最終更新日:12/04/24

美術館書庫(国内編#13:'10)


BGMは、Bachの“Prelude in C minor” 上の操作ボタンでBGMをオンオフできます。

美術館から分離(2011/12/29);等伯展とシュジー・ソリドールの記事追加(12/04/24)
トップページへ

Lady Writing a Letter, by Vermeer
フェルメールの”手紙を書く女”(クリックすると拡大します)

目 次 

日本美術

日本美術(現代)

海外美術

その他・共通

   

ドイツ・プラハ美術紀行

 
   

アンリ・ルソー パリの空の下で

2010年美術ベストテン

   

モネとジヴェルニーの画家たち

 
   

没後120年 ゴッホ展

 
 

日本美術院の画家たち

ベルギー王立図書館所蔵 ブリューゲル版画の世界

 
   

ドガ展

 
   

ウフィツィ美術館 自画像コレクション展

 
   

アール・ヌーヴォーとアール・デコのポスター展

 
   

ストラスブール美術館所蔵 語りかける風景

 
 

麗子登場!

レンピッカ展

 
   

ルノワール 伝統と革新

 

大遣唐使展

竹久夢二展−憧れの欧米への旅−

オルセー美術館展2010

 

長谷川等伯展

追悼展 平山郁夫−平和の祈り−

マネとモダン・パリ展

TV番組「天才画家の肖像」放送リスト

土偶展

竹久夢二展

THE ハプスブルク展

 

滋賀で国内3例目の最古級土偶見つかる

 

生誕130年記念 菊池契月展

   


2010年美術ベストテン
2010年美術ベストテン

美術展ベスト10

  1. ドガ展:横浜美術館(10/10)
  2. オルセー美術館展2010−ポスト印象派:国立新美術館(10/6)
  3. 長谷川等伯展:東京国立博物館 平成館(10/03);京都国立博物館(10/04)
  4. マネとモダン・パリ展:三菱一号館美術館(10/05)
  5. 土偶展:東京国立博物館('10/2)
  6. 大遣唐使展:奈良国立博物館(10/05)
  7. レンピッカ展:兵庫県立美術館(10/06)
  8. ウフィツィ美術館 自画像コレクション展:損保ジャパン東郷青児美術館(10/10)
  9. 生誕130年記念 菊池契月展:美術館「えき」KYOTO('10/01)
  10. ストラスブール美術館所蔵 語りかける風景:Bunkamuraザ・ミュージアム(10/7)

次点:THE ハプスブルク展:京都国立博物館(10/02)

■初訪問美術館ベスト

●国内編ベスト

  1. アルフォンス・ミュシャ館(10/08)

●海外編ベスト (すべて 10/11)

  1. ベルリン絵画館(Gemaeldegalerie Berlin)
  2. ドレスデン 古典絵画館(Old Masters Picture Gallery)
  3. ライプツィヒ美術館
  4. ベルリン ペルガモン博物館
  5. プラハ 国立美術館群

ドイツ・プラハ美術紀行
■ドイツ・プラハ美術紀行('10/10〜11)

→美術館書庫(
ドイツ・プラハ美術紀行(10/10-11)

アンリ・ルソー パリの空の下で
ポーラ美術館入口 ■アンリ・ルソー パリの空の下で:ポーラ美術館('10/12)

PR文より:『パリの入市税徴収官として働きながら、40歳の頃に本格的に絵画に取り組み始めたルソー。遅咲きの画家ルソーの現存する絵画は、なんと世界でわずかに二百数十点。日本でもルソー人気は高く、二十数点が国内で愛蔵されています。ポーラ美術館はルソー作品8点を収蔵し、日本最大のコレクションを誇っています。アンリ・ルソー歿後100年を記念し、ポーラ美術館が収蔵するルソー作品と、国内で所蔵されている選りすぐりのルソー作品を合わせ計16点が初めて一挙公開されます。』

アンリ・ルソー 「エッフェル塔とトロカデロ宮殿の眺望」、「飛行船[レピュブリック号]とライト飛行機のある風景」、「ライオンのいるジャングル」、岡鹿之助 「村の発電所」、マティス「リュート」

会期:2010年9月11日〜2011年3月13日

■常設展示 「ポーラ美術館の絵画」

モネ《セーヌ河の日没、冬》、ゴッホ《アザミの花》、ルノワール《レースの帽子の少女》、 岡田三郎助《あやめの衣》

ルソー展

日本美術院の画家たち
■日本美術院の画家たち:山種美術館('10/12)

好感・注目作品:小林古径《清姫》(全8面)、前田青邨《腑分》、奥村土牛《鳴門》、速水御舟《翠苔緑芝》、岩橋英遠《暎》、松尾敏男《北原に翔ぶ》、後藤純男≪淙想≫、平山郁夫《バビロン王城》、《阿育王石柱》、田淵俊夫 ≪輪中の村≫

会期:11/13-12/26

モネとジヴェルニーの画家たち
■モネとジヴェルニーの画家たち:Bunkamuraザ・ミュージアム('10/12)

モネ「睡蓮、水の光景」(ワズワース・アシニアム美術館)PR文より:『印象派の巨匠クロード・モネが晩年に移り住みアトリエを構えたジヴェルニーは、パリから西に約80キロほどのセーヌ川の右岸にある風光明媚な小さな村。モネの噂を聞きつけて1880年代半ばにやってきたアメリカ人画家たちの滞在をきっかけに、芸術家のコロニーが形成されました。・
・・本展はモネの作品に加え、日本で殆ど紹介されることのなかったアメリカ人画家の油彩、約75点で構成されます。』

好感作品:モネ「積みわら(日没)」(ボストン美術館)、モネ「睡蓮、水の光景」(ワズワース・アシニアム美術館
Wadsworth Atheneum Museum of Art, Hartford, CT)、モネ「ジヴェルニーの冬」(ポーラ美術館)、ジョン・レスリー・ブレック「積みわらの習作:秋の日7」(テラ・アメリカ美術基金蔵)、リチャード・ミラー「水のある庭」(テラ)、ロビンソン「冬景色」(テラ)

会期:2010年12月7日― 2011年2月17日

巡回:
北九州市立美術館 2010年10月9日−11月28日
岡山県立美術館  2011年2月25日−4月10日

参考:2002年のジヴェルニー訪問記(sub12a.html#ジヴェルニー:モネ美術館


没後120年 ゴッホ展
■没後120年 ゴッホ展 こうして私はゴッホになった:国立新美術館('10/12)

ゴッホ:寝室PR文より:『・・・今回のゴッホ展では、ゴッホの世界的コレクションを有するオランダのファン・ゴッホ美術館とクレラー=ミュラー美術館の全面的協力のもと、日本初公開作品を含め、選び抜かれたゴッホの油彩35点、版画・素描約30点と、オランダ時代のゴッホに絵画表現技法の基礎を手ほどきしたハーグ派のモーヴや、芸術の都パリ時代に出会ったモネ、ロートレック、ゴーギャン、スーラなどの油彩画約30点、その他関連資料約20点を一堂に展示します。』

