[Kenの我楽多館Top Pageにもどる]

フェルメール館 新掲示板
おなまえ
Eメール ←迷惑投稿対策のため空白で投稿願いします
題  名  
メッセージ (メッセージ内にURLは書けません)
URL
削除キー (記事削除時に使用。英数字で8文字以内)
クッキーを保存

[2612] びわ湖ホールでマタイ受難曲 投稿者:Ken 投稿日:2018/10/14(Sun) 00:05
来週の日曜日、びわ湖ホールでマタイ受難曲のコンサートがあります。
びわ湖ホールでの初演(おそらく、滋賀県下での初演)です。

■2018/10/21(日) ※開場13時30分 開演14時30分
会場/びわ湖ホール大ホール

指揮・エヴァンゲリスト/畑 儀文
イエス/小玉 晃
独唱/石橋栄実(S)
谷地畝晶子(A)
松原 友(T)
青山 貴(B)
合唱/びわこアーベントロート合唱団
京都混声合唱団
大津児童合唱団


[2611] 京都大報恩展 投稿者:ryou 投稿日:2018/10/13(Sat) 21:34
こんばんわ。トーハクで仏像を観てきました。快慶お目当てで行きましたが 行快と定慶が素敵でした。    


[2610] フェルメール展 投稿者:ryou 投稿日:2018/10/08(Mon) 16:54
本日 13時からでフェルメール展に行きました。入場するのに並んで15分位かかり、入ったら混雑していて、フェルメールだけ展示ルームで最前列で観るためには順番がくるまで忍耐が必要です。でも近くでみた方が発見があって楽しい。


[2609] らくや寺 投稿者:ryou 投稿日:2018/10/08(Mon) 09:48
らくや寺の仏像は大好きで心に残ってます。現地で拝見すると違うのかな。


[2608] 木喰展 投稿者:ryou 投稿日:2018/10/08(Mon) 09:31
冒頭はとっくに です。気に入った仏像が亡くなった母の表情に似てました。ていうか 母の顔に似た仏像を探していたかな。時がたっているため、吹っ切れていますけど。


[2607] 木喰展 投稿者:ryou 投稿日:2018/10/08(Mon) 09:21
くに 木喰さんをご存じだったと流石ですね。私も遠いので展覧会を行くのをやめようかと思っていたところ 特急を上手く乗り継いでいけばよいと見つけ やっと行く気になりました。3時間かかりましたし、電車代も高いー。


[2606] 33年に一度の大開帳 櫟野寺十一面観世音菩薩 投稿者:Ken 投稿日:2018/10/08(Mon) 09:10
2016年、東京国立博物館「平安の秘仏」展で約21万人を魅了した櫟野寺の仏像が現地で見られます。

開催日時:2018年10月6日(土)〜2018年12月9日(日)
9:00〜16:00

アクセス:草津線「油日駅」から徒歩35分、または草津線「甲賀駅」から「櫟野観音行」または町内巡回のバス約15分「櫟野観音前」下車。本期間中、JR甲賀駅から臨時バス運行

http://www.rakuyaji.jp/daikaityou.html


[2605] Re:木喰展 投稿者:Ken 投稿日:2018/10/08(Mon) 08:48
ryouさん:情報、有り難うございました。
木喰は長いことみていません。最後は、円空・木喰展@美術館「えき」KYOTO(2009/11)なので、ほぼ10年前です。この年の美術展ベスト10に入っています。

生誕300年 木喰展 〜故郷に還る、微笑み。〜(於:身延町)

先日、富士宮へ行ったときに初めて乗ったJR身延線の先なのですね。
私の自宅からは、新幹線と特急を乗り継いで、約5時間。遠い(^^;

http://ken.image.coocan.jp/sub109.html#円空・木喰展


[2604] 木喰展 投稿者:ryou 投稿日:2018/10/07(Sun) 23:51
ご無沙汰しております。日曜美術館で知った木喰展に甲斐岩間まで行って 見て参りました。多数の微笑む仏像がありました。一番気に入りました仏像は新潟県内のもので場所は某所と書かれていていて 保存状態もよく大切にされているでしようね。嬉しいことです。 く 


[2603] Re:フェルメール展報告 投稿者:Ken 投稿日:2018/10/05(Fri) 20:13
TOMさん:初日でしたね。ご報告、有り難うございます。
私は11月に伺う予定で、楽しみです。


[2602] フェルメール展報告 投稿者:TOM 投稿日:2018/10/05(Fri) 14:04
10/5の9時30分入場に行きました。
雨の中、9時には100人程度並び、9時30分には300人以上並んでいました。
入場と同時に8展の絵画に走り込んでいく方も多かったのですが、入場人数制限で、「真珠の耳飾りの少女」の時のような混雑はありませんでした。
10時過ぎに退館しましたが、すでに入場の行列はありませんでした。
これから行かれる方は、入場開始時間から少し過ぎてからいかれると行列に並ばなくて済むようです。
係員によると、入場開始30分前から並んでいただくとのことです(行列になる)。


[2601] Re:フェルメール展大阪 投稿者:Ken 投稿日:2018/09/29(Sat) 09:18
TOMさん:メッセージ、有り難うございます。
偶然ですが、昨日、久しぶりに国立西洋美術館を訪問。「聖プラクセディス」も見ました。相変わらず、撮影禁止です。
確かに、館内は以前より混んでいました。外国人が増えたような・・・。作品説明プレートは、日英中韓の4カ国語で、親切。
あと、音声ガイドが使用可能になっていました。300円です。


