最終更新日:16/12/29

旅行館書庫(トルコ・ギリシャ編)

メテオラ

サントリーニ島(朝やけ)

メテオラ(ギリシャ)

サントリーニの朝(ギリシャ)

新設工事開始(09/11/1);地図を追加('11/8/24)

トップページへ

目次

総括 行程 地図  
トルコ(イスタンブール) イスタンブール郊外 ギリシャ(アテネ) アテネ以外
トプカプ宮殿 ボスポラス・クルーズ パルテノン神殿 メテオラ
アヤソフィア博物館   新アクロポリス博物館 サントリーニ
スルタンアフメト・モスク [ブルーモスク]   アテネ国立考古学博物館 ミコノス
イスタンブル地下宮殿   アテネ(その他)  
ドルマバフチェ宮殿      
イスタンブール考古学博物館      

イスタンブール(その他)

     
       
★美術関係は、美術館書庫(トルコ・ギリシャ美術紀行(09/10))

 

画像のうち、Picasa Web Albumにリンクしている画像は、クリックしてもリンク切れです(2016/8より)。PicasaがGoogleに統合・閉鎖されたためです。

当面の対応として、サムネイル画像サイズを拡大しました。オリジナル拡大画像は、画像アルバムでご覧下さい。

画像アルバムが、下記にあります。枚数が多く、また、スライド形式で見られます。
https://get.google.com/albumarchive/111425444708914103410/album/AF1QipNBtL6v-4QP_XYXvUKIhk93EsTWjgx3lqf2YZJa
トルコ・ギリシア紀行(09/10)

https://get.google.com/albumarchive/111425444708914103410/album/AF1QipOEtsfDzqBj-G24r281Y-YvUy-OUCQsCBLvroHr
トルコ・ギリシャ美術紀行(09/10)


トルコ・ギリシャ旅行総括(2009/9/17-10/3)

  • イスタンブールでの仕事のついでに、その周辺とギリシャを旅行しました。
  • いくつかの小トラブルには遭遇したものの、予定通り、無事に帰国できて、幸い。
  • 欧州、特にブルガリアなど東欧からの観光客で溢れていたのは驚き。
  • 旅行先の中では、エーゲ海がベスト。空と海の青さが印象的。

行程


より大きな地図で トルコ・ギリシア紀行(2009/9-10) を表示

    天候 行 程 主な見学地 宿 泊
9/17   関空→イスタンブール(トルコ航空)   機中泊
18 イスタンブール アヤソフィア、ブルーモスク、地下宮殿、セマー・ダンス イスタンブール
19 イスタンブール トプカプ宮殿、グラン・バザール イスタンブール
20 快晴 イスタンブール ボスポラス海峡クルーズ、ベリーダンス・ショー イスタンブール
21 イスタンブール   イスタンブール
22 イスタンブール ドルマバフチェ宮殿 イスタンブール
23 快晴 →アテネ(トルコ航空) 考古学博物館 アテネ
24 快晴 アテネ アクロポリス、アクロポリス博物館 アテネ
25 晴れ→曇り アテネ 15:53 → カランバカ 20:20 市場、オモニア広場 カランバカ
26 曇り カランバカ 17:34→アテネ 22:05 メテオラ アテネ
27 快晴 アテネ 10:50→サントリーニ 11:35(エーゲ航空) サントリーニ、イア サントリーニ
28 快晴 サントリーニ 11:50→ミコノス 14:25(高速船) ミコノス ミコノス
29 快晴 ミコノス 19:15 →アテネ(PIRAEUS) 23:40(フェリー) ミコノス アテネ
30 快晴 アテネ  アテネ国立考古学博物館、ナイトショー アテネ
10/1 アテネ プラカ地区、ナイトショー アテネ
10/2 →イスタンブール経由(トルコ航空) コロナキ地区、リカヴィトスの丘 機中泊
10/3   →関空(トルコ航空)    

トプカプ宮殿

■トプカプ宮殿(Wikipedia

1467年、メフィット2世によって築かれ、1839年までの約370年間、歴代スルタンたちの公式の住居とされてきた宮殿。1924年からは博物館として一般公開されている。イスタンブル旧市街のある半島の先端部分、三方をボスポラス海峡とマルマラ海、金角湾に囲まれた丘に位置する。  

