最終更新日:16/09/23

旅行館書庫(ニュージーランド編)

マウントクック

ミルフォード・サウンド

新設工事開始(16/03/07);ほぼ完成(03/10)

トップページへ

目次

総括 行程    
台北 クイーンズタウン グレノーキー 旅行のためのtips
  クライストチャーチ ミルフォード・ロード テカポ湖 ドライブ旅行のためのtips
テカポ湖 ミルフォード・サウンド クライストチャーチ  
マウントクック クイーンズタウン    
画像のうち、Picasa Web Albumにリンクしている画像は、クリックしてもリンク切れです(2016/8より)。なお、太枠画像は、リンク修正済みです。
PicasaがGoogleに統合・閉鎖されたためです。拡大画像は、画像アルバムでご覧下さい。

★画像アルバム:https://picasaweb.google.com/111425444708914103410/201623# (スライドショーで見ることができます)

 

関西空港⇔台北⇔メルボルン⇔クライストチャーチが空路。
実飛行時間は計16時間
そこからミルフォード・ サウンドまではレンタカー。
ドライブマップ。レンタカーの全走行距離は、1817km。
これは、ほぼ東京-津和野往復に相当する。

   総括(2016/2/23-3/3)

  • 2/23〜3/3の10日間、ニュージーランド南島をドライブ旅行しました。
  • クライストチャーチに入り、ミルフォード・サウンドまで往復しました。
  • 季節は夏ですが、最高気温が20度以下、最低気温数度で、ダウンコートが役立ちました。
  • マウントクックやミルフォード・サウンドも晴天で、素晴らしい景色が楽しめました。
  • 物価は、ほぼ日本と同じくらい。平均為替レート:1$=78円

行程

月日  曜日 天候

行 程

走行距離
(km)

主な見学地

宿 泊

2/23 曇り 関空→台北(3:20)   台北(台北無料半日ツアー)  機中
24 →メルボルン(9:20)
→クライストチャーチ(3:20)
    クライストチャーチ
25 →テカポ湖 230 テカポ湖 テカポ湖
26 快晴 →マウントクック 120 テカポ湖;マウントクック マウントクック
27 快晴 →クイーンズタウン 280 マウントクック;クイーンズタウン クイーンズタウン
28 快晴/曇り →ミルフォード・サウンド 290 クイーンズタウン;ミルフォード・サウンド ミルフォード・サウンド
29 快晴 →クイーンズタウン 290 ミルフォード・サウンド;クイーンズタウン クイーンズタウン
3/1 快晴 →グレノーキー→テカポ湖 360 グレノーキー;テカポ湖 テカポ湖
2 快晴 →クライストチャーチ→メルボルン 240 テカポ湖;クライストチャーチ 機中 
3 快晴 →関空      

レンタカー走行距離 合計 1817km/7日間


台北

■台北
  • チャイナエアライン(中華航空)での乗り継ぎで、約11時間の待ち時間
  • 台北無料半日ツアーに参加
  •  台湾民主記念館(旧中正紀念堂)→龍山寺

クライストチャーチ

■レンタカー
  • クライストチャーチ空港でレンタカーを借りる
  • いつもコンパクトクラスを借りるのだが、今回は長距離なので、Midsizeにした
  • 車は、Mazda6(アテンザ)。ガソリン2Lエンジンで、非常に快適
  • なお、ニュージーランドの国道の制限速度は100km/時
 
クライストチャーチ空港は、マウントクックのパネルがお出迎え。 レンタカーで出発。 カーナビのログ。 

テカポ湖

■テカポ湖
  • 先ず、ジョン山の山頂へ(有料 $5)
  • カフェからの展望を楽しんだあと、付近を散歩
  • 「善き羊飼いの教会」へ
  • ここは、世界一星空が美しいといわれているスターゲイジングスポット
  • この日、星空は見られたが、少し薄雲がかかった
  • ミルフォード・サウンドからの帰途(3月/1日)は、快晴で、素晴らしい星空が楽しめた
 
テカポ湖。 ジョン山から見るテカポ湖。氷河が削った岩石の粉が溶け込んでいるために青緑色。 テカポ湖
テカポ湖(パノラマ画像)。右が湖畔の村(ヴィッレジ;人口 300人) テカポ湖(パノラマ画像) テカポ湖の山上にある Astro Cafeにて、休憩。今回の旅行で最高に美味しいケーキ。

 テカポ湖の教会付近にかかる橋。夜中の星空鑑賞には絶好

 テカポ湖の教会を望む(パノラマ画像)

テカポ湖の「善き羊飼いの教会」。3/1には、ここで星空見物した。 

   

