最終更新日:11/05/28

フェルメール館書庫#3(2001年記事)

フェルメール館から移設追加しました。2001年の記事です。
トップページへ

Vermeer: Girl with a Pearl Earring
真珠の耳飾りの少女(クリックすると拡大します)

目次

海外のフェルメール展

国内美術展

海外美術館訪問記

その他

2001年フェルメール展 高村薫著「照柿」の中のフェルメール展

ドイツ・イギリス旅行でのフェルメール 

  • フランクフルト
  • ブラウンシュヴァイク
  • ナショナルギャラリー
  • フェルメールの本
 
   

『フェルメール』を訪ねて (Takさんの特別寄稿)

  • オーストリア・英国編

 

ドイツ・イギリス旅行でのフェルメール (01/05/09)  
フランクフルトのシュテーデル美術研究所

フランクフルトでの楽しみは、昨年、大阪に来たフェルメールの「地理学者」に再会できること。NYのMETで開催されているフェルメール展に出展されていないので、多分、会えるだろうと期待。

フランクフルト中央駅から徒歩10分くらい。マイン川を越えたところにある。ホテルにチェックインするのももどかしく、美術館に急行。水曜なら20時まで夜間開館。今日は火曜なので残念ながら1時間半くらいしか時間がなかったけれど、「地理学者」を誰もいない部屋でゆっくりと鑑賞しました。

フェルメールの他にも、西欧絵画の素晴らしいコレクション。マネ、ルノアール、レンブラントなど。☆クラナハ(ヴィーナス)、ファルケンボルヒ(アントワープの冬景色)、ヤンセン エリンハ(室内画;フェルメールの画風に似ている)

なお、売店にフェルメールの絵葉書はなし。

[2011/5/27 訂正] ヤンセンは、ピーテル・ヤンセンス・エリンハ(Pieter Janssens Elinga)のことと判明。2011年、『シュテーデル美術館所蔵 フェルメール《地理学者》とオランダ・フランドル絵画展』(Bunkamura)で、「画家と読みものをする女性、掃除をする召使のいる室内」が来日。Wiki(en.wikipedia.org/wiki/Pieter_Janssens_Elinga)によると、Pieter Janssens Elinga (1623?1682)は、Janssens家に生まれたが、あとでElingaに改名したとある。また、webでは、(Elinga) Pieter Janssensという表記もある。おそらく、シュテーデルでは、後者の表記(発音)だったのだろう。なお、ファルケンボルヒとエリンハの画像は、『シュテーデル美術館所蔵 フェルメール《地理学者》とオランダ・フランドル絵画展』の記事内に掲載しました。NEW


Cranach;Venus
Vermeer at Braunschweig ブラウンシュヴァイクのヘルツォーグ・アントン・ウルリッヒ美術館

ここには、「ワイングラスを持つ娘 (婦人と二人の紳士)」がある。NY-METのフェルメール展に貸し出されていないことは確認したが、本当に見られるかは心配。
入館料DM5を払い、オーディオガイド(英語版;無料!)を借りて、2階の絵画室に入る。

天井の高い大きな部屋が連続してあり、その4面の壁に大きな絵が上下2段に掛けられている。イタリアやフランスの古典画が多い。なかなか目指すフェルメールが出てこない。楽しみは後で・・・と思っていたが、だんだん心配になってきた。大部屋の両側にある小部屋に入ると、オランダ絵画。レンブラント、ライスデールが出てくる。フェルメールは未だだ。とうとう最後の部屋。ここに無かったらどうしよう・・・と思って入ると、その正面に画集で見慣れたフェルメールの「ワイングラス・・・」が掛かっていた。

絵のサイズは比較的大きい。娘のドレスのオレンジ色が華やか。こちらを見てニコッと笑っているのは意味ありげで不思議な絵。修復されたためか、部分的に粗雑なタッチのところがある。

誰にも邪魔されずに、のんびりと鑑賞し、写真撮影もできた。

クラナハのコレクションが素晴らしい。他に、ホルバイン、ルーベンスが良い。

http://www.museum-braunschweig.de/ (独文)


Cranach
Poster at National Gallery Leaflet of National Gallery ロンドン・ナショナル・ギャラリーのポスター

玄関近くに6/20から開催のフェルメール展ポスターを見つけた。

右はリーフレット。

 

フェルメールの本

ドイツの本屋で2冊購入。
・DUMONT社 "Vermeer":カラーの絵が多い小型本。独語。類似した他の画家の絵を多数掲載。
・Gerrg Scholzt著 "Lyrische Bilder - Dedichte nach Gemaelden von Jan Vermeer":美しい画集だが、1枚の絵ごとに詩が付いている。残念ながら独語。

ロンドンの本屋で見つけた新刊(購入せず)
・"A View of Delft": 一般的な解説本
・"Vermeer's Camera":カメラ・オブスキュラを使ったとの説に立つ


2001年フェルメール展見学記 (特別寄稿) (01/03/31)
  2001年春に、NYフェルメール展を見学された 中村剛士 さんからの特別寄稿です。

Vermeer and the Delft school (フェルメールとデルフト派展)
   March 8 〜 May 27 , 2001
   Metropolitan Museum of Art (MET);Special Exhibitions Galleries, 2nd floor, The Tisch Galleries

NY-MET METは市営地下鉄(MTA)4,5,6線の86St駅から歩いて約5分くらいで着きます。5th AVに面した美術館正面にはでかでかと「VERMEER」の文字が書かれた垂れ幕が掲げられていました。