トプカプと言えば、映画「トプカピ」(1964)で見た宝物館と短剣が思いつくくらいで、予備知識は無かった。朝から入場して、途中、ランチを食べ、見学終了は午後4時。内部は予想以上に広い。日本語の音声ガイドがあり、嬉しい。

宝物館:入口で約20分の行列待ち。第4館に、宝石類。「トプカプの短剣」は、映画のような人形にではなく、単純なガラスウインドウの中に展示されていた。

モザイクタイル:ハレムの内部でも、内廷の一番奥の区域(バーダット・キョシュキュ)でも、イズニック・タイルが素晴らしい。

レストラン:海に面したオープンエリアがあり、ファーストフード形式。非常に値段が高いが、素晴らしい眺望の代金。

トピカプ? トプカピ?

有名な映画の題名が「トプカピ」だったので、トプカピ宮殿と呼んでいたが、ガイド書やトルコ観光サイトの表示が「トプカプ宮殿」になっていることに気付いた。

英語のwiki(http://en.wikipedia.org/wiki/Topkap%C4%B1_Palace)によれば、トルコ語では、Topkap?(iの上の点がない) であり、英語表現は "Topkapi" とのこと。

トルコ語の「? (iの上の点がない)」の音は、「イ」の口の形で「ウ」と発音するのに近く、「原音主義」での表現なら、「トプカプ」とすべきらしい。

 

空からのスルタンアフメット地区
(手前から、ブルーモスク、アヤソフィア、トプカプ宮殿)
幸福の門 ハレムの内部 ハレム
ハレム ハレム ハレム ドーム 
   

イズニック・タイル

  イズニック・タイル   象眼細工  

アヤソフィア博物館[ハギア・ソフィア]

■アヤソフィア博物館 [ハギア・ソフィア](Wikipedia

アヤソフィア(トルコ語:Ayasofya)は、トルコのイスタンブルにある博物館。東ローマ帝国(ビザンツ帝国・ビザンティン帝国)時代に正統派キリスト教の大聖堂として建設されたもので、帝国第一の格式を誇る教会、コンスタンティノポリス総主教座の所在地であった。東西教会の分裂以後は、正教会の総本山となる。

今日、建築物の外観は漆喰で塗り込められ、四辺をオスマン時代に建設されたミナレットによって囲まれているが、イスタンブルの辿ってきた歴史の変遷を考えれば、この教会堂が遺っていること自体、ほとんど奇跡であると言って良い。すべては中世キリスト教徒のたゆまぬ修復とイスラム教徒のこの建築物に対する畏敬の念のたまものである。

TV映像などで見た内部の壮大なドームがインプットされていたので、ゴツゴツした外観は意外だった。内部に入ると、想像通りのドーム。しかし、中央にある工事の櫓が邪魔。

ドーム頂天近くには、「聖母子と大天使」のモザイク。柱に架かる円盤には、アラビア文字。至る所で、キリスト教文化とイスラム教文化がミックスされていて、面白い。

ガイド書にあるモザイクを探したが、なかなか見つからず、2階の一番奥の回廊に発見。「デイシス(請願図)」、「聖母子と皇帝家族(皇帝ヨハネス2世コムネノス、皇后イレーネ)」など。

南側の窓から光が射し込む広い空間で、暫しの休憩。

 

 
4本のミナレットに囲まれた外観 外観 外観 ドーム頂天近くに「聖母子と大天使」
 

円盤には、アラビア文字

モザイク「デイシス(請願図)」

モザイク「聖母子と皇帝家族」

 

スルタンアフメト・モスク [ブルーモスク]

■スルタンアフメト・モスク [ブルーモスク] (Sultanahmet Camii)(Wikipedia

トルコのイスタンブールを代表するモスクで、世界文化遺産であるイスタンブール歴史地域の歴史的建造物群のひとつ。オスマン帝国の第14代スルタン・アフメト1世によって1609年から1616年の7年の歳月をかけて建造された。世界で最も美しいモスクと評される。

アヤソフィアの真っ正面にあり、6本のミナレット(尖塔)と高さ43mのドームが印象的。正面入口は信者用らしく、観光客は右横から入る。モスクとして使用されていて、入場無料。

