最終更新日:16/12/10

旅行館書庫(米国編)

東から西への順に掲載されています。旅行館から移設(09/03/22)

トップページへ

目次

東部 中西部・西部 太平洋岸

(別館) ニューヨーク編(13/2-3)

   

米国東海岸紀行(06/10)

セドナ紀行(04/10)

 
ボストン観光案内 ツーソン サンフランシスコ案内
追悼WTC(01/11) ラスベガスにて SF便り
NY観光案内   サンノゼにて
ナイアガラ紀行   サンノゼ・オペラ
ワシントンDC観光案内   サンジエゴ
   

インテル・ミュージアム(01/01)

美術館に関しては、”美術館”の書庫をご覧下さい。


米国東海岸紀行(06/10)
■米国東海岸紀行(06/10)

10年振りに、ボストン、ニューヨークとナイアガラを訪問しました。

美術関係は、美術館に掲載しています。

以下、印象記です。

  • 物価が高い。特に、大都市のホテル。NYでは、3万円以上が普通。食事も日本の方が安い。もっぱら、フードコート愛用。ただし、ビールのみは相変わらず安い。
  • 安全になった(感じ)。NYの地下鉄が明るくなり、落書きもなし。夜間でも、女性の乗客多数。
  • は小型車増加し、綺麗。ハイウエイでも故障車が見あたらず。
  • フライトの遅延は相変わらず。ロチェスターで大幅遅延。シカゴでの乗り換えに、空港内を駆け足してようやく間に合いました。
  • ロチェスターは初訪問でしたが、緑の多い地方都市。中心部は閑散で、商店少なし。レンタカーしていたので、買い物は郊外のMallへ。(Wegmansという有名スーパーを見学)。約1時間半のドライブでナイアガラへ行ける。晴天に恵まれ、1日、楽しみました。丁度、紅葉の時期でした。

アルバムは下記サイトにあり、大きなサイズで見られます。

https://get.google.com/albumarchive/111425444708914103410/album/AF1QipMHZeQ4Ts0l4MZNrUKHPdX6sqzRawciJ01MG4Z8
米国東海岸紀行(06/10)


ボストン
Bean Town Jazz Festival Kenny Garrett Quintet フリーダムトレイル
スタート点 ボストンコモン
フリーダムトレイル
道路に描かれている赤い線を辿る
フリーダムトレイル
パークストリート教会
バンカーヒル
紅葉
フリーダムトレイル終点
バンカーヒル記念塔
ハーバード大学図書館 クラムチャウダー
@クインシー・マーケット
クラムチャウダー
@ボストン美術館
 
ロブスター ミュージカル "All Shook Up"
プレスリーの音楽が満載
  ボストンからNYへバスの旅途中唯一の休憩
4時間半で$30(安い!)
紅葉の始まり

ニューヨーク
バッテリー・パークから望む自由の女神
今までは無念にも、ここで引き返していた
自由の女神
(06/10/6撮影)
リバティー島(自由の女神)から見るマンハッタン ワールドトレードセンター跡地『グランド・ゼロ』 貿易センターにあった地球儀のオブジェ
グランド・セントラル・ステーション オイスター・バー セントラル・パーク 不思議の国のアリスの像 廃業になった(らしい)プラザホテル。工事中
   
タイムズスクェア ミュージカル「オペラ座の怪人」 シャンデリア    
 
メトロポリタン・オペラ(MET) オペラハウスの内部 オペラハウスの内部 オペラ「魔笛」  

ナイアガラ 1993年の見学記はこちら
アメリカ滝 アメリカ滝。対岸はカナダ アメリカ滝 アメリカ滝 霧の乙女号

ゴート島 Goat Islandからみたアメリカ滝とブライダルベール滝 ゴート島より 風の洞窟 Cave of the Winds から見上げたアメリカ滝 風の洞窟 から アメリカ側からみたカナダ滝

   
橋を渡り、カナダへ 霧の乙女号
The Maid of the Mist
カナダ側からみたカナダ滝 カナダ側からみたカナダ滝 ロチェスター
Wegmans Mallにて

 


