最終更新日:12/03/05

Kenの音楽館書庫#5 (音楽鑑賞メモ)

音楽館から分離新設しました(12/03/05)

トップページへ

目 次

2011年  

2009年

2010年

2007年

  2008年


日時 場所 音楽・番組 出演・演奏者 感想など

10/12/25

TV

フルトヴェングラーの「ドン・ジョヴァンニ」〜ハイビジョン・リマスター版〜

収録:1954年、ザルツブルク音楽祭

(ドン・ジョヴァンニ)チェーザレ・シエーピ
(レポレルロ)オットー・エーデルマン
(ドンナ・アンナ)エリーザベト・グリュンマー
(ドンナ・エルヴィーラ)リーザ・デラ・カーサ
(ドン・オッターヴィオ)アントン・デルモタ ほか

【管弦楽】ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
【指揮】ウィルヘルム・フルトヴェングラー
音質(モノラル)が残念。デラ・カーサが美女。テンポが驚くほどゆっくり。見たことのある気がしたが、YouTubeかな?
10/12/04 神戸学院大学 仲道郁代ピアノ・リサイタル
モーツアルト ピアノ・ソナタ全曲連続演奏 第6回
  • ピアノ・ソナタ 第16番 ハ長調 K.545 (ソナチネ)
  • ピアノ・ソナタ 第17番 変ロ長調 K.570 
  • デュポールのメヌエットによる9つの変奏曲  ニ長調 K.573
  • ロンド ニ長調 K.485
  • ロンド イ短調 K.511
  • ピアノ・ソナタ 第18番 ニ長調 K.576

【アンコール曲】

  • ショパン 軍隊ポロネーズ 
  • エルガー 愛の挨拶  
仲道郁代
ステージ上に特設席を設ける超満員。今回は、前から3列目。少し右。仲道さんの口ずさむ声も聞こえた。

特に好感は、第16番 第2楽章(トリルが印象的)。ロンド イ短調。

10/11/28

近江八幡市文化会館

仲道郁代ピアノ・リサイタル
〜オールショパンプログラム〜

【第1部】
 ワルツ 第2番変イ長調op.34-1「華麗なる円舞曲」
 バラード 第3番変イ長調op.47 
 12の練習曲 op.25第1番変イ長調「エオリアンハープ」
 スケルツォ 第2番変ロ短調op.31
 マズルカ 第13番イ短調op.17-4
 バラード 第1番ト短調op.23

【第2部】
 幻想即興曲 嬰ハ短調op.66
 ワルツ 第6番変ニ短調「小犬」op.64-1
 ワルツ 第7番嬰ハ短調op.64-2
 24の前奏曲 op.28第15番変ニ長調「雨だれ」
 12の練習曲 op.10第12番ハ短調「革命」
 12の練習曲 op.10第3番ホ短調「別れの曲」
 ポロネーズ 第6番変イ長調「英雄」op.53

【アンコール】
 夜想曲 第20番 嬰ハ短調 「レント・コン・グラン・エスプレシオーネ」,愛の挨拶

仲道郁代 3年振りの近江八幡でのコンサート。座席は、3列目中央で最高。

前回同様、感動。ピアノの鍵盤を叩きながらの転調の解説など、曲目解説が親切で上手。

チケットも、ロビーで販売の書籍も完売。

10/11/21 TV
東京二期会オペラ劇場≪魔笛≫前編

<BS日テレ>
読響Symphonic Live 深夜の音楽会

収録:2010年9月9日 新国立劇場オペラパレス

指揮:テオドール・グシュルバウアー
演出:実相寺昭雄
管弦楽:読売日本交響楽団
合唱:二期会合唱団

タミーノ:小貫 岩夫
パミーナ:増田 のり子
パパゲーノ:友清 崇
パパゲーナ:鈴木 江美
夜の女王:安井 陽子
ザラストロ:小鉄 和広
弁者:多田羅 迪夫

偶然、見付けた番組だが、実に面白い。後編が楽しみ。

後編:12月12日(日)23:30〜24:30


10/11/14 録画TV
(11/07放送)
「<アイーダ>の神髄〜サンティのヴェルディ〜」
ヴェルディ / 歌劇「アイーダ」から

収録:2010年10月
 NHKホール

指揮: ネルロ・サンティ
エジプト王: フラノ・ルーフィ
アムネリス: セレーナ・パスクアリーニ 
アイーダ: アドリアーナ・マルフィージ
ラダメス: サンドロ・パーク

合唱|二期会合唱団

10/11/11 プラハ国立歌劇場
(ドイツ劇場)
アイーダ(ヴェルディ) Konig: M. Burger
Amneris: V. Hajnova
Aida: A.-L. Bogza
Radames: I. Jan
旅の最後の夜を飾るにふさわしい豪華なオペラ。上下2段のステージでの大合唱が最高。英語・チェコ語字幕付き。
10/11/10 プラハ国民劇場
カルメン(ビゼー) Carmen: Jolana Fogasova
Don Jose: Valentin Prolat
Escamillo: Martin Barta
Micaela: Dana Buresova
演出はクラシック。カルメンの真紅のドレスが似合う。英語・チェコ語字幕付き。

10/11/9

St. Kajetan Church
(プラハ)
オルガン・ガラ・コンサート バッハ:トッカータとフーガ D minor
モーツアルト:アンダンテ K616
など
 
10/11/8 ドレスデン国立歌劇場
(ゼンパーオーパー)
セヴィリアの理髪師(ロッシーニ) Il Conte d'Almaviva: Bogdan Mihai 
Berta: Roxana Incontrera
Bartolo: Michael Eder
Figaro: Christopher Magiera 
Basilio: Tilmann Ronnebeck
Rosina: Barbara Senator
Fiorillo, Offizier: Ilhun Jung
Ambrogio: Peter Kuchler
ロッシーニを生で見るのは、初めてかな。
序曲から、楽しい。廻り舞台は、良くできていて、回転が早い。

