最終更新日:17/05/21

Kenの美術館

画像のうち、Picasa Web Albumにリンクしている画像は、拡大クリックしてもリンク切れです(2016/8より)。
PicasaがGoogleに統合されたためです。画像アルバムでご覧下さい。

2016年の記事を書庫へ移設(5/21)
トップページへ

目 次 

日本美術

日本美術(現代)

海外美術

その他・共通

海北友松展 NEW

 

オルセーのナビ派展

 
   

大エルミタージュ美術館展

 

岩佐又兵衛と源氏絵

白洲正子ときもの

ミュシャ展

気になる美術展 NEW

北斎の帰還−幻の絵巻と名品コレクション−

 

 

 

 

気になる美術番組 NEW


気になる美術展  (灰色は、私が既に見たか、終了したもの) NEW
ミュシャ展 国立新美術館 3/8-6/5
大エルミタージュ美術館展 森アーツセンター(→名古屋・神戸) 3/18-6/18
雪村―奇想の誕生― 東京藝術大学美術館(→滋賀) 3/28-5/21
ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 東京都美術館(→大阪) 4/18-7/2
アルチンボルド展 国立西洋美術館 6/20-9/24
ボストン美術館の至宝展 東京都美術館(→神戸、名古屋) 7/20-10/9
運慶展 東京国立博物館 9/26-11/26
特別展覧会 国宝 京都国立博物館 10/3-11/26
「北斎−富士を超えて−」展 あべのハルカス美術館 10/6-11/19

気になる美術番組(音楽番組も)

    NHKの「日曜美術館」はこちら  
    NHKの「美の壺」はこちら  
    NHKの「世界ふれあい街歩き」はこちら  
    テレビ東京系の「美の巨人たち」はこちら  

海北友松展
■海北友松展:京都国立博物館('17/5)

正式名称:開館120周年記念特別展覧会 海北友松(かいほうゆうしょう)

PR文より:『海北友松(1533〜1615)は狩野永徳や長谷川等伯と並び称される桃山画壇の巨匠です。近江浅井家の家臣の家に生まれた彼は、若年を東福寺で過ごしましたが、主家や兄が信長に滅ぼされるに及び、還俗して狩野派の門を敲き、画の道に進んだと伝えられています。いま遺る作品のほとんどは狩野派から独立して以後の晩年期(60歳以降)のものですが、鋭い筆遣いが駆使された気迫溢れる水墨画や詩情豊かな大和絵金碧画などは、ほかの誰の作とも似ていない、まさに友松ならではのものといえましょう。最晩年まで絵筆を握り続け、83歳でその生涯を終えた桃山最後の巨匠の世界を、心ゆくまでご堪能ください。』

私が海北友松を知ったのは、2002年開催の「建仁寺展」(京都国立博物館)(→訪問記)。

いつでも行けると思っている内に会期末になってしまい、しかもNHK「日曜美術館」で取り上げられたためか、待ち時間が出るほどの混雑との情報。平日の開館時間前に訪問したら、館内で行列があり、待ち時間は15分程度。

最初に後半の展示室に直行し、ガラガラ状態で、「浜松図屏風」「網干図屏風」「雲龍図屏風」「月下渓流図屏風」を見られて、大満足。いろいろな作風の作品があり、見ているうちに発見があって、楽しい。

「網干図屏風」(宮内庁 三の丸尚蔵館)が最高。題材も構図もメッシュの描写もユニーク。

途中にあった関連ワークショップ「描いてみよう!墨の線」に参加。久しぶりに筆を使った。

会期:2017年4月11日 〜 2017年5月21日

巡回:なし


オルセーのナビ派展
■オルセーのナビ派展:三菱一号館美術館(’17/4)

PR文より:『19世紀末、パリで結成された若手芸術家のグループ・ナビ派の作品約70点が一堂に会します。日本では初めての試みとなるナビ派芸術をじっくりと見られる絶好のチャンスです。』

今回も空いていて、ゆっくり鑑賞できた。予想以上に佳品多し。いつもながら、館内雰囲気も、スタッフの感じも良い。

好感・注目作品:

  • ゴーガン 《「黄色いキリスト」のある自画像》
  • ポール・セリュジエ《にわか雨》
  • ヴィヤール《エッセル家旧蔵の食卓》
  • ピエール・ボナール《格子柄のブラウス》
  • マイヨール《女性の横顔》
  • フェリックス・ヴァロットン《ボール》
  • モーリス・ドニ《ミューズたち》
  • オディロン・ルドン《 グラン・ブーケ(大きな花束)》(三菱一号館美術館蔵)


会期:2月4日〜5月21日


大エルミタージュ美術館展
■大エルミタージュ美術館展:森アーツセンター(’17/4)

