最終更新日:16/12/28

旅行館書庫(アイルランド編)

トップページへ

新設しました(07/4/29);画像リンク修復(13/2/12);記事追加(15/2/1; 15/12/31)

画像のうち、Picasa Web Albumにリンクしている画像は、クリックしてもリンク切れです(2016/8より)。PicasaがGoogleに統合・閉鎖されたためです。

当面の対応として、サムネイル画像サイズを拡大しました。オリジナル拡大画像は、画像アルバムでご覧下さい。

画像アルバムが、下記にあります。スライド形式で見られます。

https://get.google.com/albumarchive/111425444708914103410/album/AF1QipOeNzJh9o9KqIFSBReyPyHrlIZ76sVzzy1xpDGT
アイルランド紀行('07/04)

 


アイルランド紀行(2007年4月11-26日)

  • ケルト文化、エンヤ、アイリッシュダンスの国、アイルランドを初訪問しました。
  • ダブリンからレンタカーでアイルランド島をほぼ一周しました(10日間;走行距離 2,157km)
  • 観光シーズンではないので、観光地もガラガラ。ダブリン以外は宿泊予約なしで、当日夕方にB&Bを探しました。
  • 天候に恵まれ、ほとんど快晴。花と緑に溢れた美しい自然が印象的でした。

■行程

 

天候

行程

主な見学地

宿泊

走行距離

万歩計

4/11 快晴 関空→アムステルダム経由→ダブリン  ダブリン ダブリン  
4/12 快晴 ダブリン ダブリン(トリニティー・カレッジ、美術館) ダブリン 23,800
4/13 快晴 ダブリン ダブリン(美術館、市内) ダブリン 14,451
4/14 快晴 →ニューグレンジ ニューグレンジ スレイン 100 12,424
4/15 快晴 →キルケニー モナスターボイス、タラの丘、グレンダロッホ キルケニー 310 11,781
4/16 快晴 →キャッシェル キルケニー城、ラウンドタワー キャシェル 80 8,000
4/17 快晴 →ブラーニー ロック・オブ・キャッシェル、ブルー・ボルー、ブラーニー城 ブラーニー 120 9,900
4/18 快晴 →キラーニー ケリー周遊路 キラーニー 310 5,040
4/19 快晴 →ゴールウェイ モハー、バレン高原、アーウィーの洞窟 ゴールウェイ 270 10,400
4/20 曇り →アラン諸島→コング  イニシュモア島 コング 100 13,400
4/21 曇り/雨 →スライゴー→クローリ コング修道院、アッシュフォード城、レオズ・タヴァーン ブンベグ(Bunbeg) 310 9,930
4/22 曇り →デリー グレンヴェー国立公園、デリー デリー郊外Drumahoe 140 6,400
4/23 小雨 →ダンドーク ダンルース城、ジャイアンツ・コーズウェイ、キャリック・ア・レッド吊り橋 ダンドーク 320 10,370
4/24 曇り →ダブリン 美術館 ダブリン 100 10,180
4/25-26 晴れ 帰途      

ドライブ旅行へのアドバイス
  • 日本と同じ左側通行・右ハンドル
  • 車種によるかも知れないが、ウインカー(左)、ワイパー(右)が日本と逆
  • 都市以外の交差点は、ラウンド・アバウト(ロータリー形式)。特に、進入時に右側車両優先に注意
  • 都市以外は渋滞無く、ガラガラで走りやすい
  • 一般道でも最高速度100km/hr(!) [歩行者、自転車、バイクが少ない]
  • 高速道路(自動車専用道路)はダブリン、ベルファースト付近しかないが、110km/hr(らしい)。料金は非常に安く、高くても 2Euro !
  • 都市では、歩行者が赤信号でも交差点を渡り、危険
    ダブリン市内の運転は避けたい(一方通行も多い)
    その意味では、市内で借りるより空港で借りる方がベター(市内で借りたため、返却時に道に迷ってしまった)
  • レンタル時に借りたナビが非常に役立った
    ただし、以下に注意
    @新しい高速道路情報が入っていなかった
    AGPS信号が弱く、動作しない時がある
    B酷使のためか、次第に故障頻発
    Cこの場合に備えて、通常の道路地図も必携
  • 田舎ではガソリンスタンド(filling station)が少ない。早めに補給すべき(30分走っても見付からなかったことあり)