歌手は、若くて、美男美女。ベルタ(バルトロ家の女中)役のIncontrera、目立つ声で拍手大。
10/11/7 ドレスデン ルーカス教会 ヴェルディ「レクイエム」 指揮:Peter Fanger

Violetta Kubicka (Sop)
Jana Frey (Mezzosop)
Hugo Mallet (Ten)
Thomas Wittig (Bass)

会場のLucas教会、繁華街から遠く離れ、寂しい場所にあり、行き着くまで大変。1階席で、19.50Euro。ほぼ満席。

Verdiを生で聞くのは、初めて。劇的な構成で、Verdiらしい。
合唱団 約200名。これくらいいないと、オケの音量に負ける。メゾソプラノ、素敵。
10/11/7 州立オペレッタ劇場ドレスデン
(Staatsoperette Dresden)
カルメン(ビゼー) Carmen: Jordanka Milkova
Don Jose: Andreas Schager
Micaela: Jessica Glatte
Escamillo: Andreas Scheibner
町外れにあり、トラムの乗り換えに手間取って、開演後に到着。前から8列目で、20Euro。オペレッタ劇場という名前だが、本格的オペラ。

最初の女性群は、下着姿も。
ドイツ語で、字幕無し(仏語より、マシ?)
カルメンが魅力的。
10/11/6 ドレスデン聖十字架教会 ドレスデン聖十字架合唱団 夕べの祈り(vesper)   土曜コンサート。偶然、教会の前を通り、入場。2ユーロ。
混んでいて、2階で聴く。シュッツの曲など。
翌日の日曜ミサ(09:30- )では、1階と2階で歌う。素晴らしい"天上の声"で感動。
10/11/4 ベルリン・ドイツ・オペラ ドン・ジョヴァンニ(モーツアルト) 指揮: Roberto Abbado(ロベルト・アバド)
演出: Roland Schwab

Don Giovanni Ildebrando D'Arcangelo(イルデブランド・ダルカンジェロ)
Donna Anna: Marina Rebeka
Don Ottavio: Yosep Kang
Commendatore: Ante Jerkunica
Donna Elvira: Ruxandra Donose
Leporello: Alex Esposito(アレックス・エスポジト)
Masetto: Krzysztof Szumanski
Zerlina: Martina Welschenbach
最初に男性十人ほど(ダンサー?)が現れ、ゴルフスイング。少女や半裸女性など、超現代演出。結構、セクシー。
石像は現れない。番号カードの意味は? 演奏より、演出に気が行ってしまう。

拍手にブーが交じる?

Donna Elvira役のDonoseが目立つ。Don Ottavio役のKangにも拍手大。


10/11/2 シラー劇場
(ベルリン国立歌劇場公演)
トスカ(プッチーニ) 指揮:Omer Meir Wellber(ヴェルバー)

Tosca:Amanda Echalaz(アマンダ・エチャラス)
Cavaradossi:Riccardo Massi(リッカルド・マッシ)
Scarpia:Andrzej Dobber(アンドレイ・ドバー)
ベルリン国立歌劇場が工事中のため、"地味な"劇場で公演。演出はクラシック。Echalazは若くて美女。Scarpiaを歌ったDobberが良い声で、巧い。役にピッタリの風貌。

ここからプラハまでの画像付き鑑賞メモは、旅行館書庫(ドイツ・プラハ紀行(10/10-11)) に掲載。

10/24

TV

松下奈緒 ショパン、私の恋人
BS日テレ 10/24(日)19:00-20:54
松下奈緒 前半のマヨルカ島は見逃す。後半はパリとノアン村。松下奈緒がピアニストとは知らなかった(^^; バラード3番を演奏。

10/23

TV

マヨルカの啓示-辻井伸行 ショパンへの旅路-
総合 15:05-15:50
辻井伸行 ピアニスト辻井伸行がショパンゆかりのマヨルカ島を訪問。「雨だれ」を演奏。
10/08/21-22 録画TV
(10/08/ 21-22放送)
バイロイト音楽祭2010
楽劇「ワルキューレ」
(ワーグナー)

世界初のテレビ生放送
バイロイト祝祭劇場

(ジークムント) ヨハン・ボータ
(フンディング) ヨン・クワンチュル
(ウォータン) アルベルト・ドーメン
(ジークリンデ) エディット・ハラー
(ブリュンヒルデ) リンダ・ワトソン
(フリッカ) 藤村実穂子
ほか

【指揮】クリスティアン・ティーレマン
【演出】タンクレート・ドルスト
放送時間 6:20のうち、全3幕の幕間が各1時間。TV放送では、この間に、曲目解説が入り、実に親切。

ワルキューレの騎行の音楽は、聞き慣れていたが、全曲を通して観たのは初めてで、ワーグナーを堪能。

なお、2007年にBS放送された「プロムス2005 ワルキューレ」は、コンサート形式だった。

10/08/14-15 録画TV
(10/08/ 14放送)
バイロイト音楽祭2009 
楽劇「トリスタンとイゾルデ」
(ワーグナー)

収録:2009年8月
バイロイト祝祭劇場

【指揮】ペーター・シュナイダー
【演出】クリストフ・マルターラー
【出演】
(トリスタン)ロバート・ディーン・スミス
(国王マルケ)ローベルト・ホル
(イゾルデ)イレーネ・テオリン
(クルヴェナール)ユッカ・ラシライネン
私の初めて生で観たオペラが、この「トリスタン・・・」。しかも、バイロイトオペラ日本引っ越し公演。時は、はるか昔の1967年。場所は、昔の大阪フェスティバルホール。当時の私が、このストーリを理解できたかどうか、記憶がない。しかし、地の底から湧き出るようなワーグナーの音楽に驚いたことを覚えている。

