最終更新日:19/06/25

Kenの美術館

更新(6/25)
トップページへ

目 次 

日本美術

日本美術(現代)

海外美術

その他・共通

    ウィーン・モダン NEW  
    バレル・コレクション NEW  
    ギュスターブ・モロー展 NEW  
    クリムト展 NEW 松方コレクション展 NEW
   

 ブルガリアの美術巡り

 
   

 ブダペストの美術巡り

 
   

  ウィーンの美術巡り

 
      2018年美術ベストテン

甲賀に「平安の秘仏」を訪ねる

藤田嗣治展

フィリップス・コレクション展

ポーラ美術館(2018/11)

   

ムンク展(2018)

 
   

フェルメール展 (2018)

 
 

無言館

アメリカ古代文明展

 
   

国立台湾博物館

 
   

ルドルフ2世の驚異の世界展

 
   

ターナー展

大塚国際美術館

   

ナポリの美術巡り

 
   

ルッカの美術巡り

気になる美術展 NEW
   

ピサの美術巡り

気になる美術番組 NEW
   

シエナの美術巡り

 
   

フィレンツェの美術巡り

2017年美術ベストテン

気になる美術展  (灰色は、私が既に見たか、終了したもの) NEW
クリムト展 ウィーンと日本 1900  東京都美術館→豊田市  4月23日~7月10日 
印象派への旅 バレル・コレクション  Bunkamuraザ・ミュージアム→静岡市→広島県立  4月27日~6月30日 
ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道  国立新美術館→国立国際  4月24日~8月5日 
松方コレクション展 国立西洋美術館 6月11日~9月23日
ラファエル前派の軌跡展  あべのハルカス  10月5日~12月15日 
カラヴァッジョ展  北海道立近代美術館→名古屋→あべのハルカス  8月10日~10月14日 
ギュスターブ・モロー展  パナソニック汐留  4月6日~6月23日 
ゴッホ展  上野の森美術館→兵庫県立  10月11日~2020年1月13日
コートールド美術館展 魅惑の印象派 東京都美術館→愛知→神戸 9月10日~12月15日
ハマスホイとデンマーク絵画 東京都美術館 2020年1月21日~3月26日
ロンドン・ナショナル・ギャラリー展 国立西洋美術館→ 国立国際美術館 2020年3月3日~6月14日

気になる美術番組(音楽番組も)

    NHKの「日曜美術館」はこちら  
    NHKの「美の壺」はこちら  
    NHKの「世界ふれあい街歩き」はこちら  
    テレビ東京系の「美の巨人たち」はこちら  

ウィーン・モダン NEW
■ウィーン・モダン クリムト、シーレ 世紀末への道:国立新美術館(2019/6)

PR文より:『19世紀末から20世紀初頭にかけて、ウィーンでは、絵画や建築、デザインなど、それぞれの領域を超えて新しい芸術を求めた、ウィーン独自の装飾的で煌びやかな文化が開花しました。今日では「世紀末芸術」と呼ばれるこの時代に、画家グスタフ・クリムト(1862-1918)やエゴン・シーレ(1890-1918)、建築家オットー・ヴァーグナー(1841-1918)、アドルフ・ロース(1870-1933)など各界を代表する芸術家たちが登場し、ウィーンの文化は黄金時代を迎えます。本展は、ウィーンの世紀末文化を「近代化(モダニズム)への過程」という視点から紐解く新しい試みの展覧会です。』

ウィーン・ミュージアム・カールスプラッツ(旧称 ウィーン歴史博物館)が2019-2023年の期間、改装のため閉館。このため、多くの展示品が来日した。クリムト展(都美術館)に比べると、ほとんど混雑なし。展示品の数は多いが、注目品は少ない。

好感・注目作品:

  • ルドルフ・フォン・アルト「ウィーン シュテファン大聖堂」:2005年に、ウィーン アルベルティーナ美術館(→訪問記 )で企画展を見て知った画家。
  • ウィルヘルム・ガウゼ 「宮廷舞踏会」「ウィーン市庁舎の舞踏会」:3月にウィーンの舞踏会を楽しんだので、懐かしい。
  • クリムト「パラス・アテナ」:アテナはギリシャの都市アテネの守護神、ギリシャ神話では戦いの女神。戦う「分離派」のシンボルとして描いたらしい。
  • クリムト「エミーリエ・フレーゲの肖像」:これだけ、撮影可。
  • シーレ「自画像」