宿泊施設

  • B&Bの料金は、68-70ユーロ/2名
  • 日没が午後8時くらいなので、6時頃、宿泊予定地に入り、B&Bを探せた。もっと遅くなるようなら、電話で予約がベター
  • 部屋を見せてもらってから決めて良い
  • 市街地より郊外の方が良い傾向(デリー市内のB&Bは、部屋を見て断った)
  • B&Bのガイドブックが役立つ(アイルランド 観光局 www.TourismIreland.jp)から無料で貰える(現地では有償販売)
  • B&Bで、次の宿泊地のB&Bを紹介して貰うことも可能(電話予約してくれたところもあり)
  • 朝食は、通常、アイリッシュで、食べきれない量が出る。Menuから選択できるB&Bもあり
  • 冷蔵庫は、ほとんどない
  • 石鹸、シャンプー類も持参がベター
  • 支払いはキャッシュ(カード支払いは不可能と考えて良い)

■ 画像

画像保存サーバ(http://picmate-club.panasonic.jp)の改訂のため、リンクが切れ、復旧中です。(2009/10/18)。ほぼ復旧しました。(2010/02/22)。

また、切れてしまいましたので、画像アルバムをhttps://picasaweb.google.com/111425444708914103410/0704に移しました(2011/11/4)。

https://get.google.com/albumarchive/111425444708914103410/album/AF1QipOeNzJh9o9KqIFSBReyPyHrlIZ76sVzzy1xpDGT

     
 ダブリン到着後、先ずパブで、ギネス・ビール パブのライブ音楽。自由に(ただで)聞ける トリニティー・カレッジ。1592年にイギリスのエリザベス1世によって創立された。「ケルズの書」がある図書館前 トリニティー・カレッジの図書館
 
「ケルズの書」。西暦800年頃に書かれ、世界で最も壮麗な装飾を持つ写本の一つ フェルメール「手紙を書く婦人と召使い」(アイルランド国立美術館) 。(その後、2008年来日) Frederic William Burtonの水彩画「The Meeting on the Turret Stairs」(アイルランド国立美術館) 。展示していなく、予約して個人的に見せてもらった  
   
街の中心の繁華街グラフトンストリートは、平日ながら何故か、すごい人出 緑色が目立つ衣料品店 緑色が目立つ アイリッシュダンスのショー(ダブリン市内)
       
セントスティーブンズグリーン公園。平日ながら何故か、すごい人出 公園の水仙。水仙は国内どこでも目に付いた ダブリン市内の公園 メリオン・スクエア  
     
聖パトリック大聖堂。アイルランド最大の教会 ヘンデルの『メサイヤ』が初上演された ニューグレンジ。ヨーロッパ最大規模でもっとも見事な新石器時代の遺跡。紀元前3200年前。世界遺産。 ニューグレンジ入口。墓の中心まで1本の狭い通路があり、冬至の時に、太陽光が入る
至るところでコマドリ(ロビン)の美しい声を聞いた。鳴き声は→sub04.html#海外の美声の小鳥 スレインの丘の修道院の遺跡 タラの丘。ケルトの聖地 モナスターボイス。アイルランドで最も巨大で複雑なレリーフを持つハイクロス(ケルト十字架)が残る
       
グレンダロッホ。 アイルランド初期キリスト教の聖地。手前の黄色い花は、至る所に咲いていたハリエニシダ。英語名はゴース(gorse)。 キルケニー城 「聖カニス大聖堂」の隣に建つラウンドタワーに登る。ほぼ垂直の階段で、足がすくむ ラウンドタワー塔頂からの眺望
       
キルケニーのパブ キテラーズ・イン(Kyteler's Inn)。この旅行で、最も楽しんだパブ。2015/1/27放送のTV番組「ふれあい街歩き」で、キルケニーでもっとも古い建物であり、魔女狩りにあったアリス・キテラーの生家として紹介された キルケニーのパブ キテラーズ・イン(Kyteler's Inn)。ライブ音楽も聴けて、この旅行で、最も楽しんだパブ 名物ビールのスミディックス(Smithwick's)。アイルランド限定のレッドエール  
ロック・オブ・キャッシェル(夕景) ロック・オブ・キャッシェル ロック・オブ・キャッシェル ロック・オブ・キャッシェルからの眺望
 
ブルー・ボルー(Bru Boru Cultural Centre)にて   ブラーニー城。城壁の頂上部にある『ブラーニー・ストーン』と呼ばれる石に仰向けになってキスをすると雄弁になれるとの有名な伝説がある。一種の肝試しになっていて、敬遠 ブラーニー城にて。何という花かな?Redbud?
       