さて、今回は字幕とwebの記事のおかげで、ストーリは分かり、楽しめた。これまで、グラインドボーン音楽祭2007とMET2008年公演のTV放送を録画しているが、何せ、4時間以上の長編で、見始めるきっかけがなかった。いつか、時間ができたら、比較してみたい。

10/08/08

びわ湖ホール

大阪センチュリー交響楽団びわ湖公演 Vol.1
  • 芥川 也寸志:弦楽のための三楽章
  • ショパン:ピアノ協奏曲 第1番
  • ブラームス:交響曲 第4番
指揮:沼尻 竜典
ピアノ:ニュウニュウ(牛牛)
座席は、2階左側の舞台横。ピアノが良く見える席で、楽しかった。ニュウニュウは13才だが、私には大人の演奏に聞こえた。第2楽章が魅力的。

ブラームスもそうだったが、美しいフルート(女性奏者)の音色が目立った。帰宅後、調べると、ニコリンヌ・ピエルーさん(ベルギー出身)で、有名な演奏家らしい。

10/06/26 TV 「夢遊病の女」 ベルリーニ作曲
[収録 2010年2月 パリ・オペラ座(バスティーユ)]
指揮:エヴリーノ・ピド

アミーナ:ナタリー・デセイ
エルヴィーノ:ハビエル・カマレナ
初見のオペラ。ストーリが単純、陳腐と思い、作曲年代を調べたら、初演1831年と、ヴェルディよりも古い。なるほど。演出と舞台設計が現代的なので(?)、ストーリが分かりにくい。しかし、ナタリー・デセイのアリアが抜群。すっかり、引き込まれて、感動。
10/06/26 兵庫県立芸術文化センター 仲道郁代 ショパン 鍵盤のミステリー 第3回「ノアンの風」
  • 2つのノクターン op.48-1,2(ノクターン第13番、第14番)
  • ワルツ イ短調
  • 幻想曲 ヘ短調 op.49
  • バラード 第4番 ヘ短調 op.52
  • マズルカ 第30、31、32番
  • ポロネーズ第6番 変イ長調 op.53「英雄」
  • アンコール:ワルツ 第7番 嬰ハ短調 作品64-2
仲道郁代
仲道さんの解説付き「ショパン 鍵盤のミステリー」(全4回)の第3回。

2階右側。ピアノに近くて、音が明瞭に聞こえる。

ノクターン第13番、第14番は、07年12月の近江八幡で聞いていて、懐かしい。バラード第4番は、初めてかな? 英雄ポロネーズに圧倒された。

10/05/27 ザ・シンフォニーホール 関西フィルハーモニー管弦楽団 第220回定期演奏会
  • ワーグナー:歌劇「リエンツィ」序曲
  • シューマン:ピアノ協奏曲
  • ウォルトン:交響曲第1番
指揮:尾高忠明
ピアノ:仲道郁代
シューマンはそれほど好みでなかったが、このPコンは凝った作りで、シューマンを見直した。ピアノが目立ち、シューマンが妻クララのために作ったためか。クララの隠し文字と言われる「ドシララ CHAA」から始まる主題旋律は魅力的。

座席:1階中央。

10/03/22 録画TV
(02/23 放送)
歴史ドラマ「“英雄”〜ベートーベンの革命〜」 ベートーベン(イアン・ハート)
ヨゼフィーネ(クレア・スキナー)
「英雄交響曲」が1805年に公開初演されるのに先立ち、前年にロプコヴィツ侯爵邸で私的に演奏された日の再現ドラマ(2005年/イギリス)。古楽器の演奏で、全曲を聴けて、映像も楽しめる。
10/03/22 録画TV
(03/21 放送)
ベートーヴェンが愛した女性たち〜名曲“エリーゼのために”誕生秘話〜 楽曲分析:青島広志
楽曲演奏・ピアニスト:三浦友理枝
番組ナビゲーター:羽田美智子
BS日テレ開局10周年特別番組。

エリーゼとは「一体誰なのか?」の謎解き。現地ドイツ(ボン、デュッセルドルフ)、オーストリア(ウィーン、ハイリゲンシュタット)ロケ。

10/03/06 兵庫県立芸術文化センター 仲道郁代 ショパン 鍵盤のミステリー 第2回「鍵盤の白と黒」
  • ポロネーズ第3番「軍隊」
  • バラード第2番
  • 24の前奏曲より、#1,2,3,4,7,15(雨だれ),24
  • ポロネーズ第5番
  • ノクターン第11番
  • バラード第3番
  • アンコール:英雄ポロネーズ
仲道郁代
仲道さんの解説付き「ショパン 鍵盤のミステリー」(全4回)の第2回。

1階右側、ほとんど最後列。

24の前奏曲と英雄ポロネーズが良かった。

10/03/02 TV 仲道郁代 ショパンのミステリー 特別編 仲道郁代 2007年11月放送の映像に、プレイエル社製ピアノによるコンサート映像が追加されていた。音の響きが格段に良くなっていて、調律の成果?
10/02/27 録画TV
(02/23 放送)
辻井伸行 ピアノ・リサイタル
  • ベートーベン「ピアノ・ソナタ 第29番 “ハンマークラヴィール”」 (42 min)
  • ドビュッシー「“映像”第1集から“動き”」(3 min)
  • リスト「鐘(ラ・カンパネラ)」(6 min) 
  • アンコール:ショパン「エチュード “革命”」(2 min)    
辻井伸行  

