最終更新日:16/04/07

美術館書庫(国内編#4:'01)

本館から移設(02/03/16; 4/20);ヴィーゲランの誤記訂正(08/03/10)
トップページへ

Lady Writing a Letter, by Vermeer
フェルメールの”手紙を書く女”(クリックすると拡大します)

 

目 次 

日本

海外美術

近現代美術

古代・その他

荻須高徳展

コーポレート・アート展

01年美術ベストテン

TV番組「美術市場 NIPPONをねらえ」

知られざる日本絵画−シアトル白澤庵コレクション

カラヴァッジョ展

 

MIHO MUSEUMの石造菩薩立像

眼の革命ー発見された日本美術ー

ミレー 心の旅

  MoMA ニューヨーク近代美術館名作展

龍門石窟

静嘉堂文庫美術館

マネ展

   

藤田美術館(大阪)

シエナ美術展

札幌芸術の森 野外美術館

マイセン美術館(札幌)

平山郁夫「大唐西域壁画」

東京富士美術館コレクションによるヨーロッパ絵画・伝統の300年

   

細見美術館

  黄金期フランドル絵画の巨匠たち展    

メナード美術館

チャルトリスキ・コレクション展

  ヒッチコック展  

国吉康雄美術館 

ヴェネツィア絵画展

  ベルギーの巨匠5人展

京都芸術センター

無言館

メルツバッハー・コレクション展 

  マティス、その原点

大塚国際美術展

  大原美術館

  イタリア・ルネサンス展

 

  「美の巨人たち」鑑賞メモ

児島虎次郎記念館

ルネ・ラリック展 

   

黒田清輝展

     

01年美術ベストテン 
01年美術ベストテン ( )内は訪問月

美術展ベスト10

1.眼の革命ー発見された日本美術ー:渋谷区立松濤美術館(10)
2.カラヴァッジオ展:東京都庭園美術館(11)
3.ルネ・ラリック 1860-1945展:京都国立近代美術館(3)
4.MoMA ニューヨーク近代美術館名作展:上野の森美術館(11)
5.荻須高徳展:稲沢市荻須記念美術館(11)
6.イタリア・ルネサンス−宮廷と都市の文化展−:国立西洋美術館(5)
7.知られざる日本絵画−シアトル白澤庵コレクション:大津歴史博物館(11)
8.黄金期フランドル絵画の巨匠たち展:滋賀県立近代美術館(9)
9.珠玉の日本美術 細見コレクション・リクエスト展:細見美術館(8)
10.コーポレート・アート展:Bunkamura(11)

次点:美術の中のこどもたち:東京国立博物館(10)


■初訪問美術館ベスト5

●国内編
1.無言館(長野県上田市)(6)
2.国吉康雄美術館(岡山)(6)
3.札幌芸術の森 野外美術館(10)
4.大塚国際美術館(鳴門)(6)
5.藤田美術館(大阪)(10)


●海外編
1.ナショナル・ギャラリー(ロンドン)(4)
2.アルテ・ピナコテーク美術館(ミュンヘン)(4)
3.ヘルツォーグ・アントン・ウルリッヒ美術館(ブラウンシュヴァイク)(4)
4.シュテーデル美術研究所(フランクフルト)(4)
5.ノイエ・ピナコテーク美術館(ミュンヘン)(4)


TV番組「美術市場 NIPPONをねらえ」 
TV番組「美術市場 NIPPONをねらえ」−謎の美術商 バン・ラインの告白−

'01/10/1 15-16? ハイビジョンで放送;'01/12/27 23:10〜0:10 NHK総合で放送

面白い番組でしたが、欲求不満も感じました。以下は番組の内容と館主のインタネ検索結果です。

番組の紹介記事の抜粋:レンブラントと同じ姓を持つ美術商 “ミシェル・バン・ライン”は、盗難品や贋作を取り扱う闇取り引きの帝王である。彼は、過去25年にわたる、日本の美術市場での贋作事件、盗品疑惑の鍵を握る人物なのだ。世界から孤立した特殊市場を持つ日本では、盗品をそれと知らずに買わされ、挙げ句の果てに盗品所持者として揺すられる、という被害が後を絶たない。こうした犯罪を裏で操っているのがバン・ラインなのである。ヨーロッパ諸国ではすでに逮捕歴もある「札つき」の画商だが、日本は未だに彼の格好の仕事場となっているという。

番組で取り上げられた事件

レンブラントの「自画像」事件:1978-80年、当時は贋作と見られていた絵を銀座の月光荘画廊経由でMOA美術館(熱海)に10億円で売り込んだ。レンブラント調査プロジェクトはこれを真作としたが、最近ではレンブラント工房作とする説が有力。

キプロスのカナカリア教会モザイク事件:キプロス紛争の際、大量の美術品が略奪され、国外に持ち出された。彼は深く関与していたが、キプロスが返還運動を開始すると、画商仲間を密告してその回収に協力。謝礼金を受け取った。

キプロスのイコン事件:95年、日本の地方大学がキプロスのイコン(聖像画)を14百万円で購入したが、97年、彼はキプロス名誉総領事と訪日し、違法に持ち出されたものとして返還を要求。

番組では空港のシーンでJAL147便というアナウンスが流れたが、これは東京−小松(金沢)便。インタネ検索で、この大学は金沢市立金沢美術工芸大学と判明。

石造菩薩立像事件:「セミの菩薩」(頭にセミのレリーフが付いた菩薩)をMIHO MUSEUMが95年に英国の美術商から1億円で購入した。彼はこれが中国から盗まれたものとして返還を要求。しかし、美術館は無償で中国政府に返還するこを決めたため、彼は出る幕がなかった。

