女よ」・・・村上敏明・砂川涼子
「メリー・ウィドー」から「ヴィリアの歌」・・・中嶋彰子
「メリー・ウィドー」から「グリゼットの歌」・・・小林沙羅
「死の都」から「マリエッタの歌」・・・木下美穂子
「オテロ」から「無慈悲なる神の命ずるままに」・・・堀内康雄
「トリスタンとイゾルデ」から「愛の死」・・・藤村実穂子
ほか

13/1/3

TV(BSプレミアム;放送日:2012年12月29日)[録画]

楽劇「ジークフリート」

ミラノ・スカラ座 

ランス・ライアン(ジークフリート)、ニナ・シュテンメ(ブリュンヒルデ)、テリエ・ステンスヴォルト(旅人)、ペーター・ブロンダー(ミーメ) ほか

【指揮】ダニエル・バレンボイム【演出】ギー・カシアス

ジークフリートは、初見。約4.5時間の長編オペラなので、1夜1幕で見た。CGを駆使した舞台が、単純なストーリを補って、すごい。

12/12/24

TV(BSプレミアム)

歌劇「ローエングリン」(ワーグナー)

ミラノ・スカラ座 2012/2013シーズン開幕公演

ヨナス・カウフマン(ローエングリン)
アンネッテ・ダッシュ(エルザ・フォン・ブラバント)
ルネ・パーペ(ドイツ国王ハインリヒ)
トマス・トマソン(テルラムント)
エヴェリン・ヘルリツィウス(オルトルート)
ジェリコ・ルチッチ(式部官)

【指揮】ダニエル・バレンボイム
【演出】クラウス・グート

クラシックな演出で見るのは初めて。迫力ある舞台に引き込まれて、見始めたら止められず、朝方まで見てしまった。

12/12/14

びわ湖ホール・大ホール

仲道郁代&川井郁子ディオ・リサイタル
〜びわ湖で奏でる名曲の調べ〜
仲道郁代&川井郁子 曲目:
  • J.S.バッハ…無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第3番より「ガヴォット」
  • ショパン…バラード第1番/前奏曲第20番/練習曲第1番、5番《黒鍵》、13番《エオリアン・ハープ》、24番《大洋》
  • 川井郁子…水百景/ブルーバード
  • ベートーヴェン…ヴァイオリン・ソナタ第5番《春》
  • クリスマス・メドレー 
  • アンコール:ピアソラ「リベルタンゴ」
    ほか

12/11/26

パリ・オペラ座(ガルニエ宮)

歌劇『チェネレントラ』(ロッシーニ) アンジェリーナ (チェネレントラ):マリアンナ・ピッツォラート
ラミーロ王子:マキシム・ミロノフ

指揮:リッカルド・フリッツァ  
演出:ジャン=ピエール・ポネル

さすが、ロッシーニ。音楽が楽しいし、特に、重唱が素晴らしい。

12/11/20

オペラ・バスティーユ(パリ)

歌劇『トスカ』 トスカ:マルティナ・セラフィン(Serafin)
カヴァラドッシ: Andrew Richards
スカルピア:セルゲイ・ムルザエフ(Murzaev)  
アンジェロッティ:Nicolas Teste

指揮:パオロ・カリニャーニ

 

12/09/23

びわ湖ホール

ウィーンの森 Buhne バーデン市劇場公演

プッチーニ作曲 歌劇『トスカ』

トスカ:セシリア・ベルグルンド
カヴァラドッシ:オイジェネ・アーメスマン
スカルピア:アンドリー・シュクルファン
アンジェロッティ:フロリアン・クレッセル

指揮:クリスティン・ポーラック
演出:ルチア・メシュビッツ
バーデン市劇場の日本での公演が、今日のびわ湖ホールで300回になるとのことで、演出監督のルチア・メシュビッツさんから、舞台挨拶があった。私は初めて見るのだけれど、(他の公演に比べれば)比較的手頃な料金で、海外のオペラを見られるということだろう。

幕が上がると、なかなかの舞台装置。現代演出ではないので、一安心。

ただ、全般に、迫力不足で、物足りない。このホールは音響効果が良いのだが、歌手の声が響いて来ない。オケの音量をもっと絞らないと・・・と思うほど。

三幕で、いつもはバックから歌声だけが聞こえる牧童が、舞台に登場で驚き。少年ではなく、ソプラノだと思うけど、印象的。

12/8/25

びわ湖ホール
(小ホール)

びわ湖ホール四大テノールコンサート

清水徹太郎
竹内直紀
二塚直紀
山本康寛

佐藤明子(ピアノ)

4人4様の歌が聴けて、楽しい演奏会でした。チケットが早期完売とのこと、おめでとうございます。次回は、中ホール?

曲目:琵琶湖周航の歌,からたちの花,グラナダ,歌劇「道化師」より "衣裳をつけろ",歌劇「ファウスト」より "清き住まい",猫の二重唱,筑波山麓男声合唱団,大都会,イタリアン・カンツォーネ・メドレー(カタリ・カタリが最高)など

アンコール:ロッシーニ"踊り",歌劇「トゥーランドット」より "誰も寝てはならぬ",MY way,オーソレミオ

12/08/13 TV(BSプレミアム) 歌劇「フィガロの結婚」(モーツァルト)
エクサンプロバンス音楽祭2012から

収録:2012年7月
エクサンプロバンス大司教館中庭

マリン・ビストリム
パトリシア・プティボン
カイル・ケテルセン
ケイト・リンゼ
アンナ・マリア・パンザレルラ
マリオ・ルペリ
ほか

指揮:ジェレミー・ローラー
演奏:ル・セルクル・ドゥ・アルモニー

昨夏(2011年7月)の南仏旅行で「椿姫」を見た音楽祭。

奇抜ではないが、現代演出で、舞台はオフィス風。背広・スカート姿の歌手が、お殿様の初夜権のことを歌うのが、しっくり来ない。

途中で眠くなったが、第4幕 伯爵邸の庭の場面で持ち直した。

12/8/12

びわ湖ホール
(大ホール)