ボストン観光案内(97年作成)

Bookstore at Boston;路上の赤い線に注目 西海岸のSF,東海岸のBostonが、私の大好きな都市です。

1)Freedom Trailという米国の歴史をたどるルートがあります。ボストンコモンという公園から出発。道路に赤い線がペンキで書かれているので、これをたどればOKです。終点のBunker Hillまで、全部見学していくと、約1日かかります。米国史に興味のある人にお薦め。

Boston: Quincy Market in Autumn 途中、Quincy Marketは、楽しい。沢山の店がある。あたたかいクラムチャウダーを味わいたい。
サージェント:エドワード・ボルト家の娘
2)美術館も沢山あります。(Kenの美術館参照)
  • ボストン美術館:有名。必見。地下鉄E線で行ける。ただし、美術館付近は地上に出る。水曜日は、夜9:30まで開館。
  • イザベラスチュアートガードナー美術館:ボストン美術館の裏手。徒歩数分。大富豪の館に、美術品が豊富にある。必見。
  • フォグミュージアム:ハーバード大学のもの。大学の裏手。意外に良い絵画が多い。日曜日は午後開館。
Boston Symphony Hallの内部 3)ハーバード大学
ある有名な日本女性もいた超有名大学。地下鉄で行ける。近くにCOOP(生協)あり、大学グッズが買える。付近はHarvard Squareで、夜も賑やか。

4)シンフォニー・ホール:小澤征爾が指揮監督をしているボストン響が聴けるかも。地下鉄E線。

5)コンピュータ・ミュージアム:計算機に興味があれば、必見。

6)ボストン・ティー・パーティ船:歴史で習った茶会事件を再現してくれる。Dump the tea into the sea ! と叫んで、tea box を海に投げ込む。上記5)と同じく、港の近く。地下鉄の駅から歩く。ダウンタウン中心からも歩ける距離。

左の写真は、夕焼けの市内ダウンタウン方面。手前はMIT。
夕焼けのBoston

追悼WTC(01/11)
追悼WTC(01/11)
自由の女神から* 自由の女神へのフェリーから* エンパイアステートビルの展望台から WTCの展望台から*

*)友人提供

9月のテロで破壊されたNYのワールド・トレード・センター(WTC)の写っている写真をアルバムから探しました。もう見られないとは悲しいことです。


NY観光案内(97年作成)

■ジャズクラズ


なお、日本では知りませんが、Bradley'sもVillage Vanguardでも、セットで入れ替えはなし。長く粘れます。Sweet Basilは入れ替え制とのこと。

ビールやワインを飲んでいましたが、変わったビールを試すのも楽しい。ボストンのビール”Samuel Adams”を昨年は随分(NYでもボストンでも)飲みました。おっと、未成年に見られる人(日本人は若く見られます)には、絶対アルコールを出してくれません。”いかがわしい”場所には入れてくれません。パスポートなどが
必要です。


■美術館情報
:詳細は、美術館書庫(海外編)をご覧下さい。

Monet's Garden at Sainte-Adresse
  1. メトロポリタン美術館:何度か行きましたが、いつも新鮮。印象派も多い。適当な絵画中心の画集がないのが残念。
  2. MOMA:名作揃い。ワイエスが大好きだったので、「クリスティーナの世界」に感激。
  3. フリックコレクション:雰囲気が良い。おすすめ。
  4. グッゲンハイム:現代抽象画が中心。難解なので、疲れました。


■地下鉄
入口(階段)が、上り(Inbound)、または、下り(Outbound)専用のことあり。Northbound,Southboundと区別していたかな?良く利用するLexington Aveを走る#4、5、6線のうち、#6は快速。ホーム中央部に、カメラ監視ゾーンがあり、比較的安全。

■観光スポット
1昨年1月に行ったときは、エンパイアステートビルに上りました。夜景がきれいです。深夜までオープンしているはずです。途中の階にある座席のゆれる映画館は、おすすめしません。酔っただけです。