[2600] フェルメール展大阪 投稿者:TOM 投稿日:2018/09/27(Thu) 22:43
大阪展は日時指定入場制でないので相当の行列覚悟ですね。
ゆっくり鑑賞するなら東京展をお勧めします。
なお、世界遺産指定でちょっと混雑ぎみの西洋美術館には、「聖プラクセディス」もあり、500円(常設展)で鑑賞できるので、お得かも。上野の森美術館から徒歩5分くらいです。


[2599] 10月のオペラTV番組(予告) 投稿者:Ken 投稿日:2018/09/12(Wed) 19:33
10月15日(月)【10月14日(日)深夜】午前0時00分〜

BSプレミアム
◇シャンゼリゼ劇場公演
歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」
作曲:グルック
収録:2018年5月28・31日 シャンゼリゼ劇場(パリ)


[2598] フェルメール展 投稿者:Ken 投稿日:2018/09/12(Wed) 00:26
MARUKUさん:情報有り難うございました。
大阪展の展示点数が少ないとは、思ってもいませんでした。
東京展にも行かなくてはなりませんね。
フェルメール館の記事を更新しました。

http://ken.image.coocan.jp/sub-verm.html#フェルメール展(2018)


[2597] フェルメール展 投稿者:MARUKU 投稿日:2018/09/11(Tue) 21:55
フェルメール展(東京)に「取り持ち女」の追加出展が決まったそうです!…2019年1月9日〜の期間限定。
また、大阪展の内容も発表されましたね。(6点)
両方、行かなきゃ〜!!
楽しみです。


[2596] メーヘレン真筆秘かに来日(笑) 投稿者:meegerenmania 投稿日:2018/08/31(Fri) 18:24
ご無沙汰しております。
この冬はまたまたフェルメール大ブームでしょうね(笑)
行かなくてはです。個人的には「赤い帽子の女」が気になります。
さて・・誰も知らないでしょうが(笑)
han van meegerenの1945年の作品、2点が当方の自宅に来日(笑)しました。
1枚は修復も終了しました。
そして秋には、イェール大学所蔵のレンブラントの贋作と思しき作品の模写も完成予定です。
どこかでコレクション展をしたいのですが・・都内近郊で安くお借り出来るギャラリーなどあればお教えくださいませ。


[2595] 8月のオペラTV番組(予告) 投稿者:Ken 投稿日:2018/08/07(Tue) 13:26
8月27日(月)【8月26日(日)深夜】午前0時00分〜
BSプレミアム

◇バイロイト音楽祭2018
歌劇「ローエングリン」

<出 演>
ドイツ国王ハインリヒ:ゲオルク・ツェッペンフェルト
ローエングリン:ピョートル・ベチャワ
エルザ・フォン・ブラバント:アニヤ・ハルテロス
テルラムント(ブラバントの伯爵):トマシュ・コニエチュニ
オルトルート(テルラムントの妻):ワルトラウト・マイア ほか

<合 唱>バイロイト祝祭合唱団
<管弦楽>バイロイト祝祭管弦楽団
<指 揮>クリスティアン・ティーレマン

収録:2018年7月25日 バイロイト祝祭劇場


[2594] 日本でのフェルメール展 投稿者:Ken 投稿日:2018/08/07(Tue) 11:56
TOMさん:情報、有り難うございます。

出展作品が発表されたようですね。

牛乳を注ぐ女(国立美術館(アムステルダム))
マルタとマリアの家のキリスト(国立スコットランド美術館(エディンバラ))
手紙を書く女と召使(アイルランド国立美術館)
ぶどう酒のグラス(ベルリン絵画館)
手紙を書く女(ワシントン・ナショナル・ギャラリー)
赤い帽子の娘(ワシントン・ナショナル・ギャラリー)(12月20日までの限定展示)
リュートを調弦する女(メトロポリタン美術館)
真珠の首飾りの女 (ベルリン絵画館)

また、大阪展では、アムステルダム国立美術館所蔵の《恋文》が出品される

http://ken.image.coocan.jp/sub-verm.html#フェルメール展(2018)


[2593] Enyaの情報追加 投稿者:Ken 投稿日:2018/07/28(Sat) 12:43
アイルランドにあるエンヤの父親の経営するLeos Tavernの情報を下記ページに追加しました。
Leosさんはお亡くなりになっており、息子さんが経営されています。
今月、開店50周年記念ライブがありました。

http://ken.image.coocan.jp/sub43.html#エンヤの故郷を訪ねて


[2592] 日本でのフェルメール展 投稿者:TOM 投稿日:2018/07/26(Thu) 02:38
東京と大阪のフェルメール展のうち、上野の森美術館での東京展の予約受付が7月25日より始まりました。
朝10時から始まり、開始直後は混雑していました。
8店のうち1点は12月20日までとのこと。
大阪展は別の1点が展示されるようですが、詳細は不明。


[2591] 2018/7 NHK-BSオペラ番組 投稿者:Ken 投稿日:2018/07/01(Sun) 11:11
BSプレミアム:

■7月9日(月)【7月8日深夜(日)深夜】午前0時00分〜
フィンランド国立歌劇場公演
歌劇「秋のソナタ」
原作:イングマール・ベルイマン
<出 演>
シャルロッテ:アンネ・ゾフィ・フォン・オッター
エヴァ:エリカ・ズンネガルド
ヴィクトル:トミ・ハカラ
ヘレナ:ヘレナ・ユントゥネン ほか
<指 揮>ジョン・ストゥールゴールズ
<演 出>ステファン・ブラウンシュヴァイク
収録:2017年9月23日 フィンランド国立歌劇場(ヘルシンキ)