待ち行列はなかったが、内部は予想通りの大混雑で、楽しめない。

好感作品:麦藁帽子のある風景、アルルの寝室、ゴーギャンの椅子、サン=レミの療養院の庭、アイリス

会期:2010年10月1日〜12月20日

巡回:
2011年1月1日─2月13日 九州国立博物館(福岡)
2011年2月22日─4月10日 名古屋市美術館(名古屋)

参考:2002年のゴッホ美術館訪問記(sub12a.html#ゴッホ美術館

参考:私の見た主なゴッホ展とゴッホ作品リスト(sub19.html#ゴッホ展)


ベルギー王立図書館所蔵 ブリューゲル版画の世界
■ベルギー王立図書館所蔵 ブリューゲル版画の世界:美術館「えき」KYOTO('10/11)

PR文より:『16世紀ネーデルラントの巨匠ピーテル・ブリューゲル(1525/30-69)は日本人にとても親しまれている画家です。ブリューゲルは聖書の世界、ことわざ、子供の遊び、民衆の祝祭、農民の労働をテーマに描いています。特に寓意をこめた作品では人間の弱点や愚行を諷刺とユーモア精神によって表現しています。本展は、ベルギー王立図書館の全面的な協力を得て、日本では約20年ぶりに開催するブリューゲル版画の展覧会です。またブリューゲルだけでなく、世界初の試みとして、同時代の版画も合わせ、約150点を展示します。』

版画展は、1枚の作品を、一人しか見れないので、どうしても混んでしまう。今回も、意外に若い人が多く、平日にしては混雑。

ベルギーやウィーンでブリューゲルの絵は多数見たが、版画は初めてかな? 当時の民衆の生活や思想が垣間見えて面白い。

「ネーデルランドの諺」の油絵は、先日、ベルリン国立美術館で見たばかり。


会期:10月22日(金)〜11月23日

巡回(済み):
2010年7月17日−8月29日 Bunkamuraザ・ミュージアム
2010年9月4日−10月17日 新潟市美術館

ドガ展
■ドガ展:横浜美術館(10/10)

ドガ「エトワール」PR文より:『・・・オルセー美術館の全面的な協力を得て、国内では21年ぶりとなるドガの回顧展が実現することとなりました。オルセー美術館所蔵のドガの名品45点に、国内外のコレクションから選りすぐった貴重な作品を加え、初期から晩年にわたる約120点を展観いたします。・・・』

「エトワール」(オルセー美術館)が最高。現地でも見たはずだが、これほど素晴らしいとは驚き。照明の工夫のためか、絵が輝いて見える。

他の好感・注目作品:「バレエの授業」(オルセー美術館),「浴盤(湯浴みする女)」(オルセー美術館),「綿花取引所の人々(ニューオリンズ)」(ポー美術館)

ところで、以前、本サイト(ルノワール展)で話題にしたチューリヒのBuhrle(独;uは ウムラウト)美術館は、「ビューレー美術館」と表記されていた。ビューレの方が良いと思うのだが・・・。


会期:2010年9月18日〜12月31日

公式サイト:
http://www.degas2010.com/

併催のコレクション展も、なかなか面白い。
里見勝蔵「ポントワーズの雪景」、モロー「岩の上の女神」、デルヴォー「階段」、ダリ、マグリット、小倉遊亀「良夜」、今村紫紅「近江八景(小下絵)」


ウフィツィ美術館 自画像コレクション展
■ウフィツィ美術館 自画像コレクション展:損保ジャパン東郷青児美術館(10/10)

ル・ブラン 「マリー・アントワネットの肖像を描くヴィジェ=ル・ブラン」PR文より:『ウフィツィ美術館の自画像コレクションのうち、ルネサンス期から20世紀までの代表的な400点超は、メディチ家の住まいであったピッティ宮殿からウフィツィまで約1キロメートルにも及ぶ「ヴァザーリの回廊」に展示されています。世界に名高い回廊ですが、一般公開されておらず予約見学のみです。今回は、回廊を飾る貴重なコレクションを見ることができる絶好の機会です』

マリー=ルイーズ=エリザベート・ヴィジェ=ル・ブラン 「マリー・アントワネットの肖像を描くヴィジェ=ル・ブラン」が最高。

ハウブラーケン「花輪の中の自画像(?)」、レンブラント、シャガール(80才の作品)、藤田嗣治、カルロ・ベックリン「アルノルト・ベックリンの肖像」(息子が年老いた父を描いた)、キリコ(意外な風貌だった)

会期:2010年9月11日〜11月14日

巡回:11月27日〜2011年2月20日 大阪・国立国際美術館


アール・ヌーヴォーとアール・デコのポスター展
■アール・ヌーヴォーとアール・デコのポスター展:アルフォンス・ミュシャ館(10/08)

PR文より:『本展では、堺市が所蔵するミュシャ・コレクションの寄贈者 故土居君雄氏が収集した、19世紀末のアール・ヌーヴォーと、20世紀初頭のアール・デコの作家によるポスターや装飾パネルを展示します。初出展の作品も多数公開します。』

近くに住んでいながら、いつも素通りしていて、今回が初訪問の美術館。多くの作品が全国巡回中らしく、今回はポスターがメイン。

好感作品:ミュシャ「一日の四つの時(連作)」「四季(連作)」

他に、レオナール・フジタ「第4回AAAA祭(芸術家救済舞踏会)もあり。

会期:2010/7/17-11/14

公式サイト:http://www.sakai-bunshin.com/mucha.php


ストラスブール美術館所蔵 語りかける風景
■ストラスブール美術館所蔵 語りかける風景:Bunkamuraザ・ミュージアム(10/7)

シスレー「家のある風景」PR文より:『ストラスブール美術館所蔵 語りかける風景 -コロー、モネ、シスレーからピカソまで- フランス北東部アルザス地方の中心都市ストラスブールは、ライン河沿いの交通の要所として古くから栄え、フランスとドイツの文化が融合した観光の名所でもある。美術館・博物館も多く、ストラスブール美術館と総称する中には10の施設がある。本展はそのうちの古典美術館と近現代美術館が収蔵する風景画の秀作約80点で構成される。・・・本展ではコロー、クールベ、モネ、シスレー、シニャック、デュフィといったフランス近代絵画を代表する画家の作品に加え、ストラスブールを拠点に活動した日本であまり知られることがなかった才能豊かな画家たちが描いた風景画も堪能することができる。』

あまり期待しないで訪問したのだが、初認識の画家が多く、なかなか楽しい美術展だった。

ところで、1997年に「ストラスブール美術館展」(東京都庭園美術館)を見ている。この時の絵葉書購入作品は、ドレ(ピレネーの風景)、ゼーバッハ(リラの花束)、リーバーマン(アムステルダムの孤児院の庭)。

