最終更新日:14/07/02

美術館書庫(海外編)

分割工事中(12/02)

トップページへ

目次

アメリカ 欧州(西欧) 欧州(中欧・東欧) アジア
米国美術紀行(別館) フランス
ルーブル美術館、オルセー美術館
ロシア美術紀行('04/07)(別館)
台湾
故宮博物館
ボストン・ニューヨーク美術紀行(06/10)(別館) スペイン
プラド美術館
ウィーン美術紀行'05/11(別館) シンガポール
  ドイツ・英国美術紀行 (01/4) (別館) スイス美術紀行('07/10) (別館) 韓国
慶州国立博物館
  オランダ・ベルギー・パリ美術紀行(02/10)(別館) トルコ・ギリシャ美術紀行(09/10)(別館)  
  イタリア縦断美術紀行(02/5)(別館) ドイツ・プラハ美術紀行(10/10-11)(別館)  
  イタリア・スペイン美術紀行(03/05)(別館)    
  イタリア美術紀行(04/11)(別館)    
  ローマ美術紀行 (05/02)(別館)    
  アイルランド(07/4)
アイルランド国立博物館
アイルランド国立美術館
   
  セザンヌとエクサン・プロヴァンス (別館)    
  ロンドン美術紀行(14/02)(別館)    

欧州(フランス) France

ルーブル美術館 (パリ) ('79.6; '94.6)
 15年ぶりにパリを訪問。9時の開館前に入館の行列ができていました。広くて、案内マップなしでは、回れない。モナリザは、ガラスのケースの中。ミロのビーナスのまわりは、写真を撮る人で一杯。建物も壮大だし、圧倒されるような大きな絵が沢山ある。
http://www.louvre.fr/
☆ダビンチ(モナリザ)

オルセー美術館 (パリ) ('94.6)
 ルーブルからセーヌ河の反対岸にあり。昔の鉄道の駅を改装した建物。そのためか、案内マップを持っていても、迷うほど内部が複雑。中階のレストラン、内装が豪華な宮殿風で、おすすめ。96年、99年に東京、神戸で美術館展開催。
☆ミレー(落ち穂拾い)、マネ(オランピア)、マネ(草上の朝食)、モネ(パラソルの女)

2002/10の欧州訪問分は、書庫(オランダ・ベルギー・パリ美術紀行)参照 (Netherland,Belgium,France)


欧州(スペイン) Spain

プラド美術館 (99/05/02)  
 日曜日のためか、朝から長蛇の列で、約20分位待って入場する。時間がないので、エルグレコ、ベラスケス、ゴヤに限定して見ることにする。中が迷路のように感じられて、目的の絵を見つけるのが大変。特にゴヤは数が多く、2、3階に別れている。途中で運良く、ボッシュ(快楽の園)、ブリューゲル(死の勝利)を見つける。エルグレコ、大原美術館にある”受胎告知”の素晴らしさを再確認。

☆エルグレコ(エルサルバドル、聖家族、聖アンドレスと聖フランシスコ)、ベラスケス(ラスメニ−ナス)、ゴヤ(着衣のマハ、裸のマハ)、ムリーリョ(無原罪のお宿り)、ティツィアーノ(黄金の雨を浴びるダナエ)、デューラー(アダムとイブ)、ブリューゲル(死の勝利)

2003/5の訪問分は、書庫イタリア・スペイン美術紀行参照


欧州(アイルランド)

■アイルランド美術紀行(07/04)

アイルランド国立博物館

国立美術館に近接。入口を入ると、青銅器時代の金細工が目に付く。紀元前2000年から700年ごろ、アイルランドで多量に産出した金で作られたもの。さらに奥の部屋には、ケルト紋様の宝飾品が多数。「アーダの聖杯(Ardagh Chalice)」「タラブローチ(Tara Brooch)」など。男性用のブローチって、何かと思ったら、王族や騎士たちが重い毛織物のマントを肩や衿元に留めるために使っていたらしい。

ケルズの書ja.wikipedia.org/wiki/ケルズの書

西暦800年頃に書かれ、世界で最も壮麗な装飾を持つと言われる写本。トリニティー・カレッジ(1592年創立;アイルランド最古の大学)の旧図書館内に展示されていて、入館有料。平日の朝でも、行列ができていた。

ケルズの書の実物(装飾1ページ、テキスト2ページ)の他、多数の写本画像や制作工程の解説ビデオなどが見られる。独特の文字(アルファベット)字体は“ハーフ・アンシャル体”と呼ばれるものらしく、アイルランド旅行中にもB&Bの看板などで見かけた。