5th AvとCentral Parkの角に、Hotel Plazaがあります。映画”Home Alone2”の舞台です。通りの向かい側に、シュワちゃん経営(?)のおもちゃ屋があります。ここから南へ銀ブラ気分で、散歩しました。Trump Towerの地下に、Tower Recordあり。ヒット中のCDを試聴できます。(最近、日本でも多くなりましたが)

St.Patrick教会も中を覗いて下さい。教会では、Wall街に行ったら、Trinity教会も是非。

経済に関心があれば、株式取引場(NYSE)。最初にNYに行ったときに、見学しました。

自由の女神 には、未だ行けず。フェリーで行くとは知らずに、BatteryParkまで、行ったことがあります。土日はずいぶん、混んでいるとのこと。

■安全
十分勉強して、気を付けて下さい。以前に比べると、ずいぶんきれいに、安全になっています。地下鉄も中心部のLexington Avを走る#4、5、6線しか利用していませんが、観光に使うのは、この線くらいで、危険はないといっていいでしょう。夜は避けて下さい。セントラルパーク、昼間のメーン道路なら大丈夫でしょう。


ナイアガラ紀行 ('93.9)
トロント空港でレンタカーを借り、一路、ナイアガラへ。空港出口の標識、フランス語がメイン。道路も空いているし、天候も快晴。観光案内所で、オンタリオ州の地図をもらい、ルートを教えてもらう。

ナイアガラでは、遠くの駐車場に案内され、無料巡回シャトルバスを利用するシステム。カナダ滝で下車して川沿いの道を下っていたら、いきなりカナダ滝。本当?という感じ。周囲にはホテルやおみやげ屋が沢山あって、日本で見る人里離れたところの神聖な滝のイメージに程遠い。しかも、滝の上から見物というのが、日本では経験したことがないので戸惑う。ものすごい水量で、絶えず虹がかかっている。

まず、カナダ滝見物のエレベータに乗って中間地点まで降りる。合羽を来て、滝を側面からと、裏側から眺める。

観光船で滝見物。これも合羽を着て、水しぶきを浴びながらの見物。

米国側に渡って、ホリデイインに宿泊。

American Fall 翌朝は、アメリカ滝見物。滝の下を歩くWalking Tourに挑戦。合羽を着て、草履に履きかえて、ガイドに引率されてのツアー。最後には、落下する滝の水を突っ切っる冒険も。合羽を着ていても顔や背中がびしょぬれになった。

アメリカ滝の左岸に、滝下に降りる道があり、落下する滝をバックに迫力ある写真が撮れる。

感想:

  1. 有名な観光地だけあって、いろいろな角度から楽しめるようになっている。商業化されているとも言えるが...
  2. 新婚旅行のメッカとのことで、若いカップルが多い
  3. 世界中の言葉が飛び交っている

ワシントンDC観光案内(98年作成)

記念塔からリンカーン記念堂、アーリントン墓地方面
  • リンカーンメモリアル:感動。映画にも沢山出ますし、是非。
  • ワシントン記念塔:エレベータで登る。左の写真は、塔頂から撮影したもの。
    (上)リンカーンメモリアル、アーリントン墓地方面。池は凍っている。
    (下)中央に国会議事堂。左に美術館、右に航空宇宙博物館。
  • ホロコースト記念館:是非。歴史に興味があれば、時間がかかる。最低、2時間。意外に混んでいるかも..
  • 航空宇宙博物館:是非。大型スクリーンの映画、楽しかった(最近は日本にもあるが...)。
  • 国会議事堂:中の見学可能。確か30分くらい。
記念塔から国会議事堂方面
The Small Cowper Madonna by Raphael
  • 国立美術館:是非。美術の好きな私は、1日でも楽しめる。地下のショップも充実。安価。印象派の絵画だけでも、圧倒される。世界で40点ほどしかないフェルメールの絵が3点ある。ラ・トウールの絵も好き。日曜は12−21時。美術館書庫参照。
 

その他

セドナ紀行(04/10) 枠付き画像は、クリックで拡大します
  以下のPicasa画像アルバムに多数の画像をアップしました。スライド形式で見られます。
https://picasaweb.google.com/111425444708914103410/0410
セドナ紀行(04/10)
Sunset Rest セドナへの道 ■セドナ紀行(04/10)