 私は、3月21日(水)と24日(土)の両日行きましたが、開館の9:30の約10分前にはもうかなりの人が入口周辺にオープンを待っていました。特に24日は土曜日という事もあり、150人以上の人が階段付近まで集まっている状況でした。

 チケット売り場は計6ヶ所あるのですが、どうしても入って正面の2つに人が集中します。逆に左右の売り場へ直行すれば待たずにチケットを買うことができます。今回のような大々的な特別展にもかかわらず、通常の入場料10ドルのままで入れるのでは驚き以外の何ものでもありません。

 さて、入場するや否や、皆、足早に中央階段を駆け上がり、左へ曲がり一目散に特別展会場を目指します。誰もがお目当ては同じなようです。通りすがりに印象派のすばらしい作品も目に入るのですが、ここはぐっと我慢してフェルメールへ一直線です。

Vermeer Exhib. Entrance 特別展のエントランス付近では、音声ガイドの貸し出しも行われていて、ここもかなりの行列ができています。私は英語の解説を聞いても分からないので、そのまま展示室へ直行しました。時計とは反対まわりに10の展示室がエントランスを中心に取り囲んでいて、フェルメールの作品はそのうちの6部屋に成立年代順に分けて展示されてありました。

 では、フェルメール15作品を展示順に観て行きましょう。(bヘカタログの番号です)

1. Diana and Her Companions (64) (ディアナとニンフたち)
http://www.cacr.caltech.edu/~roy/vermeer/lww.html

 2番目の展示室に他の作品に混じってポツンと一枚だけフェルメールの作品が展示してあります。ちょっと見逃してしまいそうな展示のしかたです。

 この絵は以前オランダのマウリッツホイス美術館で一度観たのですが、どうもその時の印象と違って見えました。と言うよりはっきりと違うのです。どうやらカタログによると1999〜2000年にかけて修復を施したらしいのです。しかも背景の空色の部分はフェルメールが亡くなった後に描かれたものらしく、今回の修復では元の?ように空色の部分は無くなっています。これは大きな違いです。別の作品に見えます。背景が暗くなった所為もあり、女性の服が明るく見え、光の演出がフェルメールらしく感じられるようになりました。

 以前からこの作品については、フェルメールの作品ではないのではという疑問がつきまとっていたので、こういった思いきった修復がなされたのかもしれません。マウリッツホイス美術館にはこの絵の他にあの有名な「真珠のイヤリングの少女」(「青いターバンの少女」)と「デルフトの眺望」を持っています。この2枚と比べるとどうしても贋物っぽく見えたので、これだけの修復がなされたのかもしれません。それにしても見違えました。

2. Christ in the House of Mary and Martha (65) (マルタとマリアの家のキリスト)
 Vermeer: Christ in the House of Martha and Mary  http://www.cacr.caltech.edu/~roy/vermeer/jfh.html 

 5番目の展示室に入ると正面に立ちはだかるようにしてこの絵が展示されています。私は初めて観る作品だったのですが、第一印象はフェルメールの作品にしてはかなり大きいという事でした。また、カタログや作品集で見るよりずっと明るく、迫力のある絵です。どこからあたっているのか分からない光が作品全体を照らし出しています。

 手前のマリアのキリストを見上げる目が得も言われずいい雰囲気があります。また、スカートや頭巾の表現などフェルメールの真骨頂である細やかなひだや、光のあたり方などかなりの出来です。

 マルタもまたそうですが、彼女の左腕が特に光っているのはキリストの光の所為なのでしょうか?画集を見ているときはスカートだと思っていた白いテーブルクロス、キリストの体の位置と椅子の微妙なズレなど本物を前にしてゆっくり鑑賞して初めて発見できたものが多くありました。

 また、この作品の前には長椅子が置かれていたので、のんびりと腰をおろしてかなりの長時間観ていました。隣の外人のご老人曰く「ゴージャス!!」そんな気になるしっかりとした作品でした。

3. The Procuress (66) (やり手婆)
http://www.cacr.caltech.edu/~roy/vermeer/udn.html 

Vermeer: Procuress 難しい単語の題名なので一応辞書を引くと売春を斡旋する人とあります。この描かれた4人のうち左から2番目のお婆がそうなのでしょう。正方形に近い大きさのキャンバスに4人並んで描かれています。フェルメールお得意の光の表現はあまり見られません。この作品の構成は当時の主要構成要素だった物が多く描かれています。キャプションの横には参考作品として1626年に描かれた他の画家の同じような絵が展示してありました。

 右から2番目の買い手であろう赤い服の男の左手が大きくいやらしので目が行きますが実は右手でコインを差し出していて、そのコインがキラッと光っています。またそのコインを見つめ手を差し出す女。そしてお婆のこれまたいやらしい目つき…結構一目でわかる物語がシンプルに描かれています。

 左端の男を画家自身とするような説もありますが、さて如何なものでしょう?
 半分から下がテーブルクロスと男の服で二分されていますが、今一つ空間的に分かりにくい感じがします。また下から四分の一くらいに山折に折られたような跡があったのが気になりました。

4. A Maid Asleep (67) (眠る女)
http://www.cacr.caltech.edu/~roy/vermeer/huh.html 

 Vermeer: A Maid Asleep昨年同じメトロポリタンで観た作品ですが、去年に比べて大きく感じられました。描かれている女性ももっと痩せていたように思えるのですが…一年で太ったかな??