日本センチュリー交響楽団 びわ湖定期公演 vol.4
  • モーツァルト/歌劇「コジ・ファン・トゥッテ」序曲
  • チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲 ニ長調
  • メンデルスゾーン/交響曲 第4番 イ長調 「イタリア」

アンコール:

  • パガニーニ「24のカプリースよりNo.13」
  • モーツアルト「フィガロの結婚 序曲」
指揮/沼尻竜典

ヴァイオリン/神尾真由子 

モーツァルトが始まって,すぐに木管の美しい音色に気付いた。そうだ、センチュリーのフルート奏者は、10/08/08のびわ湖公演 Vol.1で初認識したニコリンヌ・ピエルーさんだ。その後、ずーと、フルートの音を追いかけてしまった(神尾のヴァイオリンを除いて)

チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲は、12/4/30に、ラ・フォルジュルネ びわ湖 2012で、川久保賜紀さんの演奏を聴いたばかり。あの時は、ステージ間近だったが、今回は遠い3階席で残念。前回同様、第2楽章の哀愁を帯びたヴァイオリンと木管の掛け合いが最高。
12/07/25 京都コンサートホール小ホール(アンサンブルホールムラタ) 仲道郁代 

音紋様…ピアノから聴こえる水、光、風〜ドビュッシーの香り、ショパンの粋〜

モーツアルト/「トルコ行進曲」

ドビュッシー/「ベルガマスク組曲」より 月の光;アラベスク 第1番,第2番;「子供の領分」より,グラドゥス・ア
ド・パルナッスム博士,人形のセレナーデ,ゴリウォッグのケークウォーク;
前奏曲集 第1巻より アナカプリの丘;喜びの島

ショパン/幻想即興曲;ワルツ 第6番 「小犬」,ワルツ 第7番 ; バラード 第1番; アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ ;12の練習曲 第12番 「革命」

【アンコール曲】
ショパン/夜想曲 第20番 「レント・コン・グラン・エスプレシオーネ」
エルガー/愛の挨拶 

仲道郁代
座席が最前列で、ステージも低く、まるでサロンの雰囲気で聴けたのが嬉しい。

ドビュッシーは馴染みがないが、やはり「月の光」が最高。ショパンでは、 バラード 第1番が新鮮だった。

「革命」が最後になるハプニングも、ほほえましい。

12/7/6

びわ湖ホール
(小ホール)

びわ湖の午後39
堀内康雄 バリトン・リサイタル
《私が出会った思い出の曲》
堀内康雄

ピアノ:河原忠之

素晴らしい演奏会で、特に、ヴェルディに感動。

堀内さんのトーク付きコンサート。慶応ワグネル、畑中良輔氏や、札幌市役所が出てきて、懐かしい。

曲目:黒人霊歌「深い河」、歌劇「タンホイザー」より ”夕星の歌”、畑中良輔 「花林(まるめろ)」、ドニゼッティ「ランメルモールのルチア」から”残酷で不吉な苛立ちが”、ドニゼッティ「愛の妙薬」から”魅惑的なパリスが…”、ヴェルディ「仮面舞踏会」より ”お前こそ心を汚すもの”、など。アンコールは、椿姫より”プロバンスの海と陸”

12/7/1

守山BLUE

ジュスカ グランペール 千年の戀 Tour 2012
  • Gypsy Dance
  • 永久(とこしえ)の君
  • Minor Swing
  • 戀 戀〜ラ・クンパルシータ〜
  • ススキ野の恋
  • アンコール:祈りのボレロ
    など
Jusqu'a Grand-pere(ジュスカ・グランペール)
  • ギター:高井博章
  • バイオリン:ひろせまこと
昨年のラ・フォルジュルネ びわ湖 2011で知った京都出身のインスト・アコースティック・デュオのライブ。2時間を越える熱演。しっとりした戀の音楽から始まり、最後のアンコールは、オールスタンディングの大合唱。素晴らしい音楽を堪能しました。

12/6/17

守山BLUE

BLUE GIG ラテンジャズ&ポップスナイト 川崎令子トリオ
川崎令子(piano)、川辺ぺっぺい(bass)、奥野敦(drums)

弁天
satomi(org.& pf.)、さあち(vo.)

signals
Pf/Voオガワ、Bs/Choユッキー、Dr/イッペイ
川崎令子トリオの素晴らしい演奏で、ミッシェル・カミロ(Michel Camilo)「On Fire」を初めて知った。

この曲の動画(Michel Camilo Quintet performing "On Fire" at Newport Jazz Festival 1991

12/6/17

野洲文化ホール

岡本知高
Concerto del Sopranista 2012
岡本知高(ソプラニスタ)
榎本潤(ピアノ)
  • だったん人の踊り
  • サンクタ・マリア(加藤昌則)
  • 日本の唱歌メドレー(「ふるさと」には、いつも感動)
  • 偉大なるジュピター(ポルポラ作曲 歌劇「ポリフェーモ」より)(知らない曲だが、魅力的)
  • ラウダムス・テ(モーツアルト ミサ曲ハ短調より)
  • 旅立ちの日に[地元のみかみ児童合唱団らと](児童合唱団が上手!)
  • Time to say good bye
  • 糸(中島みゆき)(私の最初の中島みゆきCD「Singles 2000」収録曲。『なぜ めぐり逢うのかを 私たちは なにも知らない  いつ めぐり逢うのかを 私たちは いつも知らない・・・』。素晴らしい歌詞だ)
  • 道標(福山雅治)
  • カッチーニ:アヴェ・マリア(曲名は初見だったが、曲は知っていた。帰宅後、調べてみると、スラヴァのCD「アヴェ・マリア」の最初に入っていた)
  • プッチーニ:誰も寝てはならぬ(オペラ『トゥーランドット』より)
  • あなたに(MONGOL800)(『あなたに 逢いたくて 逢いたくて・・・』を全員合唱。この曲の検索で、Youtubeを見て、映画「うた魂♪」を見たくなった)

12/5/26

びわ湖ホール
(小ホール)