これは、NHK教育/ETV特集「盗まれた美の行方」の中で紹介されたもので、本館にも掲載済み。

番組の最後に彼はうそぶく。「日本人にとって良い勉強に成ったのではないか...」

参考サイト

http://www.asahi.com/culture/bunka/K2001061800714.html
asahi.com の2001/6/18付け記事 「盗難美術品 我が家どこに?」

http://www.michelvanrijn.com/default.htm
番組でも紹介されたMichel van Rijnのサイト
MIHO Museumのスキャンダル(日本語)もあり

 http://www.michelvanrijn.com/artnews/artnws03.htm
 骸骨姿の人間が歩き回る怖ろしげな“脅迫的”サイト

http://www.museum-security.org/artcrime.html
Museum Security Network and Mailinglist
世界中の美術品犯罪ニュース

April 18, 2001
- Japanese Agree to Return a Stolen Statue to China
(Miho victim of trafficking in stolen cultural relics that
have been given false provenance by smugglers)

March 10, 2001
- Afghan Taliban Blow Head Off Ancient Buddha

などもある。


MIHO MUSEUMの石造菩薩立像 
菩薩立像■MIHO MUSEUMの石造菩薩立像(01/11)

龍門石窟展を見るため訪問した際、話題の菩薩立像を見ました。

2001年10月23日放送(2001年12月12日再放送)のNHK教育/ETV特集「盗まれた美の行方」の中で紹介されました。展示コーナーには特に説明文がありませんが、この仏像は中国から盗まれたもので、下記のように2007年末まで無償貸出されています。

TV番組
日本は、盗難美術品の購入者に返還義務のない、世界でも数少ない国である。日本には「盗品と知らずに入手した善意の購入者は、盗難から2年経てば正当な所有権を有する」という「2年間条項」があるため、売り手は責任逃れをしやすく、買い手も所有権を守られている。盗難美術品に対する国際的潮流が「無条件返還」に向かっている中、日本はいまだ盗品の流入が後を絶たない国である。法的な返還義務がないため、国内での対応にはばらつきがある。古代美術の世界的コレクションで知られるMIHO MUSEUMは、自らを「善意の購入者」であることを認めてもらうことを条件に仏像を中国に無償返還した。

MIHO MUSEUM: 
MIHO MUSEUMと中華人民共和国国家文物局および山東省文物局は、当美術館所蔵の中国で6世紀頃に制作されたと推定される石造菩薩立像(高さ約120センチ)の所有権を無償で中華人民共和国に譲渡することを、2001年4 月に合意しました。

なお、中国政府はこの返礼としてこの像を2007年末まで当美術館に無償で貸出すこと、 および同年秋に当美術館が創立10周年を記念して行う山東省の仏教美術にかかわる展覧会を 共同で開催することに同意しています。この菩薩像はこの展覧会に展示された後、 中国に輸送されます。

(同ミュージアムのサイトhttp://www.miho.or.jpより抜粋)


荻須高徳展 
荻須高徳:オー・ボン・ヴィヴァン■荻須高徳展:稲沢市荻須記念美術館(稲沢市)(01/11)

生誕100年記念の巡回展の最後。油彩のほか、水彩、ペン素描も。

招待券を持って訪れたら、画家の誕生日で無料開放の日。子供がうるさかったが、閉館間近になり静かになる。

若い頃から晩年まで、ずーとパリの何気ない町並みを、しかも、ほとんど変わらぬ画風で描いたことに驚き。ブラマンク、ユトリロの影響を感じる。☆広告塔、オー・ボン・ヴィヴァン

会期:2001/11/13-2002/1/27(月休)
交通機関:JR稲沢駅よりタクシー10分。名鉄国府宮駅よりバスあり。
tel:0587-23-3300


知られざる日本絵画−シアトル白澤庵コレクション 
白澤庵コレクション チケット■知られざる日本絵画−シアトル白澤庵コレクション:大津歴史博物館(01/11)

江戸時代から昭和初期までの水墨画や近代日本画のコレクション。伊藤若冲(鶏図)、曽我蕭白(太公望図)以外は知らない画人がほとんどだったが、バラエティに富んだ展示で、面白かった。

好みの絵ベストスリー:
渡辺公観(大津出身)「秋郊暮鵜図」
木谷千種(大阪の女流画家)「浅間獄(あさまがだけ)」(ハットする美人画)
前田然鳳「白衣観音図」(筆のかすれが絶妙)

他に、井上雪山「遊女と達磨図」もコミカル。

参考サイト:http://www.rekihaku.otsu.shiga.jp/

会期:2001年10月6日(土)〜11月25日(日)

交通機関:京阪電鉄石坂線「別所」下車徒歩5分。JR湖西線「西大津」下車徒歩15分。JR琵琶湖線「大津」から京阪バス10分「別所」下車。三井寺に隣接。


龍門石窟 
龍門石窟 館内ポスター■龍門石窟:MIHO MUSEUM(01/11)

日中国交正常化三十周年と龍門石窟のユネスコ世界文化遺産登録を記念した美術展。龍門石窟は、洛陽の南、伊水の両岸の山肌に無数に開かれているもの。実際のものを見たくなった。

会期:2001.9.1-12.16

美術館は4年ぶりの訪問。日本美術の部屋が特別展に使われていて、曜変天目は見られず。

  • 場所:滋賀県信楽町桃谷300  (まったくの山の中です)
  • tel:0748−82−3411
  • ホームページ:http://www.miho.or.jp
  • 行き方(車の場合):石山ー信楽の途中、大鳥居で右折。県道12号線を南下。信楽CC方面。標識豊富にあり。栗東から県道12に入るコース(山道を越える)もあり。
  • 行き方(バスの場合):石山から直通バス(帝産バス)あり。所要50分。平日5本、土曜10本、日曜8本。

コーポレート・アート展 
シスレー:モレのポプラ並木■コーポレート・アート展:Bunkamura(01/11)

今回で第4回目を迎える企業コレクション展で、今回は吉野石膏のコレクション。ミレー、コローから、モネ、ピサロなどの印象派、そしてピカソ、シャガール、カンディンスキーまでの西欧絵画69点。