リング・オブ・ケリー。アイベラ半島を一周するアイルランドきっての景勝道路 スケリッグ・マイケル(Skellig Micheal)を遠くに望む スケリッグ・マイケル。世界文化遺産。本土から12Kmの大西洋の絶海に聳える岩礁で、小さな岩積みの修道院が1400年前とほぼ同じ形で残る 橋を渡り、ヴァレンシア島へ。その頂上からの景色
       
リング・オブ・ケリーにて 大きな湾を横断するShannonフェリーで近道 モハーの断崖。海面200メートルの断崖絶壁の景勝地。崖沿いに石壁が新設され、崖に近づけない モハーの断崖
 
バレン高原。石灰岩の丘陵地帯 バレン高原にある巨人のテーブル(=ドルメン) 夜のゴールウェイ繁華街。両側にパブが並ぶ ゴールウェイのパブ
ロサヴィール(Rossaveal)港からアラン諸島へのフェリー(約45分) アラン諸島 イニシュモア島/ドゥーン・エンガス。馬蹄の形をした古代遺跡。海面から100m近い絶壁の淵にある。ここは崖に柵がなく恐ろしい ドゥーン・エンガスからの眺望。岩の大地で、土は人工のものしかない(島全体が一枚の岩らしい) アラン諸島 イニシュモア島にて。右に掛かっているのが、アラン・セーター
八重の水仙 アッシュフォード城。ジョン・フォード監督の名作「静かなる男」が撮影された小さな村コングに残る13世紀の古城。世界屈指の豪華古城ホテル コング修道院。廃虚と化した回廊や柱の石の彫刻が美しい ジョン・フォード監督の名作「静かなる男」が撮影された小さな村コング
     
エンヤのお父様経営のパブ “レオズ・タヴァーン”(クローリー村)。詳細は、 音楽館「エンヤの故郷を訪ねて」参照 店内の壁に掛かるエンヤのパネル エンヤのお父様(レオさん)のライブ。80才を越えるお歳ながら、アコーディオンを台に置いて演奏 R251号道路からの景色
     
グレンヴェー城。もともと個人所有だったが、国に寄贈されたもの。1870年の築。内部をガイド付きツアーで見学 グレンヴェー国立公園の氷河によるU字渓谷 デリー(ロンドンデリー)への道路から 北アイルランド(国境は気付かず通過) ダンルース城の遠望
     
ダンルース城。大西洋を見下ろす高さ30メートルの崖の突端に位置し、アイルランド島で最もドラマチックなロケーションとも言える16〜17世紀の要塞跡 ダンルース城 約100Kmに及ぶ「世界で最も風光明美な海岸道路」とも言われる絶景の海岸道路 ジャイアンツ・コーズウェイ。世界遺産
キャリック・ア・レッド(CARRICK-A-REDE)吊橋。岩場に渡る吊り橋;定員2名が8名に強化されていた 郵便ポストが緑色! ダブリン最後の締めも、アイリッシュダンス B&Bのアイリッシュ朝食は超豪華(これは量を少なくしてもらったもの)
   
B&Bの朝食の「前菜」のポリッジ。オートミールのお粥に相当。はちみつをたらすとおいしい ビーフシチュー 名物 アイリッシュ・シチュー  

その後の追記

「汽車にのって」

汽車に乗って
あいるらんどのやうな田舎へ行かう
ひとびとが祭の日傘をくるくるまはし
日が照りながら雨のふる
あいるらんどのやうな田舎へ行かう
窓に映った自分の顔を道づれにして
湖水をわたり 隧道をくぐり
珍しい顔の少女や牛の歩いてゐる
あいるらんどのやうな田舎へ行かう

丸山薫(1899〜 1974)
【 昭和2年、東大の学生時代に 「椎の木」誌に発表;昭和10年刊、詩集『幼年』収録】



トップページへ 美術館へ 映画館へ 旅行館へ 音楽館へ