栗原未和&二塚直紀 ジョイントコンサート
  • シューマン:ソプラノとテノールのための2重唱
  • ドニゼッティ:オペラ『愛の妙薬』より抜粋
アディーナ:栗原未和
ネモリーノ:二塚直紀  
ドゥルカマーラ博士:萩原次己
ベルコーレ:迎肇聡
ジャンネッタ:田中千佳子

ピアノ:佐藤明子
構成・演出:岩田達宗

素晴らしい演奏会でした。

ドニゼッティ「愛の妙薬」抜粋とあったが、ほぼ全幕をピアノ伴奏で上演。この歌劇、初見だったので予習して行ったが、演出も良く、大いに楽しんだ。

栗原さんの無理のない声は好感。他の出演者を含め、特に重唱が素晴らしい。

来週の東京での演奏会の成功を祈ります。

12/05/22 TV(BSプレミアム) 歌劇「椿姫」(ヴェルディ)
エクサンプロバンス音楽祭2011から

収録:2011年7月
エクサンプロバンス大司教館中庭

ナタリー・デセイ(ヴィオレッタ)
チャールズ・カストロノーヴォ(アルフレード)
リュドヴィク・テジエ(ジェルモン)

指揮:ルイ・ラングレ
演奏:ロンドン交響楽団

昨夏(2011年7月)の南仏旅行で、別の配役(ヴィオレッタは、イリーナ・ルング)で見た歌劇。チケットが取れなかったナタリー・デセイ出演の舞台をTVで見られて、嬉しい。さすがのナタリー・デセイ、舞台女優のような演技で、引き込まれてしまった。有り難うございました。

12/4/30

びわ湖ホール
(ラ・フォルジュルネ びわ湖 2012)

ムソルグスキー:交響詩「はげ山の一夜」

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.35

川久保賜紀(ヴァイオリン)

ウラル・フィルハーモニー管弦楽団/ドミトリー・リス(指揮)

交響詩「はげ山の一夜」と言えば、アニメーション映画『ファンタジア』で知った曲。生で聴くのは初めて(だろう)。なかなか楽しい。

チャイコフスキー「ヴァイオリン協奏曲」も生で聴くのは初めて。間近で川久保賜紀さんの演奏を見られて嬉しい。ピアニッシモのソロパートが多くて、客席もシーン。前半より後半(特に、第2楽章)が好感。

なお、この曲は、先日の守山でのプリイベントでも、小森永李加さんがピアノ伴奏で演奏。
12/4/30 びわ湖ホール
(ラ・フォルジュルネ びわ湖 2012)
萩原次己、ロシアを歌う(仮称)
  • ステンカラージン
  • ムソルグスキー「死の歌と踊り」
  • 黒い瞳
萩原次己(バリトン)

佐藤明子(ピアノ)

2番目に歌われた「道」は、数十年振りに聴いた曲。歌声喫茶で歌ったロシア民謡が、懐かしい。

♪おお、道よ 立つほこり 寒さにふるえ 茂るブーリャン♪

ググると、Youtubeで多くの演奏が見つかり、感動。ロシア民謡ではなく、1945年の作品(作曲者:ノヴィコフ)。

なお、萩原次己さんの歌は、先日の守山でのプリイベントでも聴いていた。

12/4/30 びわ湖ホール
(ラ・フォルジュルネ びわ湖 2012)
チャイコフスキー:弦楽四重奏曲第1番 ニ長調 op.11

ボロディン:弦楽四重奏曲第2番 ニ長調

プラジャーク弦楽四重奏団 曲名だけでは、ピンとこないが、どちらも良く耳にする曲。演奏も素晴らしかった。

チャイコフスキーの2楽章は「アンダンテ・カンタービレ」。全体にロシア民謡的なメロディで、メランコリック。

ボロディンと言えば、「だったん人の踊り」「中央アジアの草原にて」だが、なぜか、この弦楽四重奏曲もメロディーを知っていた。特に第3楽章「夜想曲」が好感。チャイコフスキーよりも好きだ。

12/4/30

びわ湖ホール
(ラ・フォルジュルネ びわ湖 2012)

チャイコフスキー:歌劇「エフゲニー・オネーギン」よりポロネーズ

チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 変ロ短調 op.23

イム・ドンヒョク(ピアノ)

ウラル・フィルハーモニー管弦楽団/ドミトリー・リス(指揮)

チャイコフスキー「ピアノ協奏曲第1番」と言えば、冒頭のホルンの4つの下降音が印象的で、TVで見たと思われる中村紘子さんの演奏姿を思いだす。

今日のイム・ドンヒョクさんの演奏に、ブラボー! 

なお、先月、BSで見た映画『冬の華』では、高倉健と池上季実子が出くわす名曲喫茶で、高倉健がこの曲をリクエストする。

12/4/28

びわ湖ホール
(ラ・フォルジュルネ びわ湖 2012)

ラフマニノフ作曲「ヴォカリーズ」など (コントラバス)黒川冬貴
(ピアノ)中川航介
コントラバスのソロ演奏を聴くのは初めてのことだったが、実に楽しい。帰宅後に調べたら、黒川さんは私の地元の出身(しかも同じ町内)。

なお、このステージの直前が、石山高校の学生のフルート五重奏。関西アンサンブルコンテストで金賞受賞とのことで、さすがに良く息の合った演奏。

12/4/28

びわ湖ホール
(ラ・フォルジュルネ びわ湖 2012)

レクチャー(ピアノ演奏付)
「亀山郁夫とたどる 熱狂とノスタルジーのロシア音楽」
亀山郁夫
ピアノ:イリ−ナ・メジューエワ
特別ゲスト:浅田彰
この超豪華な顔ぶれのトーク&演奏を、たった500円で楽しめるとは・・・!
メジューエワさんは、初めてお目にかかりましたが、清楚な雰囲気とは異なる力強いピアノで感服。
ロシア音楽の9人の作曲家の作品を演奏。チャイコフスキー「6月 舟歌」、ラフマニノフ「前奏曲 鐘」、ムソグルスキー「展覧会の絵より プロムナード 小人」は馴染みあり。しかし、ルリエ「大気のかたち〜ピカソに捧ぐ」やストラビンスキー、ショスタコーヴィチなどは、初めて聴いた曲だが、好感。

