最終更新日:16/12/28

トップページへ

美術館書庫(ワシントン・フィラデルフィア美術紀行'16)

新設工事開始(2016/12/9)

目次

ワシントン ワシントン(美術以外) ボルチモア フィラデルフィア フィラデルフィア(美術以外)

ナショナルギャラリー(NGA)

国会議事堂 ボルチモア美術館 フィラデルフィア美術館 自由の鐘
フィリップス・コレクション ワシントン記念塔 ウオルターズ美術館 バーンズコレクション 独立記念館
サックラー・ギャラリー ジェファソン記念館     マーケット
  リンカーン記念館     市庁舎
  ホワイトハウス      
画像アルバムhttps://goo.gl/photos/cmU4sM1XsdNXpiXF9(スライドショーで見ることができます)

総括(2016/11/18-26)

  • ワシントンとフィラデルフィアの美術館をはしごしました。
  • ワシントン・ナショナル・ギャラリーには、フェルメールが4枚あるのですが、「手紙を書く女」は貸出中で残念。
  • ボルチモアにも日帰りしました。
  • 多くの美術館が無料で、しかも素晴らしいコレクション。
  • NGAには3回も行ってしまいました。
  • 前半は冬の到来で非常に寒かったですが、空は真っ青でした。

行程

月日  曜日 天候

行 程

主な見学地

宿 泊

11/18 快晴 関空→SFO→LAX→ワシントン   ワシントン
19 快晴   ユニオン駅、国会議事堂、議会図書館 ワシントン
20 快晴   ナショナルギャラリー(NGA) ワシントン
21 快晴   ワシントン記念塔ン、ジェファソン記念館、リンカーン記念館、NGA ワシントン
22 快晴   フィリップス・コレクション、サックラー・ギャラリー ワシントン
23 快晴 ←→バルチモア(鉄道) ボルチモア美術館、ウオルターズ美術館、インナーハーバー ワシントン
24 曇り →ウィルミントン(鉄道) NGA ウィルミントン
25 曇り ←→フィラデルフィア フィラデルフィア美術館、バーンズ美術館 ウィルミントン
26 ←→フィラデルフィア 自由の鐘、独立記念館、マーケット、市庁舎 ウィルミントン
27 →フェニックス(Air)   セドナ

ナショナルギャラリー

ナショナルギャラリーWikipedia
   
ナショナルギャラリー(NGA) ロビー    
展示されてたフェルメール作品は3枚 フェルメール「天秤を持つ女」 フェルメール「フルートを持つ娘」 フェルメール「赤い帽子の女」
ホーホ「寝室」 レンブラント「自画像」 ワイデン「女性の肖像」 ラ・トゥール「悔悛のマグダラのマリア」
クラーナハ「聖母子」 ティツィアーノ「鏡を見るヴィーナス」 ラファエロ「カウパーの小聖母(Small Cowper Madonna)」 レオナルド・ダ・ヴィンチ「ジネヴラ・デ・ベンチの肖像」
シャルダン「シャボン玉を吹く少年」 フラゴナール「読書する娘」
セザンヌ「赤いチョッキの少年」 ゴーギャン「自画像」
モネ「ルーアン大聖堂」(2枚) モネ「太鼓橋」 マネ「鉄道」 シスレー「ポール・マルリーの洪水」。なお、「シスレーの描いたポール・マルリーの洪水」の記事は、シスレーの描いたポール・マルリーの洪水にあり
東館入口 ホッパー「コッド岬の夕暮れ」 カンディンスキー「Improvisation 31 (Sea Battle)」 ウオホール「Green Marilyn」

ホーマー「強い風を受けて」 サージェント「牡蛎狩り」 or 「カキ漁、カンカルにて」。1995年に訪問した時は、コーコラン美術館にあったもの コール「帰還(The Return)」。「出発」とペア。コーコラン美術館にあったもの チャーチ「ナイアガラ」

ホイッスラー「白のシンフォニー第1番-白の少女」。第2、第3は、ホイッスラー展:京都国立近代美術館(’14/11)で見ている パクストン(米)「女中(The Housemaid)」。以前、コーコラン美術館にあったもの。フェルメールの感じ ハイラン・パワーズ(米):Greek Slave Croff(イタリア) 「Veiled Nun」。これも、以前、コーコラン美術館にあったもの