10/02/20

自宅

CD
ナナ・ムスクーリ 
At Her Very Best
ナナ・ムスクーリ(Nana Mouskouri) 自宅近くのブックオフにて廉価で購入。恥ずかしながら(?)ナナ・ムスクーリを初認識。素晴らしい歌声で、何度も繰り返して聴く。(その後、ベストアルバムも購入)
10/02/06 録画TV
(02/03 放送)
華麗なるメトロポリタン・オペラ 劇的物語「ファウストのごう罰」(ベルリオーズ ) 指揮:ジェームズ・レヴァイン
演出:ロベール・ルパージュ
ファウスト:マルチェルロ・ジョルダーニ
マルグリット:スーザン・グレイアム
メフィストフェレス:ジョン・レリエ
初見のオペラ。最初から最後まで、舞台装置と演出に圧倒された。担当のロベール・ルパージュは、以前、ラスベガスで観たサーカス「シルク・デュ・ソレイユ」の構想と演出を担当したとのこと。なるほど。メフィストフェレスを演じたジョン・レリエ、雰囲気ピッタリ。合唱も素晴らしい。
10/01/01 TV(BS朝日) 奇跡のピアニスト 辻井伸行 飛翔への旋律 辻井伸行 約2時間の素晴らしいドキュメンタリー。特に、凱旋コンサートでのベートーヴェン「熱情」第2楽章に魅了された。
         
09/12/05 神戸学院大学 仲道郁代ピアノ・リサイタル
モーツアルト ピアノ・ソナタ全曲連続演奏 第4回
  • ピアノ・ソナタ 第10番 ハ長調 K.330
  • ピアノ・ソナタ 第11番 イ長調 K.331(トルコ行進曲つき)
  • パイジェッロの歌劇《哲学者気取り》の「主に幸いあれ」による6つの変奏曲 ヘ長調 K.398
  • ピアノ・ソナタ 第12番 ヘ長調 K.332

【アンコール曲】

  • ショパン ワルツ 作品64-2
  • ショパン 幻想即興曲 
  • エルガー 愛の挨拶  
仲道郁代
今回は、最前列の左側。トルコ行進曲の前打音の弾き方が普通と違うなーと思ったら、休憩後のQ&Aの時間に仲道さんの回答があり、「本邦初演」とのこと。

好感箇所は、第10番の第2楽章、第11番の第1楽章の第3変奏、第12番の第2楽章。いずれも、メロディの美しさにうっとり。

09/12/02

東劇

METライブビューイング
アイーダ
指揮:ダニエレ・ガッティ
演出:ソニア・フリゼル
アイーダ:ヴィオレタ・ウルマーナ
アムネリス:ドローラ・ザジック
ラダメス:ヨハン・ボータ
アモナスロ:カルロ・グエルフィ
ミラノ・スカラ座日本公演「アイーダ」のTV放送を見たばかり。しかも、アイーダとラダメスは同じ歌手。大画面、大音響でヴェルディを堪能。
09/11/22 TV(教育テレビ) ピアニストの贈り物 〜辻井伸行・コンクール20日間の記録〜 辻井伸行 20日間にわたるヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールの舞台裏を伝える素晴らしい記録(90分)。感動をありがとう。
09/11/21 録画TV
(11/20 放送)
ミラノ・スカラ座日本公演「アイーダ」 指揮:ダニエル・バレンボイム
演出・舞台装置:フランコ・ゼッフィレッリ
アイーダ:ヴィオレッタ・ウルマーナ
アムネリス:エカテリーナ・グバノヴァ
ラダメス:ヨハン・ボータ
エジプト王:マルコ・スポッティ
2005年11月にブダペストで見て以来の「アイーダ」。その時は、ハンガリー語字幕で、ストーリが分からなかったが、それもその筈で、後半は複雑な話。ラストも意外。ヴェルディの音楽は楽しめる。

09/09/06

TV

サントリーホール公演
歌劇「ドン・ジョヴァンニ」
ドン・ジョヴァンニ : マルクス・ウェルバ
騎士長 : エンツォ・カプアーノ
ドンナ・アンナ : セレーナ・ファルノッキア
ドン・オッターヴィオ : ブラゴイ・ナコスキ
ドンナ・エルヴィーラ : 増田 朋子
レポレルロ : マルコ・ヴィンコ
マゼット : ディヤン・ヴァチコフ
ツェルリーナ : ダビニア・ロドリゲス
若手歌手によるフレッシュで楽しいオペラ。

09/09/05

TV

ベンチャーズ〜我が青春のエレキサウンド〜 結成50周年スペシャル 出演:渡辺香津美/ベンチャーズ/渚ゆう子/奥村チヨ/南こうせつ/坂崎幸之助/芦原すなお/湯川れい子/Char/加山雄三
司会:三宅裕司/鎌倉千秋/徳田章
90分間、懐かしい曲を堪能。
09/08/29

録画TV
(8/17 放送)

カラヤンの芸術
歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」 ( マスカーニ )

サントゥッツァ : フィオレンツァ・コッソット
トゥリッドゥ : ジャンフランコ・チェッケーレ
ルチア : アンナ・ディ・スタジオ
アルフィオ : ジャン・ジャコモ・グェルフィ
ローラ : アドリアーナ・マルティーノ
合 唱 : ミラノ・スカラ座合唱団
管弦楽 : ミラノ・スカラ座管弦楽団
指 揮 : ヘルベルト・フォン・カラヤン
「間奏曲」が超有名で、名曲だが、このような「現実的な」ストーリとは驚き。

09/8/24-27

TV

井上陽水特集「デビュー40周年を語る」 井上陽水 4夜連続で、陽水を堪能しました。懐かしい歌が沢山出てきたし、トークも面白くて、何度も笑ってしまった。

09/08/5,12,19,26

TV
(教育テレビ)

知るを楽しむ選 私のこだわり人物伝 
「グレン・グールド 鍵盤のエクスタシー」
【講師】宮澤淳一 昨年5月に放送された番組の再放送。見逃した回を見られて、良かった。
09/08/04

録画TV
(8/3 放送)