 テカポ湖の名物(?) サーモン丼

   

マウントクック

■マウントクック (アオラキ)
  • 「アオラキ(Aoraki)」とは、ニュージーランドの先住民族マオリ・ナイ・タフ族の言葉。
  • 1日目:フッカー谷トラック:最もポピュラーなトレッキングコース。片道1.5時間(駐車場から)。 高低差少なく初級者向き。途中にあるトイレは、閉鎖中。
  • 2日目:タスマン谷ウオーク:タスマン湖の展望台へ登る(Tasman Glacier View)。ほとんどが階段で、片道 15分。何度も休憩。マウントクック山頂が良く見える。
  • 有名なHermitageホテルは満室で予約できず、近くのモーテルに宿泊
  • 山々や草原が見渡せて、素晴らしい景観
テカポ湖からマウントクック村への途中、マウントクック山を初めて見る。 マウントクック遠望。手前は、プカキ湖。氷河からの水なので、美しい青色。 マウントクック村への道路から
マウントクックが近づいてきた。  マウントクックの空撮パネル:手前がマウントクック村。中央にフッカー谷の2つの湖。上にマウントクック(標高3,724m)。  フッカー谷トレッキングコースの出発地点。フッカー湖まで、1hr35minとある。
 第1の吊り橋。ミューラー湖が左に見える。  第2の吊り橋 フッカー谷トレッキングコースから見たマウントクック 
 フッカー谷トレッキングコースの展望台でランチ。後から考えると、ここで引き返しても良かった。  マウントクック 第3の吊り橋。帰途、突風が吹き荒れ、大揺れだった。 
 フッカー谷トレッキングコース終点のフッカー湖にて。駐車場から片道1.5hrだが、人も飛ばされるくらいの強風が吹き荒れ、約2hrかかった。フッカー湖は青色ではなく、灰色でガッカリ。  マウントクック。フッカーヴァレーより。  フッカー谷トレッキングコースから見たマウントクック。笠雲がかかった。
 フッカー谷トレッキングコースからマウントクック Gentian(と推測)。  Mt Cook Buttercup  
 ニュージーランドviolet マウントクック村のレストランで夕食。素晴らしい景観。 マウントクック村のレストランから  
 マウントクック・ヴィッレジの朝(パノラマ画像)。今日も快晴!  マウントクック・ヴィッレジの朝(パノラマ画像)。   マウントクック・ヴィッレジより、氷河  
 マウントクック・ヴィッレジの朝(パノラマ画像)。  マウントクック・ヴィッレジのHermitageホテル  ホテルHermitageからマウントクック
 タスマン湖への道(パノラマ画像) タスマン湖への道    タスマン湖への道より、マウントクック(左奥)が見え始める。 
 タスマン湖へのトレッキングコース・スタート点  タスマン湖へのトレッキングコースから、来た道を振り返る(パノラマ画像)  タスマン湖へのトレッキングコースから、来た道を振り返る
 タスマン湖へのトレッキングコースから、マウントクック山頂 タスマン湖展望台から、ニュージーランド最長の氷河のタスマン氷河と湖。氷河は褐色の土砂に覆われ、湖はほとんど灰色。水中の岩石微粒子のためで、これが少ないと青色になるとのこと。   タスマン湖展望台からマウントクック。横から見ることになり、雲がまったくかからない。
 マウントクック村のレストランから、マウントクック  マウントクック村のレストランから  マウントクック村にて、ニュージーランド国旗。南十字星が描かれている。
   
 マウントクック道路。右はプカキ湖で、エメラルド色。    

マウントクック〜クイーンズタウン 

■マウントクック〜クイーンズタウン
  • 約280kmの長距離ドライブ
  • ほとんどが平原で、2個所ほど山道あり
  • クイーンズタウンは観光都市で、市内は渋滞有り
  • 町外れで路上駐車し、徒歩で港地区へ
  • 美味しいパブ&レストランに遭遇 
マウントクックからクイーンズタウンへの途中、Waitakiの展望台より クイーンズタウンのレストランから、港の風景。 クイーンズタウンの埠頭
   
クイーンズタウンにて、夕食:Pork Belly。今回の旅行で、ベストの料理。ここには、翌々日も再訪。    

 


ミルフォード・ロード

■ミルフォード・ロード:クイーンズタウン〜ミルフォード・サウンド
  • クイーンズタウンから片道約290km
  • 今回の旅で、最も距離が長く、心配していたが、道路が空いていたのと、快晴だったので、景色を楽しみながらの運転は楽だった
クイーンズタウンからミルフォード・サウンドへの途中にて。 ミルフォード・サウンドへの道(ミルフォード・ロード)にて。 ミルフォード・ロードにあるミラー湖。水面が少し鏡になっている。
 