ドームを巨大な4本の柱で支えている。巧みなアーチ構造。内部は、青色を主体にしたイズニック・タイルの花柄装飾で、見とれてしまう。

   
ブルーモスク ブルーモスク ブルーモスク  
 

モスクの内部

モスクの内部

花柄装飾

 

イスタンブル地下宮殿

■イスタンブル地下宮殿 (Basilica Cistern) (Wikipedia

アヤソフィアの近くにある6世紀ビザンチン時代の地下貯水池。336本の重厚なコリント様式の円柱が、煉瓦づくりの素晴らしい丸天井を支えている。

あまり興味が無かったのだが、道で出会ったトルコ人が面白いよと薦めるので、立ち寄る。

予想以上に大規模な6世紀の建造物。一番奥に、メドゥーサの首が柱の基礎石になっているのは、何故?


ドルマバフチェ宮殿

■ドルマバフチェ宮殿(Dolmabahce Sarayi)(Wikipedia

スルタンとその家族達の居住地として、1856年に完成した宮殿。旧市街ではなく、新市街の海峡岸にある。広大な敷地内にトルコ ルネサンス様式で建てられ、内部には285の部屋と43の広間、6つの浴室があり、豪華な装飾で埋め尽くされている。ガイドツアーに参加する形式で見学。館内撮影禁止。

午前10時頃到着したら、長蛇の列で、11時まで入場ストップとのこと。約1時間半、待たされてから入場。ガイドツアーは約1時間。バカラ製シャンデリアがすごい。予想以上に見応え有り。

ドルマバフチェ宮殿のゲート

宮殿の夜景


イスタンブール考古学博物館

■イスタンブール考古学博物館(Istanbul Archaeology Museums)

この博物館には、考古学博物館(本館)、古代オリエント博物館、装飾タイル博物館の3つがある。

詳細は、美術館書庫(トルコ・ギリシャ美術紀行(09/10))


イスタンブール(その他)

グランドバザール
旧市街にある屋根付きの巨大市場で、4000軒以上の店があるとのこと。狭い路地が複雑に入り組んでいて、地図必携。観光客用の店ばかりで、日本語が飛び交う。

旋舞(セマー)http://en.wikipedia.org/wiki/Sufi_whirling
イスタンブールの土産店などで絵や人形を見て知った舞踊。街角にポスターもあり、インタネ検索すると、イスラム神秘主義の一派メヴレヴィー教団 の儀式で、シルケジ駅で週三回開催されるらしい。ただし、有料とのこと。

さらに検索すると、現在は、駅近くの文化センター(Hodjapasha Art & Culture Center)で毎日開催とある。
http://www.istanbullife.org/whirling-dervish-ceromony-sirkeci.html
..... Sufi Music Concert & Whirling Dervish Ceremony in Istanbul .....

40リラは高い気がするが、ホテルから近いので、訪問。

会場は昔の浴場を改装したものらしく、ホールの中央に円形のステージがある。この上で、5人くらいの男性信者が、音楽に合わせて、ひたすら回転するだけ。目が回らないのはすごいと思うけれど、すぐに退屈してしまった。

ユスキュダル(Uskudar)
イスタンブールのアジア側の拠点となる街。トプカプ宮殿のテラスなどから、ボスポラス海峡を隔てて、丘の上まで住宅が密集しているのが見える。Wikiによると、人口は約40万人、商工業ともに盛んとある。

戦後、江利チエミが歌ってヒットした「ウスクダラ」(音楽はこちら)の歌詞、「ウスクダラ はるばる尋ねてみたら 世にも不思議な噂の通り 町を歩いて 驚いた これでは男がかわいそう・・・」に出てくる地名。どんな街か、興味津々だが、時間がなく、断念。

ナイトショー
トルコの音楽・舞踊と言えば、ベリーダンス。イスタンブール市内にあるナイトショーで見られるとのことで、ホテル推薦のショー(送迎付き)に出かけた。

場内は、ほとんどがツアー団体客。ブルガリアが多くて驚き。イランなど中東からも。ベリーダンスは、3ステージ。痩身の女性よりも、ふっくらした女性が似つかわしい。他に、民族音楽や民族舞踊が楽しめた。