カラヤンの芸術:☆第1夜
 ベートーヴェン交響曲選集

交響曲 第5番 「運命」
交響曲 第3番 「英雄」
管弦楽 : ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

指 揮 : ヘルベルト・フォン・カラヤン

「運命」:テンポ、歯切れ良い。

「英雄」::画像美を追究した大学の大教室を思わせるステージが驚き。黒背景の画像が美しい。

09/07/30 びわ湖ホール 大ホール 住友生命チャリティコンサート
  • モーツアルト:きらきら星変奏曲
  • ベートーヴェン:ワルトシュタイン
  • メンデルスゾーン:無言歌集より 紡ぎ歌
  • リスト:メフィストワルツ第1番
  • ショパン:夜想曲第20番(レント・コン・グラン・エスプレシオーネ)
  • ショパン:ピアノソナタ第3番

アンコール

  • ショパン:ワルツ第7番
  • 住生CM
  • エルガー:愛の挨拶
仲道郁代
今回も、3階席左側。丁寧な曲目解説付き。夜想曲が流れると、場内の空気が変わり、感動。
09/07/26 兵庫県立芸術文化センター 仲道郁代 ショパン 鍵盤のミステリー
  • 幻想即興曲
  • ポロネーズ ト短調
  • ノクターン レント・コン・グラン・エスプレッシオーネ
  • エチュード「革命」,「別れの曲」
  • アンダンテ・スピアナートと華麗なる大ポロネーズ
  • バラード 第1番 ト短調
  • 12のエチュード 作品25より「エオリアンハープ」
  • 2つのポロネーズ 作品26 より
  • スケルツォ 第2番
仲道郁代
今回は、3階席左側。仲道さんの解説付き「ショパン 鍵盤のミステリー」(全4回)の第1回。スクリーンに楽譜などを 途中でクイズコーナーもあり、

「エオリアンハープ」が良かった。
09/07/04 神戸学院大学 仲道郁代ピアノ・リサイタル
モーツアルト ピアノ・ソナタ全曲連続演奏 第3回
  • ピアノ・ソナタ 第7番 ハ長調 K.309
  • フランスの歌《ああ、ママに言うわ》による12の変奏曲 ハ短調 K.265(きらきら星変奏曲)
  • ピアノ・ソナタ 第8番 イ短調 K.310
  • 幻想曲 ニ短調 K.397
  • ピアノ・ソナタ 第9番 ニ長調 K.311
  • アンコール:ショパン「幻想即興曲」
仲道郁代
前から3列目の席だったので、仲道さんの口ずさむ声も聞こえた。
楽譜を見ながら演奏する仲道さんは、初めて見たような・・・。
第8番とアンコールのショパンが良かった。
09/05/29

録画TV
(5/24 放送)

歌劇「トロヴァトーレ」  ( ヴェルディ )

[ 収録: 2002年5月, コヴェントガーデン王立歌劇場 (ロンドン)]
マンリーコ :ホセ・クーラ
ルーナ伯爵 :ドミートリ・ホロストフスキー
レオノーラ :ベロニカ・ビリャロエル
アズチェーナ : イヴォンヌ・ネフ
指揮 :カルロ・リッツィ
2008年5月に見た屋外ステージのもの(ブレゲンツ音楽祭)とは異なった舞台と演出で、新鮮。衝撃のラストまで目が離せない。歌手も素晴らしい。男声合唱「鍛冶屋の合唱」「兵士の合唱」は歌ったことがあるが、こんなストーリのオペラとは・・・。

興味深いメイキングがYouTubeにあり。
http://www.youtube.com/watch?v=2oBBoBS8RoQ
Il Trovatore - Behind the Scenes pt. 1

http://www.youtube.com/watch?v=KKus9dDlwkc
Il Trovatore - Behind the Scenes pt. 2

09/05/23

TV
5/23
23 〜 25
BShi

ロイヤル・オペラ・ハウス
歌劇「ヘンゼルとグレーテル」   ( フンパーディンク )
[ 収録: 2008年12月12/16日, コヴェントガーデン王立歌劇場 (ロンドン)]
ヘンゼル :アンゲリカ・キルヒシュラーガー
グレーテル :ディアナ・ダムラウ
魔女:アニヤ・シリヤ
指揮 :コリン・デーヴィス
この歌劇は初見だったが、意外に面白い。有名なグリム童話が原作だが、「本当は怖い・・」の通りで、子供に見せるのは躊躇する演出。「魔笛」の夜の女王で認識したディアナ・ダムラウが、グレーテル役にピッタリで驚き。ヘンゼル役のキルヒシュラーガーも上手い。

09/05/16

自宅

CD
アディエマス(Adiemus):Songs of Sanctuary/聖なる海の歌声(1995年)
アディエマス(カール・ジェンキンス) 渋谷のBookoffで格安購入。アディエマスは大好きだが、帰宅後、調べてみると、意外にもオムニバスCD「Feel」(「世紀を越えて」が入っている)しか保有していなかった。すっかり魅了されて、Amazonにベスト版を注文。

09/05/08

TV

スーパーライブ 徳永英明 徳永英明 さいたまスーパーアリーナで開催されたライブ(90分)を堪能。最初に「最後の言い訳」。名曲!