 この作品は、フェルメールが随分と試行錯誤を繰り返したようで、X線で見ると下地に現在はかかれていない物があったりするそうです。(キャプション横の説明によると奥の部屋に猫が描かれていたらしい。)

 空間処理がうまく出来ていないとか本には書かれていますが、私はこの絵が好きです。何となくアンニュイな雰囲気があってちょっと他のフェルメール作品にはない良さがあります。画集で観ていた頃はそれほど気にしていなかった絵ですが、去年実際観て一目ボレせいた一枚です。

 おでこの部分の髪型が後から足されたような気もしますし、テーブル手前にある白いボトル横の硝子球などよく分からないのですが、良い雰囲気を持った一枚です。以上3枚が5番目の部屋に展示されてます。(この作品と「娘の頭部」はMETから貸し出し出来ないのでこの後のロンドンでは展示されないはずです。)

5. The Little Street (69) (小路)
http://www.cacr.caltech.edu/~roy/vermeer/lek.html 

Vermeer: Little Street 7番目の部屋にこの作品と次の「ブドウ酒のグラス」が展示されています。

 「小路」はフェルメール作品中2枚だけある風景画の一枚です。我々日本人の感覚で初めこの絵を観ると描かれた建物がだいたい2階建てくらいのものに見えます。ところがそうすると、人物が建物に対して小さ過ぎるのに気が付くはずです。そして改めて今度は人物を基準に建物を見ると4、5階建てのものだったと初めて理解できます。

 オランダのアムステルダム国立美術館で観た時も同じ感覚に襲われましたが今回もまたそうでした。どうしてもその土地の文化を意識して見ないとこうなります。今でもオランダに残るこの絵に描かれた家は、かの地ではもっともポピュラーなものです。昔オランダはその家の入り口の大きさに比例して税を取ったことからこのような縦長の家の造りになったそうです。因みに家具などは中央一番上の窓上のある鉤(フック)で吊るし上げて各部屋に入れたそうです。たった一枚の何気ない風景画からもその国の文化の一端が見る事が出来るのは楽しいことです。

 また、オランダ特有の低い雲の描かれた空もこの絵の魅力だと思います。左下の白い壁にさりげなく書かれたサインが印象に残りました。(この作品はMETだけの出品で、ロンドンには代わりに「牛乳を注ぐ女」が来ます。)

6. The Glass of Wine (70) (「ぶどう酒のグラス」)
http://www.cacr.caltech.edu/~roy/vermeer/wnn.html 

Vermeer: ぶどう酒のグラス ベルリンから貸し出された今回の目玉作品のうちの一枚。横長の大きな絵です。

 言葉では表現が難しいのですが、左の窓壁周辺の光の処理が巧みです。奥のブルーのカーテンにあたる光と、手前の窓ガラスにあたる光の二段構えで表わされています。(間の柱を利用し光を二分している)窓ガラスにあたる光では、半分開いた窓の右の柱に当たる部分ともう一枚の窓ガラスに当たる部分と外の部分との違いなどかなり色々なテクニックを駆使して積極的に描かれているのが印象的です。半ば実験的とも言える多彩な表現が小さなスペースに余すところ無く描かれています。

 そして、その窓から差しこんだ光は、室内の色々な物に反射し表現されています。左下の長椅子、手前の椅子に置かれた楽器、ワインの入ったボトル、そして女性の服。(上半身ピンク、下半身赤)まるで謎解きのように光のエッセンスが散りばめられた作品です。

 この絵の前に多くの人が足を止めていた理由も分かるような気がします。また、作品横には同じような実物のワイングラス(bP59)も展示してありました。

7. Young Woman with a Water Pitcher (71) (水差しを持つ女)
http://www.cacr.caltech.edu/~roy/vermeer/cvv.html 

Vermeer: Water Jug 隣の8番目の部屋に他の作品に混じり一枚だけ展示してあります。この絵はメトロポリタン所蔵ですが、METのカタログの表紙を飾るくらい有名で完成度の高い作品です。「METで一枚だけ何が観たい?」と聞かれたら間違いなくこの作品と言います。とにかくバランスが良く安定感のある絵です。

 中央に描かれた女性の上半身真ん中を通る青いラインを中心軸にこの絵全体のバランスが保たれています。本来なら水差しを手にして、窓を開けているという動きのある場面のはずが、まるで時が止まったかのようにピタッと静止して見えるわけですから不思議な感じさえします。

 勿論、お得意の光の演出も円熟した素晴らしさがあり、特に女性の頭から顔にかけて覆っている布の左側の光が当たっている部分などまさに透き通っていますし、反対に右側は逆に頭の形まで分かるくらいの影が描かれています。

 更に、左右の肩の部分の「白」の違いからもそれは明らかだと思います。

 私はこの作品のカッチリした雰囲気と、光のマジックに魅了されました。

8. Woman with a Lute (72) (窓辺でリュートを弾く女)
http://www.cacr.caltech.edu/~roy/vermeer/mnt.html 

 フェルメール:リュートを調弦する女昨年は大阪での「フェルメール」展に貸し出されていてMETでは観られなかった作品。今回もまた、本来展示されている部屋とは違う場所での再会となりました。この作品を含め3枚が9番目の展示室にあります。

 大阪で観た時も思ったのですが、この絵は暗いというか、くすんでいる印象を受けます。多分保存状態が良くなかったのかもしれません。フェルメールの作品に多く登場するお気に入りの黄色の綺麗な服もこの絵だとぱっとしません。