グランドバザール グランドバザール グランドバザール 旋舞(セマー)
屋台 屋台 ベリーダンス チャイとバクラワ(パイの蜂蜜漬け)

ボスポラス・クルーズ

■ボスポラス・クルーズ

イスタンブール滞在3日目。1時間くらいのクルーズで、船からの眺めを楽しもうと、ホテルのフロントで船着き場の情報を入手し、エミノニュ桟橋に向かう。

桟橋に近づくと、日曜日のせいか、多数の観光客。長い行列のある桟橋があるので、行き先を見ると、「ボスポラス・クルーズ」とある。料金は、20TLと想定内。しかも、15分後に出航とのこと。行列に並んで、チケット購入し、乗船。周りの観光船に比べて、大きい船で、これなら船酔いしないだろうと安心。船内は混んでいて、ようやく船側(右舷)の席を確保。

船は、10:30に出航。旧市街が遠くなり、ボスポラス大橋の下をくぐる。

そろそろ、Uターンかな・・と思ったが、その気配もなく、船はどんどん北に進む。2大陸を結ぶ2番目の橋、ファーティヒ・スルタン・メフメット大橋(第2ボスポラス大橋)を越えても、戻る気配がない。

何かおかしい。そう言えば、チケット売場で、「片道」「往復」の区別があった。私は往復を買ったけれど、湾内周遊なら、片道はありえない。

慌てて「歩き方」を見たら、あった! 「ボスポラス海峡路線」という黒海近くまで行く観光航路。片道1時間半かかり、帰りの便は夕方にイスタンブール着。今日は日曜日で、何の予定も入っていなく、良かった。

ヨーロッパ側、アジア側、両方の港に寄りながら、12:40、終点アナドル・カヴァーウ(Anadolu Kavagi)着。帰りの便の出発時間 15:00を確認。船着き場のまわりに多数の軽食レストラン。店頭でサバを焼いている店に入り、念願の(?)サバサンドを味わう。軽い塩味で、なかなかの美味。

船上からも見えた山の上の要塞を目指す。道案内の標識は無いが、他に行くところもなく、急な坂道を登って、約20分。素晴らしい展望の要塞(Castle Cenevis)に到着。海峡、黒海が一望。地図を見ると、左方の対岸はブルガリア。海峡より黒海の水の色が濃い。

帰途、展望の良いカフェで、ビール。遠くにイスタンブールのビル群を遠望。

帰りの船では、熟睡。17時、雷鳴の中、エミノニュ桟橋に帰着。

偶然、乗船してしまった「ボスポラス海峡路線」でしたが、天候に恵まれ、楽しい一日でした。

ボスポラス海峡路線 10:30にエミノニュ桟橋出航 ボスポラス大橋 第2ボスポラス大橋
終点間近か 終点アナドル・カヴァーウ サバを焼いている サバサンド
 
遠くに、イスタンブール 海峡、黒海が一望 山の上の要塞 遠くに、イスタンブール
タンカー(船名にSapporo) 停泊中のドイツの豪華クルーズ船 Aida Diva(2007年竣工;総トン数 7万トン;最大船客定員2500名) エミノニュ桟橋に帰着 イスタンブール

 


ラマダンとラマダン明けの祭り

■ラマダン(断食月)と、ラマダン明けの祭り(砂糖祭・シェケル バイラム)

今回の旅程は、ラマダン明けの祭りにぶつかってしまった。ラマダンは、観光客にほとんど影響ないと知っていたが、ラマダン明けに多くの店や観光施設が閉鎖されることは、知らなかった。グランド・バザールは、偶然、休暇の前日に見学していて幸い。

以下は、休暇に入ってから知った情報:

トルコでは(全世界のイスラム教国がそうであるように)2009年9月19日は断食祭前夜祭、20日〜22日は断食祭の休暇となります。断食祭の初日20日の午前中は、トルコ国内の多くの博物館や遺跡が休館となります。