サックラー・ギャラリー

アーサー・M・サックラー・ギャラリーWikipedia
  • フリーアギャラリーを訪ねたら、隣接するこの美術館に導かれた
  • 初訪問
  • 受付で、フリーアギャラリーは閉鎖中と判明
  • 「コーラン展」開催中
  • 古代のアジア・中東諸国の美術が中心で、非常に多彩
  • マーク・ロスコ作品あり
  • ホイッスラー「バラと銀:陶磁の国の姫君」に遭遇。本来は、フリーア美術館のピーコック・ルーム(孔雀の間)に掛かっている絵だが、同館が工事のため閉鎖されていて、隣のサックラー・ギャラリーに展示されていた。ピーコック・ルームの映像は、ホイッスラー展:京都国立近代美術館(’14/11)で見ている

好感・注目作品:下の画像の他に・・・

  • ガンダーラ仏像
  • Cosmic Buddha(中国の仏像、6C)
サックラー・ギャラリー。隣接のフリーアギャラリーは閉鎖中 インドの神像(12C) インドの神像(10C) ホイッスラー「バラと銀:陶磁の国の姫君」

フィリップス・コレクション

フィリップス・コレクションWikipedia

好感・注目作品:下の画像の他に・・・

  • クールベ:地中海
  • ボナール:棕櫚の木
  • セザンヌ:ザクロと洋梨のあるショウガ壷
  • モディリアーニ : エレーナ・パヴロウスキーの肖像
フィリップス・コレクション ルノアール:舟遊びの昼食 シスレー:ルーブシエンヌの雪。冬の印象派画展 ('99.2; Yerba Buena Center for the Arts, SF)と、フィリップス・コレクション展('05/7;森アーツセンターギャラリー)以来の再会 ゴッホ:サン・レミの道路工夫

ゴッホ:アルルの公園の入口

マティス:エジプトのカーテンがある室内

モンドリアン:Composition III

館内


ボルチモア美術館

ボルチモア美術館
  • ボルチモア駅の北方にある
  • 無料バス(サーキュレータ)で約10分
  • 初訪問
  • 無料
  • マチスのコレクションで有名
  • 人気の併設レストランあり

好感・注目作品:下の画像の他に・・・

  • ボナール : 女と果物かご
  • マティス:ブルーヌード
  • ゴッホ:一足の靴
  • ゴーギャン : マンゴーを持つ女
  • コロー : 藁葺きの村家
  • レンブラント:画家の息子-ティトゥス
ボルチモア美術館 マチス「紫色のローブとアネモネ」 マチス「スツールに坐るバレリーナ」 ピカソ「 母と子」
 

セザンヌ「ビベミュの石切場から見たサント・ヴィクトワール山」

トマ・クチュール(Thomas Couture;仏)「女性の肖像」

コロー「花の冠をつくる女」

 

ウオルターズ美術館

ウオルターズ美術館Wikipedia
  • ボルチモア市内にある
  • 初訪問
  • 無料
  • ここも豊富なコレクションで、時間不足

好感・注目作品:下の画像の他に・・・

  • アングル:奴隷のいるオダリスク
  • リッピ(工房):聖母子
  • ペルジーノ:聖母子
  • ラファエロ(工房):聖母子
  • グレコ:聖痕を受ける聖フランチェスコ
  • ムリーリョ:無原罪のお宿り
  • マネ:Cafe Concert
ウオルターズ美術館 ピサロ「Route to Versailles, Louveciennes」
ジェローム「ローマの奴隷市場」 キャンピン(Robert Campin)「聖母子」
バルトロ(Andrea di Bartolo) 「 Madonna and Child with the Four Evangelists」 Egyptian - Female Portrait Mask アフロディーテ(Hellenistic copy (1st C. B.C.) of Praxiteles’ Aphrodite of Knidos (ca. 364 B.C.)) ボルチモアのインナーハーバー