PR文より:『大エルミタージュ美術館展 オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち。ロシアの第二の都市、サンクトペテルブルクにある世界三大美術館の一つ、ロマノフ王朝の栄華を今に伝える、エルミタージュ美術館。本展では、同館の絵画コレクションの中でも質・量ともに、その充実度では群を抜く、16世紀ルネサンスから17・18世紀のバロック・ロココの巨匠たちの名画85点を国、地域別に紹介します。』

エルミタージュ美術館を訪れたのは、2004年のこと(→訪問記)。

雨降りのためか、(東京にしては)混雑なく、楽しめた。さすが、美術書で見るような名品揃い。入口のエカテリーナ2世の肖像画のみ、撮影可。
第1室に、カルロ・ドルチあり、嬉しい。展示は、国別になっていて、私の好きなオランダ絵画も多い。

好感・注目作品:

  • ティツィアーノ「羽飾りのある帽子をかぶった若い女性の肖像」
  • カルロ・ドルチ「聖チェチリア」
  • ポンペオ・ジローラモ・バトーニ「聖家族」
  • ベロット「ドレスデンのツヴィンガー宮殿」
  • ホーホ「女主人とバケツを持つ女中」
  • ステーン『怠け者』
  • メツー『医師の訪問』
  • レンブラント「運命を悟るハマン」
  • ムリーリョ「聖母マリアの少女時代」
  • シャルダン「食前の祈り」
  • ジャン=オノレ・フラゴナールとマルグリット・ジェラール「盗まれた接吻」
  • クロード・ロラン 「トビアと天使のいる風景」
  • ユベール・ロベール「運河のある建築風景」
  • ルカス・クラーナハ「リンゴの木の下の聖母子」
  • ゲインズバラ「青い服を着た婦人の肖像」

会期:3月18日〜6月18日

巡回:愛知県美術館 7月1日-9月18日;兵庫県立美術館 2017年10月3日-2018年1月14日


ミュシャ展
■ミュシャ展:国立新美術館(’17/4)

PR文より:『2017年は日本とチェコが国交を回復してから記念すべき60周年を迎える年にあたります。
アール・ヌーヴォーを代表する芸術家の一人、アルフォンス・ミュシャ(チェコ語発音ムハ、1860-1939)は、オーストリア=ハンガリー帝国領モラヴィア(現チェコ)に生まれ、ウィーンやミュンヘンを経て、27歳でパリに渡り絵を学びました。なかなか才能を発揮する機会に恵まれなかったミュシャは、34歳の時に、女優サラ・ベルナール主演の舞台「ジスモンダ」のポスターを手がけることになり、一夜にして成功をおさめます。以降、優美で装飾的な作風は多くの人を魅了し、時代の寵児として活躍しました。
美しい女性像や流麗な植物文様など、華やかで洗練されたポスターや装飾パネルを手がける一方で、ミュシャは故郷チェコや自身のルーツであるスラヴ民族のアイデンティティをテーマにした作品を数多く描きました。その集大成が、50歳で故郷に戻り、晩年の約16年間を捧げた画家渾身の作品《スラヴ叙事詩》(1912-1926年)です。およそ縦6メートル、横8メートルにも及ぶ巨大なカンヴァスに描かれた20点の油彩画は、古代から近代に至るスラヴ民族の苦難と栄光の歴史を映し出す壮大なスペクタクルであると言えます。
本展はこの《スラヴ叙事詩》をチェコ国外では世界で初めて、全20点まとめて公開するものです。プラハ市のために描かれた《スラヴ叙事詩》は、1960年代以降、モラヴィアのモラフスキー・クルムロフ城にて夏期のみ公開されてはいたものの、ほとんど人の目に触れることはありませんでした。その幻の傑作が、80年以上の時を経て2012年5月、ついにプラハ国立美術館ヴェレトゥルジュニー宮殿(見本市宮殿)にて全作品が公開されました。そしてこのたび国立新美術館では、パリで活躍したミュシャが《スラヴ叙事詩》を描くに至るまでの足跡を約80点の作品を通じて辿りつつ、これら幻の最高傑作の全貌を一挙、紹介します。』

プラハを訪れたのは、2010年のこと(→訪問記)。この時、《スラヴ叙事詩》は展示されていなかった。

画像は、1室だけ撮影可能な部屋で撮影した「イヴァンチツェの兄弟団学校」。

これまで、何度もミュシャの作品は見てきたが、今回は《スラヴ叙事詩》が圧倒的迫力。いつまで見ても飽きない。
#12の「ヴォドニャヌイ近郊のペトル・ヘルチツキー」<悪に悪で報いるな>は、大量虐殺された市民に、復讐するなと諭す宗教家を描き、感動的。
#14の「ニコラ・シュビッチ・ズリンスキーによるシゲットの対トルコ防衛」は、クロアチアの愛国歌で、日本では男声合唱の名曲となっている「ウ・ボイ」が歌われるオペラ『ニコラ・シュビッチ・ズリンスキ』の題材を描く。