好感・注目作品

  • マックス・リーバーマン(Max Liebermann)「アムステルダムの孤児院の庭」:13年振りに再会。ドイツ印象派
  • ロタール・フォン・ゼーバッハ(Lothar von Seebach)「雨の通り」:雨に濡れた路面の反射が美しい。ゼーバッハ(ゼーバック)はアルザスの印象派。
  • アンリ・マルタン(Martin)「雪化粧のパリ」:屋根の雪の点描
  • アンリ・ジュベール(Henri Zuber)「ジェノヴァ港の入口」:波の描写が好き。アルザス生まれの風景画家。初認識
  • アンリ・ジュベール(Henri Zuber)「ヴュー=フェレットの羊の群れ」:窓から見ているような風景
  • ヘンドリク・ウィレム・メスダッハ(Hendrik Willem Mesdag)「海景」:初認識のオランダの画家。夕陽の輝きを背景にした船。なお、ハーグに、パノラマ・メスダグ(「美の巨人たち」で特集された)、メスダグ美術館がある
  • ジャン=バティスト=カミーユ・コロー「ヴィル・ダヴレーの池」:独特の銀灰色。類似の作品多数あるが、好感。
  • マルケ「ルアーブルの桟橋」:ルアーブルは、モネ、デュフィ、デュビュッフェの出身地。モネが「印象-日の出」を描いた街
  • ポール・シニャック「アンティーブ、夕暮れ」:点描の成功例
  • アルフレッド・シスレー「家のある風景」:構図も色彩も上手い
  • クロード・モネ「ひなげしの咲く麦畑」(1890):ジヴェルニーで描かれた。有名なのは、「ひなげし(アルジャントゥイユのひなげし)」(1873;オルセー)
  • カンディンスキー「サン=クルー公園」:抽象派に入る前の作品。点描タッチ

会期:2010年5月18日−7月11日

巡回:熊本県立美術館 2010年4月3日−5月9日
石川県立美術館 2010年7月22日−8月23日
岐阜県美術館 2010年9月3日−10月17日
秋田市立千秋美術館 2010年10月23日−11月28日

公式サイト:
http://www.bunkamura.co.jp/museum/lineup/shosai_10_strasbourg.html


麗子登場!
■麗子登場! 名画100年・美の競演:兵庫県立美術館(10/06)

松本竣介:立てる像PR文より:『日本初の公立近代美術館・神奈川県立近代美術館・・・二番目の公立近代美術館「兵庫県立近代美術館」・・・このたび初めての試みとして、これら2館のコレクションを有機的に関連させながら日本近代美術史を回顧する展覧会を開催します。神奈川県立近代美術館から高橋由一、岸田劉生、松本竣介、レオナール・フジタ(藤田嗣治)、片岡球子など55点が一挙来神し、本多錦吉郎、岡田三郎助、小磯良平、東山魁夷など兵庫県立近代美術館の代表作品51点と競演します。岸田劉生《童女図(麗子立像)》(神奈川県立近代美術館)、小磯良平《斉唱》(兵庫県立美術館)をはじめとする名作が、31日間限定の「近代美術館」にてお待ちしています。』

松本竣介「立てる像」が最高。私のサイト内検索では、見つからず、意外にも初対面だったかも知れない。この作品と、小磯良平「斉唱」とが、並べて展示されていたが、サイズも迫力も差があり過ぎて、「斉唱」が(私の好きな作品なのに)可哀想。

加山又造「凍る日輪」、岩橋英遠「仙」は、2003/12の神奈川県立近代美術館(葉山館)見学記に画像を貼り付けている。

好感・注目作品:

  • 本多錦吉郎「羽衣天女」 1890 兵庫
  • 岸田劉生「童女図(麗子立像)」1923 神奈川
  • 林武「裸婦」 1930 兵庫
  • 松本竣介「立てる像」 1942 神奈川
  • 小磯良平「斉唱」 1941 兵庫
  • 藤田嗣治「二人裸婦」1930 神奈川
  • 斉藤義重「鬼」 1957 神奈川
  • 加山又造「凍る日輪」1964 神奈川
  • 岩橋英遠「仙」1965 神奈川

会期:6/15〜7/19


レンピッカ展
■レンピッカ展:兵庫県立美術館(10/06)

レンピッカ展レンピッカは、以前、東京で見た美術展(これが、どこだったのか、desktop検索しても見つからない。アール・デコ展[東京都美術館(05/6)]だったのだろうか・・・)で衝撃的な出会い。今回は、関西に来たので、雨の中、期待して訪問。混雑もなく、多彩な展示で、大満足。

好感作品:初めて聖体を拝領する少女(白の美しさ)、サン・モリッツ(これは白の中の赤)、緑の服の女、青いスカーフ、タデウシュ・ド・レンピッキの肖像、ピンクの服を着たキゼット、シュジー・ソリドールの肖像、修道院長


会期:2010年5月18日−7月25日

巡回:Bunkamuraザ・ミュージアム(済み)


美術展サイト:
http://www.ntv.co.jp/lempicka/

画家wikiサイト:
ja.wikipedia.org/wiki/タマラ・ド・レンピッカ

関連TV番組:日曜美術館(10/6/27)

シュジー・ソリドールの肖像画について [2012/4/24追記]

●BSジャパンから素晴らしい番組が放送された。
「世界で最も描かれた女 シュジー・ソリドール〜226人の画家はなぜ彼女を描いたのか」
初回放送:2009年12月
再放送:2011年1月3日 21〜22;2011年5月14日 20-21
番組サイト:http://www.bs-j.co.jp/solidor/

●その後、2011年夏の南仏旅行の際に、カーニュ=シュル=メール (Cagnes-sur-Mer)のグリマルディ城美術館(Chateau-Musee Grimaldi)を訪問。シュジー・ソリドールの肖像画の部屋を見学できた。
訪問記は、sub312.html#カーニュ=シュル=メール

 


ルノワール 伝統と革新

イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢

■ルノワール 伝統と革新:国立国際美術館(10/6)

PR文より:『ルノワール芸術の魅力を4つの章(ルノワールへの旅、身体表現、花と装飾画、ファッションとロココの伝統)にわけ、印象派という前衛から出発したルノワールが、肖像画家としての成功に甘んじることなく、絵画の伝統と近代主義の革新の間で、絶えず模索をつづけた姿をご覧いただきます。
 本展は、国内有数の印象派コレクションで知られるポーラ美術館の特別協力のもと、代表作を含む約80 点を通して美術史の新しい視点からルノワールの絵画の魅力を探り、また本展を機に行われた光学調査により、画家ルノワールの技法の最新の知見をご紹介いたします。』