ピサロが6点、シスレーが4点もある。さらに、ルノワール9点、ブラマンク5点。ドガ、ローランサン、ユトリロも良い。シャガールが、「ダフニスとクロエ」のリトグラフ40数枚ほか多数。

収集者の好みがはっきりしていて、魅力的作品多い。お薦めの美術展。

☆モネ「サンジェルマンの森の中で」、シスレー「モレのポプラ並木」、ドガ「踊り子たち、ピンクと緑」

会期:11/10(土)〜12/24(月) 10:00〜19:00(毎週金・土曜日は21:00まで)

参考サイト:ザ・ミュージアム http://www.bunkamura.co.jp/museum/index.html

【巡回展】 大阪:大丸ミュージアム 2002年1月30日(水)〜2月17日(日)

注:1996年に訪問した山形美術館で、吉野石膏のコレクション(常設)を見た記憶あり、帰宅後、当時購入した絵葉書(ドガ、ユトリロ、シャガール)を確認したら、同じコレクションでした。


カラバッジョ展 
カラヴァッジョ:果物かごを持つ少年■カラヴァッジョ展:東京都庭園美術館(01/10)

「日本におけるイタリア2001年」記念行事の一つ。カラヴァッジョの作品を日本で初めて本格的に公開ということで期待して訪問。

カラヴァッジョの作品は約10点だが、その影響を受けた画家“カラヴァッジェスキ”の作品も多数展示され、期待以上。

明暗のコントラストを強調した画は、スポットライトを浴びているようで迫力ある。ラ・ツール、レンブラント、フェルメールにも影響を与えていることが分かる。

会場が狭いので混雑。MoMA展とは観客の年齢層が違う。

☆カラヴァッジョ「果物かごを持つ少年」、カルロ・サラチェーニ「聖チェチリアと天使」

安田侃(かん) - 野外彫刻展 も開催中。

素敵なレストラン・カフェあり。

期間:9/29〜12/16(第2・4水曜休)
交通:目黒駅から徒歩7分
www.teien-art-museum.ne.jp/news/j_news.html

巡回:12/22〜2/24 岡崎市美術館(愛知)


MoMA ニューヨーク近代美術館名作展 
マティス:ダンス■MoMA ニューヨーク近代美術館名作展:上野の森美術館(01/10)

第3回目になるNY近代美術館展。同美術館の改築中の貸し出しとのことで、大作が来ている。

☆マティス「ダンス」、セザンヌ「モンジュルーの曲がり角」、ダリ「記憶の固執」

他に、ルソー「夢」、ボナール、シャガール、ポラック、モンドリアンが好感。

会期:2001/10/6−2/3
www.ueno-mori.org/moma/index.html


眼の革命ー発見された日本美術ー 
蕭白:群仙図屏風(部分)■眼の革命ー発見された日本美術ー:渋谷区立松濤美術館(01/10)

NHK「新日曜美術館」のアートシーンで紹介されて知った美術展。Bunkamuraの近くらしいことは以前から知っていたが、今回初めて訪問。

オーソドックスな枠からはみ出す個性的な造形を「美術」として「発見」した先駆者とその美術を取り上げたユニークな美術展。入館料300円は安い!

若冲(石灯籠図屏風など)、蕭白(群仙図屏風など)、国芳(相馬の古内裏など)が並んでいるのは壮観。

  • 柳宗悦:民芸品、木喰(もくじき)の仏像
  • 辻惟雄(のぶお):「奇想の系譜」(1968)に取り上げられた岩佐又兵衛、狩野山雪、伊藤若冲、蕭白、国芳、芦雪
  • 岡本太郎:縄文土器
  • 赤瀬川原平:超芸術トマソン

その他、円空の仏像、白隠の書画もあり。

会期:2001/10/2-11/18
交通機関:井の頭線神泉駅下車徒歩5分、または渋谷駅から徒歩15分
http://www.city.shibuya.tokyo.jp/ku/est/guide/musieum/musieum.html


静嘉堂文庫美術館 
曜変天目■美の継承展:静嘉堂文庫美術館(01/10)

初めての訪問。正門を入ってから深い林の中を歩く。

お目当ての国宝「曜変天目茶碗」は明るい部屋に展示されていて、模様が良く見える。先日見た藤田美術館のものに比べて、模様が豊富で、くっきりしている。自然にできたというより意図的にデザインしたように見える。やはり青色が魅力的だ。「光彩は薄膜光干渉による」と解説されていた。丁度、水溜りに浮く油膜の印象だ。

他に、「油滴天目茶碗」、「平治物語絵巻」、「住吉物語絵巻」などあり。ビデオ室で美術館の解説ビデオ(60分)が見られる。

会期:2001/9/29-12/2
交通機関:二子玉川駅からバス(美術館、または大蔵病院行き)10分
http://www.mitsubishi.or.jp/jp/group/seikado/info.html


ミレー 心の旅 
メルシャン美術館■ミレー 心の旅:メルシャン軽井沢美術館(01/10)

軽井沢駅で乗り換えて、しなの鉄道(旧JR信越線)御代田駅下車徒歩7分。浅間山を背景に、紅葉や白樺に囲まれた小さな美術館。

フランス シェルブール トマ・アンリ美術館のコレクションを中心としたミレー作品約80点を展示。<牛乳を運ぶノルマンディーの女、グレヴィル>、<慈愛>が良い。ミレーが肖像画を沢山描いたことを初めて知った。他に、ハーレムの画家トマ・ウィックの<田舎家の台所>が目に付いた。

隣接の建物でウィスキーやワインの試飲ができ、17年ものウィスキー、美味。また、ウィスキー蒸留所の見学ツアーあり。白樺林の中のカフェテリアも心地よい。

会期:2001/7/18-11/11


藤田美術館 
曜変天目茶碗■藤田美術館(大阪):01/10

初めて行きましたが、大阪城の近く、結婚式場太閤園の向かい。大阪の藤田家が収集した美術品を公開している。小さな土蔵が美術館。日曜昼間でもガラガラ。ゆっくり楽しめた。