巡回:
2019年4月24日(水)~8月5日(月)国立新美術館
2019年8月27日(火)~12月8日(日)国立国際美術館


バレル・コレクション NEW
■印象派への旅 海運王の夢 バレル・コレクション:Bunkamura ザ・ミュージアム(2019/6)

PR文より:『産業革命期に英国随一の海港都市として栄えたスコットランド・グラスゴー出身のウィリアム・バレルは、若くして家業の海運業を手伝い始めた後、船舶の売買で大成功し「海運王」と称されました。・・・1944年、バレルはコレクションのうち何千点もの作品をグラスゴー市に寄付し、それが美術館「バレル・コレクション」となりました。…厳しい条件の中、本展は本国のバレル・コレクション改装に伴い、奇跡的に実現した展覧会。9,000点以上にも及ぶ同コレクションの中から西洋近代絵画を中心に、計80点の作品をご紹介します。』

2013年6月の英国縦断旅行で訪問した美術館(→訪問記)のコレクションが来日とあって、久しぶりにBunkamuraを訪問。混雑なく楽しめた。また、「第3章」の展示作品約10点がカメラ撮影OKだった。

好感・注目作品:

  • ゴッホ「アレクサンダー・リードの肖像」
  • ドガ「リハーサル」
  • ルノワール「画家の庭」
  • マネ「シャンパングラスのバラ」
  • ブーダン「ドーヴィル、波止場」
  • シダネル「雪」

公式サイト:https://burrell.jp/

巡回:
2018年10月12日~12月9日 福岡県立美術館 終了
2018年12月19日~2019年3月24日 愛媛県美術館 終了
2019年4月27日~6月30日 Bunkamura ザ・ミュージアム
2019年8月7日~10月20日 静岡市美術館
2019年11月2日~2020年1月26日 広島県立美術館


ギュスターブ・モロー展 NEW
■ギュスターブ・モロー展 サロメと宿命の女たち:パナソニック汐留ミュージアム(2019/6)

PR文より:19世紀末フランスに花開いた象徴主義の巨匠、ギュスターヴ・モロー(1826-1898)は、神話や聖書をテーマにした魅惑的な女性像で知られます。なかでも、新約聖書などに伝わる「サロメ」を描いた作品は、世紀末ファム・ファタル(宿命の女性)のイメージ形成に影響を与えました。
本展ではパリのモロー美術館の全面協力のもと、身近な女性たちからファム・ファタルまで、モローの多様な女性像を紹介し、その創造の原点に迫ります。』

未訪問のパリ・モロー美術館から来日とあって、期待大。先ず、開場前のビデオコーナーで、ビデオを楽しむ。2019年5月5日に放送されたNHK 日曜美術館の映像。朝一番に行ったおかげで、館内は混雑なく、大満足。

好感・注目作品:

  • 出現:サロメの所望した洗礼者ヨハネの首が中空に現れる有名な作品。習作の油彩に後日、細かい線描を加筆したものらしい。同じ構図の作品がフォッグ美術館(油彩)、ルーブル美術館(水彩)にある。
  • 一角獣:精巧な線描に見とれてしまう美しい作品。
  • エウロペの誘惑:フェニキアの古代都市テュロスの王女エウロペが、白い牡牛に変身して近づいたゼウスに略奪されるところ。タイトル通り、エウロペがゼウスを誘惑しているように見える。

巡回:
2019年4月6日(土)~6月23日(日)パナソニック汐留美術館
2019年7月13日(土)~9月23日(月・祝)あべのハルカス美術館
2019年10月1日(火)~11月24日(日)福岡市美術館

過去に見た主要モロー展:
ギュスターヴ・モロー展:兵庫県立美術館('05/6)
モローとルオー -聖なるものの継承と変容-:パナソニック 汐留ミュージアム('13/9)


クリムト展 NEW
■クリムト展 ウィーンと日本 1900:東京都美術館(2019/6)