■7月30日(月)【7月29日深夜(日)深夜】午前0時00分〜
ザルツブルク音楽祭2017
歌劇「アイーダ」【再放送】
アイーダ:アンナ・ネトレプコ ほか
収録:2017年8月9・12日 ザルツブルク祝祭大劇場(オーストリア)


[2590] ご回答ありがとうございます。 投稿者:washiya 投稿日:2018/04/26(Thu) 07:59
kenさん ありがとうございました。「手紙を書く女」は見たことがないので、頭の中で【「真珠の耳飾りの少女」を見た。】と空想していただけなのでしょうか。違う記憶の断片を勝手に繋げていたのかも知れません。


[2589] Re:「真珠の耳飾りの少女」見た記憶 投稿者:Ken 投稿日:2018/04/25(Wed) 10:01
washiyaさん:メッセージ、有り難うございます。
該当するのは、1999年、京都市美術館で開催されたワシントン・ナショナル・ギャラリー展です。「真珠の耳飾りの少女」ではなく、「手紙を書く女」が展示されました。実は、私も圧倒されて、フェルメールのとりこになってしまいました。

http://ken.image.coocan.jp/sub-verm-j-ex.html


[2588] 「真珠の耳飾りの少女」見た記憶 投稿者:washiya 投稿日:2018/04/25(Wed) 07:38
20年ほど前に、京都の美術館で「真珠の耳飾りの少女」を見て、その美しさに圧倒された様な記憶がありますが、どこを探してもその履歴が見つかりません。違う美術館なのか、それともそもそもなかったのか。関東や中部圏には行っていませんが。


[2587] 2018/4-5 NHK-BSオペラ番組 投稿者:Ken 投稿日:2018/04/12(Thu) 09:06
BSプレミアム:

■4月16日(月)【4月15日深夜(日)深夜】午前0時00分〜午前4時00分
◇アレーナ・ディ・ヴェローナ野外オペラ・フェスティバル2017 歌劇『ナブッコ』
◇サボンリンナ音楽祭2016 歌劇『死者の家から』【再放送】

■5月14日(月)【5月13日深夜(日)深夜】午前0時00分〜
◇エクサン・プロバンス音楽祭2017 歌劇「カルメン」

http://www4.nhk.or.jp/premium/


[2586] 京都の桜 投稿者:Ken 投稿日:2018/03/29(Thu) 13:39
今年は開花が非常に早く、「一斉に満開」状態です。
御苑と高瀬川の画像を旅行館にアップしました。

http://ken.image.coocan.jp/sub03.html


[2585] 鶯の初音 投稿者:Ken 投稿日:2018/03/09(Fri) 09:49
今朝、鶯の初音を聞きました。
少し例年より遅いようですが、昨年は来訪せず、心配していました。
これから毎日聞けることを楽しみにしています。

http://ken.image.coocan.jp/sub04u.html


[2584] 仁和寺 投稿者:ryou 投稿日:2018/02/26(Mon) 07:49
東博での仁和寺展に行きました。ポスターにもなっている阿弥陀如来像のお顔が少し微笑まれていて、一見の大価値のある仏像でした。


[2583] どういたしまして。 投稿者:ryou 投稿日:2018/02/25(Sun) 15:21
海外ご旅行 楽しまれてくださいませ。


[2582] RE:ヘレンド展 投稿者:Ken 投稿日:2018/02/23(Fri) 06:21
ryou様:コメントを頂戴しながら、海外旅行中で、お礼が遅れ、申し訳ありません。
ヘレンドは、私もヘレンド展:大丸東京(2000/08)で初認識しました。その後、2005年のブダペスト訪問時に、店のショーウインドウでみつけ、画像をHPに掲載しています。


[2581] ヘレンド展 投稿者:ryou 投稿日:2018/02/12(Mon) 20:03
ハンガリーにこんなに素敵なヘレンドという陶磁器があることを知った展覧会でした。パナソニック美術館で開催していました。


[2580] 蝋梅 投稿者:ryou 投稿日:2018/02/10(Sat) 21:58
まだ、蝋梅が散っていなく残っているかしら。大好き匂いです。ほんと蝋でできたみたいなお花です。


[2579] 連休 投稿者:ryou 投稿日:2018/02/10(Sat) 21:52
こんばんわ。まとまったお休みがとれるから、2つくらい展覧会に行きたいなあー。でも混んでそう。


[2578] TV番組 ミセス・バッハ 再放送 投稿者:Ken 投稿日:2018/01/13(Sat) 20:51
ようやく再放送されるようです。

[BS1]
2018年1月19日(金) 午前0:00〜午前0:50 [木曜深夜](50分)

バッハの作品を作曲したのは、実は本人ではなく妻だった?!この噂を解明するため、古典音楽と筆跡鑑定の専門家らが協力して
徹底調査。埋もれた歴史の真実が浮かび上がる。


[2577] 2017年美術ベストテン 投稿者:Ken 投稿日:2017/12/28(Thu) 19:57
ホームページの美術館に、2017年美術ベストテンを掲載しました。