 手前の椅子の存在に画集などではあまり目が行かないのですが、実物を観るとかなり気になります。手前の椅子から見て考えると女性はかなり部屋の奥にいることになります。しかも今回の展示の中で実物のリュートがあり、初めて見たのですが、これが思った以上に大きく厚みがあります。ですから彼女の位置は絵で見るよりかなり後ろの壁に近い位置にあると思われます。

 また、フェルメールにたまにありがちなのですが、テーブルの脚とテーブルクロスの位置が合わないように見えました。このように、セザンヌっぽい感じがたまに見うけられます。

9. Girl with a Red Hat (74) (赤い帽子の娘)
http://www.cacr.caltech.edu/~roy/vermeer/shh.html

 (カタログナンバー順ですと次は「天秤を持つ婦人」ですが展示室順に見ていきます)

フェルメール:赤い帽子の娘 さて、登場しました贋作疑惑が常に付きまとう「赤い帽子の娘」です。どうしても色眼鏡で観てしまいます…でもここはじっくりと。と思った矢先この絵の前だけ柵がないじゃないですか!この展覧会はフェルメールの作品とそれに匹敵するような作品には絵の前に柵が設けられていて、嫌でもこの絵は普通じゃないと思わせていたのに、フェルメール作品にあって唯一の柵なし作品です。どうでもいいのでしょうか??

 また、キャプションの説明の短いこと短いこと(と言うか説明がない)。キュレーターが語るのを嫌がっているの見え見えです。ここまでされると何やらかわいそうになってきます。

 この作品ともう一つ同じような「フルートを持つ娘」だけキャンバスでなく板に描かれています。しかもその板が立体的に前に出ています。ちょっと異様です。首元にある白い物もよーく観たのですが正体不明です。椅子の飾りのライオンは何故かこちらを向いているし…肩から手首へかけての光のつぶも妙に多いし……あーーやっぱり贋物なのでしょうか?

 最後に私の絵に関しては全くのど素人の同僚の意見です。「これもフェルメールなんでうすか?他の作品と違って光が右から当たってますけどね。」うーーん。鋭い。

10. Study of a Young Woman (75) (娘の頭部)
http://www.cacr.caltech.edu/~roy/vermeer/uyc.html 

フェルメール:娘の頭部 この作品の少女がつけているイヤリングですが、画集で見ている時は実は気がつきませんでした。絵の前に立って初めて「大きなイヤリングしているなーー」と発見しました。「青いターバンの少女」(「真珠のイヤリングの少女」)ほどではないのですが、ちゃんとイヤリングに光も表現されていることが分かります。

 肖像画らしき作品は「青い〜」とこの作品2つだけですが、どうしても「青い〜」の方が有名というか、印象が強くこちらは目立たない作品となっています。(カタログでも見開きで並べて載せてあり比較されていますし、キャプションにもわざわざカラーで「青い〜」の写真が載せてありました。)ところがどっこい、本物の前に立って観ているとこちらは、こちらで良さが出てきます。「青い〜」にない<可愛さ>があります。とにかく可愛いいんです。異国まで飛行機の長旅の疲れを癒してくれるような可愛さです。今流行の「癒し系」フェルメール版とでも言えましょうか。

 勿論、光の処理はこの絵でもちゃんとなされていて、服のひだや服に描かれている光のつぶなど近くで観るとよく分かります。髪型は、バックの黒とあいまって観づらいのですが、しっかり、後方へ束ねられています。

11. Woman with a Balance (73) (天秤を持つ婦人)
 http://www.cacr.caltech.edu/~roy/vermeer/qhh.html 

 フェルメール:天秤を持つ女最後の10番目の部屋には一番多くのフェルメールの作品(5点)が展示してあります。ここの部屋だけでも本来なら大変なことです。

 この作品も昨年大阪で観ました。騒がしい大阪の会場の中でこの絵だけ時間が止まっているように感じた作品です。それは、彼女の所作から来るものでもでもあり、またフェルメールのテクニックから来るものでもあります。

 左手をそっと机に置き、顔を傾け一点に集中している女性。観る我々も自然と同じ視点に目が行くように構成されたフェルメールの力量。寸分の狂いもありません。かなり弱い光もこの作品にはピッタリです。逆にあまり目のいかない、床の部分など意外と女性を中心に左右の位置がずれていたりします。

 いつものお気に入りの黄色の服ではなく、ダークグリーンのような服の色もこの作品にピッタリと合っているように感じました。 とても「静かな」作品です。

12. The Art of Painting (76) (絵画芸術)
  http://www.cacr.caltech.edu/~roy/vermeer/ycg.html 

Vermeer:
                Art of Painting 今回の展覧会で一番観たかった作品です。なにせ、以前オーストリアのウィーンまでこの絵を観る為だけに行って観られなかった作品ですから。また、この展覧会のポスターやカタログの表紙にも使われている作品でもあります。

 5枚のフェルメール作品があるこの部屋の中でも圧倒的な存在感を醸し出していました。印象としてはとにかく明るいことです。この絵だけスポットライとでも当たっているかのように明るく見えました。その明るいカーテンの向こうにあるであろう窓からの光に照らされた彼女もまたとても輝いて見えました。これだけ明るいと、一つ一つの色合いがはっきりしてきます。例えば画家の履いているソックスの赤と服の黒のコントラスト。また彼女の服の綺麗なフェルメール・ブルーと黄色い本のコントラスト。