週末の午後に訪問したら、入場待ちの行列。国立国際美術館では、初めて遭遇。会場内も大混雑だったので、閉館時間近くまで休憩。

お目当ての「イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)」(ビューレー・コレクション)が最高。現地(ビュールレ美術館 Buehrle;チューリッヒ郊外)訪問は、2007/10だから、ほぼ3年振りの再会。今回は、単眼鏡を持参したので、前髪や睫毛の繊細な描写も楽しんだ。なお、この作品は、大阪展のみ出展。

他の好感作品:

  • ブージヴァルのダンス(ボストン美術館):女性モデルは、後に画家になるシュザンヌ・ヴァラドン。
  • アンリオ夫人(ワシントン・ナショナル・ギャラリー):
  • 団扇を持つ若い女(クラーク美術館):
  • ジュリー・マネの肖像(マルモッタン美術館):ベルト・モリゾとマネの弟ウジェーヌの子供。16歳で孤児となった。何か、淋しげ。
  • レースの帽子の少女(ポーラ美術館):

「本展を機に行われた光学調査」とは、X線、赤外線、蛍光X線による調査。折角のコーナーだが、解説が分かりにくい。それらが、どのような目的に使用されるものかを、最初に示すべきと思う。

なお、この美術展の広告で、気になったのが、「見ルノ、知ルノ、感じルノ。」というキャッチ。最後の「ルノ。」だけが目立つ大文字で、最初、何のことか、分からなかった。美術展ポスターには、そぐわないと思うが・・・。

期間:2010/4/17-6/27

公式サイト:http://www.renoir2010.com/

【参考】これまでの「ルノワール展」(私の見た記録のあるもの)

開催年 タイトル  場所 見学記
1993 ルノワール展 京都市美術館 sub11.html#関西の美術展
1999 ルノワール展 北海道立美術館 sub13.html#北海道・東北
1999 モネ、ルノワールと印象派の風景 名古屋ボストン美術館 sub13.html#中部
2001 ルノアール展 ブリヂストン美術館 sub15.html
2004 モネ、ルノワールと印象派展 Bunkamura sub18.html#モネ、ルノワールと印象派展
2008 ルノワール+ルノワール展 Bunkamura sub108.html#ルノワール+ルノワール展

ルノワール or ルノアール?

Renoirの日本語表記、私も混乱していて、検索に手間取る。どちらが、主流なのか、気になったので、調べた結果:

Google検索
 ルノワール 約 461,000 件
 ルノアール 約 483,000 件

デスクトップ検索
 ルノワール 約 478 件
 ルノアール 約 87 件

ホームページ内検索
 ルノワール 約 7 件
 ルノアール 約 20 件

昔は、有名な喫茶店の名前「ルノアール」の影響か、ルノアールだったが、最近は、ルノワールが多くなった感じ。

ビュールレ or ビューレー ?

チューリヒにある美術館だが、原語は、Buhrle(独;uは ウムラウト)。英語表記では、Buehrle。私は、ビュールレを使っていたが、今回の美術展では、何故か、ビューレーと表記している。

これもGoogle検索してみると、
 ビュールレ・コレクション 約 2,020 件
 ビューレー・コレクション 約 1,990 件
 ビュルレ・コレクション 約 312 件

wikiも「ビュールレ・コレクション」となっている。ビューレーは、英語読みの影響かと思ったら、MLBシカゴ・ホワイトソックスに、マーク・バーリー(Mark Buehrle)というの野球選手がいる。ドイツ人の発音を聞きたいところ。

【追記(2010/6/28)】
ドイツ在住の知人に意見を聞きました。

  • ビュールレ: 子音「r」の発音は日本語の「ル」ではないので、通じないだろう。

  • ビューレー: 語尾の「le」を、ドイツ人は寧ろ短く切った様に発音する。

  • 結論: 原音に最も近いカタカナ表記は、「ビューレ」だろう。

ここで、ビューレをGoogle検索してみると、
 ビューレ・コレクション 約 1,480 件
 ビューレ美術館 約 3,070 件
 ビューレコレクション 約 2,370,000 件
と、結構使われています。


ルノアール:アンリオ夫人

アンリオ夫人

ルノアール:ボストン美術館

ブージヴァルのダンス

ルノワール:帽子を被った少女

レースの帽子の少女


オルセー美術館展2010
■オルセー美術館展2010−ポスト印象派:国立新美術館(10/6)

アンリ・ルソー「蛇使いの女」PR文より:『モネ5点、セザンヌ8点、ゴッホ7点、ゴーギャン9点、ルソー2点をはじめとする絵画115点が、オルセー美術館から一挙に来日。過去に日本で開催されたオルセー美術館展で目玉作品として紹介されてきた作品もずらりと並ぶ、まさに「ベスト・オブ・オルセー」展!』

オルセー美術館の印象派ギャラリー改装工事(2009.11-2011.3)の期間中に、オーストラリア国立美術館(キャンベラ)→国立新美術館(東京)→デ・ヤング記念美術館(サンフランシスコ)と世界3都市を巡回する美術展。

金曜の夜間開館時間(午後8時まで)に訪問。全体的には、それほどの混雑ではなかったが、ゴッホの前は流石に混んでいた。

既に見たことのある(ような?)作品が多く、感動作品が少ない。

好感作品ベストは、

  • アンリ・ルソー「蛇使いの女」。大きなサイズに驚き。間近で見ると、熱帯ジャングルの中に入り込んだ気分。

他に、

  • ポール・セザンヌ「サント=ヴィクトワール山」:(同構図の絵を)何度も見ているが、何故、惹かれるのだろう。
  • ギュスターヴ・モロー「オルフェウス」:モローにしては、大型で細密描写が美しい。
  • シャヴァンヌ「貧しき漁夫」:中学か高校の教科書で見て、感動した記憶がある。また、国内の美術展で見たと思ってデスクトップ検索したら、類似の構図の絵を上野の西洋美術館で、習作をプーシキン美術館展[東京都美術館(05/11)、国立国際美術館(06/3)]で見ている。
  • ハンマースホイ「休息」ハンマースホイ展[国立西洋美術館(08/11)]以来の再会。予想していなかったので、驚き。オルセー所蔵だったのか・・・。

期間:5月26日〜8月16日

公式サイト:
http://orsay.exhn.jp/

関連番組:日曜美術館(2010/6/13放送)

【参考】これまで3回の「オルセー美術館展」が開催されていて、これが4回目。

  副題 開催年 見学記
#1 モデルニテ:パリ・近代の誕生 1996年 sub11.html#関東(95-96)
#2 19世紀の夢と現実 1999年 sub13.html#関西の美術館
#3 19世紀 芸術家たちの楽園 2006-2007年 sub107.html#オルセー美術館展
#4 ポスト印象派 2010年  



大遣唐使展
■大遣唐使展:奈良国立博物館(10/05)