■美術展ベストテン
国宝展:京都国立博物館('17/10)
ミュシャ展:国立新美術館(’17/4)
岩佐又兵衛と源氏絵―〈古典〉への挑戦:出光美術館(’17/01)
ブリューゲル「バベルの塔」展:国立国際美術館('17/09)
雪村 -奇想の誕生:MIHO MUSIUM('17/8)
海北友松展:京都国立博物館('17/5)
北斎とジャポニスム―HOKUSAIが西洋に与えた衝撃:国立西洋美術館('177/12)
百花繚乱 浮世絵十人絵師展:佐川美術館('17/11)
大エルミタージュ美術館展:森アーツセンター(’17/4)
オルセーのナビ派展:三菱一号館美術館(’17/4)

http://ken.image.coocan.jp/sub01.html


[2576] 訂正:フェルメール展 2018 投稿者:Ken 投稿日:2017/11/25(Sat) 00:49
↓下記投稿に記載のリンクは間違いでした。

公式サイト:
https://www.vermeer.jp/

フェルメール館 フェルメール作品の動静の記事:

http://ken.image.coocan.jp/sub-verm.html#フェルメール作品の動静


[2575] フェルメール展 2018 投稿者:Ken 投稿日:2017/11/22(Wed) 13:50
MARUKUさん:メッセージ、有り難うございます。初耳で、驚きました。

東京:上野の森美術館(2018/10/5-2019/2/3)
大阪:大阪市立美術館(2019/2/16-5/12)

作品:「牛乳を注ぐ女」「マルタとマリアの家のキリスト」、「手紙を書く婦人と召使い」、「ぶどう酒のグラス」など8点

http://https://www.vermeer.jp/


[2574] フェルメール展 投稿者:MARUKU 投稿日:2017/11/22(Wed) 10:45
2018.10.5〜2019.2.3 上野の森美術館でフェルメール展。8点が来日!「日時指定入場制」とのこと。
大阪でも2019年2月〜大阪市立美術館にて
楽しみ…


[2573] TV-BSプレミアムで映画「駅馬車」 投稿者:Ken 投稿日:2017/11/03(Fri) 16:24
11月6日(月) 13:00〜14:38 (98分)

チャンネル: NHKBSプレミアム

1939年制作。巨匠J・フォード監督とJ・ウェイン主演による傑作西部劇。モニュメント・バレーを疾走する駅馬車に乗り合わせた人々の人間模様と、アパッチとの戦いを描いた不朽の名作。

http://ken.image.coocan.jp/sub323.html#モニュメント・バレー


[2572] TV-BSプレミアムで2日続けてノルウェー(予告) 投稿者:Ken 投稿日:2017/10/29(Sun) 10:22
■行ってみよう世界の都市 − ノルウェー・オスロ
2017年10月30日(月) 午前10:45〜午前11:15(30分)

■一本の道「自然の芸術 フィヨルドの道を歩く〜ノルウェー」
2017年10月31日(火) 午後10時00分〜(60分)


[2571] 秋の注目美術展(関西) 投稿者:Ken 投稿日:2017/10/13(Fri) 20:04
盛り沢山です!

■ウッドワン美術館コレクション 京都文化博物館 10/3-12/3
■有元利夫展 アサヒビール大山崎山荘美術館 9/16-12/10
■ミュシャ展 美術館「えき」KYOTO 10/14-11/26
■浮世絵十人絵師展 佐川美術館 9/30-11/26
■ボストン美術館の至宝展 神戸市立博物館 10/18-2/4
■特別展覧会 国宝 京都国立博物館 10/3-11/26
■北斎展 あべのハルカス美術館 10/6-11/19

http://ken.image.coocan.jp/sub01.html


[2570] 快慶 追伸 投稿者:ryou 投稿日:2017/10/02(Mon) 22:01
快慶の代表作で検索してみると明らかにお顔だちが運慶と違うのではないかと思い、興味津々になります。東京にぜひぜひ快慶さん お越しいただきたいもものです。

http://く


[2569] 快慶 投稿者:ryou 投稿日:2017/10/02(Mon) 07:52
快慶展は奈良博物館にて4〜6月初めまで開催され、行けばよかったと今さらながら後悔です。奈良博物館に行ったとき 快慶の仏像が一番よかったです。

http://く


[2568] Re:上野 投稿者:Ken 投稿日:2017/10/01(Sun) 16:01
ryouさん:メッセージ、有り難うございます。運慶展、興味津々ですが、混みそうですね。巡回もないようで、残念です。


[2567] 上野 投稿者:ryou 投稿日:2017/09/30(Sat) 22:02
上野で 運慶展とフランス人間国宝展を観てきました。運慶の仏像はいろいろありますが 端整な顔立ち、後ろ姿が素敵です。フランスの方は手作業の傘が見たことない素敵さで感激いたしました。最近上野公園はイベントが多く、それも楽しめます。

http://く


[2566] meegeren cafe 投稿者:meegerenmania 投稿日:2017/09/27(Wed) 20:35
kenさん

フランク・ウエインの本は日本で入手できる唯一の評伝ですよね。ただ、あれは「小説」「創作」な部分が多いですから、将来的にはクルーガー教授の著作のどれかの翻訳が望ましいですよね。
アメリカだと、ジョナサン・ロペスのものが「メーヘレンは親ナチのろくでなし」との観点から出したものがベストセラーになりましたが。
作品としての評価も一部ではありますよね(笑)

自分は1940年代のオランダのヒット曲をBGMにしたカフェを期間限定でオープンさせたいと願っております。


[2565] RE;meegerenの真筆を購入しました! 投稿者:Ken 投稿日:2017/09/26(Tue) 21:24
↓の記事の最後の本には、翻訳版がありました。

■私はフェルメール 20世紀最大の贋作事件 フランク・ウイン (著), 小林頼子/池田 みゆき (翻訳)I was Vermeer 2007/9
ランダムハウス講談社

http://ken.image.coocan.jp/sub-v11.html


[2564] RE;meegerenの真筆を購入しました! 投稿者:Ken 投稿日:2017/09/26(Tue) 21:21
meegerenmaniaさん:メッセージ、有り難うございます。
真筆の油彩画とは、興味津々です。

