最終更新日:16/12/28

フェルメール館書庫:作品リスト

鑑賞履歴更新(14/2/28)
トップページへ

所蔵美術館別作品リスト 

 

枠付きの画像はクリックで拡大します。

所在国

美術館名

画像

画像(部分)

作品名・製作年(年齢)

注目点

来日履歴

Ken鑑賞履歴

オランダ マウリッツハイス美術館
(ハーグ)

Vermeer: Girl with a Pearl Earring

フェルメール:真珠の耳飾りの少女

真珠の耳飾りの少女
(青いターバンの少女)

The Girl with a Pearl Earring

c. 1665(33歳)

・1994年、修復(洗浄)され、唇の両端の輝点が復活した(下の画像が洗浄前)

・白い襟の反映が真珠や頬に

・ターバンの青は、高価なラピス・ラズリ

・トレイシー・シュヴァリエ著の小説『真珠の耳飾りの少女』(2000年)と映画あり

1984(マウリッツハイス王立美術館展)

2000(フェルメールとその時代)

2012(マウリッツハイス美術館展)

2000 大阪

2002 現地

2012 東京

Vermeer: Girl with a Pearl Earring

The View of Delft

The View of Delft

デルフトの眺望

View of Delft

c. 1660-1661(28-29)

・描かれた風景の現在はこちら

・壁や屋根には、絵の具に砂を混ぜてリアルな質感を作っている

・点描法のような描き方も

  2002 現地

Diana and her companions

ディアナとニンフたち

ディアナとニンフたち (?)

Diana and her Companions

c. 1655-1656(23-24)

・初期の宗教画

・最近の修復で、右上の空は後からの加筆と判明(下の画像が修復前)

1968(レンブラントとオランダ絵画巨匠展)

1984(マウリッツハイス王立美術館展)

2008(フェルメール展)

2012(マウリッツハイス美術館展)

2002 現地

2008 東京

2010 ドレスデン

2012 東京

Diana and her companions
国立美術館
(アムステルダム)

Vermeer: The Kitchen Maid

Vermeer: The Kitchen Maid

牛乳を注ぐ女

The Milkmaid

c. 1658-1660(26-28)

・壁やパンの質感描写

・右下に足温器とデルフトタイル

2007(フェルメール「牛乳を注ぐ女」とオランダ風俗画展) 2002 現地

2007 東京

Woman in Blue reading a Letter

Woman in Blue reading a Letter

手紙を読む青衣の女

Woman in Blue reading a Letter

c. 1663-1664(31-32)

・女性の体型は、妊娠のためか、当時のファッションかは不明

・2011年に修復を終え、京都で世界初の公開(下の画像が修復後)

2011-2012(フェルメールからのラブレター展) 2002 現地

2011 京都

Woman in Blue reading a Letter

Vermeer: Little Street

Vermeer: Little Street

小路 (こみち)

The Little Street

c. 1658(26)

・レンガの精密な描写

・左の白壁に署名

・描かれた場所の候補はこちら

2008(フェルメール展) 2002 現地

2008 東京

フェルメール:恋文(The Love Letter)

The Love Letter

恋文

The Love Letter

c. 1669-1670(37-38)

・「恋文」考 はこちら

・1971年、盗難事件で大きな損傷(アート・テロ)

2000(レンブラント、フェルメールとその時代)

2005-2006(アムステルダム国立美術館展)

2000 名古屋

2002 現地

2003 プラド

2006 神戸

ドイツ 国立絵画館
(ベルリン)
Vermeer: ぶどう酒のグラス

Vermeer: ぶどう酒のグラス-窓

ぶどう酒のグラス
(紳士とワインを飲む女)

The Glass of Wine

c. 1660-1661(28-29)

・ワインは媚薬

・窓の模様は、節制のモチーフ

  2010 現地
フェルメール:Woman with a Pearl Necklace

フェルメール:Woman with a Pearl Necklace

真珠の首飾りの女

Woman with a Pearl Necklace

c. 1664(32)