お目当ての「曜変天目茶碗」(南宋時代)はさすが国宝。見とれてしまいました。黒地に青い虹色が浮かび上がっています。世界に3個しかなく、すべて日本の国宝とのこと。

注)3つの国宝の曜変天目茶碗は、静嘉堂文庫(東京)、藤田美術館(大阪)、天龍寺(京都)の所蔵。他に、MIHO ミュージアムに、耀変天目(中国、宋時代;重要文化財)があり、解説書には”耀変天目は国宝の三碗が特に世界に誇れる絶品といえますが、第四の耀変として 位置づけられるのがMIHO MUSEUMの耀変です”と書かれています。

もうひとつ目を奪われたのが、「深窓秘抄」という国宝の古筆。百人一首で知られているような和歌が達筆な筆で巻物に書かれている。平安時代のものですが、実に綺麗に保存されていました。

2001年秋期展会期:9/22-12/9(月休);展示替えあり。
交通手段:JR東西線大阪城北詰駅下車1分
Tel:06-6351-0582


平山郁夫「大唐西域壁画」  
長安大雁塔 ■平山郁夫「大唐西域壁画」:薬師寺玄奘三蔵院伽藍内(01/10)

昨年(2000年)の大晦日に最後の筆入れのシーンがNHKテレビ番組「ゆく年くる年」で放映され、実物を見たいと思っていた大壁画。

玄奘三蔵が長安を発ち、天山を越え、ヒマラヤ山を仰ぎ、天竺に至る旅を描いている。黄色の砂漠と青色の山のコントラストが美しい。

今年、タリバンにより破壊されたアフガニスタンのバーミアン遺跡も描かれていて、心が痛む。

今年末まで特別公開中。

なお、日曜午後1時から写経道場で大谷徹奘師の楽しい法話を聞けた。
http://www.tetsujo.net/

薬師寺 http://www.nara-yakushiji.com/

西方浄土須弥山(TV画像)
ナーランダの月(インド)

マネ展  
マネ:笛を吹く少年■マネ展:奈良県立美術館(01/10)

マネは好きな画家だが、「笛を吹く少年」以外は小品で少し期待外れ。モネに比べ、作品数が少ないということか・・・。

展示がガラス越しで、しかも説明の文字が小さくて読みにくい。

会期:9/23-11/25


シエナ美術展  
シエナ美術展チケット■シエナ美術展:東京ステーションギャラリー(01/10)

「日本におけるイタリア年」記念行事の一つ。初期ルネサンスから18世紀に至るシエナ派の絵画、彫刻、陶器など約100点。期待以上に楽しめた。

サーノ・ディ・ピエトロの《聖母子》、アゴスティーノ・ディ・ジョヴァンニの大理石彫刻《ベアトリーチェ》、ルティリオ・マネッティの数点の絵画が素晴らしい。

会期:10月6日(土)−12月9日(日)


美術の中のこどもたち  
さから■美術の中のこどもたち:東京国立博物館(01/10)

こどもを表現した作品、こどもの衣装、玩具などの美術展で、展示作品数約180点。

岸田劉生「麗子像」、横山大観「無我」、喜多川歌麿の浮世絵、沙羯羅(さから)(興福寺)などの仏像、埴輪など見応え十分。

平日だったので、ガラガラ。伴大納言絵巻、信貴山縁起絵巻などの絵巻物をじっくり見られたのは嬉しい。木造の仏像も木目が美しい。

会期:10月2日(火)〜11月11日(日)
会場:平成館


マイセン美術館(札幌) 
■マイセン美術館(札幌):01/10

サッポロファクトリー(サッポロビール工場の跡地にできた巨大ショッピングセンター)内にある。マイセン磁器のコレクション豊富。館内に喫茶店あり、マイセン磁器のカップでコーヒーを飲める。

(隣のレンガ館にある札幌市写真ライブラリに寄ったら、美術館の招待券が積んであり、無料で入場できた。ラッキー!)

交通機関:地下鉄東西線バスセンター駅から徒歩5分。市内からバスもあり。


東京富士美術館コレクションによるヨーロッパ絵画・伝統の300年  
美術館入口■東京富士美術館コレクションによるヨーロッパ絵画 伝統の300年:札幌芸術の森美術館(01/10)

芸術の森15周年記念の美術展。ルネサンスから印象派直前までの油彩画60点と版画25点。ティントレット、クラーナハ、ブリューゲル(父子)、ルーベンス、アングル、ターナーなど。

ラ・トウール:煙草を吸う男(部分)好きな画家の1人であるジョルジュ・ラ・トゥールの「煙草を吸う男」が目立つ。ポスターやリーフレットを飾っているが、絵葉書はない。図録によると1973年に南フランスで発見されたとのこと。最近読んだ「贋作者列伝」を思い出した。

ピーター・ブリューゲル(子)の「雪中の狩人」は、有名な同(父)の作品(ウィーン所在)のコピーで、サイズも小さい。ゴヤの連作版画、どこかで見たことがあるが、現実批判と風刺が強烈。

小さいが居心地良い喫茶店あり。会期:9/8-10/23


札幌芸術の森 野外美術館  
野外美術館 ■札幌芸術の森 野外美術館(01/10)

白樺林の丘陵に70点あまりの彫刻が点在する。紅葉を楽しみながら、案内マップ片手に一回りしたら、2時間かかった。

名前を初めて知ったのだが、ノルウェーの彫刻家 グスタフ・ヴィーゲランの作品が5点あり、どれも魅力的。

[08/03/10改訂追記]
グスタフ・ヴィーゲラン(Gustav Vigeland)の表記ミスを訂正しました。参考サイトは、
www.norway.or.jp/news_events/2006/0206vigeland.htm
札幌芸術の森で見るグスタフ・ヴィーゲランの彫刻
http://www.vigeland.museum.no/
ヴィーゲラン彫刻公園(ノルウェー語)