会期:3月8日〜 6月5日


白洲正子ときもの
■特別展 白洲正子ときもの:松屋銀座('17/01)

PR文より:『88年の生涯を通じて独自の美意識を貫いた随筆家・白洲正子(1910−1998)。正子にとって“きもの”もまた、美を語るうえで欠かせない対象であり、取材や著作において多くの言葉を残しています。銀座で染織工芸の店「こうげい」を始めたのは46歳のとき。職人の技と、工芸作家の創意を結びつけることを理想とし、織りや染めの作り手と交流を深め、自身が美しいと感じる着物を世に広めました。能や骨董に没頭し、それらがおのずと自身の生活や執筆活動に取り込まれていったように、着物も常に正子の身近にあり、自宅で骨董を手にするとき、書斎で原稿に取り組むときなど、暮らしの折々に好みの着物を身につけました。本展では、正子が母から受け継いだ帯や能舞台に立った時の着物、白洲邸武相荘での暮らしぶりを感じさせる季節ごとの着物や和装小物、日常に用いた器や書斎で愛用した品々など約150点を展観。白洲正子が愛した“きもの”の魅力をご紹介いたします。』

旧白洲邸武相荘を訪れたのは、2002年のこと(→訪問記)。もう15年も経ったのか・・・。

会期:2016年12月27日−2017年1月16日


岩佐又兵衛と源氏絵
■開館50周年記念 岩佐又兵衛と源氏絵―〈古典〉への挑戦:出光美術館(’17/01)

PR文より:『又兵衛の多彩な画業をご紹介! 出光美術館の又兵衛作品を一堂に! 伊藤若冲(いとうじゃくちゅう 1716-1800)や曾我蕭白(そがしょうはく 1730-81)を日本美術のスターダムに押し上げるきっかけとなった、美術史家・辻惟雄氏の快著『奇想の系譜』。この本のトップバッターを飾った岩佐又兵衛をめぐって、昨夏、福井県立美術館での回顧展が大きな話題を呼ぶなど、最近関心が高まっています。今展では、晩年期の大作「四季耕作図屏風」ほか、出光美術館に所蔵される源氏絵以外の又兵衛作品もあわせて紹介いたします。意欲的で多彩な又兵衛の画業をご堪能ください!』

上記『奇想の系譜』で認識した画家だが、これまで、まとまって見た記憶がなく、楽しみに訪問。
パンフレットなどに使われている岩佐又兵衛《源氏物語 野々宮図》が素晴らしい。他に、多くの源氏物語屏風、菱川師宣《石山寺紫式部図》あり。
混雑もなく、久しぶりに「源氏物語」を勉強して、2時間近く楽しんだ。

図は、岩佐勝友《源氏物語図屏風》(出光美術館)の花宴の場面。源氏が朧月夜を抱きすくめている描写。

会期:1/8-2/5


北斎の帰還−幻の絵巻と名品コレクション−
■開館記念展「北斎の帰還−幻の絵巻と名品コレクション−」:すみだ北斎美術館(’17/01)

2016年11月22日に開館した美術館を初訪問。JR総武線の両国駅から東400mだが、道案内標識が不十分で分かりにくい。
下町の住宅街に突然アルミ外装の現代的建物が現れる。
開館記念展の閉幕間近のためか、入館に待ち行列。
幻の絵巻とは、約100年余りも行方知れずとなっていた「隅田川両岸景色図巻」。混雑でゆっくり見られない。
1階でビデオが放映されていたのが良かった。

会期:2016年11月22日〜2017年1月15日

 


2016年美術ベストテン
2016年美術ベストテン

美術展ベストテン
  1. クラーナハ展―500年後の誘惑:国立西洋美術館(’16/10)
  2. マルモッタン・モネ美術館所蔵 モネ展 「印象、日の出」から「睡蓮」まで:京都市美術館('16/3)
  3. 生誕300年記念 伊藤若冲展:相国寺承天閣美術館('16/9)
  4. 平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち:東京国立博物館('16/11)
  5. ヴェネツィア・ルネサンスの巨匠たち:国立新美術館('16/9)
  6. 黒田清輝展:東京国立博物館('16/03)
  7. カラヴァッジョ展:国立西洋美術館(’16/3)
  8. 特集陳列 生誕300年 伊藤若冲:京都国立博物館(平成知新館)('16/12)
  9. 培広庵コレクション 華麗なる美人画:佐川美術館(’16/3)
  10. 黄金のファラオと大ピラミッド展:京都文化博物館(’16/10)