アリゾナ州フェニックス市に滞在中、セドナに日帰りドライブしました。

急に行くことを思い立ったので、インタネ検索し、「日本から訪れる方々のためのアリゾナガイド」というサイトの中の「アリゾナガイド−セドナ」を参考にしました。非常に親切な案内で、助かりました。ここに感謝しますm(__)m

7:30 ホテル発。いざ、セドナへ。天気は快晴。I−17に入り、北上。土曜の早朝なのに、北に向かう道路は混んでいる。周りの禿山が美しい。

途中、Sunset Restで休憩(8:40-8:50)。周りは広大な原野。グランド・キャニオンに向かうらしいツアーバスが多い。

セドナへの分かれ道Ariz.179の標識が出てから、なかなか出口が来ないので、見過ごしたか?と思い、次のexitで出て、GSで聞いたら、もう一つ先のexitがAriz.179とのこと。

ついでに、gasを入れる。セルフサービスのGSだが、係員が親切にも「入れましょうか?」と聞くので、No, thanks. I'll try と言って、自分でやり始めたが、英語のパネルの意味が分からず、結局、助けてもらう。前金制。$20を預け、後で精算する。$17.54/8.4gal

Ariz.179に入り北上して、9:30、懐かしい岩山が突然出現。何年振りだろう。

●10:30、 聖十字架礼拝堂(Holy Cross Chapel)到着。駐車料無料。さすが景色の良い所。Bell Rockが逆光なので、引き返して正面からBell Rock岩山を撮影。

●Ariz.89AとAriz.179との三叉路(「Yポイント」)を越えて、アップタウンの案内所(Chamber of Commerce;infomation center)でビュー・スポットの情報入手。実に親切なおじさんで、美しい鳥瞰地図と、帰途ルートのアドバイスをもらう。

エアポートリッジ・ビスタ:案内所では日没がベストと言われたが、セドナの地形を把握するため、先ず、高台にあるエアポートリッジ・ビスタへ上がる。空港の手前にある展望所。正面に岩山がそびえ立ち、眼下にセドナの街並み。

トラキパキTlaquepaque:Yポイントのすぐ近くにある「メキシコ村」。店は洒落てる。レストランは満員で、ランチはあきらめる。

レッドロック・クロッシング:場所、分かりにくい。$7/日の有料駐車場しか車を止まられない。しかも、満車で待たされる。家族のピクニック用公園の感じ。中に入っても、案内図がないので、トレイルを人に付いていくと、キャシードラル・ロックがそびえる前をオーククリークが流れる風景が現れる。暫く休憩。ここに住むという素敵な日本人女性に声をかけられる。駐車場に戻ってから、別のトレイルに入ったら、ビュー・スポットを発見。こちらの方が、駐車場に近い。

15:20-50 Yポイントのすぐ近くのBurger Kingで昼食。後ろ席の労働者から話しかけられ、ピクルスをもらう。

Ariz.89Aを北上して、オーク・クリークへ。走っているうちに、風景、植生がどんどん変わる。

ミッジリー橋ビスタ:オーククリーク・キャニオンを眺められる。

オーククリークキャニオン・ビスタ:いろは坂みたいに急勾配を上がったところに駐車場あり。露店があって、すっかり観光地。走って来た谷間の道が遠くまで見える。素晴らしい展望を楽しむ。

夕方になったので、再度、エアポートへ。

エアポートリッジ・ビスタ:今度は、すごい人出。今日の夕焼けは、それほどでもなし。

18時、出発。案内所のアドバイスに従い、Ariz. 260経由で帰る。真っ暗の中、見える明かりは車のライトのみ。こんな経験は初めてかな?