交通機関:地下鉄真駒内駅からバス20分(15-30分間隔)

ヴィーゲラン「母と子」
ヴィーゲラン「男と女」

黄金期フランドル絵画の巨匠たち展  
ブリューゲル:ネーデルランドの諺黄金期フランドル絵画の巨匠たち展:滋賀県立近代美術館(01/9)

日曜の午後だったが、雨のためか、ガラガラ状態。アントワープ王立美術館の所蔵絵画で、ブリューゲル兄弟の作品約15点やルーベンス作品が目玉。全出品数の半数が板絵というのも珍しい。

やはり、ブリューゲルが楽しい。これほどの作品は、'95年の「ブリューゲルの世界」(東武美術館)以来のこと。ピーター・ブリューゲル(子)の「ネーデルランドの諺」は、TV番組「美の巨人」でも取り上げられたが、81の諺が描き込まれていて、解説チラシ片手にじっくりと探した。ガラガラに空いていないとできないこと。有名なピーター(父)の作品(ベルリン蔵)の息子によるコピーで、世の中に疑わしいものを含めて24点もあるらしい。

「ヨハネの説教」もコピーが6点あり、東武美術館で見たものは絵葉書を調べると別の作品なようだ。

最初の部屋にあって気になった作品群(「聖家族」「不釣り合いのカップル」(クラナッハ作品が有名)など)の作者クエンティン・マセイス、帰宅後調べたら、「両替商とその妻」(ルーブル蔵)などを描いた有名な画家だった。

会期:2001年9月1日〜10月14日

東京、いわき、茨城(以上、終了)、宮崎県立美術館(10/20〜12/2)に巡回。


クロード・モネ展  
クロード・モネ展:山口県立美術館(01/09)

ルエルの眺め平日の昼間に訪問。ガラガラかと思ったが、そうでもない。

会場に入って先ず目を引くのが「セーヌ河畔の朝」(個人蔵;日本)。ピンクの朝靄が美しい。他に、「睡蓮」(個人蔵;日本)も素敵。モネ展では必ずある「積み藁」や「ルーアン大聖堂」がない代わりに、見たことのない小品が多かった。17歳の時に描いた「ルエルの眺め」(丸沼倉庫)に絶句。天才は違うものだ。

静岡県立、栃木県立、福島県立、富士美術館などの作品の他に、国内個人蔵の作品が展示されていて、国内にもかなりのモネが存在することを認識。

実物とのギャップが大きく、絵葉書もカタログも購入せず。

会期:7/5-9/30(無休) www.pref.yamaguchi.jp/4yamaart.htm


チャルトリスキ・コレクション展  
ダ・ヴィンチ チャルトリスキ・コレクション展 :京都市美術館(01/9)

土曜日の昼間に行ったが、予想以上に混雑。レオナルド・ダ・ヴィンチの『白貂を抱く貴婦人』の前は、行列の柵が出来ていて、ゆっくり見る雰囲気ではない。

ミラノの君主ルドヴィコ・イル・モーロの若く美しい愛人チェチリア・ガッレラーニをモデルにしたといわれ、"スフマート"と呼ばれる独自の微妙な陰影表現は、レオナルドが創始し、肖像画に変革をもたらしたとのこと。確かに『モナ・リザ』以上に美しい。背景の黒は、後世に塗りつぶされたものらしい。そう言われれば、そのように見える。

隣で開催中のアンリ・カルティエ=ブレッソン展も面白い。しかも無料。

チャルトリスキ・コレクション展情報 (01/9/2)

レオナルド・ダ・ヴィンチの「白貂を抱く貴婦人」来日。ポーランドのチャルトリスキ美術館所蔵のルネサンス期絵画・版画・装飾美術品など計114点を展示。

  • 開催期間:.9/1(土)〜10/28(日) 月曜休館(祝日、振替休日の場合は開館)
  • 開館時間:9:00〜17:00 (入館は16:30まで)
  • 会場:京都市美術館
  • 巡回:名古屋松坂屋美術館(H13.11/3〜H.14.1/6)、横浜美術館(H14.1/19〜4/7)
  • TV番組

    美術ミステリー「モナリザはもう一度微笑む〜レオナルド作「白貂を抱く貴婦人」の謎〜」:8/17(金)23-24時、NHK総合

    新日曜美術館:9/9(日)9-10時、NHK教育

  • 参考サイト:www2.mik.ne.jp/~davinci/ 
    www.2001italia.com/category/arte/01_022a.htm
  • 市民美術講座:9/1,9/15,10/6の午後2時開催

細見美術館  
細見美術館(01/08)

伊藤若冲:雪中雄鶏図京都平安神宮の南西、京都会館の西隣にある。故細見良氏のコレクション。日本の美術、工芸を所蔵するが、常設展はなく企画展のみ。

珠玉の日本美術細見コレクション・リクエスト展」を開催中(期間:6/8-9/2;月休)。リクエスト第1位は糸瓜群虫図(伊藤若冲)、第2位は雪中雄鶏図(同)。他の作品も見応えあり。


京都芸術センター  
京都芸術センター(01/08)

京都芸術センター京都市の中央部、烏丸四条の北西にある。建物は旧明倫小学校の校舎を保存したもの。「絵本と現代美術展」(元永定正、中辻悦子、田島征彦、田島征三)を開催中(期間:8/4-9/2;無休)。

図書室あり、ビデオも見られる。館内のカフェが前田珈琲店の支店で、コーヒーもケーキも美味しくお薦め。

http://web.kyoto-inet.or.jp/org/meirin-a/


メナード美術館  
■メナード美術館(小牧市):'01/07

東山魁夷:雲立つ嶺マネなどの欧州絵画などを期待して訪問したら、常設展示はなく、約2ヶ月ごとの企画展のみで、現在は「日本画と工芸:その技法と表現−名画のひみつ」展を開催中。それ以外の所蔵品が見られないとは、あてが外れた。仕方なく、休憩室でカタログを見る。