PR文より:『没後100年を記念する本展覧会では、初期の自然主義的な作品から、分離派結成後の黄金様式の時代の代表作、甘美な女性像や数多く手掛けた風景画まで、日本では過去最多となる25点以上の油彩画を紹介します。ウィーンの分離派会館を飾る壁画の精巧な複製による再現展示のほか、同時代のウィーンで活動した画家たちの作品や、クリムトが影響を受けた日本の美術品などもあわせ、ウィーン世紀末美術の精華をご覧ください。』

今年3月にウィーンへ旅行(→訪問記)した際、多くのクリムト作品を見たけれど、元々、好きな画家なので、上京の機会に訪問した。

日曜午後遅くだったが、30分待ちの行列。館内も混雑していたので、めぼしい作品のみ見学。

好感・注目作品:

  • クリムト「ユディトⅠ」(ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館)
  • クリムト「女の三世代」(ローマ国立近代美術館)
  • クリムト『ベートーヴェン・フリーズ』(原寸大複製)

会期:2019年4月23日~7月10日

特設WEBサイト:https://klimt2019.jp

←左の画像は、クリムト「ユディトⅠ」。ウィーン ベルヴェデーレ宮で撮影


松方コレクション展 NEW
■国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展:国立西洋美術館(2019/6)

PR文より:『神戸の川崎造船所(現・川崎重工業株式会社)を率いた松方幸次郎は、第一次世界大戦による船舶需要を背景に事業を拡大しつつ、1916-1927年頃のロンドンやパリで大量の美術品を買い集めます。しかし1927年、昭和金融恐慌のあおりで造船所は経営破綻に陥り、コレクションは流転の運命をたどります。・・・本展では、ゴッホ《アルルの寝室》をはじめ、2016年に発見された、現在修理が進められるモネの《睡蓮、柳の反映》など、世界各地に散らばる松方旧蔵の名作を含む約160点が集結。ロンドン、パリでの松方の蒐集の足取りを明らかにする歴史資料も展示し、苦難の歴史を歩んだ「松方コレクション」の軌跡をたどります。』

久しぶりに上京した日曜日の午後、先ず上野の西洋美術館を訪ねる。ここの収蔵品以外に、オルセー美術館や大原美術館からの名品もあり、大いに楽しめた。

その後、平常展示も楽しんだ。

好感・注目作品:

  • ゴッホ「アルルの寝室」(オルセー美術館)
  • モネ「積みわら:(大原美術館)
  • クリヴェッリ「聖アウグスティヌス」
  • セガンティーニ「羊の剪毛」
  • モネ「 雪のアルジャントゥイユ」
  • シャヴァンヌ 「貧しき漁夫」

関連TV番組:NHKスペシャル 「モネ 睡蓮 よみがえる“奇跡の一枚” 」(2019年6月16日)

会期:2019年6月11日-9月23日


ブルガリアの美術巡り
■ブルガリアの美術巡り(2019/4
以下の美術館・教会などを見学しました。

見学記は→ブルガリア・ドライブ紀行(2019/4)

  • アルバナシの聖誕教会
  • アルバナシの大天使ミカエル・ガブリエル教会
  • アレクサンドル・ネフスキー大聖堂
  • 聖ソフィア教会
    など

ブダペストの美術巡り
■ブダペストの美術巡り(2019/4)

以下の美術館・教会などを見学しました。

見学記は→2度目のブダペスト紀行(2019/4)

  • 国立美術館
  • ブダペスト国立西洋美術館
  • 聖イシュトヴァーン大聖堂
  • マーチャ-シュ教会

ウィーンの美術巡り
■ウィーンの美術巡り(2019/3)

以下の美術館・教会などを見学しました。

見学記は→2度目のウィーン紀行(2019/3)

  • 美術史美術館
  • ベルヴェデーレ宮殿(上宮)(オーストリア絵画館)
  • オーストリア国立図書館
  • アルベルティーナ
  • セセッシオン(分離派会館)

2018年美術ベストテン
2018年美術ベストテン(母数が少ないので、ベスト3)

美術展ベストテン
  1. フェルメール展:上野の森美術館(’18/11)
  2. 藤田嗣治展:京都国立近代美術館(’18/12)
  3. ムンク展:東京都美術館(’18/11)

  次点:フィリップス・コレクション展:三菱一号館美術館 (2018/11)