ピアノは、Bosendorfer(ベーゼンドルファー) Model 290 Imperial。

12/4/28

びわ湖ホール
(ラ・フォルジュルネ びわ湖 2012)

アンサンブルの楽しみ
久津内 瞳
ピアノ:久津内 瞳
帰宅後に調べたら、久津内さんは私の地元の出身。

12/04/08

守山市民ホール

ルシオール アート・キッズ・フェスティバル/ラ・フォル・ジュルネびわ湖2012 in 守山

▽朝川万里(Pf):一柳慧「ピアノスペース」,プロコフィエフ「ソナタ第7番」

▽音楽劇「花子さん 夢の中でロシアへ行く」:鷲宮美幸(Pf)「展覧会の絵」,河岸毅(Pf),高木ひとみ(So),萩原次己(Bar)ほか,守山音楽連盟出演

▽大阪フィル:新通英洋指揮,チャイコフスキー「交響曲第六番 悲愴」

▽チャイコフスキー「ヴァイオリン協奏曲」より;小森永李加(Vn) 

▽河瀬里子(Pf)+角田博之(Vn):ストラヴィンスキー/前奏曲と王女たちのロンド,ストラヴィンスキー/パストラーレ,プロコフィエフ/5つのメロディ,メトネル/ヴァイオリンソナタ 第1番

GWにびわこホールで開催される「ラ・フォル・ジュルネびわ湖2012」のプリ・イベントで、今年が第1回。

駅前のライブを聴いてから、無料バスで、市民ホールへ。次々と演奏会をハシゴして、丸一日、音楽三昧。

特に、音楽劇は予想外の(失礼!)面白さ。お金も時間もかかっている。有り難うございました。

大フィルのみ、有料なのだが、これも満員の盛況で、キャンセル待ちでチケットを入手できた。

日頃、馴染みにないロシア音楽を生で聴けて、大いに楽しんだ。

12/03/23

京都コンサートホール
大ホール

ロームミュージックファンデーション音楽セミナー
指揮者クラス レッスン見学会

ドヴォルザーク:交響曲第9番「新世界より」
ドビュッシー:牧神の午後への前奏曲

<出 演>
小澤征爾(指導)
ザ・カレッジ・オペラハウス管弦楽団
7日に指揮活動の休止を表明し、今日も来られないと予告されていた小澤征爾さんがステージに突然現れ、どよめき。お元気にジョークを交えながら、指導をされた。有り難うございました。雨の中、遠路、出かけた甲斐がありました。

12/03/19

TV(BSプレミアム)[録画]

チェスキー・クルムロフ城
バロック劇場公演         
ジュゼッペ・スカルラッティ作曲
歌劇「愛のあるところ 嫉妬あり」
<出 演>
クラリーチェ侯爵夫人:レンカ・マチコヴァ
オラツィオ伯爵:アレシュ・ブリスツェイン
ヴェスペッタ:カテジーナ・クニェジーコヴァ
パトリツィオ:ヤロスラフ・ブジェジナ

<管弦楽>
シュヴァルツェンベルク宮廷管弦楽団

<指 揮・チェンバロ>
ヴォイチェフ・スプルニー
世界遺産の古都チェスキー・クルムロフで、240余年ぶりのバロックオペラ再現!

イントロダクション(50分)は、初演当時(1768年)の歴史的背景や、オペラのメイキングの紹介で、非常に面白い。

本編は、約90分の喜歌劇。照明はロウソク。舞台装置も、擬音装置も手動。こんな素敵なオペラをTVで(ただで)見られるとは・・・。

12/03/11

びわ湖ホール

びわ湖ホール プロデュースオペラ

ワーグナー作曲 
歌劇『タンホイザー』

タンホイザー:水口 聡
エリーザベト:佐々木典子
ヴェーヌス:並河寿美
ヴォルフラム:大島幾雄
ヘルマン:大澤 建
合唱:びわ湖ホール声楽アンサンブル、二期会合唱団
管弦楽:京都市交響楽団
指揮:沼尻竜典
演出:ミヒャエル・ハンペ
タンホイザーを生で見るのは初めて。そもそも、ワーグナーを生で見るのは数十年ぶり。午前中に開催されたオペラ・ワークショップにも参加。前日の演奏の評判が良く、期待に胸膨らむ。

席は3階席最前列。見やすい(音響も良かった)。

15分の序曲、京響の音が素晴らしく、感動。そういえば、私の初めて買ったCDは、ワーグナーだった。

舞台も、映像技術を駆使し、最近見たオペラの中では最も好感。

歌手の中では、女声の佐々木典子さん、並河寿美さんが素敵。特に、第3幕のエリーザベトのアリアに感動。合唱も素晴らしく、予想以上に(失礼、最高に!)楽しめた。

なお、残念だったのは、プロンプターの声が大きく聞こえたこと。今まで、聞こえたことがなかったので、気になって仕方ない。これがなかったら、もっとブラボーしたのに・・・。

12/03/03

TV(教育;放送日:2007年5月25日)[録画]

東京のオペラの森

歌劇“タンホイザー”〜ハイライト

収録:2007年3月

タンホイザー: ステファン・グールド
エリーザベト: ムラーダ・フドレイ
ヴェーヌス: ミシェル・デ・ヤング
ヴォルフラム: ルーカス・ミーチェム
領主ヘルマン: アンドレア・シルベストレッリ
【指揮】 小澤征爾
【演出】 ロバート・カーセン
古い録画を引っ張り出して、来週見る歌劇の予習。

『巡礼の合唱』は男声合唱の名曲で、何度も歌ったことがあるが、“タンホイザー”は初見。

ロバート・カーセン演出は、昨年12月にTVで見たミラノ・スカラ座公演 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」で見たばかり。今回の演出も凝っていて、タンホイザーは画家。歌合戦ではなく、絵画合戦。クラシックな演出を見たくなった。

12/1/1

TV(BSプレミアム)[録画]