トルコ国内主な施設の閉館・開館状況

  • ドルマバフチェ宮殿/ 20日〜21日 全日休館、 22日 平常どおり
  • トプカプ宮殿/ 20日午前休館-13:00開館、21日 平常どおり、 22日 休館
              ハレムは20日全日 休館、21日 平常どおり、 22日 休館
  • アヤソフィア/ 20日午前休館-13:00開館、21日 休館、 22日 平常どおり
  • 軍事博物館/ 20〜22日 全日休館
  • 地下宮殿/20日午前休館-13:00開館、21日 平常どおり、 22日 平常どおり
  • グランドバザール/ 20〜22日 全日休館
  • エジプトバザール/ 20〜22日 全日休館
  • ブルーモスク/ 20〜22日 全日平常どおり *注意!20日朝はモスクでは長い特別礼拝あり。

パルテノン神殿

■パルテノン神殿(Wikipedia):アテネのアクロポリス

古代ギリシア時代にアテナイのアクロポリスの上に建設されたアテナ神を祭る神殿。現在残る神殿はペルシャ戦争後に建設されたもので、長さ68.7m、幅30.6mの周柱式神殿。

モナスティラキ駅からローマン・アゴラ経由で、アクロポリスの入口へ。

世界各地からの観光客で、行列。石段を登ると、右手の眼下に、イロド・アティコス音楽堂。修復されて、現在も使用されている。

パルテノン神殿は、エンタシスの石柱が美しい。右半分は、修復工事中。破風にあった彫刻は、ほとんど略奪・破壊されたらしい。

神殿の右に、エレクティオン。ここの6人の少女像は、遠目ながら美しい。しかし、1体は大英博物館に、5体はアクロポリス博物館にあり、ここにあるのは、レプリカ。

 

   

パルテノン神殿

パルテノン神殿

 

イロド・アティコス音楽堂

エレクティオン

エレクティオンの少女像

エレクティオンの少女像

リカヴィトスの丘とアテネ市街


新アクロポリス博物館

■新アクロポリス博物館(New Acropolis Museum)(Wikipedia

この博物館入り口は神殿への参道を思わせるスロープとなっており、近代建築の枠を集めたモダンな博物館がアクロポリスの麓に誕生いたしました。アルカイック期(BC7世紀〜BC5世紀)を代表する「アルカイック・スマイル」を称えた多くの彫刻やエレクティオン神殿の女柱像は必見。館内にはレストランも併設され、隣のテラスからはアクロポリスのパノラマ が見渡せます。

2009年6月にオープンしたばかりで、12月31日まで入場料は1ユーロ。内部は、非常に綺麗で、展示物も多数だが、館内撮影不可が残念。

エレクティオンのポーチに立っていた6体の少女像(オリジナル;パルテノン神殿にあるものはコピー)が美しい。

3階のシアターで、「パルテノン神殿の歴史」が見られる。英語版とギリシャ語版が交互。破壊と略奪の歴史が分かる。

 

新アクロポリス博物館

新アクロポリス博物館


アテネ国立考古学博物館

■アテネ国立考古学博物館(National Archaeological Museum of Athens; NAMA)(Wikipedia

アテネにあるギリシャで最大規模をほこる国立博物館。ギリシャ全土でおこなわれた考古学調査隊の発掘の成果が結集されている。

収蔵品は、先史時代からアルカイク時代、クラシック時代、ヘレニズム時代までにわたっており、ギリシャ美術の収集では世
界有数の古代博物館となっている。1階、2階あわせて五十数室の展示室には、時代別、ジャンル別に作品が展示されている。1階中央のミュケナイ(→ エーゲ文明)部門には、1876年に考古学者のシュリーマンがアクロポリスの王墓から発見した莫大な財宝が展示されている。なかでも「黄金のマスク」はとくに注目に値する。

詳細は、美術館書庫(トルコ・ギリシャ美術紀行(09/10))


アテネ(その他)

ゼウス神殿(オリンピイオン) Temple of the Olympian Zeus

ハドリアヌスの門の東側にあり、コリント式の最大の神殿でした。現在は15本の柱を残します。

ハドリアヌスの門 Hadrian's Arch
わりに小さなアーチ形の門ですが、これから西側はテセウスが建設したと伝えられる古いアテネ、東側はハドリアヌス帝が拡張した新しいアテネです。