ミラー湖 ミルフォード・ロード。これから山道を越える ミルフォード・ロードの山道にあるホーマー・トンネル(片側通行)を越える
   
ミルフォード・サウンドへの途中にあるザ・キャズム(Chasm)。急流の浸食による奇岩がある。ノルウェーにも同様のものがあった。白いのは氷ではなく、岩石です。
   

ミルフォード・サウンド

■ミルフォード・サウンド
  • フィヨルドの景色で有名
  • 年間7000-8000mmもの降水量があり、一年の3分の2、およそ230日は雨が降るという多雨地域
  • しかし、今回は奇跡的に快晴
  • ほぼ唯一の宿泊施設(ロッジ)の予約ができて、ラッキー。部屋からの景観も最高
  • 朝9時発のクルーズに乗船。ビュッフェスタイルの朝食付きで大満足
  • オプションの「海中展望台」 で下船。見学後は小型クルーザーで送って貰えた(快適;イルカにも遭遇)
  • なお、悪名高い虫、サンドフライ(Sandfly)は見当たらず。虫除けクリームは購入すると高価だが、ロッジから無料で借りられた
ミルフォード・サウンドのホテルから。向かいの山には、幾筋かの滝がかかる。 ミルフォード・サウンド。夕方(パノラマ画像) ミルフォード・サウンド。夕方、丘を登り(Lookout Track)中腹の展望台より(パノラマ画像)
ミルフォード・サウンド(夕景)  ミルフォード・サウンド(夕景)  ミルフォード・サウンド(朝)。前夜の雨が止み、奇跡的な快晴
 ミルフォード・サウンド(朝)(パノラマ画像)。中央がマイター/ピーク(1683m)  ミルフォード・サウンド(朝)。 ミルフォード・サウンドの港 
 ミルフォード・サウンド。クルーズ船出港  ミルフォード・サウンドのクルーズ船から。  ミルフォード・サウンドのクルーズ船から。
 ミルフォード・サウンドのクルーズ船から。 ミルフォード・サウンドのクルーズ船から、滝   ミルフォード・サウンドのクルーズにて、帰港直前。
 ミルフォード・サウンドのクルーズ帰港直前。   ミルフォード・サウンドのクルーズで、小型船に乗り換えた後、イルカに遭遇。船尾に迫るイルカと、それに気付かない船客。 ミルフォード・サウンドの港(帰港後)  
 
ミルフォード・サウンドにて、マフィン。  ミルフォード・サウンドのロッジ   

クイーンズタウン

■クイーンズタウン
  • 夏とは思えない寒さ
  • 夕食のために再訪した埠頭のレストランでは、屋外席に誰も座っていない 
クイーンズタウンのホテルから(パノラマ画像) クイーンズタウンのレストランにて、Sea Food(ムール貝とハマグリ)。なぜか、ムール貝に緑色が入っている。  クイーンズタウンのホテルからの眺望

グレノーキー

■グレノーキー(グレノーチー;Glenorchy)
  • あまりにも好天なので、予定になかったグレノーキーへ往復ドライブ
  • クイーンズタウンから片道約45 km
  • ワカティプ湖沿いの景勝道路で、素晴らしい景色を楽しめた
  • 終点のグレノーキー村でも、雰囲気良いカフェあり
  • 桟橋からは、360°の絶景 
 途中の景色(パノラマ画像) グレノーキーへの道にて。左は、レンタルした車。  グレノーキーへの道にて(パノラマ画像) 
 グレノーキーへの道にて グレノーキーへの道にて(パノラマ画像)  グレノーキーへの道にて
 
 グレノーキーのカフェにて、ケーキ。  グレノーキーのカフェにて、カプチーノ。美しいデザイン。  
グレノーキーの桟橋から。 グレノーキーの桟橋から。360°、絵になる景色。  グレノーキーの桟橋から、村方面
 
グレノーキーの桟橋から   グレノーキーの桟橋から  

  グレノーキー 〜テカポ湖

■グレノーキー〜テカポ湖
  • グレノーキーからクイーンズタウン経由で、3日前に通った道を戻る(約300km)
  • ドライブ中、平原のかなたに、マウントクックが見えて、次第に大きくなるのが素敵 
 
クイーンズタウンからテカポ湖への途中、Waitakiの展望台より(パノラマ画像) クイーンズタウンからテカポ湖への道にて、マウントクックが見え始めた  
 
プカキ湖の向こうにマウントクック プカキ湖の向こうにマウントクック(パノラマ画像)  

 