・真珠=虚栄=悪徳? 2012(ベルリン国立美術館展) 2003 プラド

2010 現地

2012 東京

ヘルツォーグ・アントン・ウルリッヒ美術館
(ブラウンシュヴァイク)
Vermeer at Braunschweig

Vermeer at Braunschweig

ワイングラスを持つ娘
(婦人と二人の紳士)

The Girl with the Wineglass

c. 1659-1660(27-28)

・ワインは媚薬

・窓の模様は、節制のモチーフ

2008(フェルメール展) 2001 現地

2003 プラド

2008 東京

シュテーデル美術研究所
(フランクフルト)

フェルメール:Geographer

フェルメール:Geographer

地理学者

The Geographer

1669(37)

・右上に署名と1669年という年記

・天文学者と対

・ガウンのように見えるのは、当時、知識階級に流行した日本の着物

2000(フェルメールとその時代)

2011(フェルメール《地理学者》とオランダ・フランドル絵画展)

2000 大阪

2001 現地

2011 東京

アルテ・マイスター絵画館
(ドレスデン)
Vermeer: Procuress

Vermeer: Procuress

遣り手婆
(取り持ち女)
(娼家にて)

The Procuress
(The Matchmaker)

1656(24)

・1656年という年記のある初期作品

・左端の男性がフェルメールという説あり

  2010 現地
フェルメール:窓辺で手紙を読む女 Girl reading a Letter at an Open Window

Girl reading a Letter at an Open Window

窓辺で手紙を読む女

Girl reading a Letter at an Open Window

c. 1657(25)

・初期の傑作

・点描による反射輝点

・窓のガラスに顔が映る

1974(ヨーロッパ絵画名作展 ドレスデン国立美術館所蔵)

2005(ドレスデン国立美術館展)

2003 プラド

2005 神戸

2010 現地

オーストリア 美術史美術館(ウィーン)

フェルメール:Art of Painting

フェルメール:Art of Painting

絵画芸術
(絵画芸術の寓意)
(画家のアトリエ)

The Allegory of Painting

c. 1666-1667(34-35)

・女性は歴史のミューズ(クリオ)

・画面中央の画家は、フェルメールか?

・左のタペストリの質感

・背景の地図はオランダ

・サイズ大きい

2004(栄光のオランダ・フランドル絵画展)

2008来日中止

2003 プラド

2004 東京

2005 現地

フランス ルーヴル美術館
(パリ)
Lacemaker

Lacemaker

レースを編む女

The Lacemaker

c. 1669-1670(37-38)

・サイズ最小

・前景の焦点ボケは、カメラ・オブスクラを使用したためか?

2009(ルーヴル美術館展) (1994) 現地

2009 東京

2012 現地

Vermeer:Astronomer

Vermeer:Astronomer

天文学者

The Astronomer

1668(36)

・球は天球儀

・モデルは、同じデルフトの住人であり、フェルメールと親交のあった科学者アントニ・ファン・レーウェンフック(自作の顕微鏡で多くの生物学上の発見をした)か?

  (1994) 現地

2012 現地

2015 東京NEW

イギリス ナショナル・ギャラリー
(ロンドン)
Vermeer: Seated at a Virginal

Vermeer: Seated at a Virginal

ヴァージナルの前に座る女

Lady Seated at the Virginals

c. 1675(43)

・画中画はバビューレン「取り持ち女」(現在、ボストン美術館蔵)

・現存する最後の作品

  2014 現地
Vermeer:Standing at a Virginal

フェルメール:ヴァージナルの前に立つ女

ヴァージナルの前に立つ女

Lady standing at the Virginals

c. 1672-1673(40-41)

・当時のヴァージナルはテーブルの上に置かれ、立って演奏した

・壁の下方に、デルフト焼きのタイル

・画中画は、キューピッド

  2003 プラド

2014 現地

ケンウッド・ハウス
(ロンドン)
フェルメール: Guitar Player

フェルメール: Guitar Player

ギターを弾く女

The Guitar Player

c. 1672(40)

・モデルは「ヴァージナルの前に座る女」と同一?