ミラノ・スカラ座
歌劇「魔笛」(モーツァルト作曲)

収録:2011年3月

【出演】
ザラストロ:ギュンター・グロイスベック
タミーノ:サイミール・ピルグ
夜の女王:アリビナ・シャギムラトワ
パミーナ:ゲニア・キューマイア
パパゲーノ:アレックス・エスポジト
パパゲーナ:アイリッシュ・タイナン
【指揮】ローラント・ベーア
【演出】ウィリアム・ケントリッジ
モノクロの映像(なぜか、光学の図面が多い)を使用した現代演出。少し凝りすぎの感で、全体に暗い。
NHKの紹介記事に「実力派モーツァルト歌手が勢ぞろい」とあったが、特に、サイミール・ピルグ(タミーノ役)、アレックス・エスポジ(パパゲーノ役)が目立った。 

11/12/30

TV(BSプレミアム)

ミラノ・スカラ座
歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」(マスカーニ)

収録:2011年1月

サントゥッツァ(村娘):ルチアーナ・ディンティーノ
トゥリッドゥ(青年):サルヴァトーレ・リチートラ
ルチア(母):エレナ・ジーリオ
アルフィオ(馬車屋):クラウディオ・スグーラ
ローラ(アルフィオの妻):ジュゼッピーナ・ピウンティ

<指揮>ダニエル・ハーディング
<演 出>マリオ・マルトーネ
幕が上がる前、序曲と、遠くから聞こえてくるテノールの美声に引き込まれる。歌手のレベル高く、演出も凝りすぎず、歌を堪能。サントゥッツァを演じたルチアーナ・ディンティーノ、さすがのベテラン。ローラを演じたジュゼッピーナ・ピウンティ、美女でピッタリ。

[メモ]前回見たのは、09/08/29 カラヤンの芸術(ミラノ・スカラ座) 

11/12/29

TV(BSプレミアム)[録画]

ミラノ・スカラ座2011/12シーズン開幕公演
歌劇「ドン・ジョヴァンニ」

収録:2011年12月7日

ドン・ジョヴァンニ:ペーター・マッテイ
ドンナ・エルヴィーラ:バルバラ・フリットーリ
ドンナ・アンナ:アンナ・ネトレプコ
ドン・オッターヴィオ:ジュゼッペ・フィリアノーティ
レポレロ:ブリン・ターフェル
ツェルリーナ:アンナ・プロハスカ
マゼット:ステファン・コツァン
騎士長:クワンチュル・ユン
<指揮>ダニエル・バレンボイム
<演 出>ロバート・カーセン
奇抜な(!?)舞台装置、現代演出に気を取られて、音楽の楽しさが味わえなかった。途中で止められないが、見終わって、疲労感ずっしり。黒い下着姿のエルヴィーラにも感情移入できず。アンナ・ネトレプコも体型が変わっていて、驚き。こんな歌い方だったろうか?  
11/11/19 神戸学院大学 仲道郁代 ピアノ協奏曲の午後 〜モーツァルト連続演奏 第8回(最終回)〜
  • モーツァルト:ディヴェルティメント ヘ長調 K.138(125C)
  • モーツァルト:ピアノ協奏曲 第21番 ハ長調 K.467
  • モーツァルト:ピアノ協奏曲 第20番 ニ短調K..466

【アンコール曲】

  • エルガー 愛の挨拶  
仲道郁代、神戸市室内合奏団
ディヴェルティメントは、神戸市室内合奏団のレベルの高さがうかがわれる演奏。

ピアノ協奏曲は、指揮者のボッセさんが休演のため、仲道郁代さんの弾き振り(初挑戦とのこと)。赤い(こすると消える)ペンを指揮棒に熱演。ずーと、ピアニストの背中を見ることになるが、オケとピアノの対話がより明確に感じられ、面白い体験。非常に楽しい演奏会だった。

11/11/12

TV(BSプレミアム)

歌劇「ロメオとジュリエット」(グノー)

収 録:2011年8月24,27日
アレーナ・ディ・ヴェローナ

<出 演>
(ジュリエット)ニーノ・マチェイゼ
(ロメオ)ステファノ・セッコ
(ティボルト)ジャン・フランソア・ボラス

<指 揮>ファビオ・マストランジェロ

<演 出>フランチェスコ・ミチェリ

ヴェローナにある古代ローマ時代の屋外闘技場跡を利用したステージで、演出も冴えてる。ニーノ・マチャイゼ(Nino Machaidze)が素敵。

このオペラ、初見かと思ったら、2008/1/6に京都MOVIXで、METライブビューイングを見ていた。しかし、演出や舞台の違いのためか、初見のように思えた。

11/09/10

TV(BSプレミアム)

谷村新司のショータイム「ザ・ベンチャーズ」
ドン・ウィルソン,リオン・テイラー 懐かしい映像と、親しみのわくトークを有り難うございました。

11/9/04

TV(BSプレミアム)

歌劇「夜鳴きうぐいす」(ストラヴィンスキー) ほか

エクサンプロヴァンス音楽祭2010から

収録:2010年7月
プロヴァンス大劇場

オリガ・ペレチャトコ(ロシニョール)
エレナ・セメノヴァ(料理人)
スヴェトラーナ・シロヴァ(死神)
エドガラス・モントヴィダス(漁師)
イリヤ・バニク(皇帝)
ほか
<合 唱>リヨン国立歌劇場合唱団
<管弦楽>リヨン国立歌劇場管弦楽団
<指 揮>大野和士
<演 出>ロベール・ルパージュ
ストラヴィンスキーのオペラとは、馴染みがないし、PCに向かいながら、横目でTV放送を見始めたら、先ず「きつね」の影絵に引き込まれてしまった。ロベール・ルパージュの演出が驚きの連続。水中に半身を浸しながら人形を操るのが歌手とは・・・。

11/8/14

TV(BSプレミアム)

歌劇「ローエングリン」(ワーグナー)