仕女図 節愍太子墓PR文:『平成22年(2010年)、平城遷都1300年記念事業の一環として、「大遣唐使展」を開催します。わが国から中国・唐に初めての公式の使節団「遣唐使」が派遣されたのは630年のことです。それ以降、約260年間、山上憶良、阿倍仲麻呂、吉備真備、鑑真、最澄、空海ら古代史を彩った巨人たちが海を渡りました。苦難の旅を経て、彼らが持ち帰った先進的な文化や知識、情報は、日本の文化に大きな影響を及ぼしました。本展では、国宝級の文化財を国内外から一堂に集め、空前の規模で全容をたどります。』

ほぼ、一年ぶりの奈良訪問。平城宮跡を見学後、博物館へ。展示品が多く、1時間半では、まったく時間が足りなかった。

好感・注目作品:

  • 「観音菩薩立像」(ペンシルバニア大学博物館):唐代の石仏を代表する名作。
  • 「国宝 聖観音菩薩立像」(奈良・薬師寺):古代ブロンズ彫刻の最高峰。
  • 「吉備大臣入唐絵巻(きびだいじんにっとうえまき)」(ボストン美術館):平安時代(12世紀) の傑作絵巻。全4巻のうち、第1、4巻が来日。地下の通路に、解説ビデオ放映あり、面白い。ボストン美術館のサイトで、画像が見られる。英語名:Minister Kibi's Adventures in China.
    http://www.mfa.org/collections/search_art.asp?coll_keywords=Minister+Kibi%27s+Adventures+in+China
  • 「仕女図 節愍太子墓」(中国. 陝西省考古研究院):高松塚古墳の壁画を思わせる唐代の美人画。
  • 「十一面観音立像」(京都山科・安祥寺):初公開。像高2.5mの素晴らしい黒色木彫像。少し前屈みで、我々を見下ろす。
  • 「菩薩半跏像」(フィラデルフィア美術館):唐代のブロンズ像。鍍金で輝く小さな仏像。
  • 「国宝 刺繍釈迦如来説法図」(奈良国立博物館):唐または飛鳥〜奈良時代(7〜8世紀)の大きく緻密な刺繍の仏像。単眼鏡が役立った。

会期:2010/4/3〜6/20

公式サイト: http://kentoushi.exh.jp/

関連番組:日曜美術館(2010/5/2放送)


マネとモダン・パリ展
マネ:すみれの花束をつけたベルト・モリゾ ■マネとモダン・パリ展:三菱一号館美術館(10/05)

PR文:『2010年4月に東京・丸の内に開館する三菱一号館美術館の開館記念展として、オルセー美術館の全面的な協力により、同館所蔵品を中核に、国内外の主要美術館・所蔵家の作品で構成された「マネとモダン・パリ」展を開催いたします。 ・・・本展は、マネの芸術の全貌を、当時のパリが都市として変貌していく様子と結びつけながら、代表的作品により展覧しようとするもので、マネの油彩、素描、版画60点余が出品されます。・・・マネの油彩作品の中には、《街の歌い手》、《ローラ・ド・ヴァランス》、《死せる闘牛士》をはじめとする本邦初公開作品、《エミール・ゾラ》や《すみれの花束をつけたベルト・モリゾ》のような美術史上あまりにも有名な傑作も含まれています。』

有楽町と東京駅の間のビル街の真ん中に突然現れる煉瓦造りのレトロな洋館。内部も落ち着いた雰囲気で好感。水・木・金は、夜間8時まで開館するのも嬉しい。

ところで、マネの作品は、大好きで良く見るのだが、「マネ展」は珍しい。サイト内検索では、「マネ展:奈良県立美術館(01/10)」の一つだけ。しかも、このマネ展の鑑賞録には、『「笛を吹く少年」以外は小品で少し期待外れ』とある。

リーフレットや図録を飾る「すみれの花束をつけたベルト・モリゾ」(オルセー美術館)が最高。この作品は、オルセー美術館展[神戸市立博物館(07/01)] でも好感作品。

「街の歌い手」(ボストン美術館)は、上記PR文では、本邦初公開のように書かれているが、ボストンに愛された印象派展[名古屋ボストン美術館(03/08)]で来日している。現地訪問時にも、好感作品の一つ。タイトルは、辻音楽師、辻芸人、Street Singerなどと記載されている。

ティソ(Tissot)「舞踏会」には、オルセー美術館展[東京都美術館(96.2)]以来の遭遇か?

当時のパリの建物の精密な建築素描も多数。学生時代に習った図学を思い出した。

会期:4月6日〜7月25日

サイト:http://mimt.jp/

関連TV番組:シリーズ巨匠たちの肖像「マネ 紳士か反逆者か」(5/11;BShi)

マネ:街の歌い手 (辻音楽師)
Tissot-LeBal ティソ「舞踏会」

竹久夢二展−憧れの欧米への旅−
■竹久夢二展−憧れの欧米への旅−:佐川美術館(10/05)

竹久夢二展PR文より:『夢二は数え年48歳の時、父との死別や愛の破局、仕事の低迷などを断ち切るように欧米への旅を計画します。昭和6年(1931)5月、横浜港を出発し、アメリカのカリフォルニア州を中心に約1年3ヶ月間滞在した後、ドイツを拠点にヨーロッパ各地を1年間かけて回り、昭和8年(1933)9月に帰国しました。旅行中、世界的不況、夢二自身の金銭的苦境、加えて優れない体調と気疲れで、心身ともに疲れきった夢二は帰国して1年後にその生涯を終えます。本展覧会は、この欧米旅行に焦点を当てた「幻の帰国展」であり、欧米滞在中に描いたスケッチを中心に、油彩・素描作品をまとめて紹介いたします。』

これまで見たことのない作品が多く、楽しめた。ポスターや栞を飾る「着物の女」が最高。『セノオ楽譜』の表紙も多数。

会期:2010年4月24日〜6月13日

併設展示 : 追悼展 平山郁夫 -平和の祈り-(映像コーナーでサラエボでのスケッチ風景が見られる)


長谷川等伯展
■長谷川等伯展:東京国立博物館 平成館(10/03);京都国立博物館(10/04)

正式名称:没後400年 特別展「長谷川等伯」

PR文:『2010年は、等伯没後400年の節目の年です。この記念すべき年に、国内に存在するほぼすべての等伯の作品を、一挙に公開する史上最大規模の大回顧展を開催します。空前絶後とも言えるこの機会に、長谷川等伯の全貌をぜひご堪能ください。

没後400年 特別展「長谷川等伯」の特色

* 史上最大にして最上の大回顧展です。
* 国宝3件、重要文化財約30件、重要美術品1件を含めた約80件の名品を一堂に紹介します。
* 国宝「松林図屏風」(東京国立博物館蔵)、国宝「楓図壁貼付」、国宝「松に秋草図屏風」(京都・智積院蔵)は東京、京都両会場ともに全期間公開します。
* たて10m×よこ6mの迫力!巨大「仏涅槃図」(京都・本法寺蔵)を展示いたします。
* もう一つの松林図「月夜松林図屏風」(個人蔵)を公開いたします。
* 「あっという間に終わってしまう!?」 東京25日間、京都27日間の‘超短期開催展’です。

