最終更新日:17/08/10

旅行館書庫(タイ編)

アジア編から独立、大幅改装;工事中(14/7/14);画像リンク切れ修復('17/8/10)

トップページへ

 

目次

タイ紀行(11/2) タイ紀行(08/2) タイ紀行(06/2) タイ・バンコク紀行(05/8) タイ・マレーシア紀行(95/1)

タイ紀行(11/2)
■タイ紀行(11/2) 

3年振りに2泊3日でタイを訪問。今回は、バンコクの未訪問エリアを廻りました。

画像は、アルバム https://get.google.com/albumarchive/111425444708914103410/album/AF1QipPo8YqbY2X3QcqHjSonBkLlICZfoK0d6GFpOvn1
タイ紀行('11/02) にあります。

以下は、その抜粋です。

画像のうち、Picasa Web Albumにリンクしている画像は、拡大クリックしてもリンク切れです(2016/8より)。
PicasaがGoogleに統合されたためです。画像アルバムでご覧下さい。

 

ワット・アルン(暁の寺)

ワット・アルンの急階段。めまいがしそうで怖い

ワット・アルンから北に向かって歩いて辿り着いたワット・ラカン 

  チャオプラヤー川を一望できるカフェで休憩@CLUB ARTS

ワット・ラカンから、さらに北に向かって、迷い込んだところにあった賑やかな路地 

 

サートン船着場から、チャオプラヤーエクスプレスに乗船

センセーブ運河の水上バス。渋滞もなく、かなりの速度で突っ走る

チャトゥチャック・ウイークエンド市場。すごい賑わい

タイの焼きそば パッタイ

マンゴ・タンゴにて、感動的な味マンゴー


タイ紀行(08/2)
■タイ紀行(08/2) 

約2年振りにタイを訪問。4泊5日のパック・ツアーに参加。アユタヤとバンコクを廻りました。

画像は、アルバム https://picasaweb.google.com/111425444708914103410/0802 タイ紀行(08/02) にあります。

バンコク ワットアルンから

バンコク市内にて

 

ワット・アルン(暁の寺)から王宮やワット・ポーを望む

 ワット・ポー (涅槃仏寺)

ワット・ポー壁画 

  バンコク市内にて、春慶節

 

 

モノレールや地下鉄はできたが、相変わらずの大渋滞

水上マーケットへ

水上マーケットにて

アユタヤ遺跡

アユタヤ遺跡のライトアップ


タイ紀行(06/2)
■タイ紀行(06/2) 

半年振りにタイを訪問。5泊6日のパック・ツアーに参加。バンコクとアユタヤを廻りました。

画像は、アルバム https://picasaweb.google.com/111425444708914103410/0602 タイ紀行(06/02) にあります。


タイ・バンコク紀行(05/8)
■タイ・バンコク紀行(05/8) 

約10年振りにタイ(バンコク)を訪問。仕事の合間に撮影した画像です。なお、1バーツ(B1)=2.8円。

画像は、アルバム https://picasaweb.google.com/111425444708914103410/0508 タイ紀行(05/08) にあります。

王宮の中にあるワット・プラケオ(エメラルド寺院)

ワット・プラケオ(エメラルド寺院)

回廊にある長大な壁画。猿と人間がメイン

ワット・ポー(涅槃寺)。大きな寝大仏

ワット・ポー

   
ワット・ポーの壁画。
古式タイ・マッサージの本拠
ワット・アルン(暁の寺院)の大仏塔。渡し船は、料金B3 ワット・アルンのタイル装飾    
駅の本屋:日本の本
ホテルからの眺め。市内方向ではないが、高層ビルが目立つ 市内を走るモノレール(BTS)の改札口。なぜか、利用者の女性比率が高い ホテル近くのスカイトレイン駅にある本屋は、日本の本がずらり。古本のようだ。日本人が多いということだろう ガイドブックでは「ニューハーフショー」と記載されていたが、いわゆる「おかまショー」(タイでもそう言うらしい)。美女多数出演!女性、家族連れを含めた観客で満員 デザート店がずらり。読めないタイ文字が美しい
トムヤムクン 巨大レストランの入口に見えるショーウィンドウ化した調理室 食材を買ってから、調理法を指示するシステム デザートの「カオ・ニャオ・ダム・ピアック」。黒米、ココナツミ
ルク。食べやすい
訪問先の前の屋台。揚げフルーツ。バナナが絶品
果物の女王:マンゴスチン    
果物のキング、ドリアン。手前はマンゴスチン 強烈な臭いのため、ホテル持ち込み禁止だったが、それほどの臭いではなかった。カスタードクリームのような甘さ マンゴスチン。果物のQueen! ナイフをコンビニ(セブンイレブン)で購入。最初は、皮が厚くて硬いので苦労したが、その後、上手な剥き方を発見。ナイフを入れたあとは、手で剥ける    

タイ・マレーシア紀行(95/01/10-14)
Reclining Buddha at Wat Pho, Bangkok

初めて、タイ・マレーシアに出張しました。

第1日:関空→バンコク

  • 9:30関空発、13:20(日本時間15:20)バンコク着。両替は、レート1円=0.24バーツ

  • ホテルにチェックイン後、ワット。ポーへ。道路はすごい渋滞。人も多く、これぞ”東南アジア”という感じ。王宮は夕方遅すぎて、見られず。

  • ワット・ポー(涅槃寺):王宮の隣。大きな寝大仏がある。建物の装飾が特にすばらしい寺院。同じ仏教のお寺でも、日本とタイとで、すっかり建物の装飾が違うのを不思議に思う。

  • メナム川の桟橋から、ワット・アルン(暁の寺院)や、渡し船の通勤ラッシュを眺める。夕方の市場も見学。帰りのタクシーは、値段交渉必要。

Wat Pho Temple at Bangkok

第2日:バンコク近郊

第3日:バンコク近郊→ペナン

第4日:ペナン→シンガポール→関空



トップページへ 美術館へ 映画館へ 旅行館へ 音楽館へ