初訪問美術館ベスト

 ●国内編ベスト

  なし

 ●海外編ベスト

  シエナ国立美術館(’18/02)

  次点:ナポリ 国立カポディモンテ美術館(’18/02)  


藤田嗣治展
■没後50年 藤田嗣治展:京都国立近代美術館('18/12)

PR文より:『日本人として世界に生きた画家、藤田嗣治(1886?1968)の没後50年を記念する大回顧展を開催します。明治半ばの日本に生まれた藤田は、20代後半にパリへ渡り、30代から40代にかけてパリで華々しく活躍。戦時には日本で作戦記録画を多数発表しましたが、戦後の1949年、日本を離れ、翌年にはパリへ帰還し、やがてフランス国籍を取得して欧州で生涯を終えました。本展では、藤田の代名詞ともいえる「乳白色の下地」による裸婦の代表作が一堂に会するのみならず、初来日となる作品や、従来あまり紹介されてこなかった作品も展示いたします。』

この秋は多忙で、ようやく最終日に訪問。入場待ちの行列はなかったが、内部は予想通りの混雑。まあ、東京の美術展よりマシか。私のホームページで「藤田嗣治」を検索すると、主なものだけで以下の記事が見つかった。

好感・注目作品:

  • バラ Roses 1922 ユニマットグループ:今は閉館している青山ユニマット美術館を2006/12に訪問した際に見ていて、訪問記に画像がある。
  • 自画像 Self-Portrait 1929 東京国立近代美術館
  • アンナ・ド・ノアイユの肖像 Portrait of Anna de Noailles 1926 DIC川村記念美術館:変わった肖像画。初見と思ったら、2006年に見ていた。
  • 裸婦像 長い髪のユキ Nude, Youki with Long Hair 1923 ユニマットグループ
  • 舞踏会の前 Before the Ball 1925 大原美術館:かなり長い間、倉敷に行っていないなー
  • 私の夢 My Dream 1947 新潟県立近代美術館・万代島美術館:猫や猿に囲まれた裸婦に見とれてしまう
  • カフェ At the Cafe 1949 ポンピドゥー・センター :この作品が最高! 2007年の「異邦人たちのパリ ポンピドー・センター所蔵作品展」で見ているが、他に同じ構図の同名作品が数枚あり、2枚(個人蔵)は2006年の「生誕120年 藤田嗣治展」で見ている。なお、そのうちの1枚は、ニトリが運営する小樽芸術村にて、今月から展示されているらしい。
  • 礼拝 Adoration 1962-63 パリ市立近代美術館(フランス)

展示点数が多く、会場内に坐るところがほとんど無くて疲れたが、大満足の美術展だった。

会期:2018年10月19日~ 12月16日

巡回:東京都美術館  2018年7月31日~10月8日(終了)

平成30年度 第4回コレクション展 (計130点)
会期:2018年10月16日~12月16日

主なテーマ:
パリに集った芸術家たち:藤田嗣治作品が12点ほど展示されていた。
他に、没後50年 マルセル・デュシャン特集など。


フィリップス・コレクション展
■フィリップス・コレクション展:三菱一号館美術館 (2018/11)

PR文『米国で最も優れた私立美術館として知られるワシントンのフィリップス・コレクションは、・・・2018年には創立100周年を迎えます。本展では、世界有数の近代美術コレクションの中から、アングル、コロー、ドラクロワ等19世紀の巨匠から、クルーベ、近代絵画の父マネ、印象派ドガ、モネ、印象派以降のセザンヌ、ゴーガン、クレー、ピカソ、ブラックら秀作75点を展覧します。展覧会はフィリップス・コレクションの設立100周年を記念したもの。ダンカンの購入順に作品を紹介するという、ちょっと珍しい趣向で、近代美術を見続けたコレクターの活動を追体験します。』

ワシントンのフィリップス・コレクションは、2016/11に訪問済み(→訪問記)。しかし、今回は、購入順の展示で、かつ日本語説明付きなので、面白かった。

注目作品:

  • シスレー「ルーヴシェンヌの雪」:この絵は、1999年2月にサンフランシスコで開催された『冬の印象派画展』で見て、シスレーが好きになるきっかけになった作品。なお、左の画像は現地訪問時に撮影したもの。
  • セザンヌ「ベルヴュの野」:ベルヴュ(ベレビュー)は私の考察「ベレビューはどこ?」(→旅行館書庫(セザンヌとエクサン・プロヴァンス))に出てくる名前。
  • セザンヌ「ザクロと洋梨のあるショウガ壷」
  • ゴッホ「アルルの公園の入り口」「道路工夫」
  • ゴヤ「悔悛の聖ペテロ(聖ペテロの悔恨」
  • ココシュカ「クールマイヨールとダン・デュ・ジェアン」:クールマイヨールは北イタリアの地名で、先月(2018/11)に訪ねたばかり。ダン・デュ・ジェアン(巨人の歯)は、そこのロープウェイ展望台からも見えたモンブランの左のピーク(4013m)。
  • ココシュカ「ロッテ・フランツォスの肖像」

会期:2018年10月17日~2019年2月11日

参考:フィリップス・コレクション展:森アーツセンターギャラリー('05/7)(→見学記


ムンク展(2018)
■ムンク展(2018):東京都美術館(2018/11)

ムンク展―共鳴する魂の叫び

PR文『世界で最もよく知られる名画の一つ《叫び》を描いた西洋近代絵画の巨匠、エドヴァルド・ムンク(1863-1944)。画家の故郷、ノルウェーの首都にあるオスロ市立ムンク美術館が誇る世界最大のコレクションを中心に、約60点の油彩画に版画などを加えた約100点により構成される大回顧展です。』

フェルメール展見学のあと、上野公園のスタバで休憩してから、都美術館のムンク展を見ました。意外にも、チケット購入に5分ほど並んだだけで入場。「叫び」の前だけは、前後分離の柵が有り、前列では立ち止まれない(^^;

ムンク作品は、オスロ国立美術館やベルゲンで見たことがあるのだが、今回はムンク美術館からなので、初対面のものもかなりあった。

なお、「叫び」の解説パネルでは分かりにくいが、複数枚描かれた「叫び」のうち、今回展示のものは、1910年のテンペラ・油彩画(オスロ市立ムンク美術館蔵)で、初来日。

1)油彩画(1893年)オスロ国立美術館所蔵  オスロで鑑賞
2)パステル画(1893年) ムンク美術館所蔵  
3)リトグラフ(1895年) ムンク美術館所蔵  
4)パステル画(1895年) 個人蔵     NY近代美術館(MoMA)、オスロで鑑賞
5)テンペラ・油彩画(1910年?) ムンク美術館所蔵  今回展示

会期: 2018年10月27日~2019年1月20日
巡回:なし


フェルメール展 (2018)
■フェルメール展 (2018):上野の森美術館(2018/11)

見学記は→sub-verm.html#フェルメール展(2018)


ポーラ美術館(2018/11)
■ポーラ美術館(2018/11)

箱根湯本での会合のあと、久しぶりにポーラ美術館を訪ねました。開催中の企画展は、「ルドン ひらかれた夢ー幻想の世紀末から現代へ」。ここには、ルドン作品だけでなく、多くのポーラ美術館コレクションが展示されていた。

また、特別展示『フジタからの贈りもの-新収蔵作品を中心に』には、《・・・風に》という作品や、<小さな職人>シリーズもあって、楽しめた。

見学記は→富士五湖・箱根ドライブ紀行(2018/11):第4日(箱根湯本→ポーラ美術館→元箱根→小田原駅)


甲賀に「平安の秘仏」を訪ねる
■甲賀に「平安の秘仏」を訪ねる(2018/10)

2016年秋、東京国立博物館で開催された「平安の秘仏―滋賀・櫟野寺の大観音とみほとけたち」展で大反響を呼んだ十一面観音菩薩像が、33年振りの大開帳されたので、櫟野寺(らくやじ)を初訪問し、2年振りに再会した。その後、近くの油日(あぶらひ)神社と、土山の十楽寺(じゅうらくじ)を訪ねた。

見学記は→甲賀に「平安の秘仏」を訪ねる(2018/10)


アメリカ古代文明展
■アメリカ古代文明展:MIHO MUSEUM(218/10)