テカポ湖

■テカポ湖
  • 前回と違って、素晴らしい快晴
  • ホテル推奨のテカポ湖の教会から、満天の星を眺める
  • 我が人生で最高の星空だった
  • 南半球では、オリオンが反転して見えることは、帰国してから知った
  • コンパクト・ディジカメ、三脚無し、レリースなしで撮影したが、予想以上に良く撮れていた(下の画像は、コントラスト強調加工している) 
テカポ湖の夕食。3種類の肉の石焼き。 オリオン座。北半球と180°反転していて、リゲルが上方(天頂方向)に見える。 南十字星もクッキリ。

 テカポ湖の朝(ホテルより)。

 テカポ湖の「善き羊飼いの教会」

 テカポ湖の「善き羊飼いの教会」からの眺め。


クライストチャーチ

■クライストチャーチ
  • 短時間ながら、市内見物したが、至る所に、5年前(2011年)の地震の爪痕が残る。
テカポ湖からクライストチャーチへの国道にて、カフェ休憩。珍しいReal Fruit Icecream(自家製)。 クライストチャーチの市内中心部(大聖堂跡)。 クライストチャーチのショッピングセンターで、軽食:ロブスター入りの寿司。

ニュージーランド旅行のためのtips

■インターネット環境:良いが、ほとんどのホテルで、最大通信量が設定され、それ以上は有料(動画ダウンロード時には注意)

■チップ:習慣なし

■水道水:飲める。レストランではTap Waterで、カラフェを持ってくるか、セルフサービス

■物価:全般的には、日本と同程度。市内のバス代が高くて驚き($5.50=440円)

■電源プラグ:O型(関西空港の100円ショップで買えた)

■その他:田舎を廻ったせいもあるが、安全で、親切、フレンドリー


ニュージーランド・ドライブ旅行のためのtips

レンタカー
  • Midsizeクラス;レンタル料 約70,000円/7日間;保険料を含む
  • 走行距離:1817km;ガソリン:124L;燃費:14.6km/L;ガソリン代:17000円(116円/Lに相当)
  • 返却時にトラブルあり。満タンにしたのに、ガス代が請求された。下の囲み記事参照。

■数年前」に購入した携帯ナビ(Garmin nuvi2565)を使用 

  • 地図:オセアニアの地図が必要で、市販品は高価。オークションで購入(約3500円)
  • 取り付け法:付属の吸着マウントで、ウインドウガラスに取り付けるのが簡単
  • ガススタ、カフェが少ないので、ジャンル検索が大いに役立つ 

 [参考記事]

■高速道路:なし(不要)
■ガソリンスタンド:セルフ。支払いは、店内。田舎に行くと、数十kmないことがあるので、注意。ナビでの検索が役立つ
■左側通行:日本と同じ
■前照灯:昼間も点灯が推奨
■交差点:ロータリー方式(ラウンドアバウト)が多数。都会では、交差点方式も混在
■道路と制限速度:Km表示。国道は(指定なければ)100km;村内は50km。田舎道はガラ空きで、ほとんど、100kmで走行可能
■One Lane Bridge:1車線しかない橋。優先方向を示す標識がある
■交通取締り:監視カメラには遭遇せず。取締りに遭遇。対向車がライト点滅して、日本と同じ方法で教えてくれた
■トイレ:田舎の村や国道沿いに、公衆トイレが整備されている(ほとんど無料)。ただし、間隔は数十キロ。

レンタカーのトラブル:
  • 今回、Hertzを利用。借りる際に、Fuel Pre-Purchase Optionを選択するかと聞かれ、満タンで返さなくても良い(燃料計で不足分を推測して、ガス代を払う仕組み)と思い、OKと返答
  • よって、ガスは満タンにせず、返却しようとした
  • すると、係員からFuel Pre-Purchase Optionを選択していないとの指摘
  • Agreementを見ると、Optionをdeclineしているとの記載あり。
     
  • 係員に相談すると、近くのガススタでのガス補給を薦められる 
  • 仕方なく、降ろした荷物を搭載し、ナビを取り付けて、ガススタへ
  • 満タンにして、レンタカー返却
  • その時、午後6時頃で、デスク係員が不在。領収書を貰えなかった
  • 帰国後、送られてきたInvoiceを見ると、Fuel Charge(約90$)が請求されていた
  • サービスセンターにメールでクレームし、約1週間後に解決
  • webでググると、このFuel Pre-Purchase Optionは苦情が多数
  • 返却時の燃料残量は無視され、定額の燃料費が請求される
  • すなわち、空に近い状態にしないと損
  • 結論:このオプションは選択しないで、満タン返しすべき

↑ページトップへ


トップページ 美術館 フェルメール館 映画館 旅行館 音楽館