テレビなどで特集されたためか、大混雑で、ゆっくり楽しめないのが残念。松林図屏風は、舞台の上で煌々と照明を浴びている感じで、違和感あり。

章立てと好感作品:

第1章 能登の絵仏師・長谷川信春

第2章 転機のとき―上洛、等伯の誕生―
#28 (重文)山水図襖 4面 京都・圓徳院蔵

第3章 等伯をめぐる人々―肖像画―

第4章 桃山謳歌―金碧画―
#41 (国宝)楓図壁貼付 4面 京都・智積院蔵:水の青が魅力的。
#43 (重美) 柳橋水車図屏風 6曲1双 兵庫・香雪美術館蔵:以前、出光美術館で見た同名屏風と類似のデザイン。素晴らしい。
#46 (重文) 波濤図 6幅 京都・禅林寺蔵:岩の直線と波頭の曲線。

第5章 信仰のあかし―本法寺と等伯―
#48 (重文) 仏涅槃図 1幅 京都・本法寺蔵:高さ10mの大迫力。保存状態も良い。

第6章 墨の魔術師―水墨画への傾倒―
#55 瀟湘八景図屏風 6曲1双 東京国立博物館蔵:雪景色に見とれる。
#74 松に鴉・柳に白鷺図屏風 6曲1双 東京・出光美術館蔵

第7章 松林図の世界
#76 (国宝)松林図屏風 6曲1双 東京国立博物館蔵 :照明が明るすぎて違和感。
#78 檜原図屏風 6曲1隻 京都・禅林寺蔵 :和歌の筆も冴えている。

会期:2010年2月23日〜3月22日
巡回:京都国立博物館 4月10日〜5月9日

公式サイト:
http://tohaku400th.jp/
参考サイト:
http://www.tnm.go.jp/

関連TV番組:
・日曜美術館「夢の等伯 傑作10選!」(3/7放送)
・美の巨人たち「長谷川等伯 松林図屏風」(3/14放送)


【京都展追記】

東京展のような混雑はなく、ゆっくり鑑賞できて嬉しい。松林図屏風は、落ち着いた照明で、間近に見られる。

新しい発見の一つは、「楓図壁貼付」と「松に秋草図屏風」(2枚の画像はこちら)。この2枚が並んで展示されていたので、その類似性にすぐ気付いた。同じ頃に、同じ智積院のために描かれたもの。前者の高さが低いのは、下方50cmがカットされたためとのこと。

もう一つは、京都・北野天満宮の大絵馬「弁慶昌俊相騎図絵馬」搬出のニュース)。これは、京都展のみの展示。

これまで見た等伯

  美術展名  場所  

主な作品

'00/04 日本国宝展 東京国立博物館 松林図屏風
'02/03 長谷川等伯 国宝 松林図屏風展 出光美術館 松林図屏風など
'03/09 特別公開 国宝 松林図屏風 東京国立博物館 松林図屏風
'04/04 南禅寺展 京都国立博物館 天授庵方丈障壁画
'05/03 新発見・長谷川等伯の美展 出光美術館 柳橋水車図屏風波濤図屏風松に鴉図屏風波龍図屏風、長谷川派作「柳橋水車図屏風」(複数)

 

■2010年の入場者ランキング [2012/04/24追記]

この美術展は、2010年の1日あたり入場者数ランキングで世界一になった(The Art Newspaper発表)。これは、東京博物館の最高記録(2007年のダヴィンチ展を越えた)。なお、( )内が総入場者数。

1)等伯展(東京博物館) 12,116 (29万人)
2)オルセー美術館展(国立新美術館) 10,758 (78万人)
3)リンカーン展(ワシントン・ナショナル・ギャラリー) 9,290  (293万人)
4)等伯展(京都博物館) 9,098  (24万人)
5)ゴッホ展(国立新美術館) 8,436 (60万人)



追悼展 平山郁夫−平和の祈り−
■追悼展 平山郁夫−平和の祈り−:佐川美術館(10/03)

昨年12月に逝去された平山郁夫の追悼展。「平和の祈りーサラエボ戦跡 ―」(1996年)、「大唐西域画」(2007年制作;佐川美術館蔵)ほか、シルクロードの作品など多数。

会期:2月2日〜8月1日


土偶展
■土偶展:東京国立博物館('10/2)

土偶展-国宝正式名称:文化庁海外展 大英博物館帰国記念 「国宝 土偶展」

PR文より:『“ひとがた”をした素焼きの土製品「土偶」の発生は、縄文時代草創期(約 13,000年前)にまでさ
かのぼります。伸びやかに両手を上げるもの、出産間近の女性の姿を表すもの、極端に強調された大きな顔面の
ものなど、多様な姿かたちをする土偶は「祈りの造形」とも称され、縄文時代の人々の精神世界や信仰のあり方
を表す芸術品として、世界的に高い評価を得ています。
 本展は、イギリスの大英博物館で2009年9月10日から11月22日まで開催されるTHE POWER OF DOGUの帰国記念展で、国宝3件と多数の重要文化財・重要美術品を含む全67件で構成されます。縄文時代早期から弥生時代中期にわたる日本の代表的な土偶とその関連資料を一堂に会し、土偶の発生から盛行そして衰退までの過程を辿るとともに、その個性豊かな造形美に迫ります。』

国宝指定されている土偶3点が一堂にそろう(日本初)ということ、また、土偶をまとめて見られるとあって、期待して訪問。会場は1室のみだが、見応え十分で、大満足。

国宝の3点ほか、好感土偶多数。アテネのギリシャ国立考古学博物館で見た大理石製の偶像(キクラデス文明;2800-2300 BC)と共通するものを感じた。また、渦巻文様は、アイルランドのケルト文様を思い起こさせる。

  • 国宝 縄文のビーナス[長野県棚畑遺跡出土、縄文時代中期(前3000〜前2000)]
  • 国宝 合掌土偶[青森県八戸市風張1遺跡出土、縄文時代後期(前2000〜前1000)]
  • 国宝 中空土偶[北海道函館市著保内野遺跡出土、縄文時代後期(前2000〜前1000)]:北海道の土偶とは驚き。遠くを見るような目の表情が良い。文様はアイヌのものを思わせる。北海道唯一の国宝とのこと。
  • 立像土偶[山形県舟形町西ノ前遺跡出土、縄文時代中期(前3000〜前2000)]:顔の表情がないが、デザイン感覚がすごい。
  • ハート形土偶[群馬県東吾妻町郷原出土、縄文時代後期(前2000〜前1000)]:顔がハート型で、胴体から脚部も円形のデザインがユニーク。
  • 遮光器土偶[青森県つがる市亀ヶ岡遺跡出土、縄文時代晩期(前1000〜前400)] :顔全体がゴーグル(遮光器)を付けた目のように見えるため、このような名前が付いたが、ゴーグルではなさそう。
  • 顔面把手付深鉢形土器[長野県岡谷市海戸遺跡出土、縄文時代中期(前3000〜前2000)] :鉢の壁面に顔が描かれ、巧みなデザイン。