ノンストップで、20:18 ホテル帰着。走行距離 300マイルのドライブでした。

聖十字架礼拝堂からの眺望 トラキパキ
レッドロック・クロッシングより
Burger Kingより
オーククリークキャニオン・ビスタより
エアポートリッジ・ビスタより夕景
    2016/11のグランドサークル紀行は、グランドサークル編(16/11) NEW

Tucson: San Xavier Del Bac Mission ツーソン(アリゾナ) (98/07)
ここも、ラスベガスと同じく砂漠の中の小都市ですが、私は、今回が7回目の訪問。ただ、初めて真夏に訪れました。避寒地なので、夏はホテルもゴルフ場も、料金が半額くらいです。ただし、ゴルフのプレイは、早朝でないと無理です。

写真は、郊外にある砂漠の中の教会。空港から近いので、時間が余った時に行ける。


ラスベガスにて (98/07)
カジノで有名ですが、最近はショッピングとエンターテイメントを目的とした観光客が多くなったとの報道です。私は、2年ぶりでしたが、大きなホテルがさらに建築中でした。


サンフランシスコ案内

金門橋(Golden Gate Bridge):SFに行くたびに、ほとんど毎回、ここを訪れている。霧の時も、晴れの時も、朝でも、夕暮れでも、楽しい。20年以上前に初めて行った時は、ガイドブックなしだったので、行き方がわからず、Golden Gateを目指してバスを降りたら、海が見えない。これがGolden Gate Parkで、金門橋とは遠く離れたところでした。結局、この時は金門橋に行けず。
2回目は、案内所で行き方を聞いて、MUNIバスを乗り継ぎました。この乗り継ぎが結構厄介で分かりにくい。バスルートマップ必携です。その後、直通で行けるバスGolden Gate Transitを発見。最近は、レンタカーなので、苦労はなし。

この橋を船上からも含め、あらゆる方向から眺めたが、お気に入りは次のスポット。

GGB
        from South-East (Parking Lot)

Golden
        Gate Bridge from South-East (Foggy) Goleden
        Gate Bridge from South-East at Sunset
快晴のBBG(南東の展望所から) 霧のGGB 日没のGGB
Golden
        Gate Bridge from Fort Point Goleden
        Gate Bridge from South-West (Shore) GGB
        from South-West (Shore)
Fort Pointから 。映画「めまい」にも出てくる 太平洋岸の浜辺から(近景) 太平洋岸の浜辺から(遠景)
GGB
        from South-West (Shore;Cloudy) GGB
        from South-West Golden
        Gate Bridge from North-East (foggy)
太平洋岸の浜辺から(曇天) 太平洋岸のハイキング道路から 対岸のVista Pointから霧のGGB
Golden
        Gate Bridge from North-East at night GGB
        from North-West (Hill) GGB
        from North-West (Hill)
対岸のVista Pointから夜 対岸の丘の上から(遠景) 対岸の丘の上から(近景)
GGB from Bay Cruise Golden
        Gate Bridge from Sky  
ベイクルーズの船から 空から  

Golden Gate Park
非常に大きな公園。デヤング美術館と日本庭園がお勧め。

Exploratorium
フィッシャマンズワーフからGGBに向かう途中にギリシア風建物が現れる。万博の名残らしい。公園があり、フォトスポット。結婚記念写真を良く撮っている。この建物の中に科学館があり、非常に面白い。単なる展示ではなく、いろいろ手を下せるような工夫があり、何時間でも過ごせる。サンノゼ郊外のミステリースポットの種明かしもある。

ケーブルカー
バスより高いし、行列待ちもあるが、楽しい。若いうちは、デッキ立ち乗りに挑戦すべき。ケーブルカー博物館に行くと、駆動モータが動いていて、駆動方法、制動方法も分かる。

ツインピークス
郊外の小高い山で、SF市内の展望台。有名なガイドブックには、バスを利用しての行き方が掲載されているが、人気のない道を相当歩くことになるので、女性には勧められない。

クリフ・ハウス
太平洋岸にある観光スポット。昔、温泉プールがあったらしい。バスでも行ける。カメラの原理で外の景色を写すCamera Obscureがある。

アルカトラス島
湾内に浮かぶ島で、映画”ロック”、”アルカトラスからの脱出”???などで有名。元刑務所の見学ツアーなどがあり、絶対のお勧め。フィッシャーマンズワーフからのフェリー、混んでいるので、週末は予約要。