しかし、1000点以上の所蔵品が通常見られないのは残念なこと。なんとかならないのだろうか。

☆東山魁夷「雲立つ嶺」

交通が不便。名古屋からは、名鉄犬山線(地下鉄鶴舞線も乗り入れ)岩倉駅下車。タクシー(2000円)か、バスで市民病院北、または文化福祉会館前へ。約20分。名鉄小牧駅から徒歩10分だが、小牧線はJR名古屋駅から接続していない。

www.menard.co.jp/museum/index.htm
豊富なコレクションが見られる。これぞ垂涎というべきか。

なお、岩倉駅近くの立ち喰い店のきしめんは、安くて美味しくお薦め。


ヴェネツィア絵画展  
■ヴェネツィア絵画展:京都市美術館(01/7)

日本におけるイタリア年の一環。日本では初めての18世紀ヴェネツィア絵画の美術展。ティエポロ、ロンギ、カナレット、グアルディなどの油彩と素描。

ティエポロを期待して行ったが、上野の森美術館で出展されていた数点の展示なし。全体に期待はずれ。もともとロココ風の絵は好きになれないし、カナレットなどの風景画は好きだが、これまでに沢山見たことがあるし....。

なお、カナレットが使ったと言われるカメラ・オブスクーラが展示されている。

講演会「ティエポロ芸術の魅力」は、超満員の盛況で立ち見の人も。講師の宮下規久朗さん(神戸大助教授)はティエポロの専門家とのことで、スライド入りの面白い講演。壁画、天井画などの環境芸術であり、美術館で油彩を見てもティエポロの良さは分からないとのこと。なるほどと納得。

期間:2001/6/2-7/29(月休)
サイト:www.sankei.co.jp/bochi/event/event.html


メルツバッハー・コレクション展  
メルツバッハー・コレクション展 色彩の歓び:安田火災東郷青児美術館(01/7)

スイス在住の個人のコレクション。ルノワール、モネ、ゴッホ、モディリアーニ、マティス、ピカソ、ブラマンク、ドラン、ブラック、カンディンスキーなど。予想以上に粒ぞろいで点数も多く、行った甲斐があった。

会期:2001/06/02〜2001/07/22
サイト:www.yasuda.co.jp/museum/
巡回先:山口萩(7/28-9/28)、岩手(10/6-11/11)


大塚国際美術館  
  ■大塚国際美術館(徳島県鳴門市):'01/06

大塚製薬75周年記念事業で設立された「陶板名画美術館」。古代から現代までの名画が陶板で再現されている。1,000点以上あるのには驚き。

系統展示(年代順)の他に、環境展示(古代遺跡や教会の復元)、テーマ展示(レンブラントの自画像など)があり、西洋美術史の学習には最適。特に、あまり見る機会の無い中世・ルネサンス期の絵画を実物大で見られる。

一通り見るには4時間くらい掛かるだろう。時間がないので、10時半から1時まで、一巡。見たことのある名画が沢山あり、楽しい。

フェルメールは4点(小路、デルフトの眺望、牛乳を注ぐ女、手紙を読む青衣の女)。エル・グレコも多数。最近気になっているフリードッリッヒ、セガンティーニも複数枚ある。

写真を陶板に焼き付けたと思われ、印象派以前の絵画は"まあまあ"だが、モネ、シスレーなどの印象派や、スーラなどの点描法の絵画は、実物との落差が大きい。

実物に接したときの感動はあまり感じられないので、入館料大人3000円は高すぎる感。

鳴門公園とは遊歩道を歩いて10分ほど。鳴門駅から鳴門公園行きバスで美術館前下車。
http://www.o-museum.or.jp/

 

国吉康雄美術館  
Kuniyoshi: Daily News ■国吉康雄美術館(岡山)'01/06

岡山駅からバスで10分。ベネッセ(もと福武書店)本社の2階。メセナの一環らしく、入場無料! 

岡山出身の国吉の作品や資料、遺品を多数展示。「デイリー・ニュース」(左上;シンシナティ美術館所蔵品で、交換展示中)、「もの思う女」、「バンダナをつけた女」(左下)など物憂げな女性を描いた絵が最高。

1906年、農業移民として17歳で米国に渡り、NYに移って絵を学び、第2次世界大戦中には日本軍向けの放送原稿を執筆し、さらに米国絵画界をリードする画家(美術家組合の初代会長)となった一生にも興味を持った。

http://www.city.okayama.okayama.jp/museum/kuniyoshi-yasuo/index.html

Kuniyoshi: Girl Wearing Bandana

無言館  
無言館 ■無言館(長野県上田市)(01/06)

99/11に訪問した芸大美術館でその存在を知り、それ以来、訪問したいと思っていた美術館でした。

1997年、窪島誠一郎氏(信濃デッサン館館主)らの手により、戦没画学生の遺作・遺品を展示する美術館として開館ということと、交通手段はインターネット・サイトで調べました。

上田市から別所温泉行きの電車に乗り、塩田駅下車。上田駅で入手の「塩田平ウォーキングマップ」を片手に歩き始める。梅雨の晴れ間、日差しが暑く、汗を拭きながら徒歩30分。美術館は急な山道を登った丘の上にある。