久しぶりのメーヘレンの話題なので、私のフェルメール館ライブラリを検索してみました。以下の三冊がヒットしました。

■巨匠の世界『フェルメール 1632-1675』 ハンス・コニングスベルガー タイムライフブックス

■贋作者列伝  種村季弘 1992(増補新版) 青土社

■I Was Vermeer : The Legend of the Forger Who Swindled the Nazis Frank Wynne 2006

http://ken.image.coocan.jp/sub-v11.html


[2563] Re:山種美術館 投稿者:Ken 投稿日:2017/09/26(Tue) 21:06
ryouさん:コメント、有り難うございます。旅行中でレスが遅れました。
表題美術館を私のホームページで検索したら、意外にも(?)、6回も訪問していました。

■桜さくらサクラ・2003:山種美術館(03/04)
■水の音:山種美術館(03/07)
■「切手になった日本画」展:山種美術館(04/5)
■千住博展:山種美術館(07/1)

-----------以上は、移転前-------------
■速水御舟展:山種美術館(09/11)
 東京都千代田区にあった山種美術館が、今年10月、渋谷区広尾に移転してリニューアルオープンした開館記念の特別展
■日本美術院の画家たち:山種美術館('10/12)

最近、訪問の機会がありません。


http://ken.image.coocan.jp/sub109.html#速水御舟展


[2562] meegerenの真筆を購入しました! 投稿者:meegerenmania 投稿日:2017/09/23(Sat) 19:03
久しぶりに投稿させていただきます。
とうとう han van meegerenの真筆の油彩、肖像画を1点購入いたしました!
安く購入したのでクリーニングが必要なレベルですが・・
1945年のmeegeren作品です。
いつかみなさんにも見ていただきたいです(笑)


[2561] 山種美術館 投稿者:ryou 投稿日:2017/09/21(Thu) 21:02
こんばんわ。広尾に移転した山種美術館に初めていきました。恵比寿駅から歩いて行ける距離でした。上村松園の若い時から70代に描かれた作品が見られ、どんどん作品が良くなってゆくがわかりました。

http://く


[2560] TV再放送(予告) 投稿者:Ken 投稿日:2017/09/06(Wed) 11:47
京都人の密(ひそ)かな愉(たの)しみ

9月6日水曜 NHKBSプレミアム 午後7時00分〜 午後7時30分
京都人の密(ひそ)かな愉(たの)しみ「縁結び編」

以後、来週まで連日放送されます。

http://www4.nhk.or.jp/P3653/


[2559] 2017年9-10月のTVオペラ番組 投稿者:Ken 投稿日:2017/08/31(Thu) 10:49

チャネル:BSプレミアム

9月11日(月)【9月10日(日)深夜】午前0時00分〜
◇オランダ国立歌劇場公演 楽劇『サロメ』
◇エクサン・プロバンス音楽祭 2016 歌劇『ペレアスとメリザンド』

10月9日(月)【10月8日(日)深夜】午前0時00分〜
◇グラインドボーン音楽祭2017 歌劇『ハムレット』(ブレット・ディーン 作曲)

10月23日(月)【10月22日(日)深夜】午前0時00分〜
◇ムジカ・エテルナ『レクイエム』(モーツァルト 作曲)
◇NHK音楽祭2017 歌劇『ドン・ジョヴァンニ』(演奏会形式)

【参考】9月25日(月)【9月24日(日)深夜】午前0時00分〜
◇ライプチヒ・バッハ音楽祭 2017 『ミサ曲 ロ短調』

http://www4.nhk.or.jp/premium/


[2558] Re:箱根 岡田美術館 投稿者:Ken 投稿日:2017/08/18(Fri) 23:44
ryouさん:メッセージ、有り難うございます。
箱根は何回か行っていますが、この美術館は未訪問でした。
次回の箱根旅行はいつになるか・・・。
楽しみが増えました。

http://www.okada-museum.com/


[2557] 追伸 投稿者:ryou 投稿日:2017/08/18(Fri) 21:47
岡田美術館内に携帯、スマホ、カメラ、PC、飲み物の持ち込み禁止で鍵付きロッカーにいれます。入口入る前に水分補給するか 5階まで行くと無料でお水が飲めます。階によって寒かったのでストールを持っていて正解でした。

http://く


[2556] 箱根 岡田美術館 投稿者:ryou 投稿日:2017/08/18(Fri) 20:28
こんばんわ。岡田美術館に行ってきました。念願の歌麿作品 深川の雪、吉原の花を堪能でき、その他に東洋の陶磁器が膨大に展示されています。足湯も併設されています。5階建てでたっぷり展示があります。

http://く


[2555] 2017年8月のオペラTV番組 投稿者:Ken 投稿日:2017/08/09(Wed) 13:04
8月21日(月)【8月20日(日)深夜】午前0時00分〜
BSプレミアム

◇バイロイト音楽祭2017
楽劇『ニュルンベルクのマイスタージンガー』

収録:2017年7月25日 バイロイト祝祭劇場

http://www4.nhk.or.jp/premium/


[2554] TV再放送(予告) 投稿者:Ken 投稿日:2017/08/03(Thu) 18:54
2017年8月3日(木) 午後7時00分(30分) BSプレミアム

京都人の密(ひそ)かな愉(たの)しみ「甘くて苦い春の味編」

以後、4日(金)、7日(月)、8日(火)、午後7時から放送予定あり

http://www4.nhk.or.jp/P3653/


[2553] 映画「キミスイ」 投稿者:Ken 投稿日:2017/08/01(Tue) 16:17
久しぶりで、映画館で映画を見ました。

■君の膵臓をたべたい:住野よる著の同名青春小説の映画化。略称は「キミスイ」。先日、豊郷小学校旧校舎を訪問して知った映画。タイトルは気味が悪いが、内容は素晴らしく、大感動。