 隣にいた外人さんが「ビューティフル」とつぶやいたのも良く理解できます。

 また、この絵の前のかなり離れた場所に椅子があったのですが、そこに座って眺めていると、「カーテン」を一番手前にして奥に「画家」更にその奥に「少女」といった配列が明確に見えてきます。それが更に時間をかけるとカーテンを押さえてあるのに使われている椅子、テーブル、その上に置かれた石膏、奥にある椅子など手前からの順番が曖昧になってきます。

 画集を見ていたのでは気が付かなかった、スカートの裾にあるライン状の模様や、床にできた画家の影など見所満載です。

 2回目に行った日は入り口から逆行して、真っ先にこの絵の前に立って一人で独占して鑑賞しました。満足満足。開館30分くらいするとやはり流石に込み合ってかなり見ずらくなります。朝一番が勝負です。

13. Allegory of the Faith (77) (信仰の寓意)
  http://www.cacr.caltech.edu/~roy/vermeer/tcr.html 

 フェルメール:信仰の寓意この作品は今回の展覧会に合わせてやはり修復・洗浄したそうです。去年観た印象より薄っぺらく感じられました。「絵画芸術」が奥行きが何層もあるのに対して、この絵にはそれが感じられません。同じようなカーテンが前にある構図にもかかわらずそうです。不思議なものです。

 カーテンは洗浄したのがはっきりと分かりました。とにかく明るくなってます。明る過ぎて重みがなくなったようにも感じます。でも、このカーテンに描かれた模様は面白い。

 フェルメール晩年の作品といわれており、依頼されて描いたともされています。天井からぶら下がった硝子球の表現に光を感じることが出来ますが、あとは沢山の寓意が描かれているだけでこれといった凄さは感じられません。

 気になったのは、画中画のキリストとテーブルの上のキリストの像の脚の向きが逆なところくらいです。

14. Young Woman Standing at a Virginal (ヴァージナルの前に立つ女)
  http://www.cacr.caltech.edu/~roy/vermeer/hgf.html 

Vermeer:Standing at a Virginal ロンドンナショナルギャラリーからの同じような構図の2点が同じ壁に並んでかけて展示されてあります。両方ともフェルメール晩年の作品と言われているものです。

 ますは、立っているほうの絵ですが、左窓からのいつもの光に対して背を向ける形で女性が立っている為、顔に影が出来てしまっています。それは仕方のないことなのかも知れませんが何とも顔色の悪い女性です。以来されて描いた絵ならこうは描かなかったと思います。

 後ろの画中画があまりにもはっきりし過ぎていて(特にキューピット)邪魔に感じます。勿論意味合いが込められているのでしょうが、女性とキューピットの2人に見つめられているようです。

 私は床の周りのタイルの絵柄と、椅子のクッションの部分の表現がこの作品では秀逸だと思います。
 ヴァージナルという楽器も同じ部屋に展示されていましたがかなり横長の楽器です。次の作品ではそれが分かるのですが、この作品では知らないとちょっと理解しづらいと思いました。

15. Young Woman Seated at a Virginal (ヴァージナルの前に座る女)
 http://www.cacr.caltech.edu/~roy/vermeer/nbe.html 

 Vermeer: Seated at a Virginalこれが、今回の展覧会最後の作品です。実は私はこの作品がフェルメール自身の最後の作品ではないかと思っています。別段主だった理由もないのですが、ヴァージナルを弾く彼女の本当は笑っているのにもかかわらず、何処となく寂しそうな顔つき。窓のない部屋。

 手前のカーテンが舞台の幕のように静かに演奏が終わるのと共に閉じると、もうフェルメールはニ度と筆をとることはなかった……といつもこの絵を観るたびに考えてしまいます。それくらいの雰囲気を持った作品です。

 この作品と構図がそっくりの作品が右に並べて展示してありました。説によるとその作品もフェルメールのものとする人もいるそうです。でも、私は違うと感じました。この絵の寂しさに加えて、空間的な圧迫感があるフェルメールらしからぬ絵だったからです。

最後の部屋を出る所にフリックコレクションの案内がありました。フリックさんの遺言で作品は貸し出しできないので今回の展覧会には来ていませんが、METから歩いても行けますし、バスに乗ったら本当にすぐの所です。3枚のフェルメールを所有していますので、METと併せて観ると1日で18枚ものフェルメールを見られることになります。これから先まず、こんなことはないかと思います。私も実際行きましたが、いつもと展示スペースを変更して3点並べて展示してありました。ここは音声ガイドの日本語がありますし貸し出しは無料ですから是非使ってみるのをお勧めします。

最後の展示室と出口の間にミュージアムショップがありましたが、日本とは違って特別にこの展覧会用に作った物はカタログとポスター、CDくらいしかありませんでした。因みにカタログがハードカバー75ドル、ソフトカバー50ドル、ポスター17ドル、CD16ドルくらいでした。カタログは626ページからなる大変豪華な物で、重さも4kg近くあり持ち帰るのに一苦労しました。

[注:この見学記と美術展での写真は、中村さんから戴きました。多謝。絵画画像のはめ込みは館主によります]


2001年フェルメール展 (01/01;01/03)
  ■2001年フェルメール展(01/01;01/03)

米国と英国で次の美術展が開催されます。

  • 美術展名:Vermeer and the Delft School
  • 会期

    3/8〜5/27  ニューヨーク メトロポリタン美術館

    6/20〜9/16 ロンドン ナショナル・ギャラリー 

  • 展示絵画:フェルメール(12枚;‘Glass of Wine’;‘The Allegory of Faith’)、ホーホ(約10枚)など30人の画家による85枚の絵画など