会期:2009年12月15日〜2010年2月21日

会場:本館特別5室

備考:常設展示室にも、いくつかの土偶が展示されていて、こちらは撮影可能。

  • 本館1室-土偶(北海道室蘭市輪西町出土)
  • 平成館考古展示室-土偶(宮城県市大崎市恵比須田出土)、銅鐸(滋賀県野洲市小篠原字大岩山出土)、埴輪 踊る人々(埼玉県江南町野原出土)、国宝 埴輪 挂甲の武人(群馬県太田市飯塚町出土)
  • 本館3室-浜松図屏風
  • 本館7室-洛中洛外図屏風(舟木本)
  • 本館18室-橋口五葉筆「髪梳る女」「化粧の女」「三条橋」など

    土偶-室蘭

    土偶-宮城
    土偶(北海道室蘭市輪西町出土) 土偶(宮城県市大崎市恵比須田出土)
滋賀で国内3例目の最古級土偶見つかる

滋賀県東近江市永源寺相谷町の「相谷熊原遺跡」で、女性をかたどったとみられる約1万3千年前(縄文時代草創期)の国内最古級の土偶が見つかったと報道された(2010年5月29日)

http://news.goo.ne.jp/article/kyodo/entertainment/CO2010052901000395.html


THE ハプスブルク展
■THE ハプスブルク展:京都国立博物館(10/02)

PR文より:『日本とオーストリア・ハンガリー二重帝国(当時)が国交を結んで140年の節目にあたる今年、ウィーン美術史美術館(オーストリア)とブダペスト国立西洋美術館(ハンガリー)の所蔵品からハプスブルグ家ゆかりの名品を核に選りすぐり、絵画の至宝75点に華麗な工芸品を加えた計約120点を展覧する大規模な美術展を開催いたします。』

週末の土曜日に出かけたら、待ち時間0分の表示。しかし、内部は意外な混雑。若い女性が多いのは、エリザベート・ブームのためと推測。

第1室に、明治天皇が皇帝フランツ・ヨーゼフ1 世に贈った画帖(ウィーン美術史美術館)と、蒔絵棚(オーストリア国立工芸美術館)。

第2室からは、国別展示で、イタリア、スペイン、ドイツ、フランドル・オランダと続き、枚数は多いが、目を惹くものは少ない。約1時間で見終わってしまった。注目した作品は、ほとんどがブダペストからのもの。ウィーンは現地を訪問済みのためかも知れないが・・・。

好感・注目作品:

ルーカス・クラナッハ(父)「洗礼者聖ヨハネの首を持つサロメ」(ブダペスト):これがベスト作品。肌が白く透き通っている。類似の作品を見たことがある・・・と思って、「(クラナハ or クラナッハ) and サロメ」でデスクトップ検索したが出てこない。クラナハで検索したら、出て来ました。ウィーン美術史美術館のクラナハ「ホロフェルネスの頭部を持つユディット」。ほとんど同じ構図だが、女性はユディット。折角の機会だから、この2枚を並べて展示したら、最高だったのに・・・。

クラナハの2枚(c)Ken

なお、ユディットの絵は、この美術展でもヨーハン・リスとヴェロネーゼの2枚の「ホロフェルネスの首を持つユディット」が展示されていて、公式サイトに「斬首対決」という記事がある。http://www.habsburgs.jp/2009/10/post-0577.html

また、田中さんの西洋絵画に関するブログ「モネの部屋」に「ホロフェルネスの首を斬るユディト」と題する記事があり、いろいろな画家の斬首作品が集められている。なお、心臓の弱い方はご注意を。http://hemiola.blog75.fc2.com/blog-entry-48.html

次の注目作品は、エル・グレコ「受胎告知」(ブダペスト)。大好きな大原美術館所蔵の同名作品と同じ構図で驚いた。帰宅後、調べてみると、同一構図で以下の4枚が存在する模様。画像で見る限り、大原のものがベスト。

エル・グレコの4枚(c)Ken

1)大原美術館:108.5 x 79.5cm;c.1599-1603
2)ブダペスト国立西洋美術館:91 x 66.5 cm;1595-1600
3)トレド美術館(Ohio, USA):128 x 83 cm;c.1600
4)サンパウロ美術館:107 x 74 cm;c.1600

ベルナルド・ストロッツィ「受胎告知」同じ主題で気になったのが、ベルナルド・ストロッティ(ストロッツィ;Strozzi)「受胎告知」(ブダペスト)。 この画家は初認識。タッチが近代的で、青と紫の色調が心を落ち着かせてくれる。

他に、ベロット「フィレンツェのシニョリーア広場」、ヘーダの静物画、S.ライスダール「渡し船のある川の風景」(すべて、ブダペスト)

会期:2010/1/6-3/14

巡回(終了):国立新美術館(2009/9/25〜12/14)


竹久夢二展
■竹久夢二展:京都燗屋(10/01)

正式名称:生誕125年記念 竹久夢二展 〜ふたつのふるさと ふたつのコレクション

竹久夢二展PR文より:『大正ロマン漂う独自の情感をたたえた美人画で一世を風靡し、明治・大正・昭和を駆け抜けた、竹久夢二。一方では、書籍の装丁や生活用品のデザイン、パッケージデザイン、さらに文章と装丁のすべてを自ら手がけるなど、グラフィックアートの先駆者として当時の商業美術の世界や出版界において画期的な役割を果たしました。
 本展では、夢二の生まれ故郷である岡山の夢二郷土美術館と、理想の創作活動を展開しようとした群馬の竹久夢二伊香保記念館の“ふたつのふるさと”から所蔵品を厳選。・・・スケッチブックや、アルバム、スクラップブックなど、自らが生前保管していた貴重な遺品も公開。』

2004/3に見た「竹久夢二展〜岡山、伊香保 二つのふるさとから〜」(東京・日本橋高島屋)が生誕120年記念だったから、あれから5年経ったことになる。

「立田姫(たつたひめ)」「秋のいこい」「加茂川」などの肉筆画のほか、スケッチブックが多数展示されていて、見応えあり。サラサラッと線描して、日本女性の美しさを醸し出しているのがすごい。

会期:1月6日〜1月25日

巡回(終了):新宿高島屋、岡山高島屋


菊池契月展
菊池契月展 ■生誕130年記念 菊池契月展:'10/01(美術館「えき」KYOTO)