PR文より:『紀元15 世紀、“旧大陸”の人々が“新大陸”を“発見”した時、すでにそこには一万数千年に及ぶ人々の営みがありました。彼らは厳密な暦を発達させ、宇宙と自然の循環にそった文明を創りあげていたのです。
その精神世界では、人間が超自然の世界の助けと慈愛を必要とするのと同様、神々が活動できるためには人間の介入が必要でした。これは古来、厳しい自然環境の変化と、その中で行われる農耕、及び天体の運行に人間(主に首長)が責任を担ってきたことを表すもので、正しい時に正しく儀式を行うことが、彼らの宇宙を存続させるのに不可欠だったのです。
展示では、彼らの残した石彫、陶器、金属工芸、染織品など100 余点を展観し、暦と歴史的な儀式、生死をかけた球戯、神聖なチョコレートなどの話題にも触れながら、彼らの三千年にわたる足跡をたどります。』

昨年末に見た「古代アンデス文明展」@国立科学博物館に繋がる美術展だが、こちらはすべてMIHOミュージアム所蔵品というのが驚き。平日のためもあり、空いていて、ゆっくり鑑賞できた。仮面や彫像のほか、染織品デザインもモダン。展示会場前にビデオあり、有益。

その後、平常展示作品も楽しんだ。

会期:2018年9月8日 - 2018年10月8日


無言館
■無言館(2018/7)

信州ドライブの途中に立ち寄った。2001年の訪問以来、17年振りの訪問。当時の記憶と比べ、入口付近の木々が大きくなっている。

館内は昔ながらの静寂。佐久間修さん「静子像」は、貸出中。折り目が付いて、かなり痛んだ中村萬平さん「霜子」が好きだ。

100mほど下ったところに、第二展示館ができていて、こちらも鑑賞。傷ついた画布のドーム」がある。

その後、8月26日に、日曜美術館「遺(のこ)された青春の大作~戦没画学生・久保克彦の挑戦」が放送された。

関連記事:無言館「遺された絵画」展:東京ステーションギャラリー(2005/2)、京都文化博物館(2005/8)

国立台湾博物館
■国立台湾博物館(2018/6)

見学記は→台湾北部紀行(2018/5)


ルドルフ2世の驚異の世界展
■神聖ローマ帝国皇帝 ルドルフ2世の驚異の世界展:佐川美術館(2018/5)

PR文より:『プラハに宮廷を構え、神聖ローマ帝国皇帝として君臨したハプスブルク家のルドルフ2世(1552~1612)は稀代の収集家として、また芸術の庇護者として知られています。本展ではジュゼッペ・アルチンボルドを初め、ルドルフ2世が愛好した芸術家たちの作品を中心に、占星術や錬金術にも強い関心を示した皇帝の、時に魔術的とも言える魅力に満ちた創造と科学の世界をご覧いただけます。』

PRに使われているジュゼッペ・アルチンボルド《ウェルトゥムヌスとしての皇帝ルドルフ2世像》[1591年 スコークロステル城(スウェーデン)所蔵]以外にも、注目作品多く、非常に面白かった。

ビデオ(複数)も分かりやすい。

参考記事:2010年に、プラハの王宮美術館や旧王宮を訪れている。訪問記はこちら

会期:2018年03月21日~2018年05月27日
巡回:2017年11月3日(金)~12月24日(日)福岡市博物館 終了
2018年1月6日(土)~3月11日(日)Bunkamura ザ・ミュージアム 終了


大塚国際美術館
■大塚国際美術館(2018/4)

前回の訪問(→見学記)が2001年なので、17年ぶりの訪問。

時間がないので、システィーナ・ホール、スクロヴェーニ礼拝堂、フェルメールの部屋、ルネサンス系統展示を見学。

今回の目玉は、ゴッホが描いた全7点のヒマワリの展示。


ターナー展
■ターナー展:京都文化博物館(2018/3)

正式名称:ターナー 風景の詩(うた)

PR文より:『本展は、スコットランド国立美術館群などイギリス各地と日本国内の美術館から選りすぐった油彩画、水彩画約70点や版画をご紹介するとともに、最新の知見をもとにターナー芸術を再考し、その核心と魅力に迫ります。』

ターナーと言えば、2014/2に開催された「ターナー展」(神戸市立博物館)(訪問記)と、同月に訪問したロンドンのテート・ブリテンやナショナルギャラリー(訪問記)が記憶に残る。