館内の雰囲気を保つためであろう、入場制限があり、入口で5分ほど待たされる。

小さい木のドアを開けると、いきなり展示スペース。教会のような高い天井を持つ十字型の館内の壁に絵画が掛けられ、対応した遺品がケース内に展示されている。

家族団らんを描いた絵、妻の裸体のデッサン、ボロボロに痛んで絵の具が剥げ落ちた絵、浴衣の妹の絵、...。

絵に付けられた画学生の経歴、その最後は戦死か戦病死。学生服の写真、戦場から家族に宛てたハガキ、そして、戦死公報。

1枚1枚の絵に込められた若き画学生やその家族の無念な気持ち、悔しさを感じて感動。立ち去り難い。

出口にあるセルフサービスの喫茶コーナーでコーヒー(200円)。本を読み、家族インタビュー録音(MD)を聴いて、静かな時間を過ごす。

開館までの経緯を書いた窪島誠一郎著『「無言館」ものがたり』(講談社)、画集の窪島誠一郎著『無言館 戦没画学生の「祈りの絵」』(講談社)を購入。

なお、観光バスのルートに組み込まれているのか、意外に団体客が多くて驚き。館員が懸命に整理していることに好感。多くの人に見て欲しいけれど、ガヤガヤと時間に追われながら見る人で混む美術館になって欲しくない。

年中無休、10-17時。Tel.0268-37-1650
JR上田駅より上田交通別所線「塩田町」下車、徒歩30分。
他に、塩田町〜別所温泉間の観光用循環バス(1〜2時間毎)あり。

画集「無言館」

イタリア・ルネサンス展  
イタリア年記念切手 ■イタリア・ルネサンス−宮廷と都市の文化展−:国立西洋美術館(01/05)

「日本におけるイタリア2001年」の企画展。会期の中程のためか、意外にも空いていた。心惹かれる絵も多く、お薦めの美術展。先日、NHK新日曜美術館で時代背景を聞いていたのが参考になった。最後の絵のエンポリ「聖エリギウスの誠実」は、フェルメールの絵に似ていて面白い。

ボッティチェリ「受胎告知」(左上図)、ラファエロ「ラ・ヴェラータ(ヴェールの女)」、ティツィアーノ「フローラ」(左下図)、ミケランジェロ「プルートウス」、エンポリ「聖エリギウスの誠実」

会期:2001/3/20-7/8(月休)9:30-17(金曜-20)
参考サイト:http://www.nikkei.co.jp/events/

Tiziano: Flora
ドルチ:悲しみの聖母 国立西洋美術館

特別展のチケットで平常展示室を見られる。印象派の部屋も良いが、最近入手と思われるカルロ・ドルチの「悲しみの聖母」が素晴らしい。

[参考]Dolci, Carlo (1616-86):17世紀半ば、イタリアのフローレンスを代表する画家。肖像画に優れる。


ヒッチコック展  
■汚名ーアルフレッド・ヒッチコックと現代美術:東京オペラシティアートギャラリー(01/05)

サスペンス映画の巨匠ヒッチコックの作品をモチーフにした14人のアーティストによる現代美術展。世界巡回中のもの。サイコ、裏窓、めまい、マーニーを知っていると、数倍楽しめる。逆に、これらを知らないと、楽しめないかも。
会期:2001年4月4日〜6月17日。この後、広島に巡回(7/29-9/2)


 ドイツ、イギリスの美術館訪問記(01/04): 海外編参照

「美の巨人たち」鑑賞メモ 2001/3/20記 
美の巨人たち: ビデオ2本(Takさん提供)を見る。 

■北斎 凱風快晴:版木は4枚。彫り5年刷り10年。ボカシは刷り師の技術。空を刷った青の絵の具(ベロ藍)は輸入品。西洋画を研究し、浮世絵で初めて風景画を描いた。

■クリムト 接吻:ウイーンのヴェルベデーレ宮殿。幸福な愛の隣は断崖。180*180cm。こんな大きな絵とは...。

■ムンク 叫び:オスロ。ムンクは「自然の叫び」を聞いた。いたずら書きが書かれている。作品を野ざらしにしたりして、画面はボロボロ。絵画修復家泣かせ。

■マネ 草上の昼食:オルセー。世紀のスキャンダルになった理由は、写実的な裸婦だったから。写真の登場の影響。

■シーレ 死と乙女:ウイーン。同居した女性ヴァリーを捨てて他の女性と結婚する直前の絵。1918年、クリムト、シーレ夫妻ともスペイン風邪で死亡。28才での夭折。

■グレコ 聖衣剥奪:トレドのカテドラル。当時は画家は職人と見なされ、大聖堂側と報酬でトラブル。いつも借金と貧困の中で描いた。ローマを離れトレドに来た理由とは? ミケランジェロの「最後の審判」を批判したため。強烈な自負の持ち主。描かれた手の姿に注目。

■ラファエロ ラ・フォルナリーナ:ローマのバルベリーニ宮殿。遺品の中から見つかった裸婦像。頭のターバンは人妻のしるし。誰を描いたのかが謎。一生結婚しなかた画家の秘密の恋人。ROMAを逆に読むとAMOR(恋)。

■ブリューゲル(父) ネーデルランドのことわざ:ベルリンの絵画館(ゲメルゲ・ギャラリー)。アントワープの画家。100以上の諺が描かれている。

■ドガ エトワール、または、舞台の踊り子:オルセー。馬、バレー、動きの中の一瞬を描きたかった。モノタイプにパステルを塗るという技法。パステルは油絵より早く描ける(乾くのを待つ必要がない)。奇抜な構図は浮世絵の影響。

■岸田劉生 麗子微笑(青果持テル):油絵だけでも麗子を20点以上描く。ゴッホに心酔。セザンヌ、ムンクなどの画風も。来客を絵のモデルにしたので、「首狩り劉生」呼ばれる。38才で病没。麗子は「父 岸田劉生」の原稿完成後、48才で没。その娘が岸田夏子(画家)。「村娘」としてモデルになった方も89才でご健在。

■ターナー 雨、蒸気、スピード、グレートウエスタン鉄道:ロンドン・ナショナルギャラリー。大気、雨冠(かんむり)の画家。ターナーには3つの顔。(1)旅する画家;(2)変わり者(偽名、秘密主義);(3)エロチックな絵も描いた。