フィッシャーマンズ・ワーフ
店頭販売のクラムチャウダーやエビがおいしい。レストランで、ボイルした蟹(ダンジネス・クラブ)1匹が$15程度だった。外国人は、蟹味噌を食べないで捨てているので、「もったいない、私に下さい」と何度言いかけたことか...。湾内遊覧船もお勧め。

コイトタワー
湾の眺望が良い丘。大した登りではないので、近くのバス停から歩ける。

ミュージカル
ユニオンスクエア近くに劇場あり。私は”オペラ座の怪人”を観た。

クラシック音楽
オペラホール、コンサートホールが、シビックセンター地区にある。危険地帯で深夜の帰りが怖いが、タクシーや電車で帰れる。チケット売り切れでも、当日、開演前に入口で余ったチケットを売る人がいて、いつも額面以下で購入できている。オペラの場合、立見席が当日販売される。

ジャズ
有名なクラブは知らないが、ユニオンスクエアの近くで、夜歩いていると、ジャズの生演奏が聞こえて来る。カバーチャージ無しで、気楽に入れる。

美術館
Kenの美術館の書庫(海外編)に記載あります。

SF郊外

ソーサリート
金門橋を越えて行く郊外のリゾート。フェリーもある。洒落た店が多い。海に突き出たレストラン、Scoma's、お勧め。

ワイン・カウンティ(ナパとソノマ)
バスツアーかレンタカーで、1日コース。ナパの場合、Informationでマップとお勧めワイナリーの無料試飲券が貰える。

ミュアウッド
巨木がそびえる森林。バスツアーかレンタカーで、半日コース。意外に楽しい。

Yosemite ヨセミテ
バスツアーで行ったが、遠い(片道約5時間)。雪解け後の春以外は、ヨセミテ滝(高さ739m)に水が無い可能性あり。アンセルアダムスの有名な写真にあるとおり、素晴らしい風景。写真の左側は、花崗岩の1枚岩 El Capitan(高さ1095m)。

モントレーとカーメル
バスツアーで行った。水族館、ミニ・フィッシャーマンズ・ワーフなどがあるほか、海岸線のドライブ(17マイル・ドライブ)が楽しめる。ここへの途中、TVで紹介されて以来、日本では有名なミステリースポットに寄るが大したことなし。

スタンフォード大学
私はレンタカーで行ったが、鉄道CalTrainでも行ける筈(ただし、キャンパスが広くて徒歩では大変かも...)。学生ボランティアによるガイドツアーあり。隣接のショッピングセンターも大きい。


SF便り (96/07)
昨日、SFオフィスの米国人と、ソーサリートのスコマズという有名なレストランで食事しました。よくガイドブックに写真のある店です。海の上に突き出ています。有名だけあって、雰囲気も、味もおすすめです。ブイヤベース風のイタリアンシーフード(名前を忘れました)を食べました。Cram Chowderとカニもおいしかったです。往路、8時過ぎに金門橋を渡ったのですが、丁度日没でした。ソーサリートからは、SFが美しく見えます。

今日は朝から、SF見物しました。午前9時すぎには、太平洋岸の金門橋の見える高台で、景色を見ながら、パンとジュースの朝食。10時からカリフォルニア宮殿美術館。2回目ですが、前回は5年くらい前で、その間に改装されていました。

フィッシャーマンズワーフからフェリーに乗って、12:45から4時まで、アルカトラス島へ。朝早くに、電話予約したので、行けましたが、12時頃には、”月曜日午後まで予約で一杯”との掲示がでていました。不思議にも、日本人がほとんどいませんでした。天候も良く、ここ数日では1番暖かくて、ラッキーでした。オーディオを聞き、さらに、ガイド・ツアーにも2つに参加して、長い間楽しみました。

フィッシャーマンズワーフで、steamed shrimps,cram chowder,crab sandwitchを立ち食い。夕方、ホテルに戻り、TVをつけたら、アトランタ・オリンピック開会式をやっています。SFは、まだ明るいので、最初てっきり録画だと思いました。時差のせいとわかって、納得。SFは、日没が8時過ぎです。