それに比べると、この美術展は水彩画(主にエディンバラのスコットランド国立美術館蔵)と版画(主に郡山市立美術館蔵)がほとんどで地味。リーフレットやチケットにある「風下側の海辺にいる漁師たち、時化の模様」のような油彩画を期待して行くとガッカリだろう。

巡回:
北九州市立美術館(終了)
損保ジャパン日本興亜美術館(2018年4月24日~7月1日)
郡山市立美術館(2018年7月7日~9月9日)

ナポリの美術巡り
■ナポリの美術巡り(2018/2)

以下の美術館・教会などを見学しました。

見学記は→トスカーナとナポリ紀行(2018年2月)(5):ナポリ

  • 国立カポディモンテ美術館
  • 国立考古学博物館
  • サンテルモ城
  • サン・マルティーノ美術館(旧修道院)
  • ドゥオーモ(サン・ジェンナーロ;ナポリ大聖堂)
  • ミゼリコルディア(ミセリコルディア)教会
  • ヌオーヴォ城(市立美術館)
  • 王宮
  • 卵城

ルッカの美術巡り
■ルッカの美術巡り(2018/2)

ピサから約30分。初訪問。

以下の美術館・教会などを見学しました。

見学記は→トスカーナとナポリ紀行(2018年2月)(4):ルッカ

  • マンスィ宮(国立絵画館)
  • サン・ミケーレ・イン・フォロ教会
  • サン・フレディアーノ教会
  • ドゥオーモ(サンマルティーノ大聖堂)
  • プッチーニ博物館

ピサの美術巡り
■ピサの美術巡り(2018/2)

ここも2002年のツアー以来、16年振りの訪問。

以下の美術館・教会などを見学しました。

見学記は→トスカーナとナポリ紀行(2018年2月)(3):ピサ

  • ドゥオーモと斜塔
  • 納骨堂(カンポサント)
  • 洗礼堂
  • 旧王宮博物館
  • サン・マッテオ美術館

シエナの美術巡り
■シエナの美術巡り(2018/2)

2002年5月にツアーで訪問して以来、16年ぶり。

以下の美術館・教会などを見学しました。

見学記は→トスカーナとナポリ紀行(2018年2月)(2):シエナ

  • 市立美術館(市庁舎)
  • シエナ国立美術館
  • ドゥオーモ付属美術館

フィレンツェの美術巡り
■フィレンツェの美術巡り(2018/2)

2002年5月にパック・ツアーで、2004年11月に個人旅行で訪問していて、14年ぶりの訪問。

以下の美術館・教会などを見学しました。

見学記は→トスカーナとナポリ紀行(2018年2月)(1):フィレンツェ

  • ウフィッツィ美術館
  • サン・マルコ修道院
  • パラティーナ美術館(ピッティ美術館)
  • バルジェロ美術館
  • サンタ・マリア・ノヴェッラ教会
  • サン・ロレンツォ聖堂
  • メディチ・リッカルディ宮殿
  • ドゥオーモ博物館(付属美術館)
  • サンタ・クローチェ教会
  • サンタ・トリニタ教会
  • ヴェッキオ宮

2017年美術ベストテン
2017年美術ベストテン

美術展ベストテン
  1. 国宝展:京都国立博物館('17/10)
  2. ミュシャ展:国立新美術館(’17/4)
  3. 岩佐又兵衛と源氏絵―〈古典〉への挑戦:出光美術館(’17/01)
  4. ブリューゲル「バベルの塔」展:国立国際美術館('17/09)
  5. 雪村 -奇想の誕生:MIHO MUSIUM('17/8)
  6. 海北友松展:京都国立博物館('17/5)
  7. 北斎とジャポニスム―HOKUSAIが西洋に与えた衝撃:国立西洋美術館('177/12)
  8. 百花繚乱 浮世絵十人絵師展:佐川美術館('17/11)
  9. 大エルミタージュ美術館展:森アーツセンター(’17/4)
  10. オルセーのナビ派展:三菱一号館美術館(’17/4)

初訪問美術館ベスト

 ●国内編ベスト

  なし

 ●海外編ベスト

  ベルゲン美術館(’17/06)