ここの階段を上がると、図書館ロングルーム。長さ65mの部屋の左右にびっしりと20万冊の蔵書が収められていて壮観。一生かけても読み切れないなー。また、国章にもなっているアイルランド最古のハープや、1916 年に発表されたアイルランド共和国独立宣言書のオリジナルも展示されている。

公式サイト(英語):
http://www.tcd.ie/info/trinity/bookofkells/

チェスター・ビーティー・ライブラリ(Chester Beatty Library)

ダブリン城の敷地内にあり、個人収集家の博物館。無料。世界の宗教に関する古書、写本など、特に、コーラン、聖書、チベットの教典などが珍しい。コレクションには、日本の浮世絵などもあるらしいが、2階の部屋はcloseで見られず。

http://www.cbl.ie/

アイルランド国立装飾美術・歴史博物館

世界中の装飾美術のコレクション。アイルランドのものが多いが、日本の銅鐸や江戸時代の駕籠まである。

ケルズの書
ロングルーム(パンフより)

 

アイルランド国立美術館(07/4)

ダブリン市内の中心部、トリニティカレッジから近いところにあり、しかも入館無料なので、アイルランド旅行中に3回も訪問。

先ず、オランダ絵画の部屋に直行し、フェルメール「手紙を書く婦人と召使い」を見付ける。これまで読んだ本からフェルメールの筆が衰えた晩年の作品と聞いていたのだが、予想以上に好感。フェルメール特有の「空気」が感じられる。手紙を書く女性の白い服装・真珠が輝いている。

同じ部屋に、メツーの「手紙を書く男」、「手紙を読む女」の2枚。これは、2003年にマドリッドで開催された「フェルメールとオランダ室内画展」(
見学記 )で見ている。なかなか良い絵だが、フェルメールと比較すると、「空気」が乏しい。

他の好感・注目作品:
【イタリア絵画】カルロ・ドルチ「聖アグネス(St. Agnes)」、ティツィアーノ「エッコ・ホモ」、カラバッジオ「イエスの連行」(The Taking of Christ)、ベルナルド・ベロット「ドレスデン風景(2枚)」

【オランダ・フランドル絵画】P.ブリューゲル(子)「農民の婚礼」、レンブラント、ルーベンス、ロイスダール、アーフェルカンプ

【スペイン絵画】エルグレコ「聖痕を受ける聖フランチェスコ」、ムリーリョ「子羊と遊ぶ幼い聖ヨハネ」、スルバラン「聖女ルフィーナ」、ゴヤ

【フランス絵画】ブルトン「落穂拾い」

【アイルランド絵画】ジャック・イエーツの作品多数

途中、館内にカフェもあるが、館外に出てパブで休憩。

一通り見終えてから寄ったショップで素晴らしい絵葉書を発見。F.W.Burton "The Meeting on the Turret Stairs"(小塔階段での出逢い)。

しかし、実物は、どこにも見当たらず、係りの人に聞いたら、「水彩画」なので常時展示していなく、申し込めば「個人的に」見られるかも知れないとのこと。早速、受付で申し込んだら、翌朝10時に来て下さいとのこと。

翌朝、再訪問して、printの事務室内の壁に架けられているのを見ることができて感動!木製の箱入り。カラフルで、水彩画には見えません。

作品のテーマは、中世のデンマークのバラードに基づき、王の娘(?) Hellelilと衛兵のHildebrand (Engellandの王子)との許されぬ恋を表しているらしい。

正面の広場には、濃いピンクの桜が満開。アイルランド原産ではない模様。マグノリアも咲いている。また、道を隔てたメリオン・スクエアも美しい公園。

http://www.nationalgallery.ie/

■アイルランド紀行は、旅行館 アイルランド編(07/4)

 


アジア Asia

故宮博物館 (95/08)
 台湾の台北市郊外。中国本土から渡ったもの。先ず、歴史年表を眺めて、中国史のおさらいをする。無料ガイドツアー(英語版)に参加。陶磁器を中心に説明を受ける。ミニチュア細工物の精巧さは驚くばかり。

シンガポール国立博物館・美術館 (94/03)
 第2次大戦時代の日本軍の進駐(占領)の様子が陳列されていて、気が引けた。

慶州国立博物館 (97/06/29) 韓国慶州市の郊外。
 オーディオガイドがあり、日本語の解説を聞きながら見学できて、良く理解できる。古墳の出土品が大半。新羅時代(6ー7世紀)の金冠など装飾品、見応えあり。黄金の国の筈の日本で、これほどの金の装飾文化が無いのは不思議だ。世界史でも軽視されている隣国の歴史を学習した。暑くて、くたびれ、何度もジュースで休憩しながら、3時間見学。中庭に食堂あり。


トップページ 美術館 フェルメール館 映画館 旅行館 音楽館