バイロイト音楽祭2011から生中継

クラウス・フロリアン・フォークト(ローエングリン)
アネッテ・ダッシュ(エルザ)ほか

【指揮】アンドリス・ネルソンス
【演出】ハンス・ノイエンフェルス

(現地出演)舩木篤也,黒崎めぐみ

名前は有名だが、TVを含めて、見るのは初めて。登場人物がネズミに扮する現代演出には違和感。途中まで見たが、あとは、時間のある時に、録画で見ます。
11/7/30 TV(BSプレミアム) 北欧から世界へ〜ABBA 時代が求めたハーモニー LiLiCo 大好きなABBAの特集。
11/7/28 TV(BSプレミアム) Amazing Voice 驚異の歌声
ハイトーン伝説ABBA
マレーナ・エルンマン (オペラ歌手)、レーナ・ヴィッレマルク、藤井フミヤ、元ちとせ、林隆三 大好きなABBAの特集。
11/07/08 アルシュヴェシェ劇場
〜エクス・アン・プロヴァンス音楽祭〜
歌劇「椿姫」(ヴェルディ)
Violetta: Irina Lungu(イリーナ・ルング)
Alfredo: Fabrizio Mercurio(ファブリツィオ・メルクーリオ)
Giorgio: Ludovic Te'zier(リュドヴィク・テジエ)

指揮:ルイ・ラングレ
演奏:ロンドン交響楽団
前日のナタリー・デセイ出演のチケットは、3月の時点で完売で入手できず。苦労して確保した良席だったが、舞台や新演出が簡素すぎて、少しガッカリ。以前、ウイーンで見た舞台同様、父親が最高。

【2012/5追記】 ナタリー・デセイ出演の舞台がNHK-BSで放送された(2012/5/21)。
11/07/03 アルル古代劇場 バレエ「四季」   アルルのお祭りの夜、日没後(21:30〜)に開演。開演時間ぎりぎりに到着したが、前から2列目、中央に座れ、ラッキー。アルル地方の衣装が美しく、演出も凝っていて、実に楽しいバレエだった。
11/06/26 リヨン
オデオン野外劇場
〜フルヴィエールの夕べ〜
歌劇「魔笛」
Inspired by Wolfgang Amadeus Mozart
Freely adapted by Peter Brook(ピーター・ブルック), Franck Krawczyk and Marie-Helene Estienne
Tamino : Adrian Strooper, Antonio Figueroa
Pamina : Jeanne Zaepffel, Agnieszka Slawinska
The Queen of the Night: Malia Bendi-Merad, Leila Benhamza
Papagena : Dima Bawab, Betsabee Haas
Papageno : Matthew Morris, Virgile Frannais
Sarastro : Luc Bertin-Hugault, Patrick Bolleire
Monostratos : Raphael Bremard, Jean-Christophe Born
ピーター・ブルック演出の「魔笛」。ローマ時代の野外劇場(廃墟)で、日没後(午後10時)に開演。かなりストーリが変えられている。伴奏は、ピアノだけ。舞台は、竹の棒が立てられるだけで、簡素。アリアは、原曲通りにドイツ語だが、セリフは仏語で意味不明(^^;。歌手は、なかなかのレベルで、楽しめた。

[2012/2/11追記] この『ピーター・ブルックの魔笛』が、びわ湖ホール、彩の国さいたま芸術劇場、北九州芸術劇場で来日公演される。
http://www.biwako-hall.or.jp/movie/02.htmlで、動画が見られる。

11/5/21

TV(BSプレミアム)

プラシド・ドミンゴ コンサート・イン・ジャパン2011 テノール…プラシド・ドミンゴ

ソプラノ…ヴァージニア・トーラ

指揮…ユージン・コーン

管弦楽…日本フィルハーモニー交響楽団

大震災から約1ヶ月後、4月10日、東京・NHKホールで開催された感動的コンサート。ヴァージニア・トーラとのデュエットも、息がピッタリ。

「ふるさと」は、私にも思い出の曲で、ウルウル(学生時代の合唱団のアンコール曲だった)。

日フィルの女性フルート奏者、見たことがあると思ったら、先日、びわこホールでお会いした(演奏をお聴きした)難波薫さん(知人つながり)。

11/4/30

びわ湖ホール
(ラ・フォルジュルネ びわ湖 2011)

ベートーヴェン:交響曲第5番 ハ短調 op.67 「運命」
ベートーヴェン:合唱幻想曲 op. 80
仲道郁代(ピアノ)
びわ湖ホール声楽アンサンブル
ザ・カレッジ・オペラハウス合唱団
日本センチュリー交響楽団
三ツ橋敬子(指揮)
ベートーヴェンを堪能しました。

11/4/30

びわ湖ホール
(ラ・フォルジュルネ びわ湖 2011)

アルルの女、シチリアーノ、千の風になって
難波薫(フルート、ピッコロ)
沼尻竜典(ピアノ、解説)
以前から注目の難波さんにお会いできた。

11/4/30

びわ湖ホール
(ラ・フォルジュルネ びわ湖 2011)

ベートーヴェン:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 op.61 オリヴィエ・シャルリエ(ヴァイオリン)
シンフォニア・ヴァルソヴィア/ゲオルグ・チチナゼ(指揮)
素晴らしい演奏に圧倒された!来滋された皆さんに感謝。

11/4/30

びわ湖ホール
(ラ・フォルジュルネ びわ湖 2011)

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第17番 ニ短調 op.31-2 「テンペスト」
ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第31番 変イ長調 op.110
児玉桃 注:今、放送中のNHK BS プレミアムシアター「ミュージック・フォー・ジャパン PLAY&PRAY」に登場している。

11/4/30

びわ湖ホール
(ラ・フォルジュルネ びわ湖 2011)