参考サイト:

  ■ 2001.3.2付けNYタイムズの記事「Vermeer's Back, With Friends」要約(01/03)

メトロポリタン美術館(MET)には、"Vermeer and the Delft School"展で、1995年のワシントン ナショナル・ギャラリーでのフェルメール展(1995展)で展示されなかった作品が何枚展示されるのかという電話の問い合わせが殺到。

正解は、6点。

今週火曜日(3/8)から5/27まで開催される特別展では、合計15点のフェルメール作品が展示される。

ワシントンでの1995展は、327,551人の入場者を集めた。最終日には、14時間待ちにもなった。

METの館長は、「フェルメール全作品の1/3を展示するが、今回はフェルメール単独ではなく、彼をデルフト派の一人として扱っているところが前回と異なる」と言う。今回の特別展は、1995展より前に企画されたが、1995展の企画を知って、延期したとのこと。

以下、新たに展示される6点

METはフェルメール作品5点を保有。うち、2点は1995展に出展された。残りの"Portrait of a Young Woman" 、"A Maid Asleep"の2点は寄贈者の条件で館外不出。"Woman With a Lute"は、貸し出し要請されなかった。これら3点は今回出展される。

"The Glass of Wine"(ベルリン国立絵画館所蔵)は、1995展になく、今回展示される。この絵は戦後1948-1952に海外巡回し、1984にフィラデルフィアで展示されたことがある。

"The Art of Painting"(ウイーン美術史美術館所蔵)は、1995展の頃には輸送に耐えられないと考えられ、出展されなかった。その後修復され、1年前にはナショナル・ギャラリーで展示された。

"The Procuress" (ドレスデン国立絵画館所蔵)は、これまでドイツを300年間離れたことがない。

出典:http://www.nytimes.com/ [注:このサイトは、Takさんから教えて戴きました。多謝]


■ 出展されるフェルメール作品リスト(01/03) 

METでの15点:(Takさんからの情報などによる)
参考サイト www.metmuseum.org/special/index.asp 

「マリアとマルタの家のキリスト」(エディンバラ)
「取り持ち女」(ドレスデン)
「紳士とワインを飲む女」(ベルリン)
「小路」(アムステルダム)
「絵画芸術」(ウィーン)
「ブァージナルの前に立つ女」(ロンドン)
「ブァージナルの前に座る女」( 〃  )
「ダイアナとニンフたち」(ハーグ)
「赤い帽子の女」(ワシントン)
「天秤を持つ女」 (  〃  )
「窓辺でリュートを弾く女」(MET)
「眠る女」( 〃 )
「水差しをもつ女」( 〃 )
「娘の頭部(少女)」( 〃)
「信仰の寓意」( 〃 )

ロンドンでは、13点の模様。参考サイト www.nationalgallery.org.uk/exhibitions/index.html
METの「娘の頭部(少女)」 、「眠る女」の2点が館外不出のためか?
「小路」の代わりに、「牛乳を注ぐ女」か?


『フェルメール』を訪ねて (オーストリア・英国編)(特別寄稿) (01/02)   
  原文は、Takさんが職場の文集に掲載されたものです。執筆者のTakさんの了解を得て、抄録転載します。

「フェルメール完全制覇計画」(第2回)
・1998年7月23日〜8月3日

ウィーン美術史美術館(KUNSTHISTORISCHES MUSEUM)

Vermeer:
                Art of Painting(中略)

 さて、ウィーン着いて三日目、美味しいワインも飲み、数々の芸術にも触れ今日は、いよいよ、美術館。そう、フェルメールを観る日である。空は快晴。目指すはウィーン美術史美術館所蔵フェルメールの作品の中でも傑作の呼び名の高い『絵画芸術』(画家のアトリエ)・・・・のはずであった。

(中略)

 贅をつくした意匠と豪華さに圧倒されながらも、東ウィング2階24の部屋目指し一直線に進んだ。そしていよいよ感動の対面となるはずであったが、何故かそこには『絵画芸術』はなく他の見知らぬ絵がかけられてあった。大きな美術館である。当然最初は場所を間違えたと素直に思った。手にした案内図をもう一度よく見、日本から持ってきた本とも確認してみる。ただ、何度見直してもそこは、「オランダ・フランドル絵画」の場所である。

 人は生きている間に何回くらい本当の意味での「狼狽」というものを体験するのだろうか。そしてそれに直面した時、どのような行動に出るのだろうか。

 オーストリアにて、狼狽した私は、近くに立っていた警備員に詰め寄り「フェルメールは何処?」と発した。今にして思えばすごいことだと思う。日本語でいきなり話しかけたのだから。少しして次は英語で「Where is Vermeer?」何と単純。大学で学んだドイツ語で聞く余裕すらなく、「Where 〜」の繰り返し。困ったであろう彼も優しく「NO」と答えてくれた。

 確認がとにかくしたい。この作品は、あのオランダ・ハーグで開催された「フェルメール」展にも貸し出さなかったものである。貸し出しなんて考えられない。立ち並ぶ他の名作も観ずに狼狽しながら大理石の階段を小走りに下り、インフォメーションまで行った。