・1974年、盗難事件(アート・テロ)

  2014 現地
英国王室コレクション
(バッキンガム宮殿)
The Music Lesson

The Music Lesson

音楽のレッスン

The Music Lesson

c. 1662-1664(30-32)

・女性の弾いている楽器は、ヴァージナル

・手前の楽器は、ヴィオラ・ダ・ガンバ

・奥の鏡に顔が映る

   
国立スコットランド美術館
(エディンバラ)
フェルメール:マルタとマリアの家のキリスト

Vermeer: Christ in the House of Martha and Mary

マルタとマリアの家のキリスト

Christ in the House of Martha and Mary

c. 1655(23)

・初期の物語画

・サイズ最大

2008(フェルメール展) 2008 東京

2010 ドレスデン

2013 現地

アイルランド アイルランド国立美術館
(ダブリン)
Lady writing a Letter with her Maid

Lady writing a Letter with her Maid

手紙を書く婦人と召使い

Lady writing a Letter with her Maid

c. 1670(38)

・1974年、盗難事件(アート・テロ)

・修復時に、床の上の封蝋が見つかる

・1986年、盗難事件(1993年に回収)

・修復時に遠近法の消失点である針穴が見つかる。フェルメールの17点の絵にあり

2008(フェルメール展)

2011-2012(フェルメールからのラブレター展)

2007 現地

2008 東京

2011 京都

アメリカ メトロポリタン美術館
(ニューヨーク)
フェルメール:リュートを調弦する女

フェルメール:リュートを調弦する女

窓辺でリュートを弾く女
(リュートを調弦する女)

Woman with a Lute

c. 1664(32)

・背景の地図に欧州 2000(フェルメールとその時代)

2008(フェルメール展)

(1996) 現地

2000 大阪

2006 現地

2008 東京

2013 現地

A Girl Asleep   眠る女

A Girl Asleep

c. 1657(25)

・初期の室内風俗画   (1996) 現地

2006 現地

2013 現地

Vermeer: Water Jug

Vermeer: Water Jug

水差しをもつ女

Woman with a Water Jug

c. 1664-1665(32-33)

・水差しの金属面が鏡   (1996) 現地

2003 プラド

2006 現地

2013 現地

2015 京都

フェルメール:娘の頭部

www.metmuseum.org

  娘の頭部
(少女)

Portrait of a Young Woman

c. 1666-1667(34-35)

・珍しい頭部だけの肖像画

・トローニー(頭部習作)か?

  (1996) 現地

2006 現地

2013 現地

フェルメール:信仰の寓意   信仰の寓意

The Allegory of Faith

c. 1671-1674(39-42)

・中央の女性は信仰の寓意像

・ガラスが球面鏡

  (1996) 現地

2006 現地

2013 現地

フリック・コレクション
(ニューヨーク)

Vermeer: Girl Interrupted

  中断されたレッスン

Girl Interrupted at her Music

c. 1660-1661(28-29)

・画中画は、キューピッド   (1988) 現地

(1996) 現地

2006 現地

2013 現地

Vermeer: Mistress and Maid

Vermeer: Mistress and Maid

婦人と召使い

Mistress and Maid

c. 1667(35)

・召使いが渡そうとしているのは恋文   (1988) 現地

(1996) 現地

2006 現地

2013 現地

Vermeer: Officer

Vermeer: Officer

兵士と笑う娘

Officer and a Laughing Girl

c.1658 (26)

・兵士が大きいのはカメラ・オブスクラを使用したためか?