09/05/02

Met Playerサービス

メトロポリタン・オペラ
歌劇「ドン・ジョヴァンニ」 ( モーツァルト )
Don Giovanni
(April 5, 1990)
Giovanni :Samuel Ramey
Anna:Carol Vaness
Elvira:Karita Mattila
Ottavio:Jerry Hadley
Leporello:Ferruccio Furlanetto
Zerlina:Dawn Upshaw
Masetto:Philip Cokorinos
Commendatore:Kurt Moll
この週末だけの無料サービス。偶然の選択だったが、正解! 実に正統的な演出で、歌手も美男美女。

動画再生リストの記事

09/04/12

録画TV
(3/16 放送)
その時、その場所、再現《トスカ》
[1992年7月11日に世界108カ国衛星同時生中継されたもの]
トスカ :キャサリン・マルフィターノ
カヴァラドッシ :プラシド・ドミンゴ
スカルピア男爵 :ルッジェーロ・ライモンディ
指揮 :ズービン・メータ
歌劇というより、映画。カメラワークのおかげ(?)で、演技が迫力あり、音楽より演技に心奪われる。
09/03/08 守山市民ホール(小ホール) ピアノとスライドでつづる動物たちの詩 光のこどもたち
  • 田中カレン:光のこどもたち
  • リスト:愛の夢第3番
  • モーツァルト:トルコ行進曲
  • ショパン:幻想即興曲
  • ショパン:子犬のワルツ
  • ショパン:英雄ポロネーズ
仲道郁代
前半のステージ、小さい子供たち向けで、スライド(絵:長谷川義史)とピアノとは知っていたが、仲道さん自身がワイヤレス・マイクを胸に弾き語りとは驚いた。本当に、お疲れさま。アンコールは、「夜想曲第20番(遺作)」と「愛の挨拶」
09/02/28 高槻現代劇場(中ホール) 仲道郁代ピアノ・リサイタル
  • ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第8番「悲愴」
  • 同 第23番「熱情」
  • ショパン:24の前奏曲 op.28
仲道郁代
「熱情」には圧倒されて、暫く虚脱状態。再び、CDにサインを戴く。「お話を聞く会」も好感。
09/02/24 大阪NHKホール 「クラシック大好き!N響メンバーと新進演奏家の出会い」
  • シューベルト:弦楽三重奏曲 第1番 変ロ長調
  • ブラームス:ホルン三重奏曲 変ホ長調
  • ドボルザーク:ピアノ四重奏曲 第2番 変ホ長調
(N響)
バイオリン 堀正文 
ビオラ 井野邉大輔
チェロ 木越洋

(日本音楽コンクール入賞者)
ピアノ 喜多宏丞
ピアノ 入江一雄
バイオリン 瀧村依里
ホルン 福川伸陽

ドボルザークの室内楽を初めて聴いたが、メロディー美しく、変化もあって、楽しい。
09/02/01 録画TV (1/25 13:00-14:54;BS日テレ) メンデルスゾーン幻想
松下奈緒 ファニー・メンデルスゾーン(作曲家フェリックス・メンデルスゾーンの姉)のことを初めて知った。ライプツィヒに行きたくなった。[注:この夢は、2010年秋に実現した]
09/01/24

TV
1/24
22:00〜1:10
BShi

チューリヒ歌劇場公演
歌劇「ドン・ジョバンニ」(モーツァルト)
[ 収録: 2006年5月14,16,18日]
ドン・ジョヴァンニ : サイモン・キーンリーサイド
騎士長 : アルフレート・ムフ
ドンナ・アンナ : エヴァ・メイ
ドンナ・エルヴィーラ : マリン・ハルテリウス
ドン・オッターヴィオ : ピョートル・ベチャーラ
レポレルロ : アントン・シャリンガー
ツェルリーナ : マルティーナ・ヤンコヴァ
マゼット : ラインハルト・マイア
指揮:フランツ・ウェルザー・メスト
現代的演出。美女多数が下着姿で現れるのは、ザルツブルク音楽祭2006年版と同じ。石像が余りにも小さくて、怖さが感じられず。最近、現代的演出が多い。フルトヴェングラー/ウィーン・フィル版[注:このハイビジョン・リマスター版が、2010/12/25にBShiで放送された]のような重厚な演出を見たいものだ。
09/01/10

TV

ドレスデン歌劇場公演
歌劇「リゴレット」(ヴェルディ)
リゴレット:ゼリコ・ルチク
マントバ公爵:ファン・ディエゴ・フローレス
ギルダ:ディアナ・ダムラウ
指揮:ファビオ・ルイジ
「魔笛」の「夜の女王」役が素晴らしかったディアナ・ダムラウが純情な娘役でも魅力的。ヴェルディ・オペラを堪能。
08/12/31 TV 紅白歌合戦:アイルランドからの中継 エンヤ(「オリノコ・フロウ〜ありふれた奇跡」) 相変わらず、素敵!
08/12/23