 「一体どうしたの?フェルメールはないの?」 受け付けの人に尋ねる。しかし、納得の行く返事はない。最後はキュレーター(学芸員)に聞いた。彼女曰く、「絵のいたみがひどいので、地下の作業室で修復中」だという。そこに入って観せてはもらえないかとひつこく食い下がる私に対し、「実は我々でも入ることはできないのです」とピリオドを打ってくれた。そしてまた彼女の話によると、少なくとも三、四年は修復に時間がかかるとのことであった。

 『絵画芸術』に描かれている画面左側のカーテンが静かに引かれた。美術館中央にあるカフェに行きウィンナーコーヒーを飲んだ。その時撮った顔の写真の何と不機嫌なことか・・・でも、時間が経つにつれ、良い考えもできるようになってくるもので、また何年か後にウィーンを訪れることができるわけである。今考えてみても。それで良かったように思う。

 この作品に描かれた画家はフェルメール本人ではないかと説がある。と、するならば、フェルメールが「もう一度ウィーンにいらっしゃい。(もう少し勉強してから)」と閉じたカーテンの向こうで言っている気がしてならない。

  ケンウッド・ハウス(Kenwood House)

(中略)

 イギリスには、フェルメールの作品が6枚あり、そのうち4枚がロンドンにある。今回は、その4枚を見るプランを立てた。
 まず最初にケンウッド・ハウスという貴族のお屋敷の中にある1枚を目指した。ロンドンの中心地から地下鉄でゴルダース、グリーン線のいずれかを利用して約1時間でアーチウェイ駅に到着する。地下鉄と行っても中心地だけで、すぐ外に出る。日本の近郊先と同じ感覚である。

(中略)

 アーチウェイ駅に下車し、そこから歩くこと約30分でケンウッド・ハウスに着く。ただし初めて行くと、かなり迷い、遠く感じるかもしれない。木々に囲まれた白亜の館は、イングリッシュ・ヘリッテッジと呼ばれる財団のような団体が管理している。フェルメールは1階の部屋にさりげなく調度品のように展示してあった。

Kenwood House: Guitar Player「ギターを弾く女」(Guitar Player)

 「あ、何か違う。」という印象を何故か最初に持ちました。何が違って観えたのでしょうか? 画中の少女が着ている服は幾つもの他のフェルメール作品にも出てくる黄色のフワフワ付きの服(他5作品に登場)だし、ちょっとピンボケっぽいのもよくあるパターンだし、光の差し込んでいる壁の表情も他と同じであるように観えるのに何故であろうか?

 構図は確かにいつもと違います。でも大きく違いがあるわけではなく、作者が敢えて違いを出すためか、新たな構図にチャレンジを試みたのかもしれません。でも、同でしょうか、私には、その試みは成功しなかったように思えます。女性を中心軸から左端へずらして描きたいのであれば、壁にかかっている絵まで左にずらすことはないと思います。(壁の絵がもっと右にくれば、多少のバランスはとれます。)

 また、じっくり細部を観察すると、あまり時間をかけて描いていないように見えました。フェルメールはとても1枚に時間をかけ描いた作家ですから、余計目立ってしまうように感じます。

 でも、それにしてもこの絵は、いつものフェルメールらしさが出ていないのでしょう?
否、充分出ていると思われる方は多くいるはずです。そう思う方がほとんどでしょうが、少なくとも私この絵はいま一つ好きになれませんでした。

 解説書によると、画中の女性はその向けられた視線の先に恋しい人を思い、または実際に見ながらギターを弾いていると書いてあります。そう思うと顔つきまで何となく嫌になってくるものです。

 フェルメール・ファンの一番人気は何と言っても「真珠のイヤリングの少女」です。あの絵が何故それ程までに好まれているのか、ロンドン郊外の貴族のお屋敷でこの「ギターを弾く女」を観て、理由が一つはっきりした気がしました。

 男は我侭なものです。
 

  ナショナル・ギャラリー(THE NATIONAL GALLERY)

(中略)

 基本的にイギリスの公共の美術館、博物館は入場料を取りません。このナショナルギャラリーも勿論ただで入れます。トラファルガー広場に面した絶好のロケーションに位置し常に大勢の人でにぎわっている活気のある美術館です。

 「英国人は他国から持ってきたものを、展示しているのだからタダで当然だ。」との声もときたま耳にしますが、果たしてそうでしょうか?一度行かれた方は絶対にそんなことは言えなくなるでしょう。あの大きな建物の管理一つとっても莫大な維持費がかかるでしょうし、人件費だって並大抵のものではありません。フランスのようにラフな格好で監視しているのではなく、キチッとしたイギリス人らしい服装に身を包み、自分の持ち場にしっかりと立っています。(ポンピドーセンターなどは椅子だけあって、誰もいないような状態です・・・)私が適当な英語で質問しても丁寧に答えてくれました。

 ナショナルギャラリーは何度行っても最高のもてなしをしてくれる美術館です。だから、滞在中はできるだけ足を運びたいと思い、ホテルは歩いていける場所(ピカデリーサーカス)に取りました。

 では、この美術館にある2枚のフェルメールを見ていきます。

London: Standing at a Virginal・ 「ヴァージナルの前に立つ女」(A Young Woman Standing at a Virginal)
 フェルメールの晩年の作品と言われているこの作品は、写真や本で見ると、光がいつも以上に窓から多く差し込んでいて、明るく感じますが、実際に観た印象はそこまで明るいという気はしませんでした。むしろ、女性の顔に向きの関係で影ができていて、そこが妙に目立って観えました。