カプニカレア教会 Kapnikarea Church
アテネの中心街、エルムー通りの広場にある中期ビザンティン建築(11世紀)の教会。

リカヴィトスの丘
標高277メートル、アテネで最も高い丘。丘の中腹あたりからケーブルカー(Teleferikという)があるので、シンタグマ広場から、その駅までタクシーに乗るつもりだったが、みな料金をふっかけてくるので、コロナキ地区のお洒落な店を見ながら、徒歩で行く。最後は、かなりの急な階段を上がる。ケーブルカーは30分間隔とあるが、乗客が揃うと、出発してくれた。頂上からは、360度、アテネを見渡せる。アクロポリスは、少し霞んでいる。緑が少なく、川もなさそうで、はるか彼方まで、白い低層の家が連なっているのを見ると、ギリシャの政治家は大変だろうなーと同情してしまう。観光以外に、産業はあるのだろうか? 

中央市場
オモニア広場の近く。道をはさんで、片側に肉市場と魚市場、反対側に野菜や果物を売る生鮮市場。特に、肉市場が面白い。動物の形をしたままの肉がぶら下がっている。中に「食堂」あり、美味。

■ナイトショー

 
  ゼウス神殿  カプニカレア教会   カプニカレア教会  
       
アクロポリス(オモニア広場のショッピングセンターから) リカヴィトスの丘からアクロポリス リカヴィトスの丘からアテネ市街 アクロポリスからアテネ市街
活気ある肉市場。日本では見られない光景。 魚市場。イカ、タコが並ぶ。 地下鉄ラリッサ駅のベンチ ギリシャのリキュール、ウゾ(OUZO)。クセがあって、飲めなかった。
 
『日曜はだめよ』の主演女優、メリナ・メルクーリのポスター。レストランにて。 ギリシャ風パン、クルーリ ギリシャ文字の新聞。数学で見慣れたα、β、γ・・・だが、読めそうで読めない。  
 
ナイトショーにて、ギリシャ音楽。伝統楽器ブズーキによる「その男ゾルバ」が最高。 ナイトショーにて、ベリーダンス ナイトショーにて、民族舞踊  

メテオラ

メテオラWikipedia

メテオラの修道院は、ビザンチン時代後期およびトルコ時代には、迫害を受けたキリスト教修道僧たちの聖域でした。彼らはこの不毛の人を寄せつけない高さ400mもの岩山に、ビザンチン芸術の中心を築き上げたのです。その歴史は、11世紀に始まります。しかし、既に9世紀頃より隠者たちが岩の割れ目や洞窟に住み着いていました。そして時代とともに修行僧の数が増え、僧院が建てられるようになったのです。
 15世紀から16世紀にかけて最盛期には24を数えた修道院も、今日では5つの修道院にしか人が住んでいません。これら修道院と、それを支える奇岩群が織りなす景観はまさに幻想的で、世界中からの観光客を引きつけて止みません。

アテネ北西350km、ギリシャ本土の中央部にあるユネスコ世界遺産。

アテネからカランバカへ

メテオラ観光は、アテネから1泊2日のツアーバスで行くのが一般的だが、窮屈なバスを避け、片道 約4時間30分の鉄道を利用することにした。

前日に、チケット購入のため、地下鉄でラリッサ駅へ。これが、首都アテネの中央駅とは信じられないような小さな駅。列車出発時刻表を見ると、一日に数本、しかも、ローカル線しかない! 

ホームも1番線しか使用されていないように見えて、そこから予約カウンタ室に入るようになっている。番号札で順番待ちをするシステム。約20分、待たされる。

出発前の調査で、アテネ→カランバカ行き直通列車が、1日2本あり、そのうちの午後の便(15:53発のIC)に乗ろうとしていたら、窓口で「直通ではない」と言われる。乗り換えはできるだろうと、チケット購入(往復割引20%で、33.10Euroは安い)。このチケット、ほとんどギリシャ文字しかなく、駅名が読めない。

翌日、アテネ市内見学のあと、15:53発のICでラリッサ駅を出発。ICにしては、貧相な車両。車内(2等車)は、2-2席で、日本の少し古い地方特急の感じ。

平原を過ぎると、嶮しい山の中へ入り、速度が落ちる。眼下にオリーブ畑の広がる平原。地図を見ると、左にパルナッソス山。クレーの絵のような3角の山が見えたので写真撮影。