フィラデルフィア美術館

フィラデルフィア美術館Wikipedia

好感・注目作品:下の画像の他に・・・

  • ゴッホ:カミーユ・ルーランの肖像
  • クールベ:波
  • セザンヌ:冬景色-ジベルニー
  • ターナー:国会議事堂の火事
  • モネ:鉄道橋-アルジャントゥイユ
  • デュシャン:泉、自転車の車輪
  • ジェームス・コリンソン(ラファエル前派):To Let, For Sale(2部作;意味不明)
  • クラーナハ:キューピッド
  • エル・グレコ:ピエタ
フィラデルフィア美術館前の階段;映画「ロッキー」の撮影地 フィラデルフィア美術館前から、市庁舎を望む
ホーマー「命綱」 茶室。日本のものが美術館内に復元されている
ダヴィッド「Lamentation」 クルヴェリ「Enthroned Virgin and Child, with Angels and Saints」 クリヴェリ「Enthroned Virgin and Child, with Angels and Saints」(部分) ステーン「医者の来診」
ケラー「ヴィーナスの誕生」 デュシャン「階段を下りる裸体No.2」 デュシャン 『大ガラス』(正式題名は『彼女の独身者たちによって裸にされた花嫁、さえも』)と、大きな窓 セザンヌ「サント・ヴィクトワール山」
モネ「睡蓮、日本の橋」 セザンヌ「大水浴」 ルソー「陽気な道化たち(The Merry Jesters)」 ゴッホ「ひまわり」
ムンク「人魚」。部屋の天井近くに壁画のように掛かる クールベ「Nude Reclining by the Sea」。ナチスのゲーリングに接収され、後に"Monuments Men"により取り戻された ルノアール「ルグラン嬢の肖像(Portrait of Mademoiselle Legrand)」 モネ「ル・アーヴル旧外港の眺め」
ホイッスラー「ノクターン」 サージェント「エデン夫人の肖像」 モネ「ポプラ並木」 ゴッホ「雨」
 

マチス「朝食」

インド スリランカの寺院 シャガールの大壁画  

バーンズコレクション

バーンズコレクションWikipedia
  • 初訪問
  • 有料。予約制(webから可能)
  • スマホで、オーディオ・ガイド(日本語)が聞ける。イヤホンは貸してくれる
  • 特異な展示方法で、まるでパズル
  • ルノアール 181点、セザンヌ 69点、マチス 59点、ピカソ 46点、・・・
  • 1994年、国立西洋美術館で開催された「バーンズ・コレクション展」は、私にとって忘れられない記憶
  • 館内撮影禁止のため、画像は「バーンズコレクション展」図録による

好感・注目作品:下の画像の他に・・・

  • マチス:ダンス、三姉妹と黒人彫刻、音楽のレッスン、生きる喜び
  • セザンヌ:カード遊びをする人たち、Gardanne(ガルダンヌ)、大水浴
  • ルソー:熱帯の森を散歩する女、虎に襲われる斥候
  • モディリアーニ:イヴニングドレスの赤い髪の少女、背中を見せて横たわる裸婦
  • クールベ:白いストッキングと女
ゴッホ「郵便配達夫ルーラン」 モネ「アトリエ舟」 ルノアール「コンセルヴァトアールの出口」 ルソー「不愉快な出会い」
 
スーラ「ポーズする女たち」(部分) セザンヌ「赤いチョッキの少年」 セザンヌ「サント・ヴィクトワール山」  

ワシントン(美術以外)

ワシントン(美術以外)
  • ワシントンDCは、過去に仕事で2回訪問しているが、いずれも短時間(1988年、1995年)
  • 寒波到来で、非常に寒かったが、快晴
  • ユニオン駅からモールを巡るバス(サーキュレータ)のルートが新設され、非常に便利(10分間隔;料金$1、シニア半額)
サンフランシスコ上空から、金門橋と市街 ワシントンDCのユニオン駅 国会議事堂 国会議事堂:ロタンダ

国会議事堂:ロタンダ「ワシントン礼讃」

議会図書館のジェファソン館 議会図書館のジェファソン館 議会図書館のジェファソン館:閲覧室
国会議事堂(夕景) ワシントン記念塔。工事中で塔頂には登れず ジェファソン記念館 リンカーン記念館
 
リンカーン記念館 リンカーン記念館からワシントン記念塔 ホワイトハウス  

フィラデルフィア(美術以外)

■フィラデルフィア
  • 初訪問
自由の鐘。長い行列を避けて、ガラス越しに見る 独立記念館。13の机が並ぶ マーケットは大混雑。感謝祭休暇のため? 市庁舎

 


↑ページトップへ

 


トップページ 美術館 フェルメール館 映画館 旅行館 音楽館