夜は、ミュージカル「オペラ座の怪人」を見ました。予想以上に楽しめました。クラシック風の音楽で、歌手もクラシックオペラをやる(やれる?)実力があり、舞台も素晴らしいものでした。歌詞が判るともっと楽しいのでしょうが...。今晩は暖かく、上着無しで外を歩けます。


サンノゼにて (98/07/17)
今日は、米国西海岸、サンノゼからです。2年ぶりの米国出張です。

ここサンフランシスコ地域は、記録的暑さで、華氏100度を越えています。天気予想は Dangerously Hot と言っています。日中、外を歩く気がしません。今朝の新聞の天気予報面(最高温度が色表示される地図)は、アメリカ中が真っ赤に塗られています。

バイアグラで死亡という日本からのニュースを聞きましたが、こちらの新聞の記事では、この薬の発売以来、売春宿の売り上げが激増とのことです。

このメール、初めて持参したモバイルギアで、Compuserve経由NIftyに接続していますが、SFのホテルからは、どうしても接続できませんでした。ホテルのディジタル交換機が原因と思われ、高級な交換機ほど、問題がありそうです。ここSan Joseからは、問題なく接続でき、ひと安心しています。


サンノゼ・オペラ(99/02)
サンノゼで、San Jose Operaを見ました。ドンジョバンニです。800人くらいの小さな劇場。小さな舞台。小さな編成。モーツアルトの時代は、こんな形だったのだろうな...と思いました。レベルには満足しました。

チケット、売り切れでしたので、40分前から、入口で譲ってくれる人を期待しました。先客のカップルがいて、2本指を立てているので、意味を聞いてみたら、2枚欲しいというサインとのこと。そこで、私も1本指を立てて、待ちました。ダフ屋と間違える人もいて、売り買いの区別はつかないようでした。そのうち、若い男性が売ると言ってきて、$33のチケットを$20で良いとのこと。喜んで買いました。2階席中央で、その男性と並んで見ることになり、昔、流行った”たまねぎの屋根の下で”(?)を思い出しました。

ドンジョバンニだけで、11回公演。1シーズンに4つのオペラ。チケットが$30ー50。楽しい娯楽と言えます。熟年カップルが多かった。


Intel Museum(01/01)  
Intel Museum

■インテル・ミュージアム(01/01)

シリコン・バレーのサンノゼ地域に出張中、お昼の時間の間に立ち寄りました。インテル本社(?)の建物の一角にあり、それほど広くはありません。

1968年創立、世界初のマイクロプロセッサ4004開発などのインテルの歴史が展示されているほか、半導体の原理説明、製造装置展示(実物!?)があります。

1973年頃、当時国内でも珍しかった8008、1101、1702を入手し、最先端LSI技術に感動していた私には感慨深い訪問でした。

売店には、LSI内蔵のキーホルダなど各種記念グッヅがあります。

www.intel.com/go/museum

注)公共交通機関はなさそうで、私はレンタカーで行きました。日祭休み。
2200 Mission College Blvd. Santa Clara, CA

Intel Museum: 1971-1974

サンディエゴ (98/07/23)
相変わらず、記録的猛暑が続いていて、テキサス州あたりで死者がかなり出ているようです。TVでは、高温警報への対策として、肌を露出しないこと、水分を採ること、外出なら、モールか映画館へ...と言っています。
2年ぶりの米国ですが、走っている車が、かなりきれいになったと感じます。以前は、ポンコツ車を良く見かけましたが....
ここサンディエゴは、かなり涼しくて、ほっとしました。昼間は暑く感じますが、夕方からは、肌寒いくらいです。
ダウンタウンのスーパーに入ったら、生魚のコーナーに寿司が売っていたので、驚きました。買った”いなり寿司”、結構、おいしかったですよ。久しぶりの日本食でしたが、日本食がダイエット料理として、人気が出る理由が分かるような気がします。


トップページへ 美術館へ 映画館へ 旅行館へ 音楽館へ    


ご意見/ご感想はこちらまで

BXM02060@nifty.ne.jp