 作品の中には画中画が三枚も描かれています。それぞれに意味があるそうですが、その画中画が表す作品に込められた意味を知らなくてもこの作品の前に立つだけで、ちゃんと魅力は感じることができます。

 床に接する部分のデルフト焼きのタイル一枚一枚や、床の市松模様。また女性の着ている服やスカートのひだがとても美しく描かれています。もしヴァージナルを背にして、窓を向いて立っていてくれたなら、もっと魅力が増すように感じました。(構図はメチャメチャになりますが・・・)

 美術館でも隣に展示してあり、いつも比較の対照となる「ヴァージナルの前に座る女」と比べると、更にこの作品の良さが見えてきます。

 凛として立っている姿がこの絵の大黒柱のような中心をなしていて安定感を感じさせてくれます。しっかりとした英国にちょうどお似合いの作品かもしれません。そう言えばこの女性、雰囲気がエリザベス女王に何やら・・・・・・

London: Seated at a Virginal・ 「ヴァージナルの前に座る女」(A Young Woman Seated at a Virginal)
この作品も同様にフェルメール晩年の作品と言われています。先ほどの「ヴァージナルの前に立つ女」との共通点も多く見られます。

 ただ、どちらか一つ選べと言われると、どうしてもこの絵の方が見劣りするのは否めないように感じます。それは何故でしょうか?

 一つは、フェルメール特有の「光」が表現されていない点があげられます。いつもならば、左側の窓があり、光が差し込み影に光のグラデーションをつけています。この絵は右側が何かの光によって少し明るくはなっていますが、窓はどこにも描かれていません。

 二つ目は、描かれた女性に生気が感じられないことです。微笑んでいるようではありますが、逆にとても寂しそうな顔の表情に見えてしまいます。着ている服のせいもあるかもしれませんが、座り方も猫背ぎみでけだるそうです。

 また、フェルメール・ファンの方ならこの女性が着ている服が、あの「信仰の寓意」(ニューヨーク・メトロポリタン美術館蔵)で描かれているものと同じだと気付くはずです。因みに「信仰の寓意」はフェルメール作品の中でも最も人気のない、やはり晩年に描かれたものです。

 フェルメールは一枚を描きあげるのに、とても時間をかけた画家でしたが、やはり晩年の作品となると、そうではないもの(フェルメールにしては粗雑に描かれたもの)が数点見受けられます。

 「光」が消え、寂しそうな女性の視線。やがて彼女のヴァージナルの演奏が終わると、左のカーテンが閉じられ、もうフェルメールは筆をとることはなかった・・・勿論これは、私の空想にすぎませんが、もしかしたらこの作品は、彼の最後の作品なのかもしれないとふと思いました。

■実は、ロンドンにはもう一枚フェルメール作品があります。英国王室コレクションとして、バッキンガム宮殿内に展示してある「音楽のレッスン」です。

 予定では、これも観るつもりでしたが、丁度、貸し出し中でバッキンガムにはありませんでした。市内のJCBプラザで詳しいことを聞いたところ、私がロンドンを発つ次の日に返って来るとのことでした。ウィーンに続き予定していた作品が観られなかったわけですが、流石に二回目ともなると慣れてくるもので、残念ではありましたが特に落ち込むこともなくすんなりあきらめがつきました。

 フェルメールはそう安々と観られないものだという事を実感しました。「完全制覇」はちょと予想していた以上に困難を極めそうです。

他の2編は、書庫にあります。


小説「照柿」の中のフェルメール展 (01/01)
  ■高村薫著「照柿」(Terigaki)の中のフェルメール展

高村薫著「照柿」(講談社刊;第1刷発行 1994年7月15日)の185頁に、次の文があります。

主人公の一人、達夫が大阪で幼なじみの雄一郎と会い、少年時代を思い出す場面の描写:

「すごいな・・・・」と呻く雄一郎の声がする。雄一郎は、京都の府立美術館へ一緒にフェルメールの絵を見に行った時と同じ目をして首を突き出していた。『青いターバンの少女』を見て「すごいな・・・」と言った、それと同じ声、同じ顔、同じ目だ。

先ず、京都に府立美術館はない(筈)。市立美術館、国立近代美術館、国立博物館のいずれかでしょう。フェルメールの絵が展示されたのは、ドレスデン国立美術館所蔵「ヨーロッパ絵画名作展」。1974.9.21-11.24に国立西洋美術館で、1974.12.3-1975.1.26に京都国立博物館で開催され、フェルメールの「窓辺で手紙を読む娘」が展示されています。

小説の中で、達夫は昭和33年(1958)、大阪生まれで、昭和51年(1976)、高校卒業後、東京へ出ています。雄一郎と京都に行ったとしたら、高校時代だから、1974-75年に開催された上記美術展が符合します。

[注:この小説は、雲居の雁さんから教えて戴きました。多謝]


フェルメール新掲示板  意見、感想、情報など、ご自由にお書き込み下さい。

フェルメール館へ戻る
フェルメール館書庫:作品リスト

フェルメール館書庫#1 (-1999年記事)

フェルメール館書庫#2 (2000年記事)

フェルメール館リンク集

フェルメール館ライブラリ


美術館へ戻る

美術館書庫(国内編#1:〜'98)

美術館書庫(国内編#2:'99〜)

美術館書庫(海外編)

美術館リンク集

美術館ライブラリ  


トップページへ 映画館へ 旅行館へ 音楽館へ


ご意見/ご感想はこちらまで

BXM02060 @nifty.ne.jp(送信時には@を半角にして下さい)