ベートーヴェン「悲愴」「エリーゼのために」など ジュスカ・グランペール ギターとヴァイオリンによるデュエット。
11/04/16 京都コンサートホール(小ホール) 仲道郁代ピアノ・リサイタル「ピアノ爛漫〜リスト&ショパン〜」
  • 献奏:
    ショパン:ノクターン第20番嬰ハ短調(遺作)「レント・コン・グラン・エスプレッシオーネ」
  • シューマン/リスト:「献呈」 S.566 (歌曲集「ミルテの花」 op.25-1より)
    リスト:愛の夢 第3番 変イ長調 S.541-3
  • リスト:超絶技巧練習曲 第10番 へ短調 S.139-10
    リスト:森のざわめき 変ニ長調 S.145-1
  • リスト:小人の踊り 嬰へ短調 S.145-2
  • リスト:ため息 変ニ長調 S.144-3
  • リスト:メフィスト・ワルツ 第1番 「村の居酒屋での踊り」 S.514
  • ショパン:軍隊ポロネーズ (ポロネーズ第3番) イ長調 op.40-1
  • ショパン:スケルツォ第2番 変ロ短調 op.31
  • ショパン:練習曲 変ト長調 「黒鍵」 op.10-5
  • ショパン:練習曲 変イ長調 「エオリアンハープ」 op.25-1 
  • ショパン:練習曲 ホ長調 「別れの曲」 op.10-3
  • ショパン:バラード第4番 へ短調 op.52
  • ショパン:英雄ポロネーズ (ポロネーズ第6番) 変イ長調 op.53

【アンコール曲】

  • シューマン:トロイメライ
  • エルガー 愛の挨拶  
仲道郁代
冒頭に、仙台近郊 七ヶ浜にまつわるエピソードの紹介があり、東日本大震災被災者へのために献奏。心のこもった演奏にウルウル。

今回も、簡単な曲目解説付きの演奏。

リストのあとで、ショパンを聴くと、いつものショパンと違う感じがする。

メフィスト・ワルツとスケルツォ第2番が特に心ひかれた。

11/4/10

TV(BS朝日)

奇跡のピアニスト・辻井伸行リサイタル
〜サントリーホール 2010.11.6〜
  • ショパン:2つのノクターン op.27
  • シューマン:パピヨン op.2
  • リスト:3つの演奏会用練習曲から「ため息」
  • リスト:リゴレット・パラフレーズ
  • ムソルグスキー:組曲「展覧会の絵」
  • アンコール:自作曲「風の家」、ショパン「雨だれ」
辻井伸行 2011年1月1日の再放送とのことだが、このお正月は多忙だったせいか、気付かなかったらしい。約2時間の番組で、コンサートを完全収録。特に、「展覧会の絵」に引き込まれた。

11/4/10

近江八幡

映画『カルメン 3Dオペラ』 カルメン:クリスティン・ライス

ドン・ホセ:ブライアン・ヒメル

舞台:英国ロイヤル・オペラ・ハウス

世界初の3Dオペラ。上映時間175分(途中20分の休憩あり)。従来のオペラ収録と異なり、カメラが舞台にも入り込むので、臨場感抜群。本物の馬も登場。フラメンコの舞踊シーンも素晴らしい迫力。堪能しました。

11/3/19

京都コンサートホール(小ホール)

モーツァルト・ツィクルスNr.25
  • ピアノ・ソナタ第2番 ヘ長調 K.280(189e)
  • きらきら星変奏曲 K. 265 (300e)
  • ピアノ・ソナタ第8番 イ短調 K.310(300d) 
  • 幻想曲 ニ短調 K.397(385g)
  • ピアノ・ソナタ第16番 ハ長調 K.545
  • ピアノ・ソナタ第14番 ハ短調 K.457
  • アンコール:シューベルト「アヴェ・マリア」(編曲:田部京子、吉松隆)
ピアノ:田部京子 同じ道産子でありながら、田部さん(室蘭出身)の生演奏は、初体験でした。特に高音のメロディを弾く繊細なタッチに感動。ホールも小ホールで、静かな第2楽章がどれも魅力的だった。

アンコールで、先週の地震の体験談のあと、被災者への祈りをこめて演奏された「アヴェ・マリア」に、目がウルウル。有り難うございました。

11/2/21

TV

華麗なるメトロポリタン・オペラ 「カルメン」 (ビゼー) カルメン:エリーナ・ガランチャ

ドン・ホセ:ロベルト・アラーニャ

ミカエラ:バルバラ・フリットリ

エスカミーリョ:テディ・タフ・ローズ

収録:2010年1月16日

舞台装置は豪華だし、子供たちも上手いが・・・。カルメンの衣装は地味で残念。ドレスデンでも、チェコでも、真紅のドレスだった。

11/2/12

録画TV
(1/30放送)

岩崎宏美 プラハに歌う
〜35年目の挑戦〜
岩崎宏美 2010年11月16日、チェコ親善大使の岩崎宏美によるドヴォルザーク・ホールでの公演ライブと、リハ風景。私がプラハに旅した時期と同じ。プラハ風景が懐かしい。

11/1/8

TV

ミラノ・スカラ座公演 
歌劇「椿姫」 (ヴェルディ)

収録:2007年

(椿姫)アンジェラ・ゲオルギュー
(アルフレード)ラモン・ヴァルガス
(ジェルモン)ロベルト・フロンターリ 

<指揮>ロリン・マゼール
前座の(?)番組「熱狂ミラノ! オペラの殿堂 スカラ座の秘密」に続いて、素晴らしい演奏で感動。
ゲオルギューが役柄にピッタリ。

  音楽鑑賞メモ (2007-2010) は書庫#5

 


鶯の声(01/3/23)(07/05/01)(09/03/01-15)(12/03/04) 別館(鶯)へ移設
海外の美声の小鳥 (09/04/15)別館(鶯)へ移設

仲道郁代さんのピアノ・リサイタル (07/12/11)

仲道郁代 サイン入りCD今年お正月からBSで放送されている「ピアノぴあ」を録画して見ている。この中のベートーヴェン編で(恥ずかしながら)初認識したのが仲道郁代さん。「熱情」、「月光」、「エリーゼのために」・・・。魅了されてしまった。

さらに、11月28日午後8時より放送されたNHKハイビジョン特集「ショパンのミステリー」では、仲道郁代さんがポーランド、パリを旅して、ショパンの人生を辿った。当時のピアノや楽譜に出会って感動する姿や、最後のコンサート・シーンに好感。