・壁の地図は明瞭(オランダの地図;右が北で、上は大西洋)

  (1988) 現地

(1996) 現地

2006 現地

2013 現地

ナショナル・ギャラリー
(ワシントン)

フェルメール:手紙を書く婦人

Courtesy National Gallery of Art, Washington

フェルメール:手紙を書く婦人

手紙を書く婦人

A Lady writing a Letter

c. 1665-1666(33-34)

・黄色い上着、机上の真珠のネックレスなどは、他の絵にも描かれている
1987(西洋の美術 その空間表現の流れ)

1999(ワシントン・ナショナル・ギャラリー(NGA)展)

2011-2012(フェルメールからのラブレター展)

(1988 現地)

1995 現地

1999京都

2011 京都

フェルメール:天秤を持つ女

Courtesy National Gallery of Art, Washington

フェルメール:天秤を持つ女

秤をもつ婦人

A Woman Holding a Balance

c. 1664(32)

・光の点描

・画中画は「最後の審判」

2000(フェルメールとその時代) (1988 現地)

1995 現地

2000 大阪

2003 プラド

2016 現地 NEW

Vermeer: Girl with a Flute

Courtesy National Gallery of Art, Washington

  フルートを持つ娘(?)

Girl with a Flute

c. 1665-1670((33-38)

・板絵

・真作かは疑問

  (1988 現地)

(1995) 現地

2016 現地 NEW

フェルメール:赤い帽子の娘

Courtesy National Gallery of Art, Washington

フェルメール:赤い帽子の娘

赤い帽子の娘(?)

Girl with a Red Hat

c. 1666-1667(34-35)

・板絵

・大胆なタッチ

  (1988 現地)

1995 現地

2003 プラド

2016 現地 NEW

国立西洋美術館NEW
(個人蔵)
フェルメール:聖女プラクセデス

フェルメール:聖プラクセディス

聖女プラクセデス (?)

Saint Praxidis

1655(23)

・イタリアの画家の同名作品の模写

・フェルメールの署名があるが、真作かは疑問とされていた

・真作なら、最も初期の作品

・2014年、真作との判定で、クリスティーズでオークションにかけられたが、真作かは疑問とされている

・2015年3月から国立西洋美術館で公開

2000(フェルメールとその時代) 2000 大阪

2015 東京

イザベラ・スチュワート・ガードナー美術館
(ボストン)
フェルメール:合奏   合奏

The Concert

c. 1665-1666(33-34)

・1990年、盗難に遭い未発見

・右の画中画はバビューレン「取り持ち女」(現在、ボストン美術館蔵)

  1993,1996)
2006 現地訪問したが、行方不明)
  個人蔵

フェルメール:Young Woman at a Virginal

フェルメール:Young Woman at a Virginal

ヴァージナルの前に座る若い女(?)

Young Woman at a Virginal

c. 1669-1670(37-38)

・2004年、真作との判定(Frederic Rolin男爵が保有)

・2004年、サザビーズでオークションにかけられ、ウィン氏により32億円余りで落札される

・展示されていたホテルWynn(Las Vegas)のギャラリーは、2006年に閉鎖された

・現在は売却されて、Leiden Gallery, New York蔵

2008(フェルメール展) 2008 東京

2013 オクスフォード

備考  
  • 画像を全面的に見直し、入手できた最良の画像に入れ換えました(2008/8)

  • ワシントン・ナショナル・ギャラリー所蔵の画像は、同館サイトのOpen Access Imagesに入れ換えました(2012/4)

  • メトロポリタン美術館所蔵の画像の一部は、同館サイト提供の画像に入れ換えました(2012/4)

(?)はフェルメール真作か議論あるもの     ( )は訪問したが、作品を見た記憶ないもの

制覇率:
35/37

 

参考:年代順リストは、「フェルメール全作品(年代順)」または「フェルメールの作品 - Wikipedia」をご覧下さい。

参考:各作品の動静(貸し出し、展示情報)は、フェルメール館にあります。

 

フェルメール新掲示板  掲示板です。意見、感想、情報など、ご自由にお書き込み下さい。

フェルメール館

フェルメール館書庫#1 (-1999)
フェルメール館書庫#2 (2000)
フェルメール館書庫#3 (2001)

フェルメール館リンク集

フェルメール館ライブラリ


美術館

美術館書庫(国内編#1:〜'98)

美術館書庫(国内編#2:'99〜)

美術館書庫(海外編)

美術館リンク集

美術館ライブラリ  


トップページへ 映画館へ 旅行館へ 音楽館へ


ご意見/ご感想はこちらまで