■若冲 菜虫譜:行方不明から73年目に栃木県の旧家の蔵から発見された。長さ12mの絵巻物。異端の画家若冲は、京都錦小路の青物問屋の主。

■ルーベンス キリスト降架:アントワープの大聖堂。「フランダースの犬」(ベルギーでは無名)でネロ少年が最後に月の光の中で見る絵。

■ユトリロ コタン小路:ユトリロ美術展(パリ郊外)。現在もほとんど変わらない風景。漆喰の壁の美しさ。晩年には若いときの絵の模写を。ラバン・アジルを描いた絵が数百枚もある。

■ボス 快楽の園:プラド美術館。これが16世紀の祭壇画とは...。決して異端ではない。


ルネ・ラリック展  
Rene Lalique Poster■ルネ・ラリック 1860-1945展:京都国立近代美術館(01/03)
アール・ヌーヴォーのモダン・ジュエリーの先駆者、アール・デコのガラス工芸の巨匠Rene Laliqueの全貌を知ることのできる総合的な回顧展。展示点数が約400点と非常に多い。ガラス越しに細かい細工を見るのは大変だが、魅力ある作品多く、期待通り楽しい美術展。所要約2時間半。オーディオガイドあり。帰宅したら、NHK新日曜美術館で再放送をしていて、アップの画像が見られた。
☆ティアラ《カトレア》、櫛《二羽のツバメ》

会期:2001年2月10日〜4月15日。このあと、浜松市美術館(2001年9月21日〜10月21日)にも巡回の模様。


大原美術館  
大原美術館 ラファエリ:アニエールの街路 ■大原美術館(01/3) 

約10年ぶりに大原美術館を訪問。本館一階の展示室、壁一杯に絵が掛けられている。昨年、昔の美術館の展示方法に変更したとのニュースを見たが、そのまま残しているらしい。

エル・グレコ(受胎告知)が最高。他に、モディリアニ、セガンチーニ、モネ(睡蓮)が好きだ。モロー(雅歌)は小さくて、しかもコーナーにあるので、見落としそう。ラファエリ(アニエールの街路)という画家を初認識。

版画室には、棟方志功。分館には、青木繁、岸田劉生など。

蔵造りの工芸館2階で陶芸を見ていたら、突然の地震。立っていられないほど長く揺れる。すぐ係員が巡回し、展示物の異状をチェック。壁の絵画が傾いたり、ガラスの中の展示物が散らばったりしていたが、損傷はなかった模様。

エル・グレコ:受胎告知 モロー:雅歌

児島虎次郎記念館 
児島虎次郎:姉妹■児島虎次郎記念館(01/3) 

倉敷へ日帰り旅行し、大原美術館のあと、アイビー・スクエアの中の児島虎次郎記念館へ。大原美術館のコレクションに貢献した虎次郎自身の絵画や収集した西洋絵画、オリエント美術品が展示されている。虎次郎の絵は初めて見たが、好きな絵が多く、楽しめた。


ベルギーの巨匠5人展 
Paul Delvaux: All the Lights■ベルギーの巨匠5人展:大丸ミュージアム・梅田(01/02)
ジェームズ・アンソール、レオン・スピリアールト、コンスタント・ペルメーク、ルネ・マグリット、ポール・デルヴォーの作品展。スピリアールト、ペルメークは初めて知った。デルヴォーが圧倒的に良い。☆デルヴォー「煌々と」
会期:2001.2.14-25(無休)


ルノワール展  
ルノワール:ルグラン嬢■ルノワール展:ブリジストン美術館(01/02)
「異端児から巨匠への道1870-1892」という副題通り、エッ? これがルノワール? というような絵もあり、あの豊満な女性像を描くまでに、いろいろな描き方を試行していたことが分かる美術展でした。日本初公開の作品が多いらしいが、それほどの大作はなく、人気先行気味ではないだろうか。終わってから同館所蔵のモネなども見られる。☆ルグラン嬢

会期:2/10-4/15(月休)。10-20時。www.bridgestone-museum.gr.jp
チケット売り場が待ち行列。予め前売券を購入すべきです。近くでは、八重洲大丸2階チケットぴあにて購入可能。


黒田清輝展  
黒田清輝:湖畔■黒田清輝展:滋賀県立近代美術館(01/02)
東京国立文化財研究所所蔵作品の巡回展。名作「湖畔」が良い。3人の女性の裸体画「智・感・情」にも圧倒された。会期:1/13-2/18(月休)

マティス、その原点  
マティス:自画像 ■マティス、その原点展:兵庫県立近代美術館(01/01)
ル・カトー=カンブレジ マティス美術館コレクション。祭日に行ったが、そう混んでいない。ただ、動物園の近くのためか、子供が多く騒がしい。会場に入ってすぐに、リーフレット表紙を飾る「タータンチェックのドレスと黄色いドレスの二人の若い女性」。これが一番良かった。チェックの赤、緑、青の色に見とれてしまう。ル・カトー=カンブレジは、パリ北方のマティスの生まれ故郷。会期:11/18-1/21(月休)

初めて訪問した美術館だが、意外に大きい。喫茶店あり。
東館に小磯良平記念室。有名な「斉唱」あり。「T嬢の像」も素敵。
西館版画室で、企画展「幻想の美学」。ゴヤ、ルドン、アンソール、エルンスト、マグリッド、瑛九などの幻想版画を展示(会期:11/25−2/6)

図書コーナーでリプロポート刊「フェルメール画集」を発見。

マティス:タータンチェックのドレスと黄色いドレスの若い女性  

フェルメール館  

美術館書庫(国内編#1:〜'98)

美術館書庫(国内編#2:'99)

美術館書庫(国内編#3:'00)

美術館書庫(海外編)


美術館リンク集  

美術館ライブラリ  


トップページへ 映画館へ 旅行館へ 音楽館へ


ご意見/ご感想はこちらまで

BXM02060@nifty.ne.jp(使用の節は、@を@に変更して下さい)