その仲道郁代さんに、近くの近江八幡でお目にかかれるとは、何という幸運。

「仲道郁代デビュー20周年記念ピアノ・リサイタル」 12月9日(日)15-17時、近江八幡市文化会館大ホール

約2時間のコンサートは曲目解説しながらの“弾き語り”。

■演奏曲目

ベートーヴェン
 ピアノ・ソナタ第8番 ハ短調Op.13「悲愴」
 ピアノ・ソナタ第23番 へ短調Op.57「熱情」

ショパン
 ノクターン第13番 ハ短調Op.48‐1
 ノクターン第14番 嬰へ短調Op.48-2
 12の練習曲Op.10 第12番 ハ短調「革命」
 12の練習曲Op.10 第3番 ホ長調「別れの曲」
 アンダンテスピアナートと華麗なる大ポロネーズ 変ホ長調Op.22
 
アンコール曲は、
 ショパン  ノクターン第20番 嬰ハ短調「レント・コン・グラン・エスプレッシオーネ」
 シューマン 子供の情景より 第1曲 見知らぬ国から
 エルガー 愛の挨拶

--------------
最初は会場のピアノが弾きにくそうに感じたが、2曲目の「熱情」には感動。さらに、ショパンのノクターンが始まると目が潤んでしまった。

終演後のサイン会は長蛇の列。ベートーヴェンのソナタ全集から「月光」(ルツェルンは10月のスイス旅行で訪問したばかり)の入っている第5巻を購入して、CDにサインを戴く。私のお宝です。

至福の時を有り難うございました。

気になる音楽番組 (07/09/27; 10/03)

・9/29 21-24:40 ザルツブルグ音楽祭2006 歌劇「魔笛」 BShi
・9/30 9-11   ザルツブルグ・イースター音楽祭 歌劇「フィデリオ」 BShi
・10/1 21-22:51 映画「永遠のマリア・カラス」 BS2
・10/2 22-23:45 映画「ロストロポーヴィッチ」 BS2
・10/3 21-22:47 映画「ベルリン・フィルと子どもたち」 BS2

・10/6 22:45-26:45 歌劇 リゴレット BS-hi
・10/7 24:55-    歌劇 フィガロの結婚 BS2


あみん24年ぶりTV出演 (07/7/8)(07/11/3)

■あみん24年ぶりTV出演…NHK「SONGS」

24年ぶりに再始動した岡村孝子(45)と加藤晴子(44)の女性デュオ、あみんがNHKの音楽番組「SONGS」(07/7/11(水) 23-23:30)に出演します。

あみん活動再開 (07/11/3)

2007/6/20 シングル「ひまわり/待つわ'07」発売
2007/7/11 NHK総合「SONGS」出演
2007/10/27 NHK-BS2「あみんコンサート〜24年ぶりのハーモニー」
2007/11/15 NHK総合「あみんコンサート〜24年ぶりのハーモニー」(再)

エンヤの故郷を訪ねて (07/04) 音楽館書庫#3(エンヤ)へ移設

気になる音楽番組 (06/5/1)

・5/5 10-11 まるごと入門モーツアルト BS2
・5/5 13-19 春のモーツアルト祭り BS2
・5/7 22-24:15 ザルツブルグ音楽祭2005「椿姫」ハイライト 教育(アンナ・ネトレプコ出演)
・5/12 24:40- 「パルシファル」 BS2

気になる音楽番組 (06/1/18)
1月27日は、モーツアルト誕生日。

生誕250年記念番組などのモーツアルト関連TV番組(地上波とBS2放送)のリストです。

1月23日(月) 前 10:00-10:55 BS2 クラシック倶楽部 - オーケストラ・リベラ・クラシカ演奏会 −
「バイオリン協奏曲 第3番 ト長調 K.216」 ほか

1月23日(月) 翌 00:30-02:55 BS2 歌劇「後宮からの誘かい」〜スイス・チューリヒ歌劇場で録画〜

1月24日(火) 前 10:00- 10:55 BS2 クラシック倶楽部− 十和田湖畔コンサート〜漆原啓子と仲間たち −
「弦楽五重奏曲 ト短調 K.516」 ほか

1月24日(火) 翌 00:30-03:50 BS2 歌劇「フィガロの結婚」 − チューリヒ歌劇場公演 −

1月25日(水) 前 10:00- 10:55 BS2 クラシック倶楽部− 千葉純子・菊地知也・松実健太・野原みどり −
「ピアノ四重奏曲 変ホ長調 K.493から 第2、第3楽章」ほか

1月25日(水) 翌 00:30-03:10 BS2 歌劇「ドン・ジョヴァンニ」 − エクサン・プロバンス音楽祭 −

1月26日(木) 翌 00:30-03:30 BS2 歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」 − ベルリン国立歌劇場公演 −

1月27日(金) 19:30-21:40 BS2 まるごと入門・モーツァルト

1月27日(金) 翌 00:30-03:20 BS2 歌劇「魔笛」 − ロイヤル・オペラハウス公演 −


ウィーン・ブダペスト・ザルツブルグ音楽紀行 音楽館書庫#4(ウィーン・ブダペスト・ザルツブルグ音楽紀行へ移設

ステージ101 音楽館書庫#2(ステージ101)へ移設

岡村孝子 (99/3/14)
  ”待つわ”がヒットした女性デュエット、”あみん”の一人。学生であった長男がダビングし たテープも持っていたので、聴いているうちに、大好きになった。特に、長い時間(たび)[Eau Du Ciel(天の水)より]の歌詞が良いと思う。

エンヤに出会うまでは、ドライブの時は、こればかり聴いていた。 カラオケで歌ったことがあるが、ピンとこない。やはり、女性の曲なのだろう。

音楽館  

音楽館書庫#1  私の この1枚、この1曲など

音楽館書庫#2  ステージ101

音楽館書庫#3  エンヤ

音楽館書庫#4  ウィーン・ブダペスト・ザルツブルグ音楽紀行

音楽館リンク集  



トップページへ 美術館へ 映画館へ 旅行館へ


ご意見/ご感想はこちらまで

BXM02060nifty.ne.jp (@を半角に変えて下さい)