TV

歌劇「ジャンニ・スキッキ」 ( プッチーニ ) 〜 グラインドボーン音楽祭 ジャンニ・スキッキ : アレッサンドロ・コルベルリ
ラウレッタ : サリー・マシューズ
有名なアリア「私のお父さん」の舞台が、こんな喜劇とは驚き。
08/12/20 TV
ライプチヒ・バッハ音楽祭2008 
「ゴールトベルク変奏曲 BWV988」 バッハ作曲  
[P]エフゲーニ・コロリオフ この曲の演奏映像を見るのは初めてで、実に面白い。
08/12/19 TV
NHK音楽祭2008ハイライト 魅惑のバイオリン 魂のコンチェルト
・チャイコフスキー:バイオリン協奏曲
・ブルッフ:バイオリン協奏曲 第1番 
[V]庄司紗矢香
[V]サラ・チャン
バイオリン協奏曲の演奏映像を堪能。
08/12/07 芦屋 ショパン 「雨だれ」など [P]仲道郁代;[Fl]仲道舞琴 すぐ目の前で弾いていただく。何という幸せ!
バラード3番は、ピアノが壊れそうで心配しました。
08/11/19 京都コンサートホール小ホール ピアノトリオの夕べ
〜キエフの名手達を迎えて〜
[P]山本浩美、山下由香、平田葉子、久下真理 曲目はベートーヴェン、ブラームス、ラフマニノフ、スメタナのピアノ三重奏曲。室内楽の楽しさを満喫。
08/11/09 びわ湖ホール 大ホール 日本フルートフェスティバルin滋賀 フルート:湖笛の会・一般参加者 総勢250名
指揮  :関谷弘志
ゲスト :NOZZLES
NOZZLESのフルーティスト4人による現代音楽が面白かった。
08/10/26 京都コンサートホール ミュージック・フリー オルガン:松原晴美
栗コーダーカルテット
ピアノ:仲道郁代
井上道義指揮 京響など
6時間のマラソンコンサート。仲道さんのラフマニノフ、ショパン(バラード第3番,etc.)に大喝采。京響のムソルグスキー(ラヴェル編曲)「展覧会の絵」も良かった。
08/10/13 録画TV
(10/06 放送)
メトロポリタン歌劇 
「セビリアの理髪師」 ( ロッシーニ )
[指揮]マウリツィオ・ベニーニ
[出演]フアン・ディエゴ・フローレス,ジョン・デル・カルロ,ジョイス・ディドナート,ペーター・マッテイ
動画(映像)では初見。予想以上に楽しい。
08/09/28 録画TV
(8/29 放送)
名曲探偵アマデウス-事件ファイル#14
ショパン作曲 「24のプレリュード」
[P]仲道郁代 仲道さんのお気に入りという4番が心に沁みる。
08/09/20 兵庫県立芸術文化センター 仲道郁代 with PACオーケストラ
モーツァルト : 歌劇「後宮からの誘拐」序曲
モーツァルト : ピアノ協奏曲第21番
ベートーヴェン : 「コリオラン」序曲
ベートーヴェン : ピアノ協奏曲第5番 「皇帝」
[P]仲道郁代
指揮: ケン・シェ
ピアノ協奏曲を2曲も、しかもドレスを替えて演奏した仲道さんに感謝。再び、CDにサインを戴く。
08/09/07 びわ湖ホール 大ホール びわ湖ホール開館10周年記念
オペラ ガラ・コンサート
ソリスト : 佐々木典子、幸田浩子、清水華澄、小林久美子、福井敬、二塚直紀、堀内康雄、津國直樹
合唱:びわ湖ホール声楽アンサンブル etc.
最前列中央で、素晴らしい演奏を堪能。これぞ、至福の時間。幸田浩子さんは、ホフマン物語「生垣には、小鳥たち」。自動人形のピンクのドレス姿、可愛い!
08/7/18 TV 東京のオペラの森
チャイコフスキー「エフゲーニ・オネーギン」
[指揮]小澤征爾
[出演]イリーナ・マタエワ、ダリボール・イェニス
タチヤーナを演じたマタエワが役にピッタリ。
08/07/17 CD バッハ「ゴールドベルク変奏曲」(1955年モノラル録音) グレン・グールド テンポが速くて、爽快。
08/07/13 CD バッハ「ゴールドベルク変奏曲」(1981年デジタル録音) グレン・グールド 愛聴CDになりそう。
08/07/04 TV ワールド・ロック・ライブ
サラ・ブライトマン
[ウィーンのシュテファン大聖堂でのライブ]
サラ・ブライトマン
アレッサンドロ・サフィーナ
"Time To Say Goodbye"、"オペラ座の怪人"(パイプオルガン)は良かったが、他は期待外れ。
08/6/29 大津市民会館 市民合唱団コールライゼ音楽会 コールライゼ 久しぶりの混声合唱。「落葉松」(野上彰作詞、小林秀雄作曲)が良かった。
08/6/25

TV

世界のディ―バ 男と女の物語「ジャニス・ジョプリン 恋人たちの座談会」 ジャニス・ジョプリン 恋人たちが集まって、ジャニスを偲ぶという企画がスゴイ。
08/6/23