    次点:ボッティチェリ展:東京都美術館('16/3)

初訪問美術館ベスト

 ●国内編ベスト

  茨城県近代美術館('16/9)

 ●海外編ベスト

  フィラデルフィア美術館('16/11)

  次点:バーンズコレクション(フィラデルフィア)('16/11)  


■2016年の記事は、国内編'16に移しました NEW

TV番組「天才画家の肖像」放送リスト
TV番組「天才画家の肖像」放送リスト

ハイビジョンスペシャル(BShi)や、BSスペシャル(BS2)として放送された「天才画家の肖像」の番組リストがWeb上に見つからないので、自分で作成しました。再放送が多く、過去に録画済みかどうかを知るためです。初放送された年代順に並べています。特に記載ないものは、BShiです。

「シリーズ 巨匠たちの肖像」を追加しました(2009/11/5)

番組名 初放送日 再放送日 録画
(調査中)
ゴヤ〜“私は見た” 2002年11月12日 2003/1/6 BS 2、2009/3/10
モネ〜うつろいゆく光〜 2002年11月13日 2003/1/7 BS 2
ピカソ 女たちが語る素顔 2002年11月15日 2003/1/9 BS 2  
ゴッホとゴーギャン〜二人のひまわり 2003/1/8 BS2? 2003/9/5、2009/3/9; 2014/10/21?
長谷川等伯 2003年10月1日    
葛飾北斎 2003年10月2日 2004/5/7、2007/1/5  
横山大観 ミスター日本画の話題作人生 2004年12月13日 2007/1/5、2007/1/17、2009/10/29; 2014/10/21?
青木繁 親友の坂本繁二郎が見た栄光と悲劇 2004年12月14日    
岸田劉生 麗子像百変化 2004年12月15日    
富岡鉄斎 最後の文人画家 仙境への旅 2004年12月16日    
雪舟 画聖と呼ばれた男 2005年11月7日 2006/4/2、2007/1/5  
曾我蕭白 奇想天外の美 2005年11月8日 2006/4/1、2007/1/5  
からくり絵師 円山応挙 2005年11月9日 2006/3/31 BS 2
レンブラント 自画像が語る光と影 2006年11月13日 2007/1/13、2007/11/26、2008/10/6 済済
カラヴァッジョ 無頼が生んだ聖なる美 2006年11月14日 2007/1/20、2007/11/27、2008/10/7、2009/3/12 済済
ドラクロワ 三つの革命 2007年1月27日 2007/11/28、2008/10/8、2009/03/11
永遠の風神雷神図 俵屋宗達 2007年11月5日 2007/11/29、2008/5/24、2008/10/9 済済
美人画・香りたつ色気の秘密 喜多川歌麿 2007年11月6日   済済
江戸っ子浮世絵師、参上 歌川国芳 2007年11月7日 2008/5/17
美で乱世を制した絵師 狩野永徳 2007年11月8日 2008/10/10 済済
謎の浮世絵師〜東洲斎写楽 2008年10月13日 2008/11/22
伝説となった絵師〜岩佐又兵衛 2008年10月14日 2008/11/29
詩のように描き絵のように詠む 与謝蕪村 2008年10月15日 2009/1/18、2009/11/25
私が噂のダリである サルバドール・ダリ天才の秘密 2009年3月12日    
シリーズ 巨匠たちの肖像      
棟方志功 無我の手 2009年4月28日 2009/11/3
クリムト 黄金にきらめくエロス 2009年5月5日 2009/11/3
ロダン あくなき生命への欲望 2009年5月12日 2009/11/3
ルノワール すべてをバラ色に見た 2009年5月28日 2009/11/3
円空 12万体の仏の願い 2009年5月26日 2009/11/3
運慶 最強の仏師集団を率いた男 2009年11月3日  
ヒッチコック サスペンスの深層 2009年11月10日 2009/11/17  
ダ・ヴィンチ 画家は万能であれ 2009年11月17日 2009/11/24
東山魁夷 風景の求道者 2009年11月24日  
土門拳 仏を睨(にら)む目 2009年12月1日    
ゴッホ 炎の絆 2010年5月4日  
マネ 紳士か反逆者か 2010年5月11日  
ルソー 奇跡の素人 2010年5月18日  
セザンヌ 革命を起こした隠者 2010年5月25日 2014/10/21
ドガ 踊り子の画家・それは純真か偏愛か 2010年6月1日  

トップページへ 映画館へ 旅行館へ 音楽館へ