乗り換えのパレオファルサロス(Palaiofarsalos, Paleofarsalos;切符の表示は、ΠAΛAIOΦAPΣA)駅が近づいたが、車内放送はギリシャ語のみ(だったと思う)。ホームに降りても、何の案内も、標識もない。観光客らしき人並みに付いて行き、隣のホームのローカル線に乗車。しかし、発車時刻が、切符に記載されている時刻と違い、心配になる。向かいの少女に聞くと、カランバカ行きとのことで、ホッとする。どうやら、一本早い列車に接続したらしい。

混んでいた車内も、一つ手前のトリカラ駅で、殆ど降りてしまい、ガラガラ。メテオラ観光の拠点としては、トリカラがメインなのかも知れない。

20:20、カランバカ着。駅舎も駅前も人影まばら。町(村?)のメイン通りに出ると、レストランなどが開いていて、ホテルまで徒歩15分。ホテルは、シーズンオフのせいか、ガラガラ。目の前にライトアップされた奇岩がそそり立っている。

メテオラ

宿泊地のカランバカから、バスで一番高所にある修道院(下記@)に上がり、一日かけて他の修道院を廻り、途中で力つきたら、タクシーを呼ぶ計画。天候は生憎の雨模様。朝のバス(週末は8:25発)は、何故か、大遅延。乗客約20人。

以下、六つある修道院に番号を付ける。

@メタモルフォシス修道院(大メテオロン):メテオラ最大。観光バスが多く、駐車場に売店あり。長い石段を登る。フレスコ画、遺物、台所などを見学。展望も楽しめる。

Aヴァルラーム修道院:メタモルフォシス修道院から少し下ったところ。

Bルサヌー修道院:断崖絶壁の上にある「天空の修道院」。現在は尼僧院。ここに寄るには、Y字路から、山を途中まで降りることになる。

「歩き方」によれば、次の修道院へ行く近道(山道)がある筈だが、受付の修道女に聞いても、"It's easy"と言ってY字路経由の道しか教えてくれず、道が分からない。仕方なく、また、坂を登り、Y字路から眺望を楽しみながら、延々と歩く。ほとんどの観光客は、ツアーバスか自家用車。歩いている人は、ほとんどいない。曇っていて幸いかな?(日差しがあったら、暑くて大変だっただろう)

Cアギオス・ステファノス修道院:現在は尼僧院。予想外に距離があり、遠くに見ただけで、見学は断念。カランバカの街から断崖の上に見えるのは、この修道院。

Dアギア・トリアダ修道院:登る道が分からないほどの断崖絶壁の上にある。メテオラのランドマーク的な修道院。カランバカに降りる道(トレッキングコース)の途中から長い階段を登ることになるが、疲れていて、訪問断念。

Eアギオス・ニコラオス修道院:バスの車窓から最初に見上げる修道院。


トレッキングコースを約40分かかって、15時40分、カランバカに戻る。幸い、雨にも遭わず、ラッキー。前日の夜にも食べた老舗ギリシャ料理のタベルナで食事。タコのグリル、サジキ(キュウリ、ヨーグルト、ニンニクのペースト)、スティファード(肉のトマトソース煮込み)、いずれも美味。

ところで、修道院の内部にあるフレスコ画は、共通して、殉教の画像が多い(壁面の半分以上)。見るに耐えない悲惨なシーン。中世の修道士は、毎日、これを眺めて、戒めに、あるいは、目標にしていたのだろうか? 世俗の教会なら、天国と地獄とか、聖母子像が多いのだが・・・。

 
アテネ ラりッサ駅プラットホーム カランバカ行きの列車内 アテネ→カランバカの列車からパルナッソス山(主峰ではない)  
 
カランバカ駅ホーム 途中で乗り継いだカランバカ行きローカル線車両 カランバカからメテオラの奇岩(翌日夕方、出発前)  
 
メテオラ地図 @メタモルフォシス修道院 @メタモルフォシス修道院 @メタモルフォシス修道院
Aヴァルラーム修道院 Aヴァルラーム修道院 Aヴァルラーム修道院 Aヴァルラーム修道院
 
Bルサヌー修道院 Bルサヌー修道院 Bルサヌー修道院  
  Cアギオス・ステファノス修道院  Dアギア・トリアダ修道院   Dアギア・トリアダ修道院 Eアギオス・ニコラオス修道院 