TV

世界のディーバ 男と女の物語 「マリア・カラス 歌に生き 愛に生き」 マリア・カラス オナシスというヒドイ男に惚れた歌姫。
08/6/21 TV サントリーホール公演 
「フィガロの結婚」
[指揮]ニコラ・ルイゾッティ
[出演]ガブリエーレ・ヴィヴィアーニ,ダニエレ・デ・ニース
スザンナを演じたデ・ニースが若くて溌剌。
08/06/21 TV 藤原歌劇団公演 
G・ロッシーニ「どろぼうかささぎ」
[指揮]アルベルト・ゼッダ
[出演]チンツィア・フォルテ、アントニオ・シラグーザ、妻屋秀和
初見のオペラ。深刻なストーリなのに、音楽はロッシーニ節で楽しい。
08/06/15 TV ベートーベン「ピアノ協奏曲 第3番」(N響定期公演) [P]ブルーノ・レオナルド・ゲルバー 大きな身体と太い指なのに、pが美しい。
08/06/15 TV 名曲探偵アマデウス-事件ファイル#9
ベートーヴェン「ピアノ・ソナタ第14番<月光>」
[P]仲道郁代 映画「不滅の恋 ベートーヴェン」を見たばかりで、Good Timing !
08/06/14 TV 東京二期会
楽劇「ワルキューレ」
[指揮]飯守 泰次郎
[出演]小森 輝彦、横山 恵子
第3幕しか見られなかったが、楽しめた。
08/05/31 CD グレゴリアン「MASTERS OF CHANT」 GREGORIAN CDバーゲンで偶然見付けたのだが、1耳惚れ。
08/05/24 TV ブレゲンツ音楽祭2006
歌劇「トロヴァトーレ」( ヴェルディ )
[指揮]トーマス・レスナー
[出演]イアノ・タマール、マリアンネ・コルネッティ
予想外のストーリで、驚嘆。アリア・重唱も美しく、さすがヴェルディ。現代的舞台と演出。湖上ステージも楽しめた。
08/05/10 YouTube ミリイ・バラキレフ「イスラメイ」 [P]Berezovsky 初めて知った曲だが、素晴らしい演奏。
08/05/10 TV ザルツブルク音楽祭2005
歌劇「椿姫」
[指揮]カルロ・リッツィ
[出演]アンナ・ネトレプコ、トマス・ハンプソン
2回目。現代的舞台と演出。ネトレプコがキュート。
08/04/05 TV まるごとカラヤン(11時間番組)
・交響曲 第4番 ( シューマン ) 管弦楽: ウィーン交響楽団[ 収録: 1965年 ]
・ドキュメンタリー:ヘルベルト・フォン・カラヤン  
  リハーサル、面白い。
08/03/20 TV ベルリン・フィルのすべて(7時間番組)
・ブラームス/交響曲第4番/第4楽章 カラヤン指揮 (1973年)
・チャイコフスキー/交響曲第6番「悲愴」 小沢征爾指揮 (2008年)
【司会】高橋美鈴アナ  
08/03/09 TV マーラー「交響曲第9番」(N響定期公演) [指揮]チョン・ミョンフン
NHK交響楽団
映画「ベニスに死す」を思い出す。私には第4楽章(約17分)だけでも十分。
08/03/08 TV ドレスデン国立歌劇場
“ばらの騎士”ハイライト
[指揮]ファビオ・ルイージ
[出演]A・シュヴァンネヴィルムス、A・ヴォンドゥング、森麻季
全曲版も録画したが、ハイライトで十分かな
08/03/02 京都MOVIX METライブビューイング
プッチーニ『マノン・レスコー』
[指揮]ジェームズ・レヴァイン
[出演]カリタ・マッティラ、マルチェロ・ジョルダーニ
マッティラが若かったらなー。昔の映画「情婦マノン」のラストは良かったなー
08/03/01 TV マーラー「交響曲第2番・復活」 (ルツェルン音楽祭2003) [指揮]クラウディオ・アバド
ルツェルン祝祭管弦楽団
ずーと分かりやすい
08/03/01 TV マーラー「交響曲第9番」(ローマ サンタ・チェチーリア音楽院 2004) [指揮]クラウディオ・アバド
グスタフ・マーラー・ユーゲント管弦楽団
難解
08/02/11 大阪NHKホール 「クラシック大好き!N響メンバーと新進演奏家の出会い」
  • シューベルト 弦楽三重奏曲第1番変ロ長調
  • モーツァルト フルート四重奏曲 K.285 ニ長調
  • シューベルト ピアノ五重奏曲 イ長調『ます』
堀正文(バイオリン、N響)
佐々木亮(ビオラ、N響)
木越洋(チェロ、N響)
西山真二(コントラバス、N響)
上野由恵(フルート・第76回日本音楽コンクール第1位)
佐藤彦大(ピアノ・第76回日本音楽コンクール第1位)
非常に楽しい
08/01/19 録画TV マリインスキー劇場バレエ団 公演
バレエ『白鳥の湖』
[指揮]ゲルギエフ
[出演]ロパートキナ
さすが世界一流。どのシーンも美しい
08/01/14 びわ湖ホール 大ホール 前橋汀子 ヴァイオリンリサイタル
「タイスの瞑想曲」「ツィゴイネルワイゼン」,etc.
前橋汀子 前橋さんの演奏は、学生時代以来。また聴きたい
08/01/13 録画TV のだめカンタービレ 新春スペシャル in ヨーロッパ Lesson 2 上野樹里、玉木宏 プラハ、パリロケが豪華
08/01/13 録画TV 映画「サウンド・オブ・ミュージック」 ジュリー・アンドリュース 傑作
08/01/09 びわ湖ホール 大ホール ニュー・イヤー・コンサート
桂小米朝「らくごペラ フィガロの結婚」
「ワルツ 南国のバラ」など
西川茉莉奈(v)「ツィゴイネルワイゼン」
桂小米朝
大阪センチュリー交響楽団
西川茉莉奈(v)
予想以上に楽しかった
08/01/08 録画TV のだめカンタービレ 新春スペシャル in ヨーロッパ Lesson 1 上野樹里、玉木宏 プラハ、パリロケが豪華
08/01/06 京都MOVIX METライブビューイング オペラ『ロメオとジュリエット』 [指揮]プラシド・ドミンゴ
[出演]アンナ・ネトレプコ、ロベルト・アラーニャ
さすが!
大満足
08/01/05 TV メルビッシュ音楽祭2007
喜歌劇『ウィーンかたぎ』
  楽しい
08/01/03 TV&FM NHKニューイヤー・オペラコンサート 
歌劇「イーゴリ公」から「ダッタン人の踊りと合唱」など
幸田浩子、砂川涼子、森麻季、林美智子、etc. 踊りと合唱が良かった
08/01/02 録画TV ボリショイ・バレエ&マリインスキー・バレエ合同ガラ公演(2007年8月30日(木)、9月1日(土) 新国立劇場 オペラ劇場) スヴェトラーナ・ルンキナ、etc. 久しぶりにルンキナの「ジゼル」
08/01/01 TV ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団ニューイヤーコンサート [指揮]ジョルジュ・プレートル 新鮮みが無くなってきた
07/12/23 TV HAPPY Xmas SHOW! エンヤ、ケルティック・ウーマン 良かった
07/12/11 近江八幡 仲道郁代 ピアノ・リサイタル

ベートーヴェン
 ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」
 ピアノ・ソナタ第23番「熱情」
ショパン
 ノクターン第13番、ノクターン第14番
 12の練習曲Op.10 第12番「革命」
 12の練習曲Op.10 第3番「別れの曲」
 アンダンテスピアナートと華麗なる大ポロネーズ

仲道郁代 感動

 



トップページへ 美術館へ 映画館へ 旅行館へ 音楽館へ


ご意見/ご感想はこちらまで

BXM02060 @nifty.ne.jp (使用時は、大文字@を小文字にして下さい)