  次点:デンマーク国立美術館(’17/06)  


■2017年の記事は、国内編'17に移しました NEW

TV番組「天才画家の肖像」放送リスト
TV番組「天才画家の肖像」放送リスト

ハイビジョンスペシャル(BShi)や、BSスペシャル(BS2)として放送された「天才画家の肖像」の番組リストがWeb上に見つからないので、自分で作成しました。再放送が多く、過去に録画済みかどうかを知るためです。初放送された年代順に並べています。特に記載ないものは、BShiです。

「シリーズ 巨匠たちの肖像」を追加しました(2009/11/5)

番組名 初放送日 再放送日 録画
(調査中)
ゴヤ~“私は見た” 2002年11月12日 2003/1/6 BS 2、2009/3/10
モネ~うつろいゆく光~ 2002年11月13日 2003/1/7 BS 2
ピカソ 女たちが語る素顔 2002年11月15日 2003/1/9 BS 2  
ゴッホとゴーギャン~二人のひまわり 2003/1/8 BS2? 2003/9/5、2009/3/9; 2014/10/21?
長谷川等伯 2003年10月1日    
葛飾北斎 2003年10月2日 2004/5/7、2007/1/5  
横山大観 ミスター日本画の話題作人生 2004年12月13日 2007/1/5、2007/1/17、2009/10/29; 2014/10/21?
青木繁 親友の坂本繁二郎が見た栄光と悲劇 2004年12月14日    
岸田劉生 麗子像百変化 2004年12月15日    
富岡鉄斎 最後の文人画家 仙境への旅 2004年12月16日    
雪舟 画聖と呼ばれた男 2005年11月7日 2006/4/2、2007/1/5  
曾我蕭白 奇想天外の美 2005年11月8日 2006/4/1、2007/1/5  
からくり絵師 円山応挙 2005年11月9日 2006/3/31 BS 2
レンブラント 自画像が語る光と影 2006年11月13日 2007/1/13、2007/11/26、2008/10/6 済済
カラヴァッジョ 無頼が生んだ聖なる美 2006年11月14日 2007/1/20、2007/11/27、2008/10/7、2009/3/12 済済
ドラクロワ 三つの革命 2007年1月27日 2007/11/28、2008/10/8、2009/03/11
永遠の風神雷神図 俵屋宗達 2007年11月5日 2007/11/29、2008/5/24、2008/10/9 済済
美人画・香りたつ色気の秘密 喜多川歌麿 2007年11月6日   済済
江戸っ子浮世絵師、参上 歌川国芳 2007年11月7日 2008/5/17
美で乱世を制した絵師 狩野永徳 2007年11月8日 2008/10/10 済済
謎の浮世絵師~東洲斎写楽 2008年10月13日 2008/11/22
伝説となった絵師~岩佐又兵衛 2008年10月14日 2008/11/29
詩のように描き絵のように詠む 与謝蕪村 2008年10月15日 2009/1/18、2009/11/25
私が噂のダリである サルバドール・ダリ天才の秘密 2009年3月12日    
シリーズ 巨匠たちの肖像      
棟方志功 無我の手 2009年4月28日 2009/11/3
クリムト 黄金にきらめくエロス 2009年5月5日 2009/11/3
ロダン あくなき生命への欲望 2009年5月12日 2009/11/3
ルノワール すべてをバラ色に見た 2009年5月28日 2009/11/3
円空 12万体の仏の願い 2009年5月26日 2009/11/3
運慶 最強の仏師集団を率いた男 2009年11月3日  
ヒッチコック サスペンスの深層 2009年11月10日 2009/11/17  
ダ・ヴィンチ 画家は万能であれ 2009年11月17日 2009/11/24
東山魁夷 風景の求道者 2009年11月24日  
土門拳 仏を睨(にら)む目 2009年12月1日    
ゴッホ 炎の絆 2010年5月4日  
マネ 紳士か反逆者か 2010年5月11日  
ルソー 奇跡の素人 2010年5月18日  
セザンヌ 革命を起こした隠者 2010年5月25日 2014/10/21
ドガ 踊り子の画家・それは純真か偏愛か 2010年6月1日  

トップページへ 映画館へ 旅行館へ 音楽館へ