最終更新日:14/07/02

美術館書庫(ドイツ・英国美術紀行)

欧州編から分割(14/7/2)

トップページへ

目次

シュテーデル美術研究所 アルテ・ピナコテーク美術館(ミュンヘン) ノイエ・ピナコテーク美術館(ミュンヘン) シュツットガルト 州立美術館
ヘルツォーグ・アントン・ウルリッヒ美術館 ナショナル・ギャラリー(ロンドン)    

 

旅行記は、ドイツ・英国紀行 (01/4)

画像アルバムは、https://picasaweb.google.com/111425444708914103410/101011


ドイツ

 シュテーデル美術研究所(フランクフルト)
フェルメール館書庫#3参照

 アルテ・ピナコテーク美術館 
Raffael: Holy Family■アルテ・ピナコテーク美術館(ミュンヘン)(01/04)

土曜日の10時過ぎに着いたが、丁度、ビーナス展という特別展をしているためか、建物の外に行列ができている。寒い中、約20分待たされた。

館内は、ビーナス展以外は閑散。ゆっくりと見学できた。途中の昼食を含めて、約3時間半。デューラーなどのドイツ古典絵画が豊富だが、意外にもルーベンスの大作が多い。あまり好きではないが・・・。

Botteicelli; Venus  from Berlin買った絵葉書は、ウエイデン(聖母を描く聖ルカ)、ラファエロ(カニジャーニ家の聖家族)、ヤンセンス(読書する女;窓からの光が描かれているオランダ室内画でフェルメールの画風に似ている)、エル・グレコ(トレドにあるものと同じ「聖衣剥奪」)。それにビーナス展の目玉のボッティチエルリ。

ショップでフェルメールの本を見つけて購入。ドイツ語版だが、絵が多く面白そう。しかも安い(DM9.80)


 ノイエ・ピナコテーク美術館 
Gogh : Sunflower■ノイエ・ピナコテーク美術館(ミュンヘン)(01/04)

アルテ・ピナコテークを見学後、疲れた足を引きずるように、向かいの建物へ。こちらは19世紀以降の近現代作品。閉館の5時まで約2時間しかなかったが、体力が限界。フランス印象派なども充実。

買った絵葉書は、ゴッホひまわりを含む3枚)、ヘス。
他に、マネ、クリムトが良かった。カンディンスキー多数。


 シュツットガルト州立美術館 
Heyden: Old House Amsterdam ■シュツットガルト 州立美術館(01/04)

駅から近い公園の横。広くて足が疲れて限界。

購入絵葉書は、シスレー(ルーヴェシエンヌの冬)、ハイデン(左図;フェルメールの絵画「小路」などに似ている)

他に、クラナハ、レンブラント(自画像)、クールベ、ゴーギャン、フリードリッヒ(今回のドイツ旅行で再認識)、ピカソが目立った。

気に入って写真を撮りながら、名前を忘れてしまった作品を、最近読んだ小池寿子著「描かれた身体」の中で発見。メムリンクの「バテシバ」でした。(03/6/5追記)

http://www.staatsgalerie.de/ (独語のみ)

メムリンク:バテシバ

 ヘルツォーグ・アントン・ウルリッヒ美術館(ブラウンシュヴァイク) 
フェルメール館書庫#3参照

イギリス

ロンドン ナショナル・ギャラリー  
Wyden: Magdaren Reading ■ナショナル・ギャラリー(ロンドン)(01/4)
入口近くに6月から始まるフェルメール展のポスターがあり写真を撮る。
案内地図片手に館内を一周。見たことのある名画の連続で、途中のランチを入れて、4時間かかる。足が棒のようになった。これで無料とは驚き。

☆(購入絵葉書):ファンデルワイデン(読書するマグダレン;左上)、ファンアイク(アーノルフィニ夫妻)、フェルメールの2枚(どちらもNY-METのフェルメールに貸し出し中)、ターナー(雨、蒸気、スピード − グレイトウエスタン鉄道)、フリードリッヒ(冬景色;左下)

他に良かったのは、ラファエロ、カナレット、ターナー、ルノワール、ゴッホ。

Friedrich: Winter Landscape

トップページ 美術館 フェルメール館 映画館 旅行館 音楽館