お薦めです。

http://ken.image.coocan.jp/sub02.html


[2552] 旅行館書庫(ドバイ・北欧編) 投稿者:Ken 投稿日:2017/07/19(Wed) 19:35
旅行館書庫(ドバイ・北欧編)をアップしました。

2回目のノルウェー・ドライブを企画。
今回は、ついでに、ドバイ、コペンハーゲン、ストックホルムに立ち寄りました。

http://ken.image.coocan.jp/sub330.html


[2551] 無題 投稿者:ryou 投稿日:2017/06/25(Sun) 16:05
おかげ様で拝見できました。ムンクの作品がよさげてした。

http://く


[2550] カルロ・ドルチ@コペンハーゲン 投稿者:Ken 投稿日:2017/06/25(Sun) 06:07
ryouさん:メッセージ、有り難うございます。
カルロ・ドルチの画像、下記旅行記で見つけられると思います。
コペンハーゲンの国立美術館です。

http://ken.image.coocan.jp/sub330.html


[2549] 無題 投稿者:ryou 投稿日:2017/06/25(Sun) 00:26
こんばんわ。お写真が何処にあるのか わかりませんでした。佐藤愛子さん著 それでもこの世は悪くなかった を読んでいましたら ken さんのアルバムにあります 浦河の町のことが楽しく書かれていました。


[2548] カルロ・ドルチに遭遇 投稿者:Ken 投稿日:2017/06/19(Mon) 20:06
ryouさん:メッセージ、有り難うございます。
タイ展とは、珍しいですね。

ところで、先日まで、ドバイ・北欧を旅行してきました。
コペンハーゲンの国立美術館で、カルロ・ドルチの絵に遭遇しました。素敵な2枚です。
下記アルバムにあります。ご笑覧下さい。

https://goo.gl/photos/tfenem94EPtppWVk6


[2547] 無題 投稿者:ryou 投稿日:2017/06/15(Thu) 20:55
さて、次はタイ展とアラーキーだね!


[2546] エルミタージュ美術館 投稿者:ryou 投稿日:2017/06/12(Mon) 08:31
ご返信有難うございます。エルミタージュ美術館にはまだまだ知らない秘宝がありそうで 是非 日本にお越しいただきたい。財力と目利きと平和が必要かな?


[2545] Re:エルミタージュ展 投稿者:Ken 投稿日:2017/06/12(Mon) 06:31
ryouさん:メッセージ、有り難うございます。
私は4月に見ました。カルロ・ドルチ、同感です。

http://ken.image.coocan.jp/sub01.html#大エルミタージュ美術館展


[2544] エルミタージュ展 投稿者:ryou 投稿日:2017/06/11(Sun) 09:05
お久しぶりです。六本木でのエルミタージュ展に行ってきました。カルロ ドルチの作品が一番 気に入りました。西洋美術館の展示のものより こちらの方が断然 好きです。今までのエルミタージュ展のエルミタージュ展の中で今回が一番 よいです。


[2543] 海北友松展 投稿者:Ken 投稿日:2017/05/18(Thu) 12:25
京都国立博物館で開催中の「開館120周年記念特別展覧会 海北友松(かいほうゆうしょう)」を見てきました。
会期末で、かなりの混雑ですが、非常に楽しめました。
お薦めです。

http://ken.image.coocan.jp/sub01.html


[2542] Re:窓辺で手紙を読む女 投稿者:Ken 投稿日:2017/05/13(Sat) 08:43
巡礼者さん:貴重な情報、有り難うございました。


[2541] 窓辺で手紙を読む女 投稿者:巡礼者 投稿日:2017/05/13(Sat) 00:51
問い合わせました
やはり、修復中のようです
どこにも、情報がないのが不思議です

Thank you very much for your email and the interest for the State Art Collection Dresden.

Unfortunately it is not clear when exactly the piece will be back on display in the Old Master Picture Gallery but surely not this year.


[2540] 5月のTVオペラ番組 投稿者:Ken 投稿日:2017/05/07(Sun) 10:06
BSプレミアム

5月15日(月)【5月14日(日)深夜】午前0時20分〜
フランクフルト歌劇場公演
歌劇『クセルクセス』(ヘンデル 作曲)
<出 演>
セルセ(クセルクセス/ペルシア王):ガエル・アルケス
アルサメーネ(セルセの弟):ローレンス・ザゾ
ロミルダ(アリオダーテの姉娘):エリザベス・サトフェン
アマストレ (セルセの婚約者):ターニャ・アリアーネ・バウムガルトナー ほか

<管弦楽>フランクフルト歌劇場管弦楽団
<指 揮>コンスタンティノス・カリディス

収録:2017年1月12,15日 フランクフルト歌劇場


[2539] ありがとうございます 投稿者:巡礼者 投稿日:2017/05/06(Sat) 16:45
お付き合いいただきありがとうございます。
確かに、2階はもう少し部屋ができそうですね。
何人かに聞いたのですが、全く知らない人と、renovation?
restoration? 語学力がなく、わかりませんでした。

年度末まで、展示はないのでしょうね。
しばらく、あきらめます。

ちなみに、本当にがっくりきて・・・
その後、「後宮からの誘拐」を見て、復活した次第でした


[2538] ドレスデンの美術館 投稿者:Ken 投稿日:2017/05/06(Sat) 00:34
巡礼者さん:メッセージ、有り難うございます。
ホームページでは、改造は2017年末まで続くとあります。
完全な再開は、2018年の模様です。

http://www.skd.museum/en/about-us/press/news/article/seitenwechsel-in-der-sempergalerie-die-gemaeldegalerie-alte/index.html