サントリーニ

アテネ→サントリーニ

アテネからエーゲ航空で1時間弱。空港からタクシーでフィラ (ティラ) (Fira or Thira)のホテル近くへ。タクシーを降りると、眼下に真っ青なエーゲ海。

サントリーニ島(Santorini)

キクラデス諸島の最南部に位置する島で、ミコノス島と並んで、人気のある観光地。有史以来の火山活動でカルデラの外輪山の一部が島として残ったもので、中央の沈んだ部分が幻のアトランティス大陸だという伝説がある。断崖には伝統的な洞窟型ホテルが多く存在する。白壁の家々が断崖にびっしりと連なる街の景色のなか、ギリシャ正教会の聖堂のドーム型の屋根の青色が映える様子は素晴らしい。北部の町イア(Oia)は夕焼けのスポットとして有名。

予約したホテルは、断崖の中腹にあり、急な階段を降りなければならないが、フロントから部屋までは、荷物を運んでくれたので、助かる。

断崖沿いの小道を通り、フィラの街(ショッピング街)を散策。ケーブルを利用して断崖下へ。小さな港の雰囲気が良かった。

夕方から、バスに乗って、夕焼けのスポット、イア(Oia)へ。ここも迷路のような路地があり、フォト・スポット多数。岬には、観光客が鈴なり状態。しかし、この日は雲がかかり、夕焼けは中途半端で終わり。フィラに戻るバスは、超満員。

翌朝、目覚めてテラスに出ると、眼下の海に、イルミを付けた白い帆船。何か夢のような光景。

  フィラ(ホテルから)  フィラ(ホテルから)   イアの街を遠望 フィラ 
フィラの断崖 サントリーニ、フィラの断崖下から イア夕景 イア夕景
イア夕景 朝(ホテルから) フィラ 高速船でミコノスへ

ミコノス

サントリーニ→ミコノス

タクシーで港へ。サントリーニからミコノスへの船便は、オフシーズンには運休し、この日が最後の運行日。約120kmの距離を高速船で(途中、2島に寄港して)約3時間。ミコノスに近づくにつれ、強風のため、大揺れ。

ミコノス島(Mykonos)

アテネの南東160km、キクラデス諸島の北東部に位置する島。エーゲ海に浮かぶ島々の中で最も都会的でお洒落な雰囲気に満ちている。「エーゲ海に浮かぶ白い宝石」とも言われ、海の青、太陽の明るさを強調する家々の白は、ブルー&ホワイトのエーゲ海のイメージ。

到着したミコノス旧港からタクシーでホテルへ。ホテルは丘の上にあり、テラスからの景色が楽しめる。

急坂を下りて、細い迷路のようなミコノスタウンを散策。港、カト・ミリの風車、リトル・ヴェニス、パラポルティアニ教会など。海の色が素晴らしい。

ミコノス→アテネ

タクシーで新港に着いたら、まわりには何もない埠頭。日没で、夕焼けを楽しむ。大きな高速フェリーに乗船。指定席を予約していたのだが、オフシーズンでガラガラ。指定は不要だった。アテネ郊外のピレウス港まで4時間以上かかり、到着は、深夜の23:40。埠頭に着いたが、地下鉄駅までの行き方が分かりにくい。無料バスに乗車して、降りたところから徒歩数分。地下鉄の最終便(0時00分発)で市内へ。
追記(12/02/25):NHK-BSで、世界ふれあい街歩き「ミコノス〜ギリシャ〜」が放送された。撮影は10月の模様で、街が空いている。NEW
 チャンネル:BSプレミアム
 放送日: 2012年2月23日(木)
 放送時間:午後9:00〜午後9:45


     
ミコノス(丘の上のホテルから)      
ミコノス夕景 丘の上のホテルから リトル・ヴェニスにて カト・ミリの風車
リトル・ヴェニスにて カト・ミリの風車

カト・ミリの風車

ミコノスにて
  ミコノス港  ミコノス新港にて   高速フェリーでアテネへ   高速フェリー船内

 


↑ページトップへ


トップページ 美術館 フェルメール館 映画館 旅行館 音楽館