PR文より:『繊細優美でありながら、凛(りん)とした強さをあわせ持つ人物画で知られる日本画家・菊池契月(1879〜1955)。現在の長野県中野市に生まれた契月は、児玉果亭に南画を学んだ後、1896年(明治29)に上洛し、菊池芳文のもとで四条派を基調とした絵画修行を始めました。ほどなく文展などで受賞を重ね、京都画壇の有力作家として注目を集めます。欧州視察を経験した後は、西洋絵画と大和絵を融合させた清楚で上品な作品を発表し、その名を不動のものにしました。
一方で契月は、菊池塾や京都市立絵画専門学校(現京都市立芸術大学)で宇多荻邨や梶原緋佐子ら多くの後進を育て、指導者としても大きな業績を残しました。
今回の展覧会は菊池契月の生誕130年を記念するもので、初期から晩年までの代表作はもちろん、新出品作や渡欧期の模写など約75点を展覧します。』

駅のポスターやパンフレットに、美しい和服の女性の姿があり、新年早々、訪問。期待に違わない内容で大満足。

そもそも、菊池契月という画家の名を初認識したのは、2004年11月の「新説・京美人」「題名考」(京都市美術館)という二つの美術展。私のホームページを見ると、この時、「友禅の少女」「少女」「敦盛」を見ている。よって、菊池契月をまとめて見るのは、今回の美術展が初めて。

好感作品:

  • 朱唇(しゅしん):配色が素晴らしい。
  • 光明皇后:繊細で優雅な筆の曲線が抜群。見とれてしまった。

会期:2010年1/2〜1/24

朱唇(しゅしん)

TV番組「天才画家の肖像」放送リスト
TV番組「天才画家の肖像」放送リスト

ハイビジョンスペシャル(BShi)や、BSスペシャル(BS2)として放送された「天才画家の肖像」の番組リストがWeb上に見つからないので、自分で作成しました。再放送が多く、過去に録画済みかどうかを知るためです。初放送された年代順に並べています。特に記載ないものは、BShiです。

「シリーズ 巨匠たちの肖像」を追加しました(2009/11/5)

番組名 初放送日 再放送日 録画
(調査中)
ゴヤ〜“私は見た” 2002年11月12日 2003/1/6 BS 2、2009/3/10
モネ〜うつろいゆく光〜 2002年11月13日 2003/1/7 BS 2
ピカソ 女たちが語る素顔 2002年11月15日 2003/1/9 BS 2  
ゴッホとゴーギャン〜二人のひまわり 2003/1/8 BS2? 2003/9/5、2009/3/9
長谷川等伯 2003年10月1日    
葛飾北斎 2003年10月2日 2004/5/7、2007/1/5  
横山大観 ミスター日本画の話題作人生 2004年12月13日 2007/1/5、2007/1/17、2009/10/29
青木繁 親友の坂本繁二郎が見た栄光と悲劇 2004年12月14日    
岸田劉生 麗子像百変化 2004年12月15日    
富岡鉄斎 最後の文人画家 仙境への旅 2004年12月16日    
雪舟 画聖と呼ばれた男 2005年11月7日 2006/4/2、2007/1/5  
曾我蕭白 奇想天外の美 2005年11月8日 2006/4/1、2007/1/5  
からくり絵師 円山応挙 2005年11月9日 2006/3/31 BS 2
レンブラント 自画像が語る光と影 2006年11月13日 2007/1/13、2007/11/26、2008/10/6 済済
カラヴァッジョ 無頼が生んだ聖なる美 2006年11月14日 2007/1/20、2007/11/27、2008/10/7、2009/3/12 済済
ドラクロワ 三つの革命 2007年1月27日 2007/11/28、2008/10/8、2009/03/11
永遠の風神雷神図 俵屋宗達 2007年11月5日 2007/11/29、2008/5/24、2008/10/9 済済
美人画・香りたつ色気の秘密 喜多川歌麿 2007年11月6日   済済
江戸っ子浮世絵師、参上 歌川国芳 2007年11月7日 2008/5/17
美で乱世を制した絵師 狩野永徳 2007年11月8日 2008/10/10 済済
謎の浮世絵師〜東洲斎写楽 2008年10月13日 2008/11/22
伝説となった絵師〜岩佐又兵衛 2008年10月14日 2008/11/29
詩のように描き絵のように詠む 与謝蕪村 2008年10月15日 2009/1/18、2009/11/25
私が噂のダリである サルバドール・ダリ天才の秘密 2009年3月12日    
シリーズ 巨匠たちの肖像      
棟方志功 無我の手 2009年4月28日 2009/11/3
クリムト 黄金にきらめくエロス 2009年5月5日 2009/11/3
ロダン あくなき生命への欲望 2009年5月12日 2009/11/3
ルノワール すべてをバラ色に見た 2009年5月28日 2009/11/3
円空 12万体の仏の願い 2009年5月26日 2009/11/3
運慶 最強の仏師集団を率いた男 2009年11月3日  
ヒッチコック サスペンスの深層 2009年11月10日 2009/11/17  
ダ・ヴィンチ 画家は万能であれ 2009年11月17日 2009/11/24
東山魁夷 風景の求道者 2009年11月24日  
土門拳 仏を睨(にら)む目 2009年12月1日    
ゴッホ 炎の絆 2010年5月4日  
マネ 紳士か反逆者か 2010年5月11日  
ルソー 奇跡の素人 2010年5月18日  
セザンヌ 革命を起こした隠者 2010年5月25日  
ドガ 踊り子の画家・それは純真か偏愛か 2010年6月1日  

昨年の記事は、美術館書庫(国内編#12:'09)

フェルメール館  

美術館書庫(国内編#1:〜'98)

美術館書庫(国内編#2:'99)

美術館書庫(国内編#3:'00)
美術館書庫(国内編#4:'01)
美術館書庫(国内編#5:'02)
美術館書庫(国内編#6:'03)
美術館書庫(国内編#7:'04)
美術館書庫(国内編#8:'05)
美術館書庫(国内編#9:'06)
美術館書庫(国内編#10:'07)
美術館書庫(国内編#11:'08)
美術館書庫(国内編#12:'09)
   

美術館書庫(海外編)

オランダ・ベルギー・パリ美術紀行 02/10
イタリア・スペイン美術紀行 03/04
イタリア美術紀行 04/11
ローマ美術紀行 05/02
ウィーン美術紀行 05/11
ボストン・ニューヨーク美術紀行 06/10
若冲の動物綵絵
スイス美術紀行 '07/10
Kenの美術館 別館:消えた名画の行方

美術館リンク集  

美術館ライブラリ  


トップページへ 映画館へ 旅行館へ 音楽館へ


ご意見/ご感想はこちらまで (@を半角に変えて下さい)

BXM02060 @nifty.ne.jp