[2537] 早々の対応ありがとうございます 投稿者:巡礼者 投稿日:2017/05/05(Fri) 20:28
美術館の入り口の案内図にも、2階23室と書かれていました。参照URLのマップももらいました。
実は、10年前に行ってラファエロは記憶があるのですが、フェルメールの記憶がなくて、(当時は関心がなかった)再訪でした。中は様変わりして、改造は終わった感じでした。
取持ち女は、1階にあったのですが。
2階には、ありませんでした。いつ戻るのでしょうか?
実は、これで巡礼が終わるはずだったのです。


[2536] Re;情報があれば 投稿者:Ken 投稿日:2017/05/04(Thu) 19:03
巡礼者さん:コメント、有り難うございます。
フェルメール作品動静表にも書かれていないので,ググってみました.
1)昨年6月作成の美術館のfloor map(下記URL)では,2階23室に展示です.
2)美術館サイトを含め,情報ありません.
3)口コミでは,昨年12月に見たとの記事あります.
4)建物がリノベーション中なので,たまたま展示されていなかったのではないでしょうか?
引き続き、探してみます.

http://www.skd.museum/fileadmin/SKD/Bilder/Museen/Alte_Meister/Lageplan_GAM_2016_EN.pdf


[2535] 情報があれば 投稿者:巡礼者 投稿日:2017/05/04(Thu) 16:32
はじめまして、いつも参考に見ております。先日、ドレスデンに行ったのですが、窓辺で手紙を読む女が展示されていませんでした。
警備員に聞いてもよくわからず、修復中と聞こえたような気がするのですが。何か情報があれば、ご教授ください。


[2534] 東京の目黒川と富士山一周 投稿者:Ken 投稿日:2017/04/17(Mon) 09:29
東京の目黒川のお花見と、富士山一周ドライブをしました。

旅行記(アルバムへのリンク)を下記に掲載しました。

http://ken.image.coocan.jp/sub03.html


[2533] 東京の美術展巡り 投稿者:Ken 投稿日:2017/04/16(Sun) 15:59
上京の機会に、3つの美術展を見ました。
いずれも混雑なく、大いに楽しめました。

■ミュシャ展:国立新美術館
■大エルミタージュ美術館展:森アーツセンター
■オルセーのナビ派展:三菱一号館美術館

http://ken.image.coocan.jp/sub01.html


[2532] 京都の花見 第2弾 投稿者:Ken 投稿日:2017/04/06(Thu) 10:29
京都御苑のお花見を楽しみました。
枝垂れ桜が満開!

http://ken.image.coocan.jp/sub03.html


[2531] 京都の花見 投稿者:Ken 投稿日:2017/04/05(Wed) 13:30
4/3に今年初めての花見をしました。
開花が遅れて、蕾の状態が多かったのですが、満開の桜もありました。

http://ken.image.coocan.jp/sub03.html


[2530] 放送中止 投稿者:Ken 投稿日:2017/03/23(Thu) 10:00
↓に予告した放送は、突然、中止になりました(^^;

http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid


[2529] TV番組(再放送)予告 投稿者:Ken 投稿日:2017/03/22(Wed) 11:51
ミセス・バッハ
〜バロックの名曲は夫人によって書かれた〜

2017年3月23日(木)午後5時00分〜

バッハの作品を作曲したのは、実は本人ではなく妻だった?!この噂を解明するため、古典音楽と筆跡鑑定の専門家らが協力して徹底調査。埋もれた歴史の真実が浮かび上がる。
ニューヨーク・フェスティバル 芸術部門 金賞

http://www6.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/?pid=160328


[2528] RE:山が綺麗ですね。 投稿者:Ken 投稿日:2017/03/20(Mon) 22:13
ryouさん:メッセージ、有り難うございます。
はい、今日も湖上の春霞の上に、白い山並みが浮かび、素敵な風景でした。「近江八景」にも「比良暮雪」があり、昔から愛されたのでしょうね。


[2527] 山が綺麗ですね。 投稿者:ryou 投稿日:2017/03/20(Mon) 06:20
おはようございます。豊穣な山があってこそ 琵琶湖もあり続けるのですね。
連休に新国立美術館での 草間弥生展、ミュシャ展を観にいきましたが 草間展の人気のせいか チケット売り場から 大行列 入場待ちしてから やっと入館です。
草間さんの作品は他にはない感想が持て 行った価値が大でした。


[2526] トップページの画像更新 投稿者:Ken 投稿日:2017/03/17(Fri) 09:59
異常に寒い春。琵琶湖の湖岸の景色をトップページに掲載しました。

http://ken.image.coocan.jp


[2525] 芳年の方が明るそう 投稿者:ryou 投稿日:2017/02/28(Tue) 01:30
暁斎作品は愛嬌があるところがよいですが 私的にはテンションはあがるほどではなく 芳年の方が楽しそうですね。


[2524] 河鍋暁斎展 投稿者:Ken 投稿日:2017/02/27(Mon) 20:23
ryouさん:メッセージ、有り難うございます。
フェルメール12枚は良く集めたものです.
ところで,河鍋暁斎展,京都にも巡回するようで,嬉しいです.

http://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/exhibition_1705.html


[2523] 12枚 投稿者:ryou 投稿日:2017/02/26(Sun) 23:26
昨年の今頃 メトロポリタン美術館の傑作、フェルメールの《水差しを持つ女》を森アーツギャラリーを観れたことを思い出します。12枚を一同に観れるとはすごそうですし、ルーブル美術館 思い切って 集客率をアップしようとしているかなと想像しますが。
始まったばかりの ザ・ミュージアムでの河鍋暁斎展を観てきました。
展示品の最初のカラスの絵で 彼の作品のイメージがガラリと変わりました。とても素晴らしい作品だと思います。


[2522] ルーブル美術館にフェルメール作品12枚が集合 投稿者:Ken 投稿日:2017/02/22(Wed) 10:40
久しぶりの(中規模?)フェルメール展が今日から開幕です.

