最終更新日:16/09/25

旅行館書庫(ベトナム編)

旅行館から移設(12/02/19);画像サイズ変更(16/09/25)

トップページへ


ベトナム紀行(09/12)

4泊5日(ホテル3泊、機中泊1泊)のパック・ツアーで、ベトナムのホーチミン市を訪問しました。

ベトナムを選んだ理由は、特に無いのだけれど、強いて言えば、@未訪問の国、A気候が暖かい、Bベトナム料理が美味しそう、C週末にかければ、1日の休み取得で行ける、といったところでしょうか。

総括:たった4日間、ホーチミン市周辺を見ただけだが・・・;

  • タイ・バンコックに比べると、いわゆる観光名所は少ない
  • 街中にオートバイが溢れ、のんびりした街歩きには不適
  • ベトナム戦争の記憶を呼び覚まされた(ベトナム戦争のwikiは、 ja.wikipedia.org/wiki/ベトナム戦争
  • 社会主義の国とは思えない
  • 若さとパワーに溢れている(若者ばかり!)
行程
    天候 行 程 主な見学地 宿 泊
12/11 快晴 関空→ホーチミン   ホーチミン市
12/12 快晴   市内観光(統一会堂;戦争証跡博物館;サイゴン大教会;中央郵便局;ベンタン市場)クチの地下トンネル ホーチミン市
12/13 快晴   ミトの街 ホーチミン市
12/14 快晴 ホーチミン 市内街歩き 機中泊
12/15   →関空    
画像のうち、Picasa Web Albumにリンクしている画像は、クリックしてもリンク切れです(2016/8より)。PicasaがGoogleに統合・閉鎖されたためです。

当面の対応として、サムネイル画像サイズを拡大しました。オリジナル拡大画像は、画像アルバムでご覧下さい。

画像アルバム:各画像は、以下のPicasaアルバムにあります。そこでは、スライド形式で閲覧可能です。

https://get.google.com/albumarchive/111425444708914103410/album/AF1QipPbwfFc2W4L6hK8YHxbs4cWG20fg60ut4PVJKpM
ベトナム紀行(09/12)

統一会堂(旧南ベトナム政府の大統領官邸)の正門ゲート 統一会堂の正門ゲート 統一会堂の正門に続く大通り 統一会堂の庭に保存されている戦車(解放時に正門を突き破った)
統一会堂(旧大統領府)屋上のヘリ 地下室に残る通信設備 戦争証跡博物館 実際に使われていたヘリコプター、戦車、爆弾などが中庭に置かれている
戦争証跡博物館にて(解放時に正門を突き破る戦車) 戦争証跡博物館にて(澤田教一氏の写真)
1966年:前年9月6日、ク イニョン北方のロクチュアン村で、銃弾を避けながら川を渡る母子を撮影した写真『安全への逃避』(FREE TO SAFETY)でピューリッツァー賞写真部門を受賞。日本人としては2人目。
戦争証跡博物館にて(日本からの支援のコーナー) ホーチミン人民委員会庁舎
1901年から1908年にかけて建造されたイタリア・ルネッサンス様式の建物。もとはフランス占領時代にシティ・ホールとして建てられたもの。
サイゴン大教会(聖母マリア教会) サイゴン大教会(聖母マリア教会) 中央郵便局(19世紀末のフランス統治時代に建てられた) 郵便局の内部
ベンタイン市場
ホーチミン市街中心部にあるホーチミン最大の市場
街角の電話線 道ばたの果実売り ホーチミン市街はオートバイで一杯
国際サッカー試合でのベトナム勝利を祝う大群衆 メコン・デルタにて、メコン河クルーズ アオザイ姿の女性(ミトのレストランにて) 解放戦線(ベトコン)名物の古タイヤ活用サンダル
南ベトナム解放民族戦線が使用した、地下トンネル(クチの地下道)があるクチにて
 
生春巻き 名物の「フォー」 ベトナム・コーヒーと、ベトナム風プリン「バインフラン」
コーヒーは、深煎りにした豆をアルミフィルターを使って、コンデンスミルクを入れたカップにそそぎ込む。
 

 


↑ページトップへ


トップページ 美術館 フェルメール館 映画館 旅行館 音楽館