会期:2/22-5/22

手紙を書く女と召使(アイルランド国立美術館)
秤をもつ婦人(ワシントン・ナショナル・ギャラリー)
真珠の首飾りの少女(ベルリン絵画館)
地理学者(シュテーデル美術館)
天文学者(ルーヴル美術館)
牛乳を注ぐ女(国立美術館(アムステルダム))
手紙を書く女(ワシントン ナショナル・ギャラリー)
フルートを持つ娘(ワシントン ナショナル・ギャラリー)
信仰の寓意(メトロポリタン美術館)
レースを編む女(ルーヴル美術館)
ヴァージナルの前に座る女(ナショナル・ギャラリー(ロンドン))
ヴァージナルの前に座る若い女
(個人蔵)

巡回:
アイルランド国立美術館(2017/6/17-9/17)
ナショナル・ギャラリー(ワシントン)( 2017/10/22-2018/1/21)

http://ken.image.coocan.jp/sub-verm.html#フェルメール作品の動静


[2521] Re:庭園美術館 投稿者:Ken 投稿日:2017/02/20(Mon) 01:28
ryouさん:メッセージ、有り難うございます.
松屋銀座の後は,ご紹介いただいた金沢のアンテナショップを探し出し,美味しいお茶と和菓子を楽しみました.暖かくなったら,また上京したいと思います.


[2520] 庭園美術館 投稿者:ryou 投稿日:2017/02/19(Sun) 22:49
こんばんわ。白洲正子ときもの:松屋銀座に行かれたのですね。勉強になる展覧会で二度ほど足を運びました。最近では 庭園美術館での 並河靖之 七宝展に行きまして パンフレットに載っていた作品があまりの小さいのにびっくりでしたが それでも力のある作品で 観てよかったです。園内の日本庭園も開園になっていて 観ることができ 皇族の方はこのようなところで過ごされていていたんだあと思い 私自身 平民に生まれ 自由でよかったなあと思いました。


[2519] 旅行館更新 投稿者:Ken 投稿日:2017/01/30(Mon) 13:34
「新春の大原紀行」(2017年版)と、東京銀座の画像をアップしました。

http://ken.image.coocan.jp/sub03.html


[2518] 美術館更新 投稿者:Ken 投稿日:2017/01/30(Mon) 13:32
東京で以下の美術展を楽しみました。

■北斎の帰還:すみだ北斎美術館
■岩佐又兵衛と源氏絵:出光美術館
■特別展 白洲正子ときもの:松屋銀座

http://ken.image.coocan.jp/sub01.html


[2517] 2017年2月のTVオペラ番組 投稿者:Ken 投稿日:2017/01/29(Sun) 17:22
2月13日(月)【2月12日(日)深夜】午前0時00分〜

◇バイエルン国立歌劇場公演
歌劇『ラ・ファヴォリータ』ドニゼッティ 作曲

<出 演>
レオノーラ(アルフォンソ11世の愛人):エリーナ・ガランチャ
フェルナンド:マシュー・ポレンザーニ
アルフォンソ11世(カスティーリャ国王):マリューシュ・クヴィエチェン
バルダッサーレ(サンティアゴ・デ・コンポステラ修道院長):ミカ・カレス
ドン・ガスパーロ(廷臣):ジョシュア・オーウェン・ミルズ
イネス(レオノーラの侍女):エルザ・ブノワ

<合 唱>バイエルン国立歌劇場合唱団
<合唱指揮>ゼーレン・エックホフ
<管弦楽>バイエルン国立歌劇場管弦楽団
<指 揮>カレル・マーク・チチョン

収録:2016年11月3日、6日 バイエルン国立歌劇場(ドイツ)


[2516] 美術館と空撮写真館更新 投稿者:Ken 投稿日:2016/12/30(Fri) 10:17
ホームページ:
1)恒例の美術展ベストテンをアップしました。
2)数年振りに、空撮写真館に画像追加しました。

http://ken.image.coocan.jp/sub01.html


[2515] Re:銀座 投稿者:Ken 投稿日:2016/12/30(Fri) 10:13
ryouさん:金沢のアンテナショップのこと、初耳でした。有り難うございました。

http://100mangokushop.jp/


[2514] 銀座 投稿者:ryou 投稿日:2016/12/30(Fri) 09:20
ご返信ありがとうございます。なかなか機会のない展覧会ですよね。 お能衣装や現代のお着物の展示が多いですが 正子様のすごさがわかります。
銀座ですと 金沢のアンテナショップがあり 主に食べ物がよしです。食いしん坊なのでたまに行きます。


[2513] RE:白洲正子ときもの展 投稿者:Ken 投稿日:2016/12/30(Fri) 07:34
ryouさん:お久しぶりです。表題情報、有り難うございました。昔、白洲邸武相荘を訪ねたことを思い出しました。新年に上京の機会あり、見られそうです。

http://www.matsuya.com/m_ginza/exhib_gal/details/20161227_shirasu_8es.html


以下のフォームから自分の投稿記事を削除可能
■記